サドルの高さを自由自在に!ドロッパーシートポストを解説

マウンテンバイクで使われる事が多い「ドロッパーシートポスト」。一般的なシートポストにはない特別な機能を持つドロッパーシートポストは、どんな場面で使うのか、どんなメリットがあるかなど、おすすめモデルを含めてご紹介します

目次

  • ドロッパーシートポストとは?
  • マウンテンバイクの激しい登り下りに対応
  • こんな使い方が最適!
  • おすすめドロッパーシートポスト
  • ドロッパーシートポストの注意点
  • マウンテンバイクの楽しさを広げよう

ドロッパーシートポストとは?

ドロッパーシートポストとは?

出典:Amazon

自転車のサドルを支える筒状のパーツ「シートポスト」。一般的にサドル高の変更は、自転車から降りて、六角レンチ等を使いシートポストを調整しますが、ドロッパーシートポストはハンドル付近のレバーで、走りながらサドルの上下を変更できるパーツです。

 

シートポスト調整レバー

出典:Amazon
手元のレバーで、サドルの調整ができます。

 

では、なぜ??走りながらサドルの高さを変更する必要があるのでしょうか。

 

マウンテンバイクの激しい登り下りに対応

マウンテンバイクの激しい登り下りに対応

後輪にお尻がつきそうなほど、下りでは後ろに体重をかける場面も。

ドロッパーシートポストは主にマウンテンバイクで使用されます。マウンテンバイクでは、岩や木の根がむき出しの道など険しいルートを走ることも。

 

平坦な場所や登りの場面では、サドル高は通常の高さで良いのですが、上記の写真のように急な坂を下る時は体重を大きく後ろに移動して走ります。その時、サドルが高いままだと邪魔になるので、走りながらドロッパーシートポストを使って、サドルの高さを調整します。

 

前後に体重移動をするマウンテンバイクならではのパーツ

このようにドロッパーシートポストは、自転車の上で体重移動を行って走る事が多いマウンテンバイクならではのパーツと言えるでしょう。平坦な舗装路を走り、軽さ重視(ドロッパーシートポストは重くなってしまう為)のロードバイクではメリットが少ないパーツと言えるかもしれません。

 

こんな使い方が最適!

マウンテンバイクのどんな走行シーンで、ドロッパーシートポストの本領が発揮されるのでしょうか。

 

トレイルライドに

トレイルライドに

 

トレイルライドはマウンテンバイクで山に入り、自然を相手に楽しむサイクリングです。舗装のない山道は、険しい登りもあれば何キロも岩場を下るようなルートもあります。その下りでは、サドルに腰を置くことはほとんどなく、スタンディングポジションで体重移動をし、バランスを取りながら下ることになります。その時にサドルが下がっているだけで下りの安定感が格段に増し、トレイルの下りを安全に、楽しいものに変えてくれます。

 

アドベンチャーレースに

アドベンチャーレースに

 

山の中を数十キロから100キロを走破するアドベンチャーレースでは、ジープロードと呼ばれる山岳の作業用路やトレイルの登り下りをくり返し行います。疲労をどれだけ抑えるかがポイントになり、下りでの安定性やストレスのない体重移動は完走のための大きな要素です。登り下りに合わせて、スピーディにサドルポジションを決められるドロッパーシートポストは、アドベンチャーレース参加者の中にも広がり続けています。

 

おすすめドロッパーシートポスト

ドロッパーシートポストは、シートポストなどを作る金属メーカーやサスペンションメーカーなどからリリースされています。

各モデルの特徴とおすすめポイントをご紹介します。

 

トムソン エリート ドロッパーシートポスト

コンピューター制御による切削技術は、自転車だけではなく航空業界からも製造を請け負う、金属加工では絶大な信頼のおけるトムソンの製品です。

ITEM
トムソン エリート ドロッパーシートポスト
仕様:内装ケーブル・外装ケーブル
クランプ径:27.2・30.9・31.6mm
トラベル量:100~150mm

 

クランクブラザーズ ハイライン ドロッパーシートポスト

ビンディングペダルが有名ですが、人間工学に基づいた設計のハンドル・ステムと同様にユーザーの使いやすさを意識し、快適なライディングを約束するクランクブラザーズの製品です。

ITEM
クランクブラザーズ ハイライン ドロッパーシートポスト
仕様:外装ケーブル
クランプ径:30.9・31.6mm
トラベル量:100~160mm
重量:580g

 

FOX レーシングショックス トランスファーシートポスト

サスペンションではトップメーカーであるFOXが送り出したドロッパーシートポストです。外装・内装の製品があり、仕上げは信頼のおける純正カシマコートを採用しています

ITEM
フォックス トランスファー ファクトリー ドロッパー シートポスト
●仕様:内装ケーブル・外装ケーブル
●クランプ径:30.9・31.6mm
●トラベル量:100~150mm
●重量:616g

 

SDG  テリス ドロッパーシートポスト

2年の期間をかけて開発されたSDGのドロッパーシートポストは、取付けの容易さと高いコストパフォーマンスを持ちあわせています。

ITEM
SDG テリス ドロッパーシートポスト
●仕様:内装ケーブル
●クランプ径:30.9・31.6mm
●トラベル量:125~150mm
●重量:552g

 

マグラ ヴァイロンドロッパーシートポスト

ブレーキをはじめとする油圧の技術では最先端を誇るマグラのドロッパーシートポストです。操作にはケーブルルーティングを排したワイヤレスを採用しており、取付けが可能なら複数台のマウンテンバイクで共用して使うこともできます。

ITEM
マグラ ヴァイロン ドロッパーシートポスト
●仕様:ワイヤレスリモート
●クランプ径:30.9・31.6mm
●トラベル量:100~150mm

 

ドロッパーシートポストの注意点

出典:Amazon

一般的なシートポストに比べ、取り付けも少し複雑になります。シートポストを挿しこむフレーム部分(シートチューブ)には、サスペンションが取り付けてあったり、曲げてあるフレームも少なくありません。シートポストを一定の長さを挿しこむ必要があるので、確実にセットできるシートチューブか確認しましょう。

 

また、手元のレバーで操作をするので、ハンドルからシートポストまでのワイヤールート(ワイヤーをどう這わすか)をフレーム内で行う内装ケーブルにするか、フレームに沿わせて外にワイヤーを出す外装ケーブルにするか確認しなければなりません。

 

取付けやフレームの確認に不安がある場合、ショップで専門スタッフの方に見てもらうようにしましょう。

 

マウンテンバイクの楽しさを広げよう

サドルを上げ下げするだけのパーツですが、マウンテンバイクの世界では革新的な製品の「ドロッパーシートポスト」。ドロッパーシートポストを装備することで、マウンテンバイクの楽しさが更に広がるでしょう。

 

まだ、ドロッパーシートポストをつけていない方はこのタイミングで、カスタムを検討してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

クロモリのマウンテンバイクおすすめ5選。細い!渋い!美しい!
クロモリのおすすめマウンテンバイクをご紹介!頑丈なクロモリフレームならではの魅力と、おすすめの使い方、おすすめモデルなどを紹介します。…
小西純矢
パニアバッグで自転車旅を快適に!おすすめモデル5選
クロスバイクやロードバイクを愛する人であれば、自転車で遠くへ旅をしたいと思う方も多いのではないでしょうか。旅の道中最も負担になる荷物。自転車旅の荷物…
二ノ宮 空
ロードバイクとは
ロードバイクの楽しみ方を徹底紹介!スピードが魅力のスポーツバイク
「クロスバイクと何が違うの?ロードバイクの楽しみ方は?」など、ロードバイクに興味が出てきた時は、多くの疑問が出てくるもの。ショップの店員さんに聞くと…
CYCLE HACK編集部
”クロスバイク購入に合わせて揃えたい”必要なもの14選
クロスバイクを買ったら一緒に揃えよう!必要なアイテム14選
クロスバイクを買ったら、一緒に購入するべきアイテムがあります。必ず準備すべきもの、乗るシーンによって準備したいものなど様々。今回は必要なアイテムと、…
CYCLE HACK編集部
クロスバイクとロードバイク
クロスバイクとロードバイク、どっちがおすすめ?違いや選び方を解説
自転車ショップで、クロスバイクとロードバイク、どちらにしようか悩む。初めてスポーツバイクを購入する時は良くあるテーマですね。どのように乗るのか、どん…
CYCLE HACK編集部
高橋智宏
高橋智宏

10代の頃からロードバイク・MTBなど自転車を楽しみながら、現在はスポーツバイクの普及活動をしています。 皆さまへお役に立つ情報をお届けし、スポーツバイクを末永く楽しむお手伝いができれば嬉しく思います。