シングルスピードの気になるモデルまとめ!シンプルでおしゃれな一台

シングルスピードの気になるモデルまとめ!シンプルでおしゃれな一台

シンプルでおしゃれ自転車「シングルスピード」をご紹介します!シングルスピードの、メリットやおすすめのモデル、ピストバイクとの違いやメンテナンスの特徴などもまとめました。街乗りに人気のシングルスピードが気になる人は、ぜひチェックしてください!

目次

アイキャッチ画像出典:Flickr/rashida s. mar b.

街乗りに選びたい自転車、シングルスピード

街乗りに選びたい自転車、シングルスピード

シンプルな見た目が美しい、シングルスピードは、街乗りによく似合います。おしゃれなデザインが多い一方、メンテナンスしやすく、低価格なモデルもありますよ。

変速機がついていない自転車

変速機がついていない自転車

出典:FaceBook/SurlyBikes

シングルスピードってどんな自転車?と思う人もいると思いますが、「シングル」はギアの段数、つまり一段しかないギアの自転車のこと。変速機能がない自転車ですね。

ロードバイクやマウンテンバイクにもシングルスピードのモデルがあり、変速機がないママチャリもシングルスピードになりますね。

ピストバイクとは違うの?

ピストバイクとは違うの?

出典:FaceBook/Fuji Bikes

変速機がない自転車で「ピストバイク」と呼ばれる自転車もあります。上記のモデルは競技用のモデルですが、ストリートファッションに似合う、おしゃれなピストバイクもあります。

ピストバイクは、漕ぐのを止めてもペダルが回り続ける「固定ギア」がついていて、扱いにコツが必要な自転車です。また、ピストバイクはブレーキがないモデルもありますが、公道はブレーキのついた自転車でしか走れないので、注意しましょう。

シングルスピードのいいところ・気になるところ

変速機がないことで、シングルスピードにはいいところ、気になるところがあります。まずはいいところから紹介しますね。

シンプルでスタイリッシュな見た目

シンプルでスタイリッシュな見た目

出典:FaceBook/SurlyBikes

シングルスピードは変速機がないため、すっきりとした見た目。部品が少なくシンプルなデザインで、カジュアルな服でも乗りやすくなりますよ。街乗りにもうってつけ。

メンテナンスの手間が少ない

メンテナンスの手間が少ない

変速機はデリケートなパーツなので、ぶつければ壊れることも。一方シングルスピードは変速機などの部品が少なく、メンテナンスも変速機つきの自転車より簡単です。

坂道はちょっと苦手

坂道はちょっと苦手

シングルスピードは、坂でペダルが重くなったときもギアの変速ができません。ですが、車体は軽く漕ぎやすいモデルも多く、歩くのも大変な激坂や山でない限りは大丈夫でしょう。

シングルスピードといえばFUJI(フジ)

シングルスピードといえばFUJI(フジ)

出典:FaceBook/FUJI BIKE JPN

シングルスピードをつくるメーカーといえば、FUJI!定番モデルから見ていきましょう。

 

FUJI FEATHER

シングルスピードの大定番!

FUJIを代表するシングルスピード。ホイールやハンドルをカスタムする人も多く、服に合わせて色を変えたり、ロゴやパターンをつけられますよ。クロモリフレームは上品な艶感。また振動吸収性が高く、街乗りからちょっと遠出までこなせる自転車でもあります。

フレーム素材クロモリ
サイズ43・49・52・54・56・58cm
カラーマットブラック・マットレッド・マットシルバー
重量9.2kg

 

FUJI STROLL

ヨーロピアンな見た目!

クラシカルな装いがかわいらしく、クロモリフレームが、シンプルなデザインを引き立てていますね。ハンドルやサドルはスキンサイドタイヤに合わせたレトロなベージュで、おしゃれなカフェに寄り道したくなるような仕上がり。

フレーム素材クロモリ
サイズ43・49・52・54・56cm
カラーブラック・カーキ・ホワイト
重量9.7kg

おしゃれなシングルスピードおすすめ5選

FUJI以外でもデザイン性が高く、クセになる乗り心地のシングルスピードをつくるメーカーを見つけました。

MASI(マジィ)/FIXED UNO DROP

MASI(マジィ)/FIXED UNO DROP

出典:東商会

伝統的なクロモリフレームの自転車で有名なイタリアの老舗MASI。存在感のあるディープホイールと、MASIが得意とするクロモリフレームがおしゃれなシングルスピードです。リアホイールは固定ギアでもフリーギアでもチョイスできますよ。

製品の詳細はこちら


 

GIOS VINTAGE PISTA

GIOSは「ジオスブルー」と呼ばれる鮮やかな青がアイコンのイタリアメーカー。人気モデルVINTAGEのシングルスピードモデルです。こちらはブランドカラーでもある青ですが、ほかの色も白・赤・緑がアクセントになった、遊び心あるビジュアル。扱いやすいギア比も◎。

フレーム素材クロモリ
サイズ48・50・52・54cm
カラージオスブルー・イタリアン・ブラック
重量8.9kg

CINELLI(チネリ)/Gazzetta

CINELLI(チネリ)/Gazzetta

出典:岩井商会

独創的な自転車が揃う、イタリアの自転車メーカーCinelli。Gazzettaというモデル名はイタリアの有名な新聞の名前が由来。オフロードバイクによく使われるライザーバーでハンドリングしやすくなっています。ロゴやエンブレムがこっそり散りばめられているため、実際に見てみるのもおすすめ。

製品の詳細はこちら


SURLY(サーリー)/LOWSIDE 26+

SURLY(サーリー)/LOWSIDE 26+

出典:ride2rock

アメリカの個性派自転車メーカーSURLY。LOWSIDE 26+はMTBのシングルスピードモデルです。多少の舗装が悪い道もへっちゃらで、変速仕様にも変えられるため、本格的にオフロードで楽しむこともできるでしょう。ちなみにアンニュイなカラーはStray Hair Gray(グレーの後れ毛)という変わった色名です。


Salsa Cycles(サルササイクルズ)/STORMCHASER

Salsa Cycles(サルササイクルズ)/STORMCHASER

出典:ride2rock

アメリカのスポーツバイクメーカーSalsa Cycles。グラベルロードバイクのシングルスピード仕様です。ぬかるんだ道を走ることも想定されたデザインで、街乗りはもちろん、舗装道路のルートを外れて走り出したくなるタフな自転車ですよ。

手持ちの自転車もシングルスピード化できます

シングルスピード化に特化したフレームもありますが、多くのフレームでシングルスピードへ変えることもできます。スプロケット・ホイールを交換すれば、変速機を外して走ることができますが、走行中にチェーンが外れないようチェーンテンショナーなども使いましょう。

街乗りのおしゃれな自転車なら、シングルスピード

街乗りのおしゃれな自転車なら、シングルスピード

シングルスピードはメンテナンスが簡単で、シンプルなデザインが街乗りに合う自転車。今まで変速機つきの自転車に乗っていた人にとっては、軽くて滑らかな漕ぎ心地もやみつきになるかもしれません。

デザインで気になるモデルを見つけたら、ショップで見たり試乗できるか確認してみてくださいね。