自転車用トルクレンチの疑問を解決!使い方や選び方を解説します

ロードバイクやクロスバイクのメンテナンスに便利なトルクレンチを紹介します。少し特殊な工具のトルクレンチは使い方や選び方など、わからない事も多い工具の1つでしょう。そんな疑問を持つ方にトルクレンチについて解説いたします!

目次

  • トルクレンチとは
  • トルクレンチで適正トルクの締め付けを
  • 基本は六角レンチと併用
  • 自転車のどの部分で使うか
  • トルクレンチの種類
  • トルクレンチの使い方
  • トルクレンチで注意すること
  • トルクレンチを活用しよう!

トルクレンチとは

トルクレンチってなに?

出典:楽天市場

ロードバイクなどのスポーツバイクのメンテナンスでは、六角レンチなどを使ってボルトを締めつける作業が多くありますよね。締め付け作業の時、最後どれくらい締め付けて良いかわからない事も多いと思います。

 

適切な締め付け強度がわからないと、締めすぎてしまいパーツやボルトが壊れてしまうことも。トルクレンチは、ボルトをどれくらいの強度で締めているかの強度(トルク)を数値で確認することができる工具です。

 

締め付ける力の数値「トルク」

ステム

撮影:筆者

ちなみに「トルクレンチ」の、“トルク”とはボルトやナットを締める時に工具にかかる力の数値です。単位はN・m(ニュートンメートル)が一般的に使われています。

 

トルクレンチで適正トルクの締め付けを

一般的な六角レンチで作業する場合、締め付ける強さは手の感覚になってしまいます。その時、丈夫な金属なパーツであれば、「しっかり締めておけば大丈夫!」と言った、感覚頼りの作業でした。

 

ですが、近年の自転車パーツはカーボン・チタンなどの繊細な素材や、ディスクブレーキなど緻密な調整が必要なものが増え、トルクを確認することが大切になってきています。

 

トルクを適正にしないとカーボンパーツが…

出典:Flickr/Glory Cycles

カーボンは軽く高強度・高剛性で、自転車パーツの素材としては最も適している素材です。ですが、その反面、不均等な力には弱いのでボルトの締めすぎで、変形やヒビ入る場合があります。強く締めすぎてパーツを破損させてしまったり、破損を警戒して締めつけが足りないとパーツがずれるなどのトラブルが起こる可能性があります。

 

基本は六角レンチと併用

トルクレンチ・六角レンチ

撮影:筆者

締め付け強度がわかるトルクレンチですが、トルクレンチはあくまで、「締め付ける力を一定にする」「締め付けたボルトのトルクを測定する」工具です。

 

基本的な締め付け作業、緩める作業は、一般的な六角レンチやアーレンキーで行い、最後にトルクレンチを使うか、締まっているボルトに使って数値を確認しましょう。

 

自転車のどの部分で使うか

では、自転車ではどの部分でトルクレンチを使うのでしょうか?

 

ステム・コラム

ステム

撮影:筆者

カーボンやチタンを使うことが多いステム・コラムは、4点のボルト締めつけの偏りを防ぐためにもトルク管理が大切です。

 

シートポスト

シートポスト

撮影:筆者

カーボンシートポストも締め過ぎると、変形したり破損する可能性があります。

 

ボトムブラケット・クランク

クランク

撮影:筆者

クランク・ボトムブラケットにもメーカー指定トルクがあります。

 

ブレーキマウント・ディスク

ディスクブレーキ

撮影:筆者

緻密なセッティングが必要なディスクブレーキも、トルク管理をしてセッティングの精度を高めることができます。

 

他にこんなパーツも

フロントディレーラー

撮影:筆者

バンド式のフロントディレーラーも、シートチューブを変形させる恐れがあるので、トルク管理が必要です。また、ボトルケージのようにカーボンフレームに直接、ボルトをねじ込むときも締めすぎるとネジ穴が破損するので、トルク管理をするといいでしょう。

 

トルクレンチの種類

トルクレンチにも種類があり、使用方法はそれぞれ違います。使用方法に合わせて選びましょう。

 

プリセット型

プリセット形トルクレンチは、主にグリップ部分が回転するように作られていて、そのグリップを回すことで最初に締め付けトルクを設定します。プリセット形トルクレンチでボルトを締めると、設定したトルク以上の力がかかるとカチッと音がして、設定した強度で締め付けたことを知らせてくれます。

ITEM
バイクハンド YC-617-2S プリセット型トルクレンチ
●設定可能トルク:2〜24Nm
●付属ビット:ショートタイプ3・4・5・6・8・10mm、ロングタイプ5mm、トルクスT20・T25・T30

 

プレート型

プレート型トルクレンチは本体に目盛りが付いていて、力をかけた時に本体の計測部分がたわみ、そのたわみ幅でトルクを計測するレンチです。直読式と呼ばれる方式のひとつになります。

ITEM
ギザ プロダクツ YC-637 トルクレンチ キット
●トルク測定範囲:1 ~10Nm
●付属ビット:六角2・2.5・3・4・5・6・8mm トルクスT10・T25 プラスドライバー
●本体サイズ:160x30x33mm(トルクレンチ本体)
●重量:118g

 

デジタル型

デジタル型も直読式の1種で、本体のセンサーでトルクを検知し、数値をデジタル表示するタイプです。精度の高いトルク管理が可能ですが、価格は高いモデルが多いです。

ITEM
KTC 9.5sq. デジラチェ トルク ラチェット
●設定可能トルク:12〜60Nm
●全長:217mm
●重量:400g

 

トルクレンチの使い方

それでは、自転車用工具として多く販売されているプリセット型トルクレンチの使い方を説明しましょう。

 

1.締め付けるボルトのトルクを確認する。

ステム

撮影:筆者

ステムなどには最大トルクが印字されている場合が多いですが、取扱い説明書に記載されているものもあるので、必ず確認しましょう。わからない場合は検索すると参考値を調べることがもできます。

 

2.締めるボルトとサイズの合ったビットを確認する

トルクレンチ

撮影:筆者

締め付けるボルトと、使用するビットのサイズを確認しましょう。

 

3.ビットソケットをトルクレンチにセットする。

トルクレンチ

撮影:筆者

ビットソケットをトルクレンチにセットしましょう。ガタつきがあると精度が悪くなったり、トラブルの原因にもなるので確認しましょう。

 

4.トルクレンチのロックが外れているかを確認する。

トルクレンチ

撮影:筆者

ほぼ全てのトルクレンチには、設定値がずれないようにロック機構があります。ロックをしたまま設定値を操作すると破損の原因となりますので、確実にロックを解除しましょう。

 

5.締め付けたいトルク値をセットする。

トルクレンチ

撮影:筆者

シグナル式トルクレンチには、主目盛と副目盛があり、上の縦に印字されているのが主目盛で、下の横に印字されているのが副目盛になります。今回は5Nmに合わせたいので、主目盛を4、副目盛を1に合わせます。

 

6.トルクレンチでボルトを締める。

トルクレンチ

撮影:筆者

確実にボルトにセットし、ヘッド部がずれないように支えながら力をかけましょう。カチッと音がしたら設定したトルクでボルトが締まっています。何度もカチカチして締めてしまうとオーバートルクになりますので、一度だけカチッと音がしたら締め付けはやめましょう。

 

トルクレンチで注意すること

精密な機械でもあるトルクレンチは、通常の工具よりも注意点が多くあります。

 

トルクレンチ選び

トルクレンチ自体も精密機器なので、精度の高い管理を行うなら高価なトルクレンチが必要です。そこまで精密な管理をするわけではなく、目安として使用するなら、比較的安価なタイプの製品でも十分、数値を確認することができます。

 

対応するソケットにも注意!

トルクレンチ本体の、レンチをセットする部分はスクエアソケットと呼ばれています。スクエアソケットにもサイズがあるので、ビットやソケットを別で購入する場合は対応するサイズや、変換スペーサーがあるかどうかを確認しましょう。

 

トルクレンチの保管と精度を保つために定期点検を

プリセット型トルクレンチは数値を設定するために内部にスプリングがあります。スプリングに負荷がかかった状態で保管すると精度が狂ってしまうので、使用していないときは設定値を一番低くしておきましょう。

また、精度を保つためにメーカーで定期点検を行っている製品もあるので活用しましょう。

 

トルクレンチを活用しよう!

トルクレンチを活用しよう!

自転車パーツをトルクレンチを使ってメンテナンスすることで、パーツのセッティングなどがより正確に行えるので、パーツを長持ちさせ安全な走行をすることに繋がります。セルフメンテナンスでも勘に頼っていた部分が数字として見ることができれば、より安心感が持てますね。

あわせて読みたい

失敗したくない!飛行機の輪行。百戦錬磨の筆者が攻略法を教えます。
愛車と遠くへ行きたいときに、避けて通れないのが飛行機の輪行です。何かと不安の多い飛行機の輪行ですが、慣れてしまえば大丈夫! 飛行機輪行を考えるときに…
大城 実結
【魅力大解剖】ブロンプトンは無敵の折りたたみ自転車だ
【魅力大解剖】ブロンプトンは最高の折りたたみ自転車だ
「世界一の折りたたみ小径車」といわれるBROMPTON(ブロンプトン)は、欧米のみならずアジアでも愛される自転車です。カスタマイズや公式でリリースさ…
大城 実結
ロードバイクとは
ロードバイクの楽しみ方を徹底紹介!スピードが魅力のスポーツバイク
「クロスバイクと何が違うの?ロードバイクの楽しみ方は?」など、ロードバイクに興味が出てきた時は、多くの疑問が出てくるもの。ショップの店員さんに聞くと…
CYCLE HACK編集部
”クロスバイク購入に合わせて揃えたい”必要なもの14選
クロスバイクを買ったら一緒に揃えよう!必要なアイテム14選
クロスバイクを買ったら、一緒に購入するべきアイテムがあります。必ず準備すべきもの、乗るシーンによって準備したいものなど様々。今回は必要なアイテムと、…
CYCLE HACK編集部
クロスバイクとロードバイク
クロスバイクとロードバイク、どっちがおすすめ?違いや選び方を解説
自転車ショップで、クロスバイクとロードバイク、どちらにしようか悩む。初めてスポーツバイクを購入する時は良くあるテーマですね。どのように乗るのか、どん…
CYCLE HACK編集部
高橋智宏
高橋智宏

10代の頃からロードバイク・MTBなど自転車を楽しみながら、現在はスポーツバイクの普及活動をしています。 皆さまへお役に立つ情報をお届けし、スポーツバイクを末永く楽しむお手伝いができれば嬉しく思います。