ナローワイド チェーンリング

「ナローワイド」のチェーンリングとは?特徴・選び方・おすすめ製品まとめ

2022/07/25 更新

自転車のカスタムで用いられる「ナローワイド」のチェーンリング。フロントシングルの必須アイテムですが、果たしてどんなパーツなのでしょうか?

この記事では、ナローワイドのチェーンリングの特徴や選び方、おすすめ製品をご紹介していきます。

目次

アイキャッチ画像:筆者

フロントシングルのチェーン落ちを解消!

自転車 フロントシングル

撮影:筆者

フロントのギアが1枚の「フロントシングル」では、フロントディレーラーがない分、段差などの衝撃でチェーンが落ちやすくなります。そのチェーン落ちを解消してくれるのが、ナローワイドのチェーンリングです。

筆者もナローワイドのチェーンリングを使用していますが、通常のチェーンリングより明らかにチェーン落ちが減りました。フロントシングルでバイクを使用するなら、ナローワイドのチェーンリングは必須と言っても過言ではないでしょう。

フロントシングルのメリット・デメリットは?

おさらいとして、「フロントシングル」のメリット・デメリットを確認しましょう。

<メリット>

・フロント変速のトラブル防止

・走行時の変速操作の単純化

・メンテナンスの簡易化

・軽量化(できない場合も多い)

MTBやグラベルロードなどでのオフロード走行では、フロントの変速トラブルが起こりやすくなります。フロントシングルならそもそもフロント変速が必要ないため、そういったトラブル減らせることができます

また、走行時の変速操作もシンプルになり、走りに集中することができます。ディレーラーがない分、清掃などのメンテナンスが簡単になるのもメリットですね。

<デメリット>

・ギアの選択肢が減る

・専用のパーツが必要になる可能性がある

フロントシングルにした場合、基本的には使えるギア比の幅(最も重いギア~軽いギアの範囲)が狭くなり、変速1段1段のギャップが大きくなります。つまり、今までよりも一番軽いギアは重く、一番重いギアは軽くなってしまうのです。また、変速のギャップが増えるため、細かなギア比調整が難しくなります。

▼▼関連記事はこちら▼▼

ナローワイドのチェーンリングって、どんな仕組み?

ナローワイドのチェーンリングは、一体どの様にしてチェーン落ちを解消しているのでしょうか?

薄歯(ナロー)と厚歯(ワイド)が、チェーンをしっかり捉える

ナローワイド 歯

撮影:筆者

ナローワイドのチェーンリングとは、薄歯(ナロー)と厚歯(ワイド)が交互に並ぶチェーンリングのことです。通常の変速機能があるチェーンリングは、薄歯だけで構成されていますので、見比べると一目瞭然でしょう。

ナローワイドのチェーンリングは、通常のチェーンリングよりガッチリとチェーンに食いつくため、チェーン落ちのリスクを軽減する働きがあります。実際に手に取ってみると、そのチェーンへの食いつきの強さに驚くかも知れません。

ナローワイド チェーンリング

撮影:筆者

ちなみに、ナローワイドのチェーンリングは、フロントシングルでのみ用いられます。チェーンとの噛み合わせを強めた分、変速(フロントダブルなど)には適さないのです。

おすすめ6選!ナローワイドチェーンリング

では、おすすめのナローワイドのチェーンリングをご紹介しましょう。例として、ロードバイク用やMTB用など、よくある組み合わせの規格に対応する製品をまとめています。

コンポメーカーの純正品ではありませんので、ご自身のバイクに適合するかよくご確認のうえ、選ぶようにしてください。

規格に関して詳しくは、この後に掲載していますので、そちらも参考にしてみてくださいね。

Wolftooth/110PCD 5ボルト チェーンリング

ロードバイク用で、シマノの旧製品や、サードパーティー系クランクに多い「PCD110」で「5アーム」のクランク用です。

高品質なナローワイドチェーンリングが有名な、Wolftooth(ウルフトゥース)のチェーンリング。シンプルなデザインで、様々なバイクにマッチします。

歯数のバリエーションも豊富です。一般的な真円のほか、楕円チェーンリングも取りそろえます。

Wolftooth/110PCD 5ボルト チェーンリング/38T

・PCD110
・5アーム
・シマノ、スラム:10~11速対応
*スラムのみ12速対応

Race Face/ナローワイドチェーンリング 110BCD

こちらもロードバイク用の5アームクランクです。

オフロードで人気のあるブランドRace face(レース フェイス)。個性的なグラフィックデザインが特徴的ですね。

Race Face/ナローワイドチェーンリング 110BCD/42T

・5アーム
・BCD110
・シマノ9~12速対応

Wolftooth/110PCD シマノ4アーム 楕円リング

現在主流のロード用シマノクランク用です。「PCD110」「4アーム」という点は同じでも、クランクの型番によって適合の可否が異なる点にご注意ください。

Wolftoothのシマノクランク用チェーンリング。こちらは楕円モデルです。

R9100系DURA-ACE以降の11速への取り付けには、加工が必要な点に注意してください。

Wolftooth/110PCD シマノ4アーム 楕円リング/40T

・互換クランク:FC-R2000,FC-R3000,FC-4700,FC-5800,FC-6800,FC-9000(加工してFC-R7000,FC-R8000,FC-R9100)
・シマノ10/11速、スラム10~12速 対応
・楕円

フォーリアーズ/CR-CBE-R8000

こちらもロード用シマノクランク用です。

シマノR8000系ULTEGRAに無加工で取り付けられる、数少ないナローワイドチェーンリングです。クランクがFC-R8000であれば、こちらがおすすめです。

フォーリアーズ/CR-CBE-R8000/42T

・シマノクランク FC-R8000用
・シマノ11速対応

Wolftooth/110PCD 4ボルトチェーンリング for shimano GRX

グラベルバイク用のシマノGRX対応のクランクです。グラベルバイクで人気な、シマノGRX対応のチェーンリング。同じシマノ用でも、ロードバイク用とは互換性はありません。

WolftoothのGRX用チェーンリングです。GRXには純正のナローワイドチェーンリングもありますが、見た目や歯数のカスタムとして魅力的ですね。

シマノのGRX用ナローワイドチェーンリングは40Tと42Tのバリエーションしかありませんが、Wolftoothには38~46Tまでラインナップされています。

Wolftooth/110 BCD 4 Bolt Chainring for Shimano GRX/42t

・シマノGRX用
・4アーム、PCD110
・シマノ、スラム9~11速対応
・スラム12速対応

Funn/Solo DX ナローワイドチェーンリング

MTB用のダイレクトマウントチェーンリング。こちらはスラム系のマウントです。

MTB用パーツを手掛けるFunnのチェーンリングです。カラーバリエーションが豊富で、気軽に見た目のカスタムを楽しめますよ。

Funn/Solo DX ナローワイドチェーンリング/30T/ブルー

・スラムダイレクトマウント対応
・6mm オフセット
・9~12速対応

【規格に注意】チェーンリングの選び方

ナローワイドのチェーンリングを選ぶ際には、ご自身のバイクとクランクに合った製品を選ぶ必要があります。チェックするべきは、「リアの変速段数」「マウント規格」「歯数」「オフセット」です。

それぞれ簡単にご説明していきますが、複雑な部分もありますので、商品を選ぶ際には十分に下調べをしてくださいね。

リアの変速段数

ナローワイド チェーンリング リア

撮影:編集部

ナローワイドのチェーンリングも、他のギアと同様に変速段数を合わせて選ぶ必要があります。リアの変速数によってチェーンの幅や形状が異なり、適合外ではしっかりと噛み合わないためです。

マウント規格

チェーンリングのマウント規格は多様にあり、少しややこしいと感じるかも知れません。主な規格は以下の通り(ここでの名称は便宜上で、正式名称ではありません)ですが、もしわからない場合は、ショップに相談しましょう。

<ダイレクトマウント系>

・クランク基部で固定するタイプ

⇒スラム系、シマノ系など、クランクのブランドにより変化。

例:下の画像がスラム系のダイレクトマウントです。サードパーティーにも採用例は多いです。

自転車 クランク パーツ

撮影:筆者

<ボルト固定系>

・クランクアームにボルト止めする

⇒5アーム:PCD 110mm/130mmなど

⇒4アーム:PCD 94mm/104mm/110mmなど

自転車 クランク 部品

撮影:筆者

上の画像は、PCD110mm、5アームのクランクです。クランクから5本のアームが伸びており、チェーンリングが固定されていますね。

「PCD(BCDともいう)」とはボルト間の距離のことで、クランクとチェーンリングで統一しないと取り付けできません。また、シマノの4アームの場合、クランクの形状が独特なため、専用品でないと取り付けできないこともあるため注意が必要です。

歯数

チェーンリングの歯の数です。一般的には、以下の歯数で用いられます。

・ロードバイク、グラベルロード:36~44T

・MTB:28~34T

最終的には、ご自身の使用シーンや、スプロケットとの組み合わせでのギア比を考えて決めましょう。

ただし、フレームによっては、使用可能なチェーンリングの大きさに制限がある場合があります。フレームに対して大きすぎるチェーンリングは、チェーンステーと干渉する危険がありますので、事前に確認しておきましょう。

オフセット

MTB用チェーンリングには、0mm/3mm/6mmのオフセットが設けられている場合があります。これは、フレームによってチェーンラインが異なるためです。

ロードバイクやグラベルロードでは無関係な場合が多いですが、MTBで使用する際には、フレームに適合したチェーンリングを選びましょう。

ナローワイドのチェーンリングで、フロントシングルを楽しもう!

オフロード系に人気の高いフロントシングルですが、ナローワイドのチェーンリングはその必須パーツの1つです。

ナローワイドのチェーンリングを活用して、フロントシングルのバイクをお楽しみください!