最高のコスパ!スペシャライズドからロードシューズ「TORCH1.0」が登場

スペシャライズドの入門グレードのロードシューズ「Torch(トーチ) 1.0」が新しくなって登場!快適でサポート性に優れたハイパフォーマンスシューズを、ご紹介します!

制作者

CYCLE HACK編集部

CYCLE HACK運営&記事編集担当。自転車を通して体験できる魅力を発信!日本中、世界中を走りたい!

CYCLE HACK編集部のプロフィール

...続きを読む

目次

  • TORCH1.0の特徴
  • TORCHシリーズとは
  • TORCH1.0の製品詳細
  • TORCH1.0を試そう!
記事内画像提供:スペシャライズド・ジャパン

TORCH1.0の特徴

Boa®︎ダイヤルの素早い調整機能を備えた「Torch(トーチ)1.0」シューズ。パワーをしっかり伝える高剛性のナイロンソールと、Body Geometry デザイン採用の高い快適さとパフォーマンスは、コストパフォーマンスが高い1足と言えるでしょう。

 

●人間工学を生かして設計されたBody Geometryのソールとフットベッドは、股関節‐膝‐足の位置関係を最適にすることでパワーを増強し、効率を高め、ケガのリスクを減らすことが科学的に実証済み。

 

●射出成型のナイロン複合素材製ソールは中程度の剛性(剛性指数6.0)でとても軽量。

 

●軽量のBoa® L6ダイヤル式クロージャで微調整が可能。Boa®の製品寿命内保証付き。

 

●足の形状に沿って優しく包み込む合皮製アッパー。

 

TORCHシリーズとは

スペシャライズドの最高峰のS-Works7ロードシューズのイノベーションを受け継ぐ「Torch」シリーズ。

 

ラインナップは、2つのBoa®︎ダイヤルを装備する「Torch 3.0」、カーボンソールで快適性を追求した「Torch 2.0」、そして今回の「Torch 1.0」と計3種。

 

どのレベルのライダーにもぴったりの1足がみつかるラインナップになっています。

 

TORCHシリーズはこちら

 

TORCH1.0の製品詳細

製品概要

●商品名:TORCH1.0

●価格:10,450円(税込み)

●カラー:ブラック、ホワイト、ハイパー、ロケットレッド

●サイズ:40、41、42、43、44、(ブラックとホワイトは36、37、38、39、45あり)

●重量:約290g(片足、42サイズの場合)

 

オンラインストアのページはこちら

TORCH1.0を試そう!

スペシャライズド新宿では下記の期間で試履きをすることができます。ビンディングシューズに挑戦したいライダーのあなた!セカンドシューズを探しているライダーのあなた!この機会に是非お試しください。

 

【TORCH1.0 テストフィッティング】

●期間:2019年9月12日(木)~9月19日(木)
●場所:スペシャライズド新宿

東京都新宿区西新宿8-16-2 新宿グランドウィング 1F

あわせて読みたい

Amazon自転車アイテム
Amazon星4つ以上!本当にイイ【自転車アイテム】価格別にまとめました
Amazonは、頼れる自転車用品の宝庫?!高評価とされる星4つ以上の製品から、編集部が本当におすすめしたいアイテムを、価格別に紹介します。定番メーカ…
CYCLE HACK編集部
【写真付き解説】クロスバイクとロードバイクの違いを徹底検証!
【写真付き解説】クロスバイクとロードバイクの違いを徹底検証!
クロスバイクとロードバイク、それぞれの違いを解説します!初めてのスポーツバイクだと、どちらにしようか迷う人も多いでしょう。具合的にどんな違いがあるの…
Mikio
TOKYOBIKE FES
トーキョーバイクが20周年感謝イベント「TOKYOBIKE FES」を10月10日に隅田公園で開催!
今年で発売から20年を迎えたトーキョーバイク。感謝の気持ちを伝えるためのブランド初となる大型野外イベント「TOKYOBIKE FES」を2022年1…
CYCLE HACK編集部
ビッケ ブリヂストン
【走行距離アップでさらに使いやすく!】 『ビッケ モブdd』『ビッケ グリdd』2023年モデルが新発売!
ブリヂストンの人気電動アシスト自転車「ビッケシリーズ」の2023年モデルが、パワーアップして新登場!従来のものより、さらに走行距離がアップしたことで…
CYCLE HACK編集部
ロードバイク縦置き
ロードバイクを縦置きで保管しよう。縦置きスタンドと、DIY壁掛け設置方法を紹介!
ロードバイクを室内で縦置して保管する方法を紹介します。縦置きスタンドのおすすめ製品の紹介や、DIYで壁掛けをする方法や手順なども、まとめています。…
CYCLE HACK編集部