自転車 家の中 

ロードバイクの保管方法に悩んでいる人へ。定番の方法とアイテムをご紹介!

ロードバイクを保管するとき、どうやって保管すればいいか悩んでいませんか?

 

高価なロードバイクですから、大事にそしてスマートに保管したいですよね。初めてロードバイクを購入した方や、2~3台目と台数が増えてきた方に向けて、定番のロードバイク保管方法とそのアイテムをご紹介します。

 

目次

高価なロードバイク、盗ませないなら室内保管がベスト!

自転車 室内保管

ロードバイクを保管するとき、もっとも心配なのが盗難ですよね。

外に置いておくなら、頑丈なカギを2重にしたりカバーをかけて見えにくくしたり、盗難対策はあります。しかし絶対安全とは言い切れません。やはり盗難防止には室内保管が理想でしょう。

雨や風のダメージも受けない

雨や風は、サビや汚れの原因になるので避けたいもの。特にチェーンや駆動系周り、ベアリングなど、ロードバイクの性能に直接影響するところだけに注意が必要ですよね。室内保管なら、雨や風を受けることもないので安心です。

インテリアとして楽しむ

自転車 インテリア

ロードバイクを室内ディスプレイすれば、インテリアとしてもバッチリ。ロードバイクやパーツ、アクセサリをカッコよく配置すれば、毎日自慢の愛車を楽しむことができますよ。

ロードバイク、室内保管の方法を確認

室内に持ち込むと意外に大きいのがロードバイク。スマートに保管するための各アイテムや、その方法をご紹介しましょう。

床置きタイプ①「ハブ型」

自転車 ディスプレイ 床置き

最も簡単なしくみで、出し入れしやすいのが床置きタイプです。

「ハブ型」は、ヤホイールのハブの挟み込んでバイクを自立させるスタンド。リヤホイールが浮いているので、チェーンや駆動系のメンテナンスにも便利です。

床置きタイプ②「挟み込み型」

挟み込み型 自転車 ディスプレイ

出典:Amazon

「挟み込み型」は、タイヤを挟み込んで自立させるタイプ。自転車置き場などでよく見かけるタイプや、使っていないときは多少コンパクトになるタイプがあります。

おしゃれなフックスタンドタイプ

自転車 ディスプレイ フックスタンドタイプ

出典:Amazon

フックスタンドタイプは、ロードバイクを水平に吊るしておくタイプのスタンド。バイクを「置く」というより、「飾る」ように保管するので、見た目がおしゃれになりますよ。

省スペースな縦置きタイプ

自転車 ディスプレイ 縦置きタイプ

出典:Amazon

なるべくコンパクトにロードバイクを置きたいなら、縦置きタイプがおすすめ。前輪を上にしてロードバイクを立たせた状態で保管することができます。バイクを立てるときにちょっとコツがいりますが、ロードバイクは軽いですし慣れればカンタンですよ。

しっかり固定できる壁掛けタイプ

自転車 ディスプレイ 壁掛けタイプ

出典:Amazon

フックスタンドタイプや縦置きタイプのフック(バイクを引っ掛ける部分)を直接壁に取り付けるので、しっかり固定できます。

DIYが得意で壁に穴をあけられるなら、壁掛けタイプもいいでしょう。配置も自由にできるので、お部屋に合わせてコーディネートできるのもいいところですね。

出し入れしやすい、コンパクトな床置きスタンド

初めてのロードバイク室内保管にも向いている床置きスタンドを3つご紹介します。

MINOURA(ミノウラ)/バイクスタンド DS-30MP

定番のディスプレイスタンドで、ロードバイクやクロスバイクのほか、MTBなどでも使用できます。後輪が浮いているのでメンテナンスにも使いやすいですよ。

ミノウラ/DS-30MP ディスプレイスタンド


トピーク/ラインナップスタンド TOD030

スプリング式のアームでホイールを支えるタイプのスタンドです。出し入れも簡単で、使わないときはコンパクトにたたんでおけます。

トピーク/ラインナップスタンド TOD030


ギザプロダクツ/バイクスタンド YC-109

後輪をはめ込んで支える中空パイプ製ディスプレイスタンド。ロードバイクやMTB、小径車まで幅広く対応できます。

ギザプロダクツ/ディスプレイスタンド KP449A

おしゃれに飾れる、フックスタンド

おしゃれに飾るためのフックスタンドをご紹介します。

ミノウラ/ディスプレイスタンド DS-1000

自転車のトップチューブを乗せるだけの簡単収納1台用スタンド。前後輪とも床から浮かせた状態なので、床が汚れにくいのが特徴です。ハンドルが振れないようにハンドルストッパーも付いていますよ。

ミノウラ/ディスプレイスタンド DS-1000


トピーク/デュアルタッチバイクスタンド TOD01400

突っ張り棒タイプの2台用フックスタンド。1台しかなくても、バイクを上段に収納すれば下のスペースを有効に活用できます。オプションを付ければ最大4台まで収納可能なので、だんだんバイクが増えてきても問題なしですね。

トピーク/デュアルタッチバイクスタンド TOD01400

省スペースで邪魔にならない、縦置きスタンド

せまい部屋でも大丈夫。省スペースな縦置きスタンドを2種類ご紹介します。

サイクルロッカー/クランクストッパースタンド CS-650

サイクルロッカー独自の自転車のペダル部分を水平のバーに掛けるだけのシンプル機構で、縦置き固定を可能にしたのがクランクストッパースタンドCS-650。バイクをセットするのが簡単なので、ロードバイク初心者にオススメですよ。

サイクルロッカー/クランクストッパースタンド CS-650


ミノウラ/ディスプレイスタンド  DS-2200

縦置き・横置き両対応の省スペースタイプ。縦置き支柱の上のほうに小物用フックがついていて、ヘルメットや鍵などのアイテムを一緒に収納することができます。

ミノウラ/ディスプレイスタンド  DS-2200

壁掛けには、バイクハンガーを活用しよう

壁掛けにする場合は、バイクハンガーを取り付けてそこにバイクを吊るします。賃貸など壁に傷を付けたくない場合でも、ちょっとしたDIYグッズを活用すれば、おしゃれに壁掛けできますよ。

▼▼関連記事はこちら▼▼

2台以上なら、バイクタワーがおすすめ

1台分のスペースで、上下に2台保管できるのがバイクタワー。オプションのアクセサリフックを付ければ、ヘルメットやホイールなども合わせておしゃれに収納することができます。

▼▼関連記事はこちら▼▼

安全な室内で、ロードバイクは保管しよう

大切なロードバイクを安全な室内で保管するなら、室内保管用のスタンドがおすすめです。いろいろな種類のスタンドから、自分の部屋に合った製品を選びましょう。