クロスバイクを買ったら一緒に揃えよう!必要なアイテム14選

クロスバイクを買ったら、一緒に購入するべきアイテムがあります。必ず準備すべきもの、乗るシーンによって準備したいものなど様々。今回は必要なアイテムと、その選び方、そして各アイテムの定番商品などをご紹介します!

目次

  • クロスバイクの購入時に必要なものとは?
  • 必ず揃えたいもの
  • 街乗りで揃えたいもの
  • 長距離のサイクリングで揃えたいもの
  • メンテナンスで揃えたいもの

クロスバイクの購入時に必要なものとは?

クロスバイク購入時に必要なものとは?

スポーツバイクの”クロスバイク”はシティサイクルと違って、標準では装備されていないアイテムがいくつもあります。

 

街乗り、長距離のサイクリングなど、楽しみ方によって、各アイテムを揃えれば、よりクロスバイクを楽しむことができるでしょう。

 

今回は各アイテムを、定番ブランドや定番モデル等を中心にご紹介していきます。

必ず揃えたいもの

ライト

●フロントライト

夜間走行時のライト点灯は道路交通法で定められていますので、必ず準備しましょう。ライトを選ぶ主な基準は「明るさ」と「電源」があります。

 

ライトの明るさは「ルーメン」と言う単位が良く使われ、最低でも300ルーメン以上の明るさが良いと言われます。スピードを出して走行する場合や、街灯が少ない暗い場所などでは、700ルーメン以上等の明るいライトを選びましょう。

 

また、電源は「電池式」と「充電式」があり、乾電池やボタン電池などを使う電池式は、走行中に電池が切れても、コンビニ等で電池を手に入れられるメリットがあります。充電式はUSBで充電するタイプが多く、充電の手間がありますが、乾電池を新たに購入せずとも、使い続けられるメリットがあります。

 

様々なサイクルアクセサリーを販売する『キャットアイ』は多くのサイクリストが愛用している、信頼のブランドです。

ITEM
キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト VOLT400 HL-EL461RC USB充電式
●サイズ:111.5×31×38mm
●重量:120g
●標準充電時間:約6時間
●取り付け対応径:φ22mmからφ32mm

●リアライト

自転車後方につけるリアライトは、道路交通法に定めがある橙色もしくは赤色のライトを選びましょう。また取り付け位置もサドルの下のシートポストに取り付けるタイプや、フレームに取り付けるタイプなど各種あるので、好みに応じて選びましょう。振動に反応して自動点灯するタイプのライトもあります。

ITEM
キャットアイ(CAT EYE) テールライト OMNI5 TL-LD155-R 電池式
●使用電池:単4形乾電池2本
●発光時間:点灯/約60時間、点滅/約90時間、ラピッド/約120時間
●重量:41.8g (本体・乾電池のみ)

▼▼ライト関連記事はこちら▼▼

 


自転車を盗まれない為の「鍵」はチェーンロックやU字ロックなど、様々なタイプが販売されています。

 

自宅での保管など長い時間、同じ場所に停める場合は、頑丈なU字ロック等がおすすめです。外出先での駐輪などでは、持ち運びが容易なチェーンロックなどが便利で、複数のチェーンロックを使って、セキュリティを高くする方法もおすすめです。

 

信頼のドイツランド『ABUS』の鍵は、大きさやセキュリティレベルで様々なタイプがラインナップされています。

ITEM
ABUS(アブス) チェーンロック 4804K 110cm
長さ:1100mm
重量:510g
セキュリティレベル:4

▼▼鍵の関連記事はこちら▼▼

 


ベル

ベルの取り付けは道路交通法で義務付けれられていますので必ず準備しましょう。クロスバイクの見た目を損なわないような、お洒落なベルも多く発売されていますので、自分のクロスバイクに合った、好みのベルを見つけましょう。

 

『knog』のベルは、スマートなデザインはもちろん、鳴る音質や音量も計算されて開発されたベルです。

 

空気入れ

クロスバイクの場合、仏式の空気バルブが多く、タイヤの空気圧も定められた数値以内で入れる必要があります。その時に必要なのが、仏式バルブ対応のメーター付きの空気入れ。

 

信頼のジャパンブランド『パナレーサー』の空気入れは、お手頃な価格帯で品質も安心できるでしょう。

ITEM
パナレーサー 空気入れ 楽々ポンプ エアゲージ付 米式/英式/仏式バルブ対応

▼▼空気入れ関連記事はこちら▼▼

 

街乗りで揃えたいもの

スタンド

ほとんどのクロスバイクは標準でスタンドが付いていません。頻繁に街乗り等で使うのであれば、スタンドを付けた方が便利です。クロスバイクによっては、純正品のスタンドがある場合があるので、購入時などに確認しましょう。

ITEM
GORIX ゴリックス スマートな自転車スタンド サイドスタンド GX-KC22AAJ-Z
●サイズ:取り付け箇所:幅3.1x高さ2.6x奥行5.8cm
●脚長さ:26〜37cm(11cm伸縮調整可能)、Φ1.5cm
●重量:250g
●適合サイズ:20〜28インチ

ヘルメット

スピードが出るクロスバイクでは、安全の為にもヘルメットの装着がおすすめです。好みのデザインと品質基準をクリアしたものを選びましょう。

 

アメリカブランドの『GIRO』は多くの洗練されたデザインと品質が高いヘルメットを発売しています。

ITEM
GIRO(ジロ) アスペクト ASPECT

▼▼ヘルメット関連記事はこちら▼▼

 


スマートフォンホルダー

ハンドル付近にスマートフォンを取りつけ、ナビゲーションアプリを活用すれば、初めての道でも安心です。しっかりと車体をホールドするホルダーであれば、走行時の振動の心配も少ないでしょう。シリコン製のホルダーは、スマートフォンと車体をきつくホールドできるのでおすすめです。

ITEM
Anoser 自転車ホルダー スマホホルダー

▼▼スマートフォンホルダー関連記事はこちら▼▼

 

長距離のサイクリングで揃えたいもの

グローブ

長い距離を乗る場合、ハンドルからの振動で、両手が痛くなりがちです。クッション素材が入った手袋を使用すれば痛みが軽減ができるでしょう。ヘルメットでも紹介した『GIRO』はグローブも多くラインナップしています。

ITEM
GIRO ジロ サイクルグローブ Jag Gloves Mサイズ ブラック 黒

▼▼グローブ関連記事はこちら▼▼

 


ボトル

特に暑い夏場などは、サイクリング時の水分補給はとても大切です。ボトルゲージにボトルをセットしすれば、信号待ち等の短い時間でも、スピーディに水分補給ができます。ボトルはスクイズボトルタイプの押して中身が出てくるタイプがオススメです。

ITEM
CAMELBAK(キャメルバック) ボトル 保冷ボトル ポディウムチル

▼▼ボトル関連記事はこちら▼▼

 


ボトルゲージ

ボトルゲージも各種様々なもの発売されていますが、デザイン等見た目で選んでも良いでしょう。気をつける点としては、ボトルの出し入れを片側(右か左)どちらかのみ出し入れする仕様のゲージがあるので、注意しましょう。

多くのサイクリストが使う『トピーク』は、ボトルゲージの定番アイテムで、手頃な価格ながら、サイクルボトルでもペットボトルでも対応可能な万能ゲージです。

ITEM
TOPEAK トピーク Modula Cage II モジュラーケージ2 WBC05100《P》

▼▼ボトルケージ関連記事はこちら▼▼

 


サイクリングパンツ

特にクロスバイクの乗り始めの時などは、お尻が痛くなりがちです。パッドが装着されたサイクリングパンツを着用すれば、振動からお尻へのダメージを軽減してくれるでしょう。

 

老舗日本ブランドの『パールイズミ』のサイクリングパンツは、確かな品質が期待できます。

ITEM
PEARL IZUMI 159-3D サイクリング メッシュインナーパンツ
●メイン素材:ナイロン

 

メンテナンスで揃えたいもの

六角棒(アーレンキー)

クロスバイクやロードバイクのメンテナンスであれば、六角棒は必要になってくるアイテムです。サドル調整の各種メンテナンスや、各種装備品の脱着など、使う場面も多いでしょう。

自宅作業であれば、力を入れやすい柄が長いタイプがおすすめで、サドルバッグなどに入るコンパクトなタイプは外出時の携帯ツールとしておすすめです。

ITEM
ホーザン(HOZAN) アーレンキー キーレンチ 六角レンチセット 10本組
●折りたたみ式で携帯に便利な六角レンチセットです。
●mm/インチとも5種類ずつセットしています。
●質量(g):115g
●セット内容(mm/インチ):1.27(1/20)、1.5、1.6(1/16)、2、2.4(3/32)、2.5、3、3.2(1/8)、4、4.8(3/16)

▼▼アーレンキー関連記事はこちら▼▼

 


チェーンオイル

クロスバイクの最低限のメンテナンスとして、チェーン洗浄は行いたいメンテナンスの一つです。チェーンを定期的に洗浄&注油すれば、快適な乗り心地を維持できるでしょう。

注油する際のオイルは「ドライ」や「ウェット」などのタイプがありますが、通常は晴れた日に乗る事が多いと思いますので、晴天時用の「ドライ」を選びましょう。

ITEM
フィニッシュライン(FINISH LINE) ドライ テフロン ルーブ プラボトル 120ml
世界唯一の自転車専用ケミカルブランドです。
特長デュポン社のテフロン微粒子を配合した業界初のドライ系潤滑剤。
優れた浸透性と耐久性を持ち、高圧に耐え、水で洗い流されにくい全天候型多用途・万能タイプで、
オンロードにもオフロードにも使用できます。

▼▼チェーンオイル関連記事はこちら▼▼

 

紹介されたアイテム

キャットアイ(CAT EYE) LEDヘ…
キャットアイ(CAT EYE) テールラ…
ABUS(アブス) チェーンロック 48…
knog ノグ Oi BICYCLE B…
パナレーサー 空気入れ 楽々ポンプ エア…
GORIX ゴリックス スマートな自転車…
GIRO(ジロ) アスペクト ASPEC…
Anoser 自転車ホルダー スマホホル…
GIRO ジロ サイクルグローブ Jag…
CAMELBAK(キャメルバック) ボト…
TOPEAK トピーク Modula C…
PEARL IZUMI 159-3D サ…
ホーザン(HOZAN) アーレンキー キ…
フィニッシュライン(FINISH LIN…

あわせて読みたい

エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
エンド金具を分かりやすく解説!定番のモデルもご紹介します
自転車の輪行で、用意したいアイテムの一つ「エンド金具」をご紹介します。走るためのアイテムではありませんが、楽しい輪行には、エンド金具の使用をおすすめ…
高橋智宏
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
【防水】サドルバッグの定番ならオルトリーブ!ロングライドやブルべにいかが?
ORTLIEB(オルトリーブ)の丈夫な防水サドルバッグを紹介します。全ラインナップのほか、最新のオルトリーブ2と、Lの取り付け方法などの違いもまとめ…
二ノ宮 空
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
ZWIFTはこんな人におすすめ!準備や楽しみ方を体験レポート!
バーチャルサイクリングサービス「ZWIFT(ズイフト)」の費用や揃えるもの、はじめ方をご紹介。ローラー台と自転車の設置手順や、デバイスとの接続方法を…
CYCLE HACK編集部
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
マウンテンバイクのサスペンションを解説!種類や違いを理解しよう。
多くのマウンテンバイクに装備される「サスペンション」。オフロードには、なくてはならないパーツですね。そのサスペンションには、どんな機能・効果があるの…
高橋智宏
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
【プロも使う品質】エリートのボトルケージは豊富なラインナップ!どれ選ぶ!?
プロも愛用するELITE(エリート)のボトルケージのおすすめを紹介します。軽くて丈夫な豊富なラインナップの中から、各モデルの選び方や特徴などもまとめ…
記助