【最初の1台ならコレ!】クロスバイク、初心者におすすめのモデル10選

【最初の1台ならコレ!】クロスバイク、初心者におすすめのモデル10選

初心者向け!クロスバイクのおすすめモデルをご紹介します。ママチャリよりも速く、坂道もスイスイ走る、スポーティなクロスバイクもチェックしませんか?今回、おしゃれなモデル、通勤通学向けモデルのほか、予算5万円で買えるモデルなどを、まとめました。

目次

スピードが速く、快適な自転車「クロスバイク」

スピードが速く、快適な自転車「クロスバイク」

「少しでも、速くて快適な自転車に乗りたい」。通勤通学や買い物で自転車に乗るなら、そう思う人も少なくないでしょう。とはいえ、ガチなスポーツバイクは抵抗がある。そんな人には「クロスバイク」がおすすめです。

シティサイクル(ママチャリ)よりも速く走れて、ハンドルは真っすぐ。前傾姿勢も少なめです。おしゃれなモデルも多いので、ファッションとしても楽しめますよ。

ママチャリに戻れなくなる「快適な走り」

ママチャリに戻れなくなる「快適な走り」クロスバイクの速さの秘密として、「軽量さ」と「タイヤの細さ」がありますママチャリの重量は20kg前後、クロスバイクは10kg前後なので、止まる&走り出すときも軽やか。また、タイヤが細い分、路面との抵抗が少なくなるので、ママチャリよりも速く、軽快に走れます。

筆者も、初めて乗った時の、あのスピード感が忘れられません。一度乗ると、ママチャリに戻れなくなるかもしれませんよ。

初心者は、どんなクロスバイクを選べばいい?

初めてのクロスバイク、どうやって選べばいいか迷うもの。これから購入を考えている人向けに、基本的な選び方を紹介します。

どんな目的で使う?

どんな目的で使う?

漠然とクロスバイクが欲しい!だけだと迷ってしまうので、目的を決めておきましょう。

「自転車通勤を快適にしたい」「お洒落なクロスバイクに乗りたい」「サイクリングを楽しみたい」など、ざっくりでも決めると、良いでしょう。

信頼あるメーカーのクロスバイクを

信頼あるメーカーのクロスバイクを
出典:Flickr/Marufish

クロスバイクを販売するメーカーは、無数にあり、どのメーカーが良いか迷ってしまいますよね。競技用のスポーツバイクを作っているなど、信頼と実績があるメーカーのクロスバイクがおすすめです。以下、メーカーの一例です。

【海外メーカー】

●GIANT(ジャイアント)

●Bianchi(ビアンキ)

●TREK(トレック)

●FUJI(フジ)

●RALEIGH(ラレー)

●GIOS(ジオス)

【日本メーカー】

●BRIDGESTONE(ブリヂストン)

●MIYATA(ミヤタ)

●TOKYO BIKE(トーキョーバイク)

上記のようなメーカーなら、保証も充実していたり、購入後も何かと安心でしょう。

▼▼関連記事はこちら▼▼

安い価格帯のモデルでも、楽しめます

安い価格帯のモデルでも、楽しめます

出典:Flickr/Laurel L. Russwurm

クロスバイクの価格帯は幅広く、5万円から20万以上するモデルまで様々です。より走行性能などにこだわるなら10万円以上のモデルもありですが、通勤通学、買い物メインなどであれば、5〜10万円がおすすめです。

前述したメーカーなどのエントリーモデルは、この価格帯のモデルが多いので、チェックしてみましょう。

フレームの素材と特徴

フレームの素材と特徴

フレーム素材は、主に「スチール(クロモリなど)」、「アルミ」、「カーボン」の3種類。素材が違うと、車体の軽さ、乗り味、価格帯も変わります。

【スチール】

しなやかな乗り心地で、細身でスタイリッシュなデザインが定番。価格は、アルミやカーボンより安め。一方、車体重量は重く、外で保管するとフレームが錆びることも。

▼▼関連記事はこちら▼▼

【アルミ】

スチールより軽量でサビにくく、車体重量10kg~13kg前後のモデルが多い。カチッとした乗り心地で、クロスバイクの定番フレーム素材です。価格はスチールと同じか、やや高め。

【カーボン】

もっとも軽量で、乗り心地快適。ロードバイクのフレームにも使われる、カーボン素材。そのぶん価格は高く、フルカーボンだと20万円以上するモデルも。クロスバイクでは、フロントフォークなど、部分的に使われていることもあります。

速さ重視なら細いタイヤ、快適さ重視なら太いタイヤ

速さ重視なら細いタイヤ、快適さ重視なら太いタイヤ

出典:Flickr/Yuya Tamai

クロスバイクのタイヤは、ママチャリよりも細めで、モデルによって太さが変ります。定番の大きさは直径700cm、太さ28mmで、「700×28C」と表記されます。細ければ細いほどスピードが出やすいですが、地面からの振動は大きいでしょう。乗り心地の面では、太めのタイヤの方が安定感があります。

クロスバイクは、モデルにもよりますが、23~35C幅のタイヤを装着できることが多く、購入後に違う太さのタイヤに変えて楽しむこともできますよ。

ギアが多いほど、登り坂もラク

ギアが多いほど、登り坂もラク

出典:Flickr/Marufish

ギアの数が多いほど、ペダルの重さを細かく調節でき、坂道も快適に走れるでしょう。決して、ギアの段数が多いと速く走れるわけではありません。峠を走る等でなければ、細かい差は気にしなくても問題ないかもしれません。

【おしゃれ!】おすすめのクロスバイク4選

通勤通学や街中で走るのがメインなら、デザインもこだわりたいですよね。そんな人のために、おしゃれでスタイリッシュなクロスバイクをご紹介します。

FUJI BALLAD 2022年モデル

FUJIは、日本で生まれたアメリカのメーカー。街中で乗るのにぴったりなデザインのスポーツバイクを扱っています。


「BALLAD」は、すっきりとしたフォルムの、クロモリのクロスバイク。シンプルかつ、独特のカラーリングのロングセラーモデルです。

フレームクロモリ
変速段数8段
タイヤ700×28C
重量10.0kg

RALEIGH RFC Radford Classic

クラシカルなデザインが良いなら、イギリスの老舗メーカー、ラレーをチェックしましょう。


こちらはブラウンのサドル、ブランドロゴなどがレトロなモデル。タイヤ幅が25Cと、クロスバイクにしては細めなので、舗装路を軽快に走れるでしょう。

フレームクロモリ
変速段数16段
タイヤ700×25C
重量11.5kg(440mm)

LOUIS GARNEAU CITYROAM 8.0

おしゃれなカラーのスポーツバイクが多い、カナダのルイガノ。


「CITYROAM 8.0」は、ハンドルからサドル部分のフレームが、下に湾曲しているデザインです。私服に合わせやすく、女性にもおすすめ。

フレームアルミ
変速段数7段
タイヤ26”X1.5”
重量12.4kg(420mm)

BIANCHI C-SPORT1

鮮やかな「チェレステカラー」が人気の、おなじみのイタリアメーカーのビアンキ。


ホワイトなどのシンプルなカラーもありますが、代名詞であるチェレステのクロスバイクもいいですよね。24段変速のギアなので、坂道が多い通勤通学路でも快適に走れるでしょう。

フレームアルミ
変速段数24段
タイヤ700×38C

▼▼関連記事はこちら▼▼

【予算5万円前後】おすすめクロスバイク3選

ここからは、休日サイクリングも楽しめるクロスバイクを、予算5万円前後のモデルから選んでいます。

GIANT(ジャイアント)/CROSTAR

GIANT(ジャイアント)/CROSTAR

出典:GIANT

世界最大級のスポーツバイクメーカー、GIANTのクロスバイク。

独自のアルミ成型技術で、車体重量は9.9kgと超軽量!ジャイアントのクロスバイクは、クロスバイク初心者に人気があることでも有名です。

 フレーム アルミ
 変速段数 16段
 タイヤ 700x30C
 車体重量 9.9kg

製品公式ページはこちら


MERIDA CROSSWAY100-R

MERIDAは、GIANTと同じく、自転車大国の台湾で生まれたメーカー。


各パーツに専用サイズの製品を使用して、小柄な日本人の体形に合わせて作られている国内専用モデルなので、女性でも乗りやすいでしょう。


 

フレームアルミ
変速段数24段
タイヤ700×32C
重量11.9kg(46cm)

GIOS MISTRAL DISC HYDRAULIC

鮮やかな「ジオスブルー」のフレームでも知られるGIOS。細身でクラシカルなモデルが多いですよ。


ディスクブレーキは、雨の日でも効きが良いので安心。ロングライドだけでなく、近所の買い物や通勤にもおすすめのモデルです。

フレームアルミ
変速段数24段
タイヤ700×32C
重量11.7kg

▼▼関連記事はこちら▼▼

【通勤通学向け】おすすめクロスバイク3選

通勤通学におすすめのクロスバイクをご紹介します。スーツや制服にも合うモデル、パンクしにくいモデルも選びました。

BRIDGESTONE CYLVA F24

ブリヂストンといえば、通勤通学用自転車の定番ブランドですよね。


ライト、鍵、キックスタンドなどが、標準装備されたクロスバイク。パンクガード付きのタイヤで、毎日乗っても安心です。カラーラインナップは全5色。

フレームアルミ
変速段数24段
タイヤ700×32C
重量11.8kg(540mm)

GIANT(ジャイアント)/GRAVIER DISC

GIANT GRAVIER DISC

出典:GIANT

太いタイヤで、軽快に走れるGIANTのクロスバイク。安定感があるので、通勤通学時の街中走行にぴったり。

軽いタッチでしっかりブレーキできる、油圧ディスクブレーキ搭載。ロゴがエンボス加工になっているフレームデザインは、シックで大人っぽく、年代問わず乗れる人気モデルです。

 フレーム アルミ
 変速段数 24段
 タイヤ 27.5×1.75
 車体重量 11.6kg

製品公式ページはこちら


MIYATA EX-CROSS PRIME EX ベルト

ライトやスタンドに加え、前後に泥除けも付いているMIYATAのクロスバイク。ビジネスバッグがすっぽり入る、大型フロントバスケットも取り付けできます。


重量は比較的重めですが、日常使いで乗るなら、十分な走行性能と言えるでしょう。

フレームアルミ
変速段数5段
タイヤ27×1-1/2
重量18.6kg

▼▼関連記事はこちら▼▼

クロスバイクに必要な装備を揃えよう

シティサイクルには、最初からベルやライトなどが付いていますが、クロスバイクにはないことがほとんど。そのため、アクセサリー類も揃える必要があります。

ベルとライトは必須

ベルとライトは必須

出典:Flickr/Marufish

まず欠かせないのが、ベルとライト。どちらも法律上、付ける必要があります。ライトは、フロントと、後方にも取り付けましょう。

▼▼関連記事はこちら▼▼

泥除けやスタンドは、必要に応じて

泥除けやスタンドは、必要に応じて

出典:Flickr/Christopher Sessums

泥除けは、地面から跳ね上がる泥水から服を守ってくれます。スーツや制服で乗るなら、取り付けた方が良いかもしれません。

また、スポーツバイクは、近くの柵などに立てかけて駐輪をする人も多いですが、駐輪場に置くなら、スタンドもあるといいでしょう。

▼▼関連記事はこちら▼▼

空気入れもシティサイクルと違うよ

空気入れもシティサイクルと違うよ

スポーツバイクを初めて購入するなら、専用の空気入れも必要です。シティサイクルと同じじゃないの?と思われがちですが、タイヤに空気を入れる「バルブ」の種類が異なります。

シティサイクルのバルブは「英式」。クロスバイクやロードバイクは、「仏式バルブ」なので、仏式の空気入れを購入しましょう。

▼▼関連記事はこちら▼▼

クロスバイクのサイクリング、初めてなら、どのくらいの距離がおすすめ?

クロスバイクのサイクリング、初めてなら、どのくらいの距離がおすすめ?

クロスバイクは、シティサイクルと比べ、前傾姿勢で走行します。スピードは出やすいのですが、最初から長い距離を走ると、お尻や体が痛くなることもあります。

最初におすすめの距離は、5~15kmくらい。近所の散策程度の距離からはじめてみましょう。

クロスバイクで、新しい自転車の体験を

スポーツバイク初心者にもおすすめのクロスバイク。様々なモデルがありますが、街中でちょっと走るときも、長距離サイクリングでも活躍しますよ。クロスバイクデビューをして、新しい自転車の楽しみ方を見つけませんか?