通勤用の自転車どれにする?7種類の自転車を比較してみました

通勤用の自転車どれにする?7種類の自転車を比較してみました

距離によって選びたい!通勤におすすめの自転車を紹介します。定番のシティサイクルのほか、より長距離を快適に走れるスポーツバイクや電動アシスト自転車など、種類によって乗り心地も変わります。自転車通勤のメリットや、服装の注意点などもまとめたので、参考にしてみてくださいね。

目次

通勤には、どんな自転車を選べばいい?

通勤には、どんな自転車を選べばいい?

出典:flickr/Elvert Barnes

自転車は、シティサイクル(ママチャリ)、ロードバイクなどのスポーツバイク、電動アシストつきなど、種類もいろいろ。

通勤用に、どれを選べばよいか迷ったら、まずは距離を目安に選んでみませんか。

自転車で通勤するなら、距離は15kmまでを目安に

自転車通勤の距離は、長くても片道15kmぐらいを目安にしましょう。あまり距離が長いと、通勤だけで疲れてしまうことも。

15kmなら、時速10〜15kmぐらいで走って、40分〜1時間の通勤時間。かけられる時間によって判断してもいいでしょう。

▼▼関連記事はこちら▼▼

そもそも、自転車通勤できる?

会社によっては、自転車通勤を禁止していることも。自転車を選ぶ前に、会社に確認しましょう。

自転車7種類を、比較してみました

自転車7種類を、比較してみました

出典:flickr/Elvert Barnes

以下、通勤におすすめの7つの自転車です。

  • ●シティサイクル(ママチャリ)
  • ●折りたたみ自転車
  • ●ミニベロ
  • ●クロスバイク
  • ●ロードバイク
  • ●マウンテンバイク(MTB)
  • ●電動アシスト付き自転車

距離によって、おすすめの車種が変わるので、自分の通勤距離と照らし合わせてみましょう。

片道3km以内なら、シティサイクル(ママチャリ)で十分

片道3km以内なら、シティサイクル(ママチャリ)で十分

通勤距離が片道3km以内なら、シティサイクルがおすすめ。スピードが出るスポーツバイクと比べても、3kmぐらいなら、到着時間にあまり差はないでしょう。

おすすめのシティサイクル①ブリヂストン(BRIDGESTONE)/アルベルト

ブリヂストンと アルベルト L型 27インチ

アルベルトは、ブリヂストンの人気モデル。自動点灯のライトがあるので、夜間のライトのつけ忘れ対策もできるでしょう。サビないチェーンなので、メンテナンスも楽ちん。パンクで遅刻、なんてことになりにくい、耐パンクのタイヤがついています。

タイヤサイズ27インチ
カラーカラー
適応身長148cm~
重量19.3kg
変速段数5段

おすすめのシティサイクル②ミヤタ(MIYATA)/カフェW ベルト

ミヤタ カフェW ベルト 27インチ

カフェW ベルトは、スカートでも乗り降りしやすい、低めのフレーム。チャイルドシートも取り付けできるので、子どもの送り迎えにもぴったりです。雨の日、下り坂でも安全に停車しやすい「ローラーブレーキ」仕様になっています。

タイヤサイズ27インチ
カラー3色
適正身長145cm~
重量21.5kg
変速段数3段

おすすめのシティサイクル③パナソニック(Panasonic)/シナモン・JP・ツインロック

パナソニック シナモン・JP・ツインロック 26インチ

家電で有名なパナソニックですが、シティサイクルも多く取り扱っています。フレームのまたぐ部分が低く、小柄な人でも乗り降りしやすいでしょう。スタンドを立てると同時にハンドルもロックされる仕様なので、駐輪時は荷物が多くても倒れにくいです。軽い力でブレーキが利く「Wピボットハイパワーブレーキ」つき。

タイヤサイズ26インチ
カラー3色
適応身長141cm~
重量21.9kg
重量3段

▼▼シティサイクルをもっと探すなら!こちらから▼▼

オフィスに持ち込むなら、折りたたみ自転車

オフィスに持ち込むなら、折りたたみ自転車

折りたたんでコンパクトになる折りたたみ自転車は、保管で場所を取りません。駐輪場がなくても、オフィス内に畳んで置けますね。

おすすめの折りたたみ自転車①DAHON(ダホン)/Route

ダホン Route

折りたたみ自転車専門のメーカー。3ステップで簡単に折り畳めるモデルが多く揃っています。Routeは、ダホンの定番モデル。7段変速なので、小さなタイヤながら、自分のペースに合わせて走りやすいでしょう。泥除けつきで、地面から跳ね返る水からスーツを守ってくれます。

タイヤサイズ20インチ
カラー6色
折りたたみサイズW89×H64×D34cm
重量12.2kg
変速段数7段

おすすめの折りたたみ自転車②RENAULT(ルノー)/LIGHT8

ルノー LIGHT8

軽量な折りたたみ自転車といえば、ルノーでしょう。重さ10kgを切るモデルを多く展開しています。14インチの、小さなタイヤがついたLIGHT8は、とにかくコンパクトになる自転車を探している人におすすめ。変速がない分軽量で、こぎ出しもスムーズ。信号の多い街中でも活躍するでしょう。

タイヤサイズ14インチ
カラー3色
折りたたみサイズ665×410×560mm
重量8.3kg
変速段数シングル

おすすめの折りたたみ自転車③ブリヂストン/F6F

シルヴァ F6F

20インチタイヤのモデル。小さいタイヤながら、太さがあるので、ちょっとした段差も安心して越えられるでしょう。お尻が痛くなりにくい「エルゴノミックサドル」で、長時間走るときも快適。6段変速なので、坂道もスイスイのぼれます。

 折りたたみサイズ 835×725×440mm
 車体カラー 4色
 タイヤサイズ 20インチ
 車体重量 12.4kg
 変速段数 6段

製品公式情報はこちら

▼▼折りたたみ自転車をもっと探すなら!こちらから▼▼

片道3km以上なら、スポーツバイクが快適

通勤距離が片道3km以上なら、よりスピードが出しやすい、スポーツバイクも候補に入れませんか。

スポーツバイクには種類がありますが、通勤には「クロスバイク」「ミニベロ」「ロードバイク」「マウンテンバイク」の4つがおすすめです。

クロスバイク

クロスバイク

クロスバイクは、初めてのスポーツバイクにもおすすめの自転車。シティサイクルよりタイヤが細く、変速段数も多めなので、軽快に走れますよ。

ちなみにスポーツバイクは、カゴやスタンドなどが最初からついていないモデルがほとんど。ただ、オプションで取り付けられるモデルもあるので、必要なアクセサリがあればチェックしましょう。

おすすめのクロスバイク①GIANT(ジャイアント)/ESCAPE R3 DISC

おすすめのクロスバイク①GIANT(ジャイアント)/ESCAPE R3 DISC

出典:GIANT

GIANTは、台湾に本社を構える世界最大級のスポーツバイクメーカー。開発から製造までを自社でおこない、高品質なのに低価格な、コスパ最強バイクが勢ぞろい。

中でもESCAPE R3は、日本人の体格に合わせた定番のクロスバイクです。濡れた路面でもよく利く「ディスクブレーキ」仕様なので、雨の日も安心ですね。

 フレームサイズ XXS、XS、S、M
 車体カラー 3色
 タイヤサイズ 700×30C
 車体重量 11.5kg
 変速段数 24段

製品公式情報はこちら

▼▼GIANTのクロスバイク、ほかにもあるよ▼▼


おすすめのクロスバイク②GIOS(ジオス)/MISTRAL CHROMOLY

ジオス MISTRAL CHROMOLY

イタリアの老舗メーカー。細身のスポーツバイクを製作しています。シンボルカラーの鮮やかな「ジオスブルー」でも、知られていますよ。こちらも、ジオスらしい細身なクロスバイク。ロードバイクにも使用される、細身な28Cのタイヤがついているので、スピードを維持しやすいでしょう。

フレームサイズ430/480/520mm
カラー2色
タイヤサイズ700×28C
重量11.6Kg
変速段数24段

▼▼GIOSのクロスバイク、ほかにもあるよ▼▼


おすすめのクロスバイク③KhodaaBloom(コーダーブルーム)/KESHIKI

コーダーブルーム KESHIKI

小柄な人、女性にも合わせやすいサイズから展開しているメーカー。日本人の体格に合わせた設計で、スポーツバイクを作っています。KESHIKIは、幅の太めなタイヤがついたモデル。ちょっとした段差も乗り越えやすく、スポーツバイク初心者にもおすすめです。舗装の荒れた道、砂利道などが通勤路にあっても、へっちゃらですよ。

フレームサイズ420/460/500mm
カラー2色
タイヤサイズ27.5インチ
重量11.9Kg
変速段数16段

▼▼コーダーブルームのクロスバイク、ほかにもあるよ▼▼

▼▼クロスバイクの詳しい記事はこちら▼▼

ミニベロ

ミニベロ

20インチ以下の、小さいタイヤがかわいいミニベロ(小径車)。小回りしやすいので、街中を走るのにぴったりですよ。タイヤが小さくても、変速できるモデルならグングン進みます。

こちらでは、変速段数が多く、スポーツバイクらしい走りを楽しめるモデルを紹介しましょう。

おすすめのミニベロ①LOUIS GARNEAU(ルイガノ)/EASEL7.0

ルイガノ EASEL7.0

ルイガノは、カナダのスポーツバイクメーカー。おしゃれなカラーのモデルを多く扱っています。クリーム色のタイヤ、ブラウンのサドルやハンドルがレトロなEASEL7.0。ベーシックな「LG WHITE」のほか、「APRICOT」など、ポップなカラーもあります。タイヤが小さいものの、ふらつきにくいフレーム設計で、シティサイクルからの乗り換えもスムーズでしょう。

フレームサイズ370/410/450mm
カラー4色
タイヤサイズ20インチ
車体重量12.6Kg
変速段数7段

▼▼ルイガノのミニベロ、ほかにもあるよ▼▼


おすすめのミニベロ②BRUNO(ブルーノ)/MIXTE F SILVER EDITION

ブルーノ MIXTE F SILVER EDITION

ミニベロ専門の、スイスのメーカー。ロゴや細身のフレームなど、レトロな雰囲気のモデルが見つかります。こちらは、通勤はもちろん、カフェ巡りなど、街中をちょっと走るのにもぴったりのモデル。オプションで前かごをつけられるので、荷物が増えても安心です。

フレームサイズ410mm
カラー10色
タイヤサイズ20インチ
10.3Kg
変速段数7段

▼▼ブルーノのミニベロ、ほかにもあるよ▼▼


おすすめのミニベロ③BIANCHI(ビアンキ)/LECCO

ビアンキ LECCO

イタリアの老舗メーカーBIANCHI。シンボルカラー「チェレステ」のスポーツバイクは、男女問わず人気です。軽量アルミフレームのLECCOは、こぎ出しがスムーズ。軽快な走りを体感できます。タイヤの幅が太めなので、ちょっとした段差も乗り越えやすいでしょう。

フレームサイズ430mm
カラー3色
タイヤサイズ20インチ
変速段数7段

▼▼BIANCHIのミニベロ、ほかにもあるよ▼▼

▼▼ミニベロの詳しい記事はこちら▼▼

ロードバイク

ロードバイク

速く走るための自転車、ロードバイク。軽量で、タイヤはクロスバイクよりも細めで、走行性の高さはピカイチです。通勤だけでなく、休日サイクリングも楽しみたい人におすすめです。

おすすめのロードバイク①GIANT(ジャイアント)/CONTEND 2

おすすめのロードバイク①GIANT(ジャイアント)/CONTEND 2

出典:GIANT

GIANTで、ロングセラーのロードバイクシリーズ「CONTEND」。こちらのCONTEND2は、地面からの衝撃を和らげる、カーボンフォークがついたモデルです。初めてのドロップハンドルでも、しっかりブレーキが使えるよう、「アシストブレーキレバー」がついています。

 フレームサイズ XS、XS、S、M、ML
 車体カラー 3色
 タイヤサイズ 700×28C
 車体重量 9.8kg
 変速段数 16段

製品公式情報はこちら

▼▼GIANTのロードバイク、ほかにもあるよ▼▼


おすすめロードバイク②RALEIGH(ラレー)/CRB

ラレー CRB Carlton-B

クラシカルなデザインで探すなら、ラレーも見逃せません。イギリスの老舗メーカーで、落ち着いた色の細身なスポーツバイクを作っています。CRBは、モノトーンのシンプルなカラーリング。スーツにも合わせやすいですね。ケーブル類がフレームに内蔵されているので、よりスッキリした印象です。変速は16段で、坂道でもスイスイ進むでしょう。

フレームサイズ450/500/550mm
カラー2色
タイヤサイズ700×28C
重量11.5Kg
変速段数16段

▼▼ラレーのロードバイク、ほかにもあるよ▼▼


おすすめロードバイク③FUJI(フジ)/BALLAD R

フジ BALLAD R

FUJIのスポーツバイクは、カジュアルなスタイルにも似合うデザインが豊富。通勤にはもちろん、休日サイクリングにもおすすめです。ヴィンテージバイクのような雰囲気のBALLAD Rは、細身のロードバイク。変速はハンドル下の「Wレバー」仕様なので、操作に少々慣れが必要ですが、おしゃれなバイクを探している人にぴったりです。

フレームサイズ43,49,52,54,56cm
カラー2色
タイヤサイズ700×28C
重量10.0Kg
変速段数16段

▼▼FUJIのロードバイク、ほかにもあるよ▼▼

▼▼ロードバイクの詳しい記事はこちら▼▼

マウンテンバイク(MTB)

マウンテンバイク(MTB)

太いタイヤ、地面の衝撃を吸収するサスペンションなど、オフロードを楽しむ自転車のマウンテンバイク。ロードバイクと比べると、スピード維持は難しいものの、段差も気にせず走れちゃいますよ。

おすすめマウンテンバイク①TREK(トレック)/Marlin 6

おすすめマウンテンバイク①TREK(トレック)/Marlin 6

出典:TREK

アメリカの三大自転車メーカーのTREK。電動アシスト付きのスポーツバイク「e-Bike」の開発にも力を入れる、先進的なメーカーです。

Marlin 6は、通勤に便利なスタンドや、リアキャリアをつけられる仕様のMTB。「フロントシングル」なので、変速時などのチェーントラブルも少ないでしょう。

 フレームサイズ XS、S、M、ML、L、XL
 車体カラー 2色
 タイヤサイズ 27.5インチ(XS、S)29インチ(M、ML、L、XL)
 車体重量 14.11kg
 変速段数 10段

製品公式情報はこちら

▼▼TREKのマウンテンバイク、ほかにもあるよ▼▼


おすすめマウンテンバイク②GT(ジーティー)/PALOMAR

ジーティー PALOMAR

GTは、MTBを中心にスポーツバイクを展開する、アメリカのメーカー。PALOMARは、27.5インチのタイヤがついた、通勤向けのMTB。軽い力で利くVブレーキ仕様になっています。本格的な80mmのフロントサスペンションで、舗装の荒れた道を走っても、快適な乗り心地でしょう。

フレームサイズXS,S,M,L,XL
カラー2色
タイヤサイズ27.5インチ
重量15Kg
変速段数21段

▼▼GTのマウンテンバイク、ほかにもあるよ▼▼

▼▼マウンテンバイクの詳しい記事はこちら▼▼

体力を消耗しない、電動自転車もおすすめ

体力を消耗しない、電動自転車もおすすめ

出社前に、体力をなるべく温存したいなら、電動アシストつきの自転車もチェック。坂道でもラクに走れるので、汗だくになりませんよ。風を切ってスイスイ走れると、会社前にリフレッシュできそうですね。

おすすめ電動アシスト自転車①ヤマハ(YAMAHA)/PAS RIN

ヤマハ PAS RIN

電動アシスト自転車の定番ブランド、ヤマハ。PAS RINは、アシストの強さが3段階から選べるモデル。1回のフル充電で、最大94kmも走れるので、毎回充電する手間もないですね。シックなカラーラインナップで、スーツにも合わせやすいでしょう。

タイヤサイズ26インチ
カラー5色
適応身長146cm~
重量27.9kg
変速段数3段
バッテリー容量15.4Ah

▼▼ヤマハの電動アシスト自転車、ほかにもあるよ▼▼


おすすめ電動アシスト自転車②パナソニック/ティモ・L

パナソニック ティモ・L

またぐ部分が低くて乗り降りしやすく、大容量のバッテリーがついた、パナソニックの電動アシスト自転車。アシストの強さは、パワー、オートマチック、ロングモードの3段階。1回の充電で最大100kmまで走れます。ブラウンのかごやサドルが、レトロな雰囲気ですね。

タイヤサイズ26インチ
カラー4色
適応身長141cm~
重量28.2kg
変速段数3段
バッテリー容量16.0Ah

▼▼パナソニックの電動アシスト自転車、ほかにもあるよ▼▼

▼▼電動アシスト自転車の詳しい記事はこちら▼▼

スポーティーなe-Bikeも人気

スポーティーなe-Bikeも人気

スポーツバイクの電動アシスト機能つきモデル、「e-Bike」。バッテリーが内蔵されたモデルもあり、スッキリとしたデザインも見つかりますよ。スポーツバイクらしい走りと、坂道をスイスイ走れるアシスト機能。まさに「鬼に金棒」なe-Bikeを、通勤の相棒にしてみませんか?

おすすめe-Bike①ブリヂストン/TB1-e

ブリヂストン TB1-e

走行中にペダルを止めるか、左ブレーキを握ると、モーターが発電し、バッテリーを自動充電してくれるモデル。アシスト力が強いモードで最大65km、エコモードでは、なんと最大200km走れるので、休日サイクリングでも十分楽しめますね。

タイヤサイズ27インチ
カラー4色
適応身長151cm~
重量22.5kg
変速段数7段
バッテリー容量14.3Ah相当


おすすめe-Bike②Besv(ベスビー)/JR1

BESV JR1

電動アシスト自転車を専門にするメーカー、BESV。こちらは、ロードバイク仕様の電動モデル。車体重量は15.7kgと、バッテリーなしのクロスバイクと同じくらい軽さです。フレームにバッテリーが内蔵されていて、スッキリした見た目ですね。エコモードなら、1回の充電で最長115km走れます。

フレームサイズXS,M
カラー3色
重量15.7kg (XS) / 16kg (M)
変速段数22段
バッテリー容量7.0Ah

▼▼e-Bikeの詳しい記事はこちら▼▼

気を付けておきたい、自転車に乗るときの服装

気を付けておきたい、自転車に乗るときの服装

通勤時の服装は人それぞれ。私服もいれば、スーツや会社の制服の人もいますよね。ただ、安全・快適に走るためにも、最低限以下のことは抑えておきましょう。

汗をかいても、すぐ乾く素材をチョイス

汗をかいたままだと臭くなるだけでなく、汗冷えします。そうならないよう、汗をかいてもすぐ乾く素材の服を選びましょう。ドライ機能、吸汗速乾機能付きがおすすめです。

スーツや制服があり、服装を選べないなら、インナーで調整しましょう。とくに大量に汗をかく夏場は、着替え用のインナーを1枚持ち歩くと便利ですよ。

パンツの裾は、チェーンで汚れやすい

パンツの裾は、チェーンで汚れやすい

スポーツバイクなど、チェーンカバーが付いていない自転車に乗るなら、パンツの裾がチェーンに接触しないように注意しましょう。裾が汚れるだけでなく、ギアの歯で生地がボロボロになることもあるんですよ。

パンツの裾は縛るか、ロールアップがおすすめ。スーツはもちろん、チノパンツ、レギュラーフィットジーンズなど、足首にゆとりのあるパンツは裾が接触しやすいので、要注意です。

ヘルメットをかぶろう

どの自転車でも、ヘルメットはかぶりましょう。万が一事故に遭ったとき、頭を守れるのはヘルメットだけです。

帽子のように気軽にかぶれる、カジュアルなデザインもあるので、コーディネートのひとつとして、選んでみてくださいね。

OGK KABUTO KOOFU CS-1

サイズ S/M(55-58cm)、M/L(57-59cm)

▼▼季節別の服装、まとめたよ▼▼

▼▼クロスバイクにおすすめの服装は?▼▼

▼▼スポーツバイクに、カジュアルなヘルメット!▼▼

▼▼女性におすすめのヘルメットまとめました▼▼

自転車通勤は、人生を豊かにしてくれる!

通勤の手段として自転車に乗ると、爽快感を味わえるだけでなく、いいことがいくつもあります。

満員電車・渋滞の心配なし

電車や車での通勤のタイミングが、ラッシュ時とかぶると、疲れてしまいますよね。自転車なら、人混みを避けて走れますし、時刻表を気にする必要もありません。

自分のペースで通勤できるので、会社の往復も快適になるでしょう。

気持ちのリフレッシュに!

気持ちのリフレッシュに!

出典:flickr/Trailnet

通勤で自転車に乗れば、気持ちを切り替えて仕事ができそうですね。外の空気でリフレッシュして、気持ちよく会社に向かえるでしょう。

四季の変化を肌で感じられる

四季の変化を肌で感じられる

自転車のペースなら、季節の植物なども楽しめます。桜や紅葉、朝日や夕日を眺めながら、四季の変化を味わえますよ。

自転車通勤にはデメリットも。。

自転車で通勤すると、いいこともたくさんありますが、次のことには気をつけましょう。

仕事帰りにお酒が飲めない

お酒飲んで自転車を運転するのは、飲酒運転と同じ扱い。道路交通法で禁止されています。「仕事帰りの1杯」は、帰宅してからのお楽しみにしてくださいね。

駐輪する場所の確保と、駐輪場代

駐輪する場所の確保と、駐輪場代

出典:flickr/SLTc

会社に駐輪場がないと、自力で探す必要があります。また駐輪場があっても、駐輪代がかかるでしょう。

とはいえ、電車賃や車のガソリン代に比べたら、駐輪代は安いかもしれませんね。毎月かかる費用を計算して、自転車通勤をするか決めてもいいでしょう。

雨や雪の日は、走りにくい

雨や雪の日は、走りにくい

雨や雪が降ると、路面が滑りやすく、自転車によってはブレーキが利きにくくなります。通勤で乗るなら、時間にゆとりをもつなど、いつも以上に注意しましょう。

スーツやカバンが濡れるので、対策をして走ってくださいね。

▼▼前かごにカバーをかけよう!▼▼

▼▼レインコートでスーツを守ろう▼▼

▼▼スポーツバイクに、泥除けはいかが?▼▼

交通量が多い通勤時間。ルールを守って走ろう

交通量が多い通勤時間。ルールを守って走ろう
出典:flickr/Ignat Gorazd

自転車通勤をするなら、事故を起こさないよう、ルールを守って走りましょう。とくにラッシュ時は、車と接触する可能性も多いので注意してくださいね。

  • ●自転車は左側通行、原則車道を走る
  • ●道路交通法に従う
  • ●交差点では一時停止、安全確認
  • ●傘さし運転、運転中のスマホやイヤホンの使用禁止

とくに、右側走行は危険です。途中、左側を走りにくい場所がないか、事前にチェックできると安心ですね。

▼▼自転車の走行ルールおさらい!▼▼

自転車の通勤で、日々を楽しく!

会社までの距離を調べるなら、Googleマップなど、Webサービスが便利ですよ。通勤距離にあった自転車を選んで、快適に走りましょう!

▼▼関連記事はこちら▼▼