自転車 反射板

自転車の反射板って必須なの?必要な条件やおすすめアイテムを紹介!

2022/10/11 更新

自転車に反射板は、必須アイテムなのでしょうか?ライトは、安全のためにつけるのが義務だと知っている人は多いかもしれませんが、反射板はどうなのでしょう?

この記事では、反射板の役割や義務なのかどうかというところから、種類、選び方、そして、設置する場所別のおすすめもご紹介します。

目次

反射板ってどんなもの?

自転車 反射板

出典:pixabay/Hans

光が当たると反射する反射板は、リフレクターとも呼ばれる自転車のパーツの1つです。

自転車の存在を周辺の人や車などに、知らせるためのアイテムで、夜間でも自転車の存在をアピールすることができます。

反射板と言っても、種類もいろいろ

自転車 反射板 ペダル

出典:pixabay/Photography-toporowski

自転車向けの反射板には多くの種類があります。泥除け・ペダル・スポーク・リムなど、取り付ける箇所もさまざま。

自転車で夜間走行する場合は、ライトの点灯が義務付けられていますが、反射板については、どうでしょうか?

自転車に反射板って必要?それとも必要なし?

自転車 反射板 シートポスト

出典:楽天市場

結論を先に言うと、リアライトがない時は反射板の取り付け義務があります

道路交通法では、「夜間、反射器材を備えていない自転車を運転してはならない、ただし尾灯をつけている場合は、この限りでない」と規定されています。(参考:道路交通法第63条9

リアライト(尾灯)を装備して、点灯していれば反射板の装着義務はありませんが、リアライトがない場合は、反射板の取り付け義務が発生します。

リアライトと反射板の両方あればより安全

法令上は、リアライトが点灯していれば、反射板は必要ありませんが、リアライトと反射板が両方あると、より安全であることは間違いありません。

また豆知識ですが、反射板を装着すれば、ライトは「点灯」ではなく「点滅」でも大丈夫です。そこも考慮すると、ライトと反射板の両方を取り付けるのも、おすすめです。

反射板の色や取り付け位置は?

自転車 反射板 駐輪場

出典:pixabay/niekverlaanniekverlaan

反射板といっても、色や取り付け位置などいろいろチェックすべきポイントがあります。

反射板の色と位置

東京都や多くの県の道路交通規則では、反射板の色は、橙(オレンジ)または赤と規定されています。(参考:都規則第9条

また「夜間は、後方100メートルの距離から、その反射光を照射位置から容易に確認できる」と規定されています(参考:都規則第9条)。ライトと同じように、100m後方からでも、確認できる位置が良いでしょう。後方から確認しやすい位置は、泥除け・ペダル・リアキャリア・シートポストなどです。

反射板のタイプは2種類

自転車向けの反射板は、大きく分けると2つのタイプがあります。

反射リフレクター

反射リフレクター 自転車

出典:unsplash/freestocks

一般的にリフレクターとは、プラスチックや樹脂などで作られた反射板のことです。

泥除け・シートポスト・スポークに、はめたりして、装着します。反射する面積が大きく目立ちやすいのが特徴です。

反射シール

反射シール 自転車

出典:楽天市場

シールタイプの反射板で、泥除け・フレーム・チェーンカバーなどに貼り付けて使います。

シールで貼るだけなので、取り付けがしやすいことが特徴で、とくにホイールに貼ると、回転して目立ちやすいです。

シートポスト/ステー用リフレクターのおすすめ2選

それでは、反射板のおすすめ製品をご紹介していきます。まずは、サドル下のシートポストやシートステーに取り付けるタイプのリフレクターをご紹介します。

アサヒサイクル/リフレクターシートポスト用

アサヒサイクルは、1986年創業の自転車の製造と卸を専門にしているメーカー。軽くてパンクしにくいノーパンクタイヤを採用した自転車を、得意としています。

定番の丸型のリア、フロントリフレクター。ワイドアングルで、シートステーなどのパイプに、簡単に取り付けができます。

アサヒサイクル/リフレクターシートポスト用

カラー:1色
サイズ:26.5〜30.2mm

Foglia/リフレクターシートステー用テール33910

フォグリアは、自転車の部品や、用品などを扱う株式会社トップのスポーツパーツブランド。コスパもよいところが、魅力です。

シートステーに取り付けるタイプのリフレクター。手軽に取り付けられ、後ろから見えやすい位置に調整できます。側面がグレーなので、シートステーがグレーなど、同色タイプを探している人におすすめ。

Foglia/リフレクターシートステー用テール33910

カラー:1色
サイズ:12.7mm〜13.6mm

泥除け用リフレクターのおすすめ3選

泥除けに設置するタイプのリフレクターのおすすめをご紹介しましょう。

CATEEYE(キャットアイ)/自転車リフレクターRR-F1リフレクター

キャットアイは、ライトやリフレクターといった安全に自転車を乗るためのサイクルアクセサリーメーカー。名前のとおり、ネコのロゴが目印。

泥除けに設置するタイプの世界最小クラスのワイドアングルのリフレクター。シートポストにライトやサドルバッグなどをつけている方は、こちらのタイプがおすすめ。黒とグレーの2色ありますので、自転車の色やデザインに合わせやすいですね。

Cateye/自転車リフレクターRR-F1リフレクター

カラー:1色(注:取り付け部分はグレイと黒の2色)
サイズ:36×40.8×34.7mm

Captain Stag(キャプテンスタッグ)/泥除けリフレクターY4724

キャプテンスタッグは、アウトドア用品総合ブランド。キャンプ用具から、自転車、ボディボートなどアクティビティアイテムまで、豊富なラインナップが特徴。

26、27インチの自転車用の、泥除けにネジで止めるタイプのリフレクター。直径4.6cmで、真後ろはもちろん、左右2面方向にも反射するので、視認性が高いでしょう。

Captain Stag(キャプテンスタッグ)/泥除けリフレクターY4724

カラー:1色
サイズ:46mm〜33mm

TOPEAK(トピーク)/MTXビームラック用反射板

トピークは、台湾発のサイクルアクセサリーメーカー。ポンプ、ライト、フェンダー、ウェアなど幅広い商品を扱っています。

泥除けではなく、キャリアに設置するタイプで、トピークのリアキャリア「MTXビームラック」向けのリフレクター。キャリアのすぐ下の部分に、ネジで取り付けます。リアライトがシートポストやサドルレールに付いている人に、おすすめ。他社キャリアに取り付けている人もいるようなので、気になる人は、ネジサイズなどをチェックしてみてください。

TOPEAK(トピーク)/MTXビームラック用反射板

カラー:1色
サイズ:直径4.5cm

ペダル用リフレクター2選

ペダルにはめ込んで使う、リフレクターのおすすめをご紹介します。

ミカシマ(MKS)/ペダル用リフレクターセット

ミカシマは、高品質の自転車ペダル専門のメーカー。その他、ペダル向けのアクセサリーなども豊富に扱っています。

ナットでペダルに取り付けるタイプのリフレクター。フリーサイズで、汎用性が高く、コスパがいい所も魅力。ネジがゆるみやすいこともあるようなので、気になる場合はネジロックなどを利用するといいようです。

ミカシマ(MKS)/ペダル用リフレクターセット

‎サイズ:10.16 x 12.7 x 2.54 cm

Giza Products(ギザプロダクツ)/ペダル用スリムリフレクターセット

ギザプロダクツは、自転車やパーツの輸出入をしている株式会社マルイのオリジナルブランド。サイクルライフを快適にするアイテムが充実しています。

ピンでペダルに固定するスリムなリフレクター。同社のシュアーフット9、MXコンプ、Dスパイダーなどに対応しているので、ペダルごと新しくしたい人におすすめ。

Giza Products(ギザプロダクツ)/ペダル用スリムリフレクター

‎サイズ:20 x 61 x11mm

スポーク用の反射板のおすすめ2選

スポークにはめ込むタイプの反射板のおすすめをご紹介します。

3M/スポークリフレクター

3Mは、化学、電器素材や文房具なども扱う大型化学企業。ポストイットや、スコッチテープでも有名。

アメリカ製のスコッチライトの反射素材を使用したスポークリフレクター。長さは8cmで、標準的なスポークに装着ができ、軽量でホイールの回転を妨げません。12本、24本入りがあります。

3M/スポークリフレクター

カラー:1色
本数:12本、24本

キャットアイ/RR−316WUA-W/A スポークリフレクター

楕円形のスポーク用リフレクター。普通のスポークリフレクターに比べて大きく、見やすいデザインになっています。。クリアとアンバータイプの2色あり、はめ込むだけなので、取り付けも簡単です。

キャットアイ/RR−316WUA-W/A スポークリフレクター

カラー:2色
サイズ:72 x 36mm
枚数:2枚

反射シールのおすすめ5選

反射シールは、サイクルメーカーだけでなく、バイクや車や、雑貨メーカーからも発売されています。色も、デザインもいろいろとあるので、ここでは視認性の高いタイプを選んでみました。

The Beam/ホイール用反射ステッカー

ザビームは、自転車事故を減らすことを目的に、フランスで作られたライトやミラーといった自転車用の安全用品のブランド。おしゃれなデザインが人気です。

再帰反射素材を採用したホイール用の反射ステッカー。リムのハイトに合わせて、カットができ、耐水性素材なので、雨にあたってもはがれにくいでしょう。リフレクターは、カーボンなどに使えないことが多いですが、こちらは剥がす時もダメージが少ないところが魅力。

The Beam/ホイール用反射ステッカー

カラー:4色
サイズ:-
枚数:6枚

エーモン/反射プロテクター

エーモンは、自動車手入れ用品や、ホームケア用品などの開発から製造販売まで行うメーカー。

夜間の視認性に優れた反射板を採用したプロテクター。厚さ2mmのアクリル素材で、フレームやリアキャリアなど、取り付けて使うことができます。粘着剤が付いているので、取り付けが簡単。

エーモン/反射プロテクター

カラー:1色
サイズ:13x95mm
枚数:2枚/4枚

3M/ダイヤモンド級 安全反射テープ

ダイヤモンド級反射テープは、反射部分がひし形の特殊デザインと、高反射加工技術が使われていて、より明るく、遠くからでも見えるように設計されています。高粘着度、高温低温の両方に対応で、日光対応機能で寿命は6年と長いです。

3M/ダイヤモンド級 安全反射テープ

カラー:5色
サイズ:15mmx150mm
数量:4本

サカザキ/反射シール

サカザキは、自転車やパーツ用品の製造販売をしている愛知に本社を置くメーカー。幅広く、豊富なラインナップが特徴です。

反射シールは、太陽マークのデザインの世界最高水準の高輝度反射板。車やバイクのヘッドライトを受けて強力に反射して、視認性が格段にアップするので、自転車のフレームやフェンダー、ハンドルなどにもおすすめ。

サカザキ/反射シール

カラー:3色
サイズ:20×150mm
枚数:3枚

Salzmann/スコッチライトダイヤモンド反射ステッカー

ザルツマンは、高視認性アイテム専門メーカー。ワークウェアや、スポーツウェア、傘やレインスーツなど視認性を確保しながら、実用性の高い製品を作っています。

高反射素材であるスコッチライトダイヤモンドグレード素材を使ったステッカー。耐久性と粘着性にも優れていて、5年間保証。防水素材で、剛性の硬い素材なので、平面に貼るか、曲面にはハサミで切って使います。

Salzmann/スコッチライトダイヤモンド反射ステッカー

カラー:3色
サイズ:30mmx150mm
数量:4枚

反射板を使って自転車を乗れば、夜間がより安全に

夜間自転車に乗ることが多いなら、リアライトの有無に関係なく、反射板を取り入れると、より安全に走れるでしょう。

夜間は、自転車の存在はわかりづらいもの。ぜひ反射板を取り入れてみてくださいね。