どんな走りも得意なグラベルロード!FUJI「JARI」の魅力を解説【2021・全ラインナップ紹介】

万能なFUJI(フジ)のグラベルロードバイク「JARI(ジャリ)」。2021モデルの全ラインナップを比較してまとめました。求める性能や予算から、きっと欲しい一台が見つけられるでしょう!

目次

  • FUJIのグラベルロードバイクはJARI
  • 各モデルの特徴の紹介
  • モデルのまとめ
  • FUJIの自転車の取扱店が多い
記事内画像:筆者

FUJIのグラベルロードバイクはJARI

FUJI グラベルロード

日本生まれのFUJI[フジ]のグラベルロードバイクについて紹介しましょう!

 

FUJIは、本格ロードバイクから日常的な自転車まで取り扱うブランドです。その中でも”グラベルロードバイク”として打ち出しているモデルが、JARI(ジャリ)です。

 

JARI 2021モデルは、1.1>1.3>1.5>1.7と4種類のラインナップがあります。JARI1.1がハイエンド、JARI1.7がエントリーモデルという番号順なので覚えやすいですね。

 

各モデルのスペックをまとめてみました。すべて完成車で販売されています。

 

JARI 1.1 JARI  1.3 JARI  1.5 JARI  1.7
 フレーム素材 カーボン アルミ アルミ アルミ
 メインコンポ SHIMANO Ultegra SRAM APEX SHIMANO Tiagra SHIMANO Sora
 ブレーキ 油圧ディスク 油圧ディスク 油圧ディスク 機械式ディスク
 変速 2×11速 1×11速 2×10速 2×9速
 タイヤ 700×43C 700×40C 700×40C 700×38C
 参考重量 9.2kg 10.3kg 10.4kg 11.9kg
 参考価格 429,000円(税込) 242,000円 (税込) 187,000円(税込) 129,800円 (税込)

 

この記事では、FUJIが取り扱うグラベルロードバイク「JARI」にフォーカスして、特徴をお伝えしていきましょう!

 

【おさらい】グラベルロードバイクとは?

【おさらい】グラベルロードバイクとは?

グラベルロードバイクは、オフロードでも速く遠くへ走れるバイクです。舗装路はもちろん、砂利道や悪路といった場所も得意とするオールラウンドなスポーツバイクです。

 

舗装路の速さを求めるロードバイクとは異なり、悪路走破性、パッキング拡張性、長距離巡行性を活かして様々な走りを実現できる自転車と言えるでしょう。

 

JARIはその名の通り日本語の砂利から取ったものです。JARIはグラベルロードバイクですが、FUJIのカテゴリでは「アドベンチャーロード」と言う名称で分類されています。

 

各モデルの特徴の紹介

JARI 2021シリーズには、カーボン仕様が1モデル、アルミ仕様が3モデルの全4モデルをラインナップされています。各モデルのスペックを見ていきましょう。

JARI CARBON 1.1 2021

JARI CARBON 1.1

出典:fujibikes
JARIシリーズ最高峰モデルです。フレーム素材はトップグレードのカーボン素材「C15 ULTRA HIGH MODULUS CARBON」を採用しています。剛性と柔軟性の両立と軽量化が特徴で、フレーム重量は1,000gを切っています。メインコンポはSHIMANO Ultegra、油圧ディスクブレーキ仕様。
ITEM
FUJI/JARI CARBON 1.1 2021
サイズ:49、52、54、56cm
カラー:Matte Carbon
重量:9.2kg

 

JARI 1.3 2021

JARI 1.3
出典:fujibikes

 

フレーム素材は剛性の高いA6-SLを採用しています。特徴的なのは左右非対称のチェーンステーです。負荷のかかりやすいドライブ側と負荷の少ないノンドライブ側の剛性バランスを取るための設計になっています。メインコンポはSRAM APEXの1×で11速仕様。

ITEM
Fuji/JARI 1.3 2021
サイズ:46、48、52、54、55.5cm
カラー:Matte Gunmetal
重量:10.3kg

 

JARI 1.5 2021

JARI 1.5
出典:fujibikes

フレーム素材はJARI1.3と同等のA6-SL Super-Butted アルミニウム、フォークはカーボンモノコックになっています。メインコンポはSHIMANO Tiagra10速の油圧ディスクブレーキ仕様。

ITEM
FUJI/JARI 1.5 2021
サイズ:46、48、52、54、55.5cm
カラー:Khaki
重量:10.4kg


JARI 1.7 2021

JARI 1.7
出典:fujibikes

廉価モデルですが、フレームはJARI1.5と同一です。周辺パーツのグレードを抑えて低価格を実現しています。SHIMANO Soraコンポで9速、Tektro機械式ディスクレーキのエントリーグレード仕様。

ITEM
FUJI/JARI 1.7 2021
サイズ:46、48、52、54、55.5cm
カラー:Silk Black , Sabi
重量:11.9kg

FEATHER CX+ 2021

もう一台、オフロードバイクを紹介しましょう。こちらはグラベルロードのカテゴリではありませんが、街乗りバイクとして人気のFEATHER をオフロード向きに仕立てられた一台です。

出典:fujibikes

フレーム素材はクロモリなため、パイプ径が細くおしゃれな仕上がりになっています。35Cブロックタイヤが搭載されているので、林道でも走れます。気楽に走ってみたいという方にはこちらもおすすめです。

ITEM
FUJI/FEATHER CX+
サイズ:43、49、52、54、56、58cm
カラー:Matte Khaki、Clay、Slate, Copper
重量:11.4kg

 

 

モデルのまとめ

JARI CARBON 1.1は最上位モデルのカーボンフレームです。11×2速と幅広いギア比の上に油圧ディスク仕様です。それで9.2kgというグラベルロードバイクの中ではかなりの軽量級です。最高スペックのバイクが欲しい方にはこの一台がいいと思います。

 

JARI1.3だけがSRAMコンポで1×11速が搭載されています。オフロードでは操作のしやすいSRAMをチョイスするあたり面白い仕様となっています。すこしチャレンジングな走りをしたい方にはこちらがおすすめです。

 

JARI1.5はコスパが高い一台です。「未舗装路を走るためだけ」ならこのスペックで十分です。初期コストを抑えて、各パーツのカスタムも楽しみたい方はこちらがいいでしょう。

 

JARI1.7は廉価版で参考価格は113,850円(税込)です。こちらだけ機械式ディスクブレーキとなっています。まずは乗ってみたいという方にはこの一台がいいと思います。

 

 

FUJIの自転車の取扱店が多い

国内店舗での取り扱いが多いこともFUJIの強みでしょう。「実車を見たい」「ちょっと試乗したい」といった際に、確認できるのが実店舗の強みです。以下のFUJI公式サイトにも各地域での取扱店が記載されています。ぜひチェックしてみてください。

 

FUJIの公式Webサイトはこちら

 

▼▼関連記事はこちら▼▼

紹介されたアイテム

FUJI/JARI CARBON 1.1…
Fuji/JARI 1.3 2021
FUJI/JARI 1.5 2021
FUJI/JARI 1.7 2021
FUJI/FEATHER CX+

あわせて読みたい

高い質感と変わらない美しさ。スギノのクランクを解説します。
トラック競技や競輪での使用率も高い「スギノのクランク」。スギノのクランクは、クロモリのロードバイクやグラベルロード、ピストバイクなどを、スタイリッシ…
高橋智宏
チェーンチェッカー
チェーンチェッカーでチェーンの伸びを確認!おすすめ製品を使い方も解説。
自転車のチェーンは、脚の力を車輪に伝えるとても重要なパーツです。それだけにチェーンにかかる負担も大きく、いつまでも使えるものではありません。でも「チ…
高橋智宏
サドル沼はまってます?私は、セライタリア「FLITE 1990」で沼を抜けました。
“サドル沼”はまってます?私は、セライタリア「FLITE 1990」で沼を抜けました。
自転車を趣味にしていると「サドル沼」という言葉を耳にすると思います。身体の大部分を預けるサドルは重要なパーツであり、どのサドルを使うかで、快適さが大…
高橋智宏
自転車好きへのプレゼントは何がいい?予算別におすすめアイテムをまとめました。
自転車好きへのプレゼントは何がいい?予算別におすすめアイテムをまとめました。
プレゼント選びって難しいですよね?今回は、大切な自転車好きな方へのプレゼントをまとめました。予算別で、自転車好きな方が喜びそうなアイテムを厳選しまし…
CYCLE HACK編集部
通勤?ロングライド?用途別おすすめフレームバッグ10選と活用術
通勤?ロングライド?用途別おすすめフレームバッグ10選と活用術
自転車に荷物を積むときに便利な「フレームバッグ」のおすすめモデルを、通勤やロングライド、キャンプといった使用シーン別にまとめてみました。どんなものを…
s.kataoka