GTのマウンテンバイク、2020年モデルを徹底紹介!

マウンテンバイクを代表するメーカー「GT」。初めてのマウンテンバイクでも、2台目のマウンテンバイクでも豊富なラインナップのGTなら、きっとあなたに合うモデルがみつかるでしょう。多くのファンから指示されるGTの人気の魅力と各モデルを紹介していきます!

目次

  • マウンテンバイクと言えば”GT"
  • 豊富なラインナップは8種
  • マウンテンバイク初めての1台ならこのモデルがおすすめ!
  • 公式ディーラーに足を運んでみよう
  • 試乗会でバイクをチェック
アイキャッチ画像出典:楽天市場

マウンテンバイクと言えば”GT”

出典:Facebook/GT Bicycles

ブランド名「GT」の由来は創業者のゲーリー・ターナーのイニシャルから来ています。ゲーリー・ターナーは、1979年に”GT”のブランドを立ち上げました。1991年には、初のアルミフレームのマウンテンバイクを制作するなど、マウンテンバイク界をリードするメーカーの1つが「GT」です。

 

出典:楽天市場

現在はマウンテンバイクの他、クロスバイク、近年ではグラベルロードなど幅広いジャンルでのバイクを扱っています。またハードテイルのマウンテンバイクに採用される、独自の「トリプルトライアングルフレーム」などが、GTのマウンテンバイクの特徴になっています。

豊富なラインナップは8種

出典:Facebook/GT Bicycles

GTのマウンテンバイクのラインナップは8モデル。前後ともサスペンションがついたフルサスのモデルが3種、前輪のみサスペンションのハードテイルが4種、ダートジャンプやフリースタイル向けのモデルが1種のラインナップとなっています。

 

【フルサスペンション】

●FURY(フューリー)

●FORCE(フォース)

●SENSOR(センサー)

 

【ハードテイル】

●ZASKER(ザスカー)

●AVALANCHE(アバランチェ)

●AGGRESSOR(アグレッサー)

●PALOMAR(パロマー)

 

【ダートジャンプ・フリースタイル向け】

●LA BOMBA(ラボンバ)

 

同モデルのグレードについて

また、同じモデルでも、グレードの違いなどで「EXPERT」「ELITE」などのモデル名がついています。

以下、グレードが高い順序です(左がもっとも高い)

 

PRO(プロ)→Expert(エキスパート)→Elite(エリート)→Comp(コンプ)→Sport(スポーツ)

 

全てのモデルにこのグレード あるわけではありませんが、機種選びの参考にしてください。

 

それでは各モデルの特徴を見ていきましょう!

 


GTマウンテンバイク最上位モデル「FURY」

出典:楽天市場
フルサスペンションのフレームには210mmのトラベル(サスペンションのストローク量)を誇り、斜面を駆け下りるダウンヒルに特化したモデルです。GTのマウンテンバイクの最上位機種と呼ぶにふさわしいモデルと言えるでしょう。
ITEM
フューリーチーム 2020
●参考価格:1,080,000円(税抜)

オールラウンダーの「FORCE」

出典:楽天市場
フォースもフルサスペンションのフレームですが、山全体を走破するため「登り」「下り」両方に対応するように、軽量化が図られています。GTのマウンテンバイクのラインナップの中で随一のモデル数を誇ります。価格帯は、最も上位の機種で40万円程度。
ITEM
FORCE ELITE (フォースエリート)27.5インチ
参考価格:348,000円(税抜) 
ITEM
FORCE COMP(フォース コンプ)
●参考価格:298,000円(税抜)

トレイル向けの「SENSOR」

出典:楽天市場
山の起伏に富んだ斜面や、地形を楽しみながら走破する「トレイル」向けのラインナップ。長時間の走行やハンドリングのしやすさなども配慮されています。価格帯も22万円~28万円の設定です。
ITEM
Sensor Comp
●参考価格:288,000円(税抜)
ITEM
Sensor Sport
参考価格:228,000円(税抜)

GTの歴史が詰まった「ZASKAR」

出典:楽天市場

「ZASKAR」はGTの数々のタイトルを獲得してきた歴史があるモデル。トリプルトライアングルの「ハードテイル」モデルで、フレーム素材も豊富にラインナップされており、16万円~35万円と幅広く選択肢があります。

 

ITEM
CARBON EXPERT(カーボン エキスパート)
●参考価格:358,000円(税抜)
●フレーム素材:カーボン
ITEM
CARBON ELITE(カーボン エリート)
●参考価格:288,000円(税抜)
●フレーム:カーボン
ITEM
CARBON COMP(カーボン コンプ)
●参考価格:258,000円(税抜)
●フレーム:カーボン
ITEM
Al. Elite( アロイ エリート)
●参考価格:198,000円(税抜)
●フレーム:アルミ
ITEM
Zaskar Al. Comp(アロイ コンプ)
●参考価格:168,000円(税抜)
●フレーム:アルミ

GTを代表するロングセラー「AVALANCHE」

出典:楽天市場

ザスカーと同じく「ハードテイル」のAVALANCHE。フレームはアルミフレームで、シリーズの中で27.5インチと29インチがそれぞれラインナップされています。街乗りメインか、本格的なクロスカントリーコースメインかで選べる豊富さも嬉しいモデルです。価格帯は求めやすい7万円代~13万円代の設定です。

ITEM
AVALANCHE EXPERT(エキスパート) 29
●参考価格:138,000円(税抜)
●フレーム:アルミ
ITEM
AVALANCHE ELITE(エリート)
●参考価格:94,800円(税抜)
●フレーム:アルミ
ITEM
AVALANCHE COMP(コンプ)
●参考価格:83,800円(税抜)
●フレーム:アルミ

ITEM
AVALANCHE SPORT(スポーツ) 29
●参考価格:71,800円(税抜)
●フレーム:アルミ
ITEM
AVALANCHE SPORT(スポーツ) 29
●参考価格:71,800円(税抜)
●フレーム:アルミ
ITEM
AVALANCHE SPORT(スポーツ) 29
●参考価格:71,800円(税抜)
●フレーム:アルミ


街乗りに最適「AGGRESSOR」

出典:楽天市場

名前のとおりアグレッシブな走りができるタウンユースを想定したラインナップ。ラインナップもメインのコンポーネントの違いによって5,000円程の違いのみと、解り易い設定になっています。価格は5万円~6万円と求めやすさも魅力です。

 

ITEM
AGGRESSOR EXPERT (エキスパート) 27.5インチ
●参考価格:60,800円(税抜)
●フレーム:アルミ
ITEM
AGGRESSOR COMP(コンプ) 27.5インチ
●参考価格:55,800円(税抜)
●フレーム:アルミ
ITEM
AGGRESSOR SPORT(スポーツ) 27.5インチ
●参考価格:51,800円(税抜)
●フレーム:アルミ

エントリーモデルの「PALOMAR」

出典:楽天市場
通勤・通学でもマウンテンバイクの良さを実感できるモデル。ブレーキはVブレーキを採用、ホイールは27.5インチ、GT独自のトリプルトライアングルのフレームは最安価格ではありながら、GT品質を味わえるモデルと言えるでしょう。価格は41,800円(税抜)。
ITEM
PALOMAR ALLOY(アロイ) 27.5インチ
参考価格:41,800円(税抜)
フレーム:アルミ

ダートジャンプやフリースタイル向けの「LA BOMBA」

出典:楽天市場

マウンテンバイクとしてラインナップされていますが、ダートジャンプと呼ばれる整備されたコースを周回しジャンプやトリックを決めること競技に特化したモデルです。スプロケットもフロント、リア共シングルでチェーントラブルが無いように設計されています。価格は下位機種で8万円代~。

ITEM
La Bomba Pro(プロ)
参考価格:128,000円(税抜)
フレーム:アルミ
ITEM
La Bomba
参考価格:89,800円(税抜)
フレーム:アルミ

マウンテンバイク初めての1台ならこのモデルがおすすめ!

マウンテンバイクで初めての1台という方の為に、おすすめモデル2種です!”コスト”と”乗りやすさ・楽しさ”のバランスがとれたモデルです。

AVALACHE Elite(アバランチェ エリート)

ロングセラーモデルのアバランチェ。10万以内でも十分な性能を持ち合わせています。モスグリーンとスレートブルーの2色のカラーは両色とも、シックな色合いで普段使いにも合わせやすいデザインです。

ITEM
AVALANCHE ELITE(エリート)
●参考価格:94,800円(税抜)
●フレーム:アルミ

予算にもう少し余裕があれば… ZASKAR Al. Elite(アロイ エリート)

アバランチェの上位モデルの「ZASKER」のアルミモデル。税抜き価格で20万以内ですが、“アルミ”の“ハードテイル”の最上位モデルの位置づけになるだけあり、文句なしの1台と言えるでしょう。

ITEM
Al. Elite( アロイ エリート)
●参考価格:198,000円(税抜)
●フレーム:アルミ

公式ディーラーに足を運んでみよう

出典:Facebook/GT Bicycles

車では当たり前のディーラーですが、マウンテンバイクの世界でも公式の販売店が存在します。自宅の近くにあれば一度足を運んでみるのも良いのではないでしょうか。

GT プレミアムディーラーはこちら

 

試乗会でバイクをチェック

出典:Facebook/GT Bicycles

カタログや、ネット上のレビューなども情報収集には便利ですが、購入希望のモデルが絞れてきたら試乗会で気になるモデルを試乗してみてもよいでしょう。

公式SNSアカウントをフォローすれば、試乗会情報をキャッチできるはず!

Facebookの公式アカウントはこちら

Twitterの公式アカウントはこちら

あわせて読みたい

クロモリのマウンテンバイクおすすめ5選。細い!渋い!美しい!
クロモリのおすすめマウンテンバイクをご紹介!頑丈なクロモリフレームならではの魅力と、おすすめの使い方、おすすめモデルなどを紹介します。…
小西純矢
パニアバッグで自転車旅を快適に!おすすめモデル5選
クロスバイクやロードバイクを愛する人であれば、自転車で遠くへ旅をしたいと思う方も多いのではないでしょうか。旅の道中最も負担になる荷物。自転車旅の荷物…
二ノ宮 空
ロードバイクとは
ロードバイクの楽しみ方を徹底紹介!スピードが魅力のスポーツバイク
「クロスバイクと何が違うの?ロードバイクの楽しみ方は?」など、ロードバイクに興味が出てきた時は、多くの疑問が出てくるもの。ショップの店員さんに聞くと…
CYCLE HACK編集部
”クロスバイク購入に合わせて揃えたい”必要なもの14選
クロスバイクを買ったら一緒に揃えよう!必要なアイテム14選
クロスバイクを買ったら、一緒に購入するべきアイテムがあります。必ず準備すべきもの、乗るシーンによって準備したいものなど様々。今回は必要なアイテムと、…
CYCLE HACK編集部
クロスバイクとロードバイク
クロスバイクとロードバイク、どっちがおすすめ?違いや選び方を解説
自転車ショップで、クロスバイクとロードバイク、どちらにしようか悩む。初めてスポーツバイクを購入する時は良くあるテーマですね。どのように乗るのか、どん…
CYCLE HACK編集部
小西純矢
小西純矢

中学生の頃にメッセンジャーブームが到来し一気に影響を受け、芝浦周辺のメッセンジャーの後を追走するなどして自転車のスキルを磨いたものの、現在は一児の父となり自宅のMTBも子供の遊び道具になりつつある・・・ そんな毎日を送っているライターです。