パニアバッグで自転車旅を快適に!おすすめモデル5選

クロスバイクやロードバイクを愛する人であれば、自転車で遠くへ旅をしたいと思う方も多いのではないでしょうか。旅の道中最も負担になる荷物。自転車旅の荷物を入れるバッグとして、最適なバッグの1つがパニアバッグです。詳しい取り付け方や選び方、おすすめのパニアバッグをご紹介します!

目次

  • そもそもパニアバックとは?
  • スポーツバイクには“キャリア”も必要
  • パニアバッグの取り付けは自分でできる?
  • パニアバッグを選ぶ時のポイント
  • おすすめモデル5選
  • お気に入りのパニアバッグを見つけよう
アイキャッチ画像出典:Flickr/Chris Baird

そもそもパニアバックとは?

そもそもパニアバックとは?

出典:Flickr/Brian Burger

自転車で旅をする時や遠出をする時には、いつも以上に多くの荷物を持って走らなければなりません。

そんな負担を軽減してくれるのが、自転車の後輪タイヤの横に積載することができるパニアバッグ。

 

サドルバッグやフレームバッグなど数ある自転車用バッグの中でも、特に多くの荷物が入る大容量のバッグです。

サイドバッグとの違い

パニアバッグとよく似ているのが、左右が独立しているサイドバッグがあります。着脱が簡易的で、しっかりとした造りの高価格帯の製品が多いのも特徴です。

 

一方、パニアバッグは価格が安いタイプも多く、取り付け後の安定感もあります。ですが、サイドバッグほど着脱が簡易ではないので、使用用途に合わせて選びましょう。

スポーツバイクには“キャリア”も必要

スポーツバイクには“キャリア”も必要

出典:Flickr/KarlOnSea

パニアバッグの取り付けには、荷台(キャリア)が必要です。購入前に、まず自分の自転車にパニアバッグが付けられるか確認しましょう。

 

ロードバイクやクロスバイクには、基本、キャリアがついていない為、キャリアが必要になってきます。

ITEM
Ibera(イベラ) PakRak リアキャリア 自転車荷台 ツーリングキャリア プラス
●寸法:48.5cm *14cm*41cm (最も広い幅が22.9cm)
●適合:ほとんどの26 "-29 "/700cのフレーム
●ラック重量: 770g

上記は、手頃な価格で取り付けも簡単、耐久性に優れていてオススメの「ibere」のキャリアです。以下、キャリアの取り付け方の簡単な説明です。

 

①パーツの組み立てから

パーツを、自転車と荷台パーツに取り付けることでキャリアは完成します。説明書を見ながら組み立てましょう。

 

②自転車への取り付け

フレームとシートステイ側のダボ穴に、それぞれ仮固定します。

 

③微調整、本締め

キャリアを真っ直ぐに調整して、ボルトを本締めしましょう。

 

▼▼リアキャリアの詳しい記事はこちら▼▼

 

パニアバッグの取り付けは自分でできる?

パニアバッグの取り付けは自分でできる?
出典:Flickr/Dennis Hamilton

キャリアの準備ができれば、パニアバッグの取り付けは、自分で簡単に行うことができます。パニアバッグをキャリアに取り付ける方法は大きく分けて2種類。

 

引っ掛ける「フック式」と、しっかり取り付ける「ベルト式」があります。

 

①引っ掛けるだけ「簡単フック式」

フック式のパニアバッグは脱着が非常に簡単です。パニアバッグについているフックを自転車のキャリア部分に引っ掛ける、たったこれだけです。

パニアバッグにフックが最初から付いていないタイプは、付属でフックが付いてきます。

 

また、フックにも2種類あります。

 

①可動式のフック

①可動式のフック

出典:Amazon

現在では可動式のフックが多く、フックについているケーブルを引くと、フックが開いてキャリアに取り付けることができます。外す時も、このケーブルを引けば簡単に外すことができるので、持ち運びする機会が多い人には可動式フックの固定方法が良いでしょう。

 

②通常のフック

パニアバッグに付けられているベルトにフックを直接通して使用します。最初は硬いため、取り付けるのに少々苦労しますが、使用している内にベルトが馴染んて着脱もしやすくなります。

フックを直接パニアバッグから外して使うことができるので、持ち運ぶ時にフックが体にあたって気になるということがなくなります。

②しっかり固定の「ベルト式」

 

②しっかり固定の「ベルト式」

出典:Amazon

ベルト式固定のパニアバッグは、一度装着したら外すのが面倒で、持ち運ぶのも大変ですが、取り付け方は簡単です。商品によってベルトのタイプは様々ですが、主に、パニアバッグとキャリアが接する面にベルトが付いています。そのベルトをキャリアに通して固定する形です。

 

パニアバッグを選ぶ時のポイント

パニアバッグを選ぶ時のポイント

出典:Flickr/Martin Stabenfeldt

初めてパニアバッグを選ぶ時は、何を基準に選ぶべきか悩みますよね?ここでは、パニアバッグを選ぶ時のポイントを紹介していきます。

ポイント①耐久性

まず、ポイントとなるのが耐久性。自転車に乗っている以上、転ばないだろうと思っていても、外的原因から転倒してしまうこともあります。

 

耐久性は、素材やレビューなどを参考に、耐久性が高いパニアバッグを判断しましょう。せっかくのパニアバッグですから、長持ちするものを愛用したいですよね。

 

ポイント②防水性

長距離ライドや旅をする方には、雨や汚れなどはつきもの。そのため、防水性は最も重要になってくるポイントです。防水性は、素材から判断することができます。特に、PVC素材を使用したパニアバッグは、水に強い耐久性を持っているのでおすすめです。

 

防水性を重視すれば、突然の悪天候でも安心して走れる最適なパニアバッグを選ぶことができるでしょう。

 

ポイント③積載量

サイズが大きい印象のパニアバッグですが、容量が小さめのパニアバッグあります。自分の荷物量に合ったものを選びましょう。

 

また、パニアバッグに入る容量と同時に耐えられる重量を確認するのもポイントです。

 

おすすめモデル5選

それでは、パニアバッグのおすすめモデルを5選紹介してきます!

「OSTRICH(オーストリッチ)」のパニアバッグ

自転車用品を専門メーカーのOSTRICH。パニアバッグはシンプルなデザインが多いのが特徴です。

お手頃価格で購入できるので、自転車初心者にも安心。『P-115S』は、コンパクトサイズなのでちょっとしたツーリングにも最適です。

ITEM
OSTRICH パニアバッグ :P-115S
●重さ: 520g
●素材:NL420D/HPC
●容量:5.1L×2

「BROOKS(ブルックス)」のパニアバッグ

サドルメーカーで有名なBROOKS。パニアバッグのラインナップもあり、洗練されたデザインで多くのファンもいます。『パニアバッグ ブリックレーン』は折り畳めることが最大の特徴。持ち運ぶことが面倒であったパニアバッグの常識を覆す一品です!少量の荷物で十分な人におすすめのパニアバッグです。

ITEM
BROOKS パニアバッグ ブリックレーン 15L
●サイズ:W340mm、H360mm、D100mm
●容量:14L(片側)
●重量:950g

「ORTLIEB(オルトリーブ)」のパニアバッグ

機能性を追求し続けるバッグメーカーのORTLIEB。独自の素材で作られているバッグは、どれも防水性と耐久性に優れています。バックローラー シティモデルは、フック式で取り付けも簡単。完全防水使用なので悪天候のライドにもおすすめです。

ITEM
ORTLIEBバックローラー シティ 40Lペア サイドバッグ
●サイズ: H420、W230/320、D170mm
●容量:40L(ペア)
●重量:1520g/ペア(カタログ値)

ROSWHEEL(ロスホイール)のパニアバッグ

ROSWHEELは、中国の自転車バッグ専門メーカー。耐久性やデザインで高いユーザー評価があり、それでいながらリーズナブルな価格が特徴です。『ROSWHEEL 3-in-1』は、トップバッグまで付いた大容量サイズで、荷物量が多い人に最適なパニアバッグと言えるでしょう。

ITEM
ROSWHEEL 自転車サイドバッグ
●容量:37L
●素材:1000D強化ポリエステル、PUコーティング、PPシートバッグ裏面
●トップバッグサイズ:35cm x 30cm x 13cm (H x W x D)
●サイドバッグサイズ:31cm x 30cm x 13cm (H x W x D)
●重量:1250g

Rhinowalk(ライノーウォーク)のパニアバッグ

Rhinowalkは、自転車用のバッグに力を入れている、こだわりのあるブランドです。防水性に優れ、ワンタッチでの着脱が可能なフック式固定方法なので、パニアバッグ初心者でも利用しやすいでしょう。

ITEM
Rhinowalk パニアバッグ
●サイズ:L29cm、W15.5cm、H45cm、広げた状態 48cm、29cm、60cm、
●重量:1050g
●素材:ナイロンPVC
●容量:25L

お気に入りのパニアバッグを見つけよう

パニアバッグは、店頭で販売しているショップが少なかったり、陳列されているラインナップも限られていたりします。インターネットで良く調べて、購入するのがオススメです。

 

今回、紹介した取り付け方や選ぶポイントをぜひ参考にして、自分にピッタリのパニアバッグを見つけてください。

あわせて読みたい

クロモリのマウンテンバイクおすすめ5選。細い!渋い!美しい!
クロモリのおすすめマウンテンバイクをご紹介!頑丈なクロモリフレームならではの魅力と、おすすめの使い方、おすすめモデルなどを紹介します。…
小西純矢
パニアバッグで自転車旅を快適に!おすすめモデル5選
クロスバイクやロードバイクを愛する人であれば、自転車で遠くへ旅をしたいと思う方も多いのではないでしょうか。旅の道中最も負担になる荷物。自転車旅の荷物…
二ノ宮 空
ロードバイクとは
ロードバイクの楽しみ方を徹底紹介!スピードが魅力のスポーツバイク
「クロスバイクと何が違うの?ロードバイクの楽しみ方は?」など、ロードバイクに興味が出てきた時は、多くの疑問が出てくるもの。ショップの店員さんに聞くと…
CYCLE HACK編集部
”クロスバイク購入に合わせて揃えたい”必要なもの14選
クロスバイクを買ったら一緒に揃えよう!必要なアイテム14選
クロスバイクを買ったら、一緒に購入するべきアイテムがあります。必ず準備すべきもの、乗るシーンによって準備したいものなど様々。今回は必要なアイテムと、…
CYCLE HACK編集部
クロスバイクとロードバイク
クロスバイクとロードバイク、どっちがおすすめ?違いや選び方を解説
自転車ショップで、クロスバイクとロードバイク、どちらにしようか悩む。初めてスポーツバイクを購入する時は良くあるテーマですね。どのように乗るのか、どん…
CYCLE HACK編集部
二ノ宮 空
二ノ宮 空

自転車が好きで、クロスバイクとロードバイクを2台所有しています。ロングライドや自然の中を走るのが大好きです。自転車の魅力や自転車旅についてなど、楽しくてためになる情報を提供していきたいと思っています。