リトルキディーズ・レインカバーの画像

リトルキディーズのレインカバーなら雨の日も楽しく!魅力と特徴もご紹介

2022/11/25 作成

リトルキディーズは、子ども乗せ自転車チャイルドシート専用のレインカバー。キュートな丸っこい形と乗せ降ろしがしやすいなど使いやすさで人気です。ここでは、リトルキディーズの魅力や特徴、そしてラインナップ。購入時に注意したいポイントなどをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

目次

リトルキディーズは、おしゃれで実用的な自転車用レインカバー

リトルキディーズ・レインカバーの画像

リトルキディーズは、エッグシェイプ(卵型)に透明なカバーが特徴の子ども乗せ自転車用レインカバー。自転車用レインカバーは、色々とありますが、リトルキディーズは、おしゃれで、使いやすいレインカバーとして、子供の送迎が多いパパ・ママから絶大な人気があるアイテムです。

ラインナップは3つ

リトルキディーズの自転車レインカバーは、下記の3つのタイプがあります。

<前乗せ用>

・バスケット型チャイルドシート用

・ハンドル引っ掛け式チャイルドシート用

<後ろ乗せ用>

・後ろ乗せチャイルドシート用

前乗せ用は、定番のバスケットタイプの他に、後付け仕様のハンドル引っ掛け式があるところも魅力です。

独自の機能やデザインがいっぱい

子ども乗せ自転車に、レインカバーをつけると、お子さんが狭い空間に閉じ込められるようで、お子さんの中には、レインカバーを嫌がってしまうこともあるでしょう。

ですが、リトルキディーズは、お子さんにもパパ・ママにも嬉しい機能や特徴が、たくさんあります。さっそくご紹介していきましょう。

①360度見える!透明カバー

リトルキディーズの1番の特徴とも言えるのが、360度見える透明カバーです。お子さんにとって、周りが見えやすいのは安心ですよね。

透明カバーで360度の視界があれば、パパ・ママにとっても、お子さんの様子が確認しやすいでしょう。

また、透明カバーの素材は、日本製のビニール素材。UVカット機能、マイナス30℃までOKの高耐寒性があり、化学物質を極力減らす規制RoHS2(EU)やREACH(EU)輸入製品に対する安全規格CPSC(USA)など、国内だけではなく世界の安全基準をクリア。虫やホコリよけとしても◎。

②かわいい見た目のデザイン

リトルキディーズのレインカバーは、卵のようなかわいいフォルムです。天井部分が高くなっているので、圧迫感が少なく、お子さんも窮屈に感じないでしょう。

またカラーも、ブラックの他、オレンジ、リーフグリーンなど全7色あるのも、嬉しいですね。

③左右どちらからでも、大きく開閉

リトルキディーズの特徴・大きく開く

出典:楽天市場

レインカバーのサイドパネルは、がばっと大きく開くので、お子さんの乗せ降ろしが簡単。また屋根部はフルオープンが可能なので、雨が降っていなければ、開けたまま走行もできますよ。

④型崩れしにくい

リトルキディーズの特徴・型くずれなし

出典:楽天市場

型崩れの大きな原因は、走行中の地面からの衝撃。リトルキディーズは、その衝撃を吸収して、張りを保ち続けるエッグシェル構造なので、カバーが落ちてきたりせず、長持ちします。ビニールとファスナーの縫製部位も、レザー素材による溶着加工で徹底的に強化されており、紫外線や風雨にさらされても劣化せず、クタっとしません。

⑤汚れたり壊れた時はパーツ交換も可能

リトルキディーズ サンシェード画像

出典:楽天市場

レインカバーは使うにつれ、汚れてきたり、壊れてしまうこともありますが、リトルキディーズはパーツ交換ができます。ビニールのカバーは勿論、設置用のボタン付きベルトや、ボタン付きバー、ファスナープル(ファスナー引手ひも)など、すべての部品のスペアパーツがあるので、お子さんの成長を見守りながら長く使えるでしょう。

リトルキディーズの各モデルをご紹介!

現在販売されている、「リトルキディーズver.3+S」は、新色カーキが追加され、各所に改良を施した新バージョンです。3つの種類がありますので、それぞれをご紹介します。

リトルキディーズ (バスケット式)フロントレインカバー

ダブル固定だから安定力抜群

定番のバスケット式のフロントレインカバーは、身長100cmまで、1〜4歳のお子さんに適応。取り付けには、ボタン付きベルトを使いますが、ダブル固定に改良されたので、段差などの衝撃で外れてしまうことも少なくなった所もポイント。サイドパネルが広がるので、前からと後ろからの乗り降りが可能で、お子さんの乗せ降ろしもしやすいです。裂けやすいビニールとの結合部は、縫製強度をアップ、破損しづらいので長くつかえます。


ギュットアニーズやビッケ(ポーラーを除く)ハイディ、海外製の前乗せなど「T字型」のハンドルに装着するタイプのシートには利用できないので注意しましょう。

カラーオレンジ、リーフグリーン、ターコイズ、パープル、ピンク、カーキ、ブラック
適応身長約100cmまで
適応年齢1〜4歳くらい
重量約870g
参考価格(税込)10,780円

リトルキディーズ (ハンドル引っ掛け式)フロントレインカバー

ヘッドレスト連動で高さ調整が簡単

ハンドル引っ掛け式は、後付け用のフロントレインカバー。取り付けは凹凸のあるボタンを合わせて結合させますが、背面のボタンホールも改良して付け外しがスムーズ。サイドパネルは、左右の両方に大きく開けることができるので、どちら側からでも乗せ降ろしができます。天井部分は、全開にすることもできますし、ヘッドレスト連動で、高さを自由に調整可能ですから、お子さんの身長に合わせて、細かい調整もできますよ。

カラー オレンジ、リーフグリーン、ターコイズ、パープル、ピンク、カーキ、ブラック
適応身長 74〜100cmまで(各チャイルドシートメーカーや、運転者の身長によって上限身長が変化します)
適応年齢 1〜2歳6ヶ月、または3歳(各チャイルドシートメーカーの上限身長まで)
重量約910g
参考価格(税込) 10,780円

リトルキディーズ リアレインカバー

115cmまで対応だから身長の高いお子さんでも余裕

後ろ乗せ用リアレインカバーは、2歳以上のお子さんに適応しています。115cmまで対応しているので、身長の高いお子さんでも余裕があります。ファスナー部分には、開閉をしやすいように引き手があり、止水フラップも採用しているので、ファスナーからの水の侵入を防いでくれる所も嬉しいポイント。

カラー オレンジ、リーフグリーン、ターコイズ、パープル、ピンク、カーキ、ブラック
適応身長 身長115cmまで
適応年齢 2〜5歳くらい
重量 約1,110g
参考価格(税込)10,780円

 

便利なオプションも、ありますよ

リトルキディーズサンシェード

出典:楽天市場

リトルキディーズは、専用のサンシェードのオプションがあります。透明カバーは、UVカット加工がしてありますが、それでも日本の夏はとても暑いので、熱中症対策としても、サンシェードは、あったほうが良いアイテム。合わせて購入すると便利ですよ。

リトルキディーズ チャイルドシートサンシェード(リア用)

メッシュ生地のシートが蓄熱を抑制!

チャイルドシートサンシェードは、日かげを作るだけでなく、高密度のメッシュ生地を採用して、シートに集まる熱を抑制してくれるから、日差しが強い日もより涼しくいられます。シェードは、ワンタッチ式フックで着脱ができるので、取り付けもスムーズ。足元のカバーは畳んで、側面をオープンにすれば、足元の通気性を保てます。ラインナップはこちらのリア用のほか、前用・あと付け前用もあり、全3種類。

素材ポリエステル、アクリル、ナイロン
重量約210g
参考価格(税込)3,590円

リトルキディーズの購入時や使うときの注意点

リトルキディーズの購入時や使う時の注意点まとめました。確認していきましょう。

取り付けられる自転車やチャイルドシートをチェック

事前に、自分の自転車やチャイルドシートに取り付け可能か、対象機種を公式サイトなどで確認しましょう。以下、代表的なモデルです。

主な対象機種

(ハンドル引っ掛け式)フロントレインカバー用

  • パナソニック ギュット クルームR
  • ブリヂストン ビッケ モブ/グリなど

 

(バスケット型)フロントレインカバー用

  • ブリジストンビッケポーラー
  • ヤマハ PAS Kiss(パスキス)など

 

リアレインカバー用

  • ブリヂストンビッケモブ
  • ヤマハ PAS Babby un (パスバビーアン)
  • OGKグランディアなど

 

詳しくは、リトルキディーズのサイトにて、各カバー対応機種をご確認ください。

リトルキディーズ楽天市場公式サイトはこちら

 

前乗せ用は適応身長を確認が必要

同乗可能な「子ども身長」の上限があり(前乗せの場合)

出典:楽天市場

ハンドル引っ掛け式チャイルドシート用レインカバー(後付け用)は、バスケット型と比べて、チャイルドシートの座面がより高い位置にあり、前方が見にくい状態で運転するのは危険なため、視界条件を設定しています。

視界条件というのは、安全に自転車を運転するための独自の条件のことで、「自転車前輪から3m先の地面が見える状態」と設定しています。子どもの身長上限は、運転する人の身長や、チャイルドシートによっても変わってきますので、詳しくは公式サイトを参照ください。

リトルキディーズ楽天市場公式サイトはこちら

 

組み立てが必要

リトルキディーズは、すべてのパーツがたたまれた状態で、箱詰めされているので、組み立てが必要です。しかし、わかりやすい説明書もついていますし、メインのパーツをファスナーや、スナップでつないで、その後自転車に装着するだけなので、そこまで難しくはないでしょう。

リトルキディーズで雨の日も快適に自転車に乗ろう

リトルキディーズは、かわいいだけでなく、とても便利なレインカバーです。リトルキディーズより安い価格のレインカバーは多くありますが、リトルキディーズは、その価格に見合うだけの機能性がありますので、お子さんが快適に、そして楽しく乗れること間違いないですよ。