サイクリングに向いているシューズはどれ?革靴やスニーカーを比較!

サイクリングに向いているシューズはどれ?革靴やスニーカーを比較!

自転車でなにを履くか、決めました?サイクリングにおすすめのシューズの種類をご紹介します。軽さや脱げにくさなど、気を付けるポイントや選び方、長時間自転車に乗るときにもぴったりの、滑りにくく快適なシューズをまとめました。本格的に走るなら、ビンディングシューズもいいですよ。

目次

サイクリング、なにを履いていく?

サイクリング、なにを履いていく?
自転車に乗るとき、どんな靴を履きますか?選ぶ靴によっては、サイクリングがもっと快適になりますよ。こちらでは、サイクリングにぴったりの靴を紹介します。

サイクリングを楽しめるシューズは、これ!

まず、どんなデザインの靴がサイクリングに向いているか、見ていきましょう。

脱げにくい

脱げるとタイヤに巻き込むこともあり、危険です。かかとが底から離れないタイプを選びましょう。サイズが大きすぎる靴も脱げやすいので、ジャストサイズの靴を選んでくださいね。

ソールが滑りにくい

ソールが滑りにくい

底がツルツルだと、ペダルを踏み外しやすくなります。凹凸のある、滑りにくいソールが安全ですよ。

ちなみにソールが厚いと、足の力が伝わりにくく、反対に薄すぎると足裏が痛くなるかもしれません。1〜3cmくらいの厚みを目安に選びましょう。

軽い

靴自体が重いと、漕ぎづらくなってしまいます。革など重い素材を避け、長く歩いても快適な靴を選んでくださいね。

サイクリング向きのシューズ

サイクリング向きのシューズ

スニーカー

脱げにくいよう靴ヒモで調整でき、ゴム底で滑りにくいスニーカー。ヒールが高すぎず、アッパーが布など、軽い素材だと漕ぎやすいですよ。

デザインは、足首が固定されてしまうハイカットより、ローカットの方がおすすめ。靴ひもは、結んだらシューズの中に入れてあげると、ほどける心配ありません。

ランニングシューズ

整備された道もズルッと滑らず走れるので、自転車を漕ぐときも踏み外しにくく安心。軽くて、長距離を走るときも快適です。

スリッポン

伸縮性のある生地で足の甲を包むので、締め付け感は少ないでしょう。靴ヒモがなく、ヒモが解ける心配もなし。ただし、すぐ脱げるものはNGですよ。

こんなシューズは不向きかも

こんなシューズは不向きかも

革靴・ビジネスシューズ

ツルツルの底で、滑って踏み外しやすいです。通勤で履くなら、ラバーソールを選んだり、ペダルにトゥークリップをつけるなど対策を。

ブーツ

多くのブーツは分厚いソールで、漕ぎづらいかもしれません。寒い時期は、スニーカーなどに、シューズカバーをかけて風を防いでみてくださいね。

登山靴・アウトドア系シューズ

丈夫な分、ソールが厚く重くなりがち。ただし、軽量なトレッキングシューズは疲れにくくおすすめです。

サンダル

脱げやすいデザインは不向き。アンクルストラップ付きでヒールがなく、かかとが離れないタイプなら、乗りやすいかもしれません。

ヒール・パンプス

交通法違反になることも。かかとが高いと漕ぎにくく、危険です。低めのヒールも避けるのが無難でしょう。

サイクリングにもおすすめのシューズ

サイクリングにもおすすめのシューズ

ここからは、サイクリングにおすすめのシューズを紹介します。

NIKE ダウンシフター9

汗をかいても安心!ランニングシューズ

メッシュ地で通気性の高いランニングシューズ。暑い時期のサイクリングでも足が蒸れにくく快適に走れますよ。ソールに溝があり足の動きに合わせて屈曲しやすくなっています。

素材アッパー:合成繊維+合成樹脂 、アウトソール:ゴム

NEW BALANCE CM996

ニュアンスカラーで服選びも楽しい定番シューズ

ニューバランスで定番のM996。ランニングにも履ける快適さはもちろん、グレーをはじめ色が服に合わせやすいのもポイント。独自開発の軽いレブライトソールでペダルも回しやすいはず。

素材アッパー:スエード/メッシュ 、アウトソール:ブローンラバー

VANS SLIP ON

スケーター用に生まれた、疲れにくいスリッポン

もともとスケートボード用の靴として発売され、おしゃれなデザインで人気となったVANSのスリッポン。サイズが合えば履いているときに脱げることもなく、楽で疲れにくい逸品。

素材アッパー:合成繊維、アウトソール:ゴム

CHROME TRUK

おしゃれで丈夫なサイクリングシューズ

クラシックなデザインですが、サイクリングにもそのまま行けちゃう靴。アッパーには、キャンバスの25倍の強度があるとされるナイロンを採用。普段使いしやすい落ち着いた色味ですね。

素材アッパー: 1,000デニールナイロン製 、アウトソール:ゴム

PATRICK HARLEM-GT

柔らかいゴート革の、レトロな靴

フランスでサッカー用シューズから人気を集めた老舗の靴メーカー「パトリック」。ハーレム・ゴートは、柔らかい山羊革で足を優しく包んでくれます。どの色もトリコロールネーム付きで粋な遊び心が詰まったモデル。

素材アッパー: ゴートレザー 、アウトソール:ゴム

本格的に乗るなら「ビンディングシューズ」も

サイクリングの機会が増えるなら、自転車専用の靴「ビンディングシューズ」も選択肢に入れてみてください。ペダルと靴を固定して使うので、慣れるまでに時間がかかりますが、踏み外さず、坂ものぼりやすいですよ。

SHIMANO CT5 SPD

私服に合わせやすいSPDシューズ

シマノのシューズは、日本人の足にフィットしやすい幅広タイプで、サイズ展開も豊富。 


こちらは小さな金具で足を固定する「SPD」タイプのシューズ。着脱しやすく、初心者でもトライしやすいですよ。ソールに高さがあり、金具が出っ張っていないので、スニーカーのように歩き回れます。カジュアルな服装にも合わせやすいでしょう。

素材アッパー:メッシュ+合成皮革、アウトソール:ラバー+EVA+ナイロン

SHIMANO RC3 SPD-SL

速く、遠くまで!SPD-SLシューズ

靴裏に取り付けた金具で、ペダルと足をしっかり固定できる「SPD-SL」のシューズ。ペダルに加えた力をそのまま推進力に変えてくれるので、効率よくこぐことができます。初めてSPD-SLに挑戦する人におすすめですよ。

素材アッパー:合成皮革+メッシュ 、アウトソール:TPU

fizi:k R4 TEMPO OVERCURVE IRIDESCENT

角度によってカラーが変わる!

イタリアの老舗サドルメーカー「フィジーク」。フォルムや色使いのセンスが光るメーカーでもあります。


こちらは角度によって色が変わる、マジョーラカラーが美しいシューズ。人とはちょっと違う足元で楽しみたい人には、ぴったりです!

素材アッパー:PUラミネートメッシュアッパー、ソール: R4 カーボンインジェクテッド強化ナイロン,stiffness index 7

GIRO/SAVIX

●素材:アッパー: Syntheticアッパー 、アウトソール:injected nylon

SIDI SIXTY

サイクルシューズ専門の老舗メーカー

スポーツバイク用のシューズといえば、イタリアの老舗メーカー「シディー」。


 こちらは創業60周年を記念した限定モデルです。ほかにも、スポーティーで機能的なシューズがたくさんあるので、チェックしてみてください!

素材ヴェントカーボンソール

SHIMANO ET3

硬くて滑りにくいフラットシューズ

ビンディングが少し本格的すぎると感じたら、自転車専用のフラットシューズもいいですよ。金具がなく、足は固定されませんが、一般的なスニーカーよりソールが硬く、滑りにくい設計になっています。 シューズ自体も軽いので、長時間でも快適でしょう。

素材アッパー:メッシュ+合成皮革、アウトソール:ラバー、EVA

▼▼ビンディングシューズをもっと知りたい人はこちら▼▼

快適なシューズで、サイクリングを楽しもう

サイクリングには滑りにくいソール、脱げにくい履き口のある軽い靴を選びましょう。自転車専用でなくても、ランニングシューズなどから始められます。まずは手持ちの靴から試してみてくださいね。