定番です!ミノウラの自転車スタンドの選び方とおすすめをご紹介

定番です!ミノウラの自転車スタンドの選び方とおすすめをご紹介

2022/10/06 更新

ロードバイクやMTBを保管するときに便利なミノウラのスタンドを紹介します。タワー型からワークスタンドまで種類の多さや価格が人気のミノウラのスタンドの特徴や種類、おすすめ製品をまとめました。

目次

信頼の日本ブランド「ミノウラ(MINOURA)」のスタンド

信頼の日本ブランド「ミノウラ(MINOURA)」のスタンド

出典:MINOURA

ミノウラは1933年創業の自転車部品メーカー。精密なローラー台のほか、創業時から製造するキャリアやスタンドは、海外でも定評があります。

国際特許も持つ、業界のリーダー的存在ですが、自転車初心者も使いやすい製品も取り扱っていますよ。

高品質で、おてごろ

ミノウラの製品は高品質でお手ごろ価格。たくさんの種類を取り揃えているため目的にあった製品に出会えますよ。

ミノウラのスタンドの種類と選び方

ミノウラの製品はスタンドだけでも30種類。主に、次の4つのタイプがあるので、それぞれ特徴を見ていきましょう。

●タワー型
●スタンド型
●壁掛け型
●ワークスタンド

おしゃれに飾るなら「タワー型」

おしゃれに飾るなら「タワー型」

出典:楽天市場

自転車をインテリアとして見せて保管するならタワー型。地震に強い突っ張り式、設置が簡単な自立式があります。高さがあるので、自転車を複数掛けたり、縦に吊るせる製品もあります。複数台あるときは、幅を取らずに保管できるのも良いですね。


手軽で便利な「スタンド型」

手軽で便利な「スタンド型」

出典:Amazon

コンパクトで手軽な「スタンド型」。片輪もしくは両輪を固定して使います。車体が浮くタイプは床が汚れず置き場に困りません。特に1台だけ保管する場合はコンパクトで手軽ですよ。


お子さんがいても、安心の「壁掛け型」

お子さんがいても、安心の「壁掛け型」

出典:Amazon

自転車の上げ下げをしても揺れない壁掛け型。壁に穴を開けるなど設置の手間がかかりますが、タワー型より倒れにくいため子どものいる家庭にもおすすめ。


がっつり整備もするなら「ワークスタンド」

がっつり整備もするなら「ワークスタンド」

出典:Amazon

本格的な整備をするならワークスタンドを。立ったままの楽な姿勢で、車輪を外したり後輪を回しながら変速機を調整したり自在に扱えます。外で車体を洗うときも便利ですね。

コンパクトで手軽なスタンド型2選

使わない時はコンパクトになり、価格もお手頃なタイプのスタンドです。

MINOURA(ミノウラ DS-30MP

多くのクイックリリースや、スルーアクスルにも対応した、後輪のハブをしっかり挟みこむタイプのスタンドです。最初の1台として、価格もお手頃でおすすめです。

材質スチール

MINOURA(ミノウラ) DS-40CS

タイヤ幅24〜29インチ対応。ロードバイクとマウンテンバイクなど種類の違う自転車を持っている人にもおすすめのスタンド。自転車を少し持ち上げてフック部分に乗せるだけの簡単な仕様です。

材質スチール

おしゃれに飾るタワー型・壁掛け型スタンド4選

愛車を眺めて楽しめる、見せる収納のタワー型・壁掛け型スタンドを紹介します。

MINOURA(ミノウラ) バイクタワー20D

定番の突っ張り式タワー型スタンド。メタルカラーのシンプルなフォルムで2台の自転車をおしゃれに飾れます。各フックの耐荷重は25kgと丈夫。自転車1台とヘルメットなどギアを掛けても良いですね。

材質スチール・アルミ
耐荷重クレードル1ヶあたり25kgまで

MINOURA(ミノウラ) P-500AL-6S

自立式で定番のタワー型スタンド。天井の高さを気にせず簡単に設置できます。フックは安定しやすいトラスアーム。ロードバイクはもちろん重さのあるマウンテンバイクも掛けられますよ。

材質スチール・アルミ
耐荷重クレードル1ヶあたり25kgまで

MINOURA(ミノウラ) バイクハンガー4R

壁掛け型スタンド。ロードバイクのハンドル幅にあわせた設計です。フックの角度を調整すればスローピングフレームでも水平に掛けられますよ。自転車を持ち出す際はハンガー部分をはね上げておけるので邪魔になりません。

材質スチール
耐荷重20kg

MINOURA(ミノウラ) バイクハンガーV

自転車を縦に置ける壁掛け型スタンド。幅を取らず部屋の角など狭い場所でも使えますよ。壁に穴を開けられない場合も、木製の柱(ディアウォール)があれば取り付けられます。

材質スチール
耐荷重20kg

簡単なメンテナンスもしたい時の、スタンド型3選

本格的なワークスタンドではなく、簡単なメンテナンスもしやすいスタンド型をご紹介。メンテナンスによっては不向きな作業もあるので、購入の際は公式サイト等で、確認するのがおすすめです。

MINOURA(ミノウラ) DS-1000

フックにトップチューブをのせるスタンド。自立式タワー型スタンドと同じ仕様ですが、コンパクトで場所を取らずに収納できます。両輪が浮いて安定するため、ブレーキ調整などの簡単なメンテナンスも。

材質スチール
耐荷重15kg

MINOURA(ミノウラ) DS-532-600L

フックにチェーンステーとシートステーを掛けて固定するスタンド。フックには肉厚のウレタン製のフレームカバーがついているため自転車を傷つけにくくなっています。29インチのマウンテンバイクも安定しますよ。

材質アルミ

MINOURA(ミノウラ) スピンドルスタンドSPN-20

車体の中央にあるクランクシャフトに差し込むスタンド。ペダルを回しながらの作業も安定して行えます。クランクを外したメンテナンスや洗車にもおすすめ。

材質スチール

自分に合ったスタンドを選ぼう

自分に合ったスタンドを選ぼう

ミノウラはニーズにあわせた豊富なスタンドを取り揃えています。なかには2,000円~3,000円で買えるものも。使いやすくお手ごろなスタンドは国内外で愛されていますよ。

種類豊富な分、目的に合わせてピッタリなスタンドを選んでくださいね。