シマノの変速機(ディレイラー)の性能・重量・価格などを徹底比較!

ロードバイクによく用いられる、シマノの変速機(ディレイラー)。様々なグレードや種類があり、違いも分かりませんよね。

この記事では、シマノの変速機のグレードによる違いや製品スペックなどを徹底比較。フロントディレイラー・リアディレイラーともに一覧表にしてまとめていますので、パーツ選びにもご活用ください。

制作者

S.K.

自転車バカのライター。ロングライドとバイクパッキングが好きで、愛車と共に全国を駆け回る。登山、キャンプ、釣りなどを楽しむアウトドアマンでもある。

S.K.のプロフィール

...続きを読む

目次

  • シマノの変速機の特徴
  • 変速機のグレード一覧
  • 上位グレードは何が違うの?
  • シマノの人気な変速機
  • フロントディレイラー比較表
  • リアディレイラー比較表
  • 互換性に注意してパーツを選ぼう
アイキャッチ画像:筆者

シマノの変速機の特徴

SHIMANO 変速機

撮影:筆者

ロードバイクで用いられる変速機のメーカーは、主に3社あります。イタリアのカンパニョーロ、アメリカのスラム、そして日本のシマノです。

 

シマノは、その高い技術力や信頼性で世界的に高いシェアがあり、プロからアマチュアまでが愛用しているメーカーです。

 

また、低価格の初心者向けグレードから、上級者向けグレードまでのラインナップの豊富さや、入手から維持までの運用がしやすかったりと、扱いやすいメーカーでもあります。

 

シマノのコンポ全体に関してや、他社との比較はこちらの記事で詳しくご紹介しています。ぜひ、併せて見てみてくださいね!

 

 

 

変速機のグレード一覧

では、シマノのロードバイク用コンポのグレードのラインナップを、確認していきましょう。「グレード」「型番」「変速段数」を抑えておくと、全体像が掴みやすくなりますよ

 

 グレード  型番  変速段数
 DURA-ACE(デュラエース)  R92〇〇  2×12
 ULTEGRA(アルテグラ)  R81〇〇  2×12
 105(イチマルゴ)  R71〇〇  2×12
 旧105(イチマルゴ)  R70〇〇  2×11
 Tiagra(ティアグラ)  47〇〇  2×10(3×10)
 SORA(ソラ)  R30〇〇  2×9(3×9)
 Claris(クラリス)  R20〇〇  2×8(3×8)

 

DURA-ACEを最上位グレードとして、下に行くほどグレードが下がっていきます。上記の表内にありませんが、まれに2×7速の「Tourney(ターニー)」が用いられることがありますが、多くのロードバイクはClaris以上です。

 

ハイエンドのDURA-ACEはプロも使用する機材で、その性能は折り紙付き。その技術を継承しつつ価格を抑えたULTEGRAは、性能に妥協したくない一般ユーザーに人気です。

 

105はコンポの登竜門とも言われ、レースにも対応するスペックで初心者のアップグレードに人気。2022年に「R7100系」にモデルチェンジし、電動変速のリア12速と、上位グレードと同じ規格になりました。

 

Tiagra以下は完成車に用いられることの多いグレードですが、ランニングコストが安く耐久性も高いため、あえて好んで使用するベテランサイクリストもいます。

 

型番を覚えておくと間違いがない

シマノ ULTEGRA 2
撮影:筆者

*型番は、各パーツの裏型に書かれていることが多い。上記の場合は「RD-6800」。

 

シマノでは、各グレードともに定期的にアップデートがされており、その度に型番が変わります

 

例えばDURA-ACEの現行モデルは「R9200系」と呼ばれ、変速機などのパーツには「R92〇〇」という型番が振られています(〇〇の部分は、パーツにより異なります)。

 

同じDURA-ACEでも世代によって性能が変化していますし、変速段数や互換性も異なります。うっかり違う製品を調べてしまわないよう、型番をチェックしながら情報を集めるのがおすすめですよ。

 

ちなみに、型番の頭2文字でパーツの種類を表します。前の変速機(フロントディレイラー)は「FD」、後ろの変速機(リアディレイラー)は「RD」が付きます。例えば、DURA-ACEのフロントディレイラーは「FD-R9250」といった具合です。

 

上位グレードは何が違うの?

シマノのコンポにはグレードが様々ありますが、それらの違いは何なのでしょうか?グレードが高くなると何が変わるのか、ご紹介していきましょう。

 

リアの変速段数が多い

シマノ変速機4

出典:Flickr/Glory Cycles

先ほどの表からも確認できますが、グレードが高くなるとリアの変速段数が多くなります。

 

変速段数が多いほうが細かなギアチェンジができるので、常に適切なギアを選択できるようになります。同じ道でも、自分の脚に合ったギアのほうが、快適に速く走れるのです。

 

「丁度よいギアがない」または「一気にギアが重くなって困る」という方は、変速段数を増やしてみると良いかも知れません。

 

変速性能が高い

シマノ ULTEGRA
撮影:筆者

上位グレードの変速機のほうが、変速性能が高く設計されています。より軽い力で、より速く、よりスムーズに変速するのです。シマノは他のコンポメーカーに比べても変速性能に定評がありますが、上位グレードほど変速性能に磨きがかかっているといえるでしょう。

 

また、現行モデルではDURA-ACEとULTEGRA、105は電動変速を用いています。

 

変速システムには「電動式」と「機械式(ワイヤー式)」の2種類があり、一般的な動作方法は機械式です。変速機に繋がったワイヤーを、レバーで引っ張って動作させるため、少なからず操作に力が必要になります。

 

シマノ 変速機 ULTREGRA

出典:Flickr/Glory Cycles

一方で電動式は、変速機の動作を電動のモーターが行います。上の画像の様に、レバーはボタン式です。電動式は、変速が速くて正確なうえ、レバー操作もボタンを押すだけですので疲れません。

 

 

軽量でレース向き

ロードバイク レース

変速機の重さも、上位グレードの方が軽量です。ロードバイクの走りを軽快にするのに、軽量化は切っても切れない関係です。特にタイムを意識して走りたい方には、「軽さ」は重要な要素でしょう。

 

また、使用できるギアの組み合わせが、よりハイスピードで走行するのに適した構成になります。脚力のある方やスピーディーに走りたい方には、上位グレードの方がおすすめです。

 

シマノの人気な変速機

シマノの変速機で、人気のモデルをご紹介していきましょう。フロントディレイラー・リアディレイラーともに、3機種をピックアップしました。

 

フロントディレイラー

まずは、フロントディレイラーからご紹介します。

 

シマノ FD-R8150

高性能な電動変速がポイント

シマノのセカンドグレードにあたる「ULTEGRA」のフロントディレーラーです。妥協のない性能ながら価格を抑えており、ハイスペックを求めるライダーにおすすめです。

変速段数 12速
変速伝達 電動
重量 110g
参考価格(税込み) 28,413円
グレード ULTEGRA

 

シマノ FD-R7000-F

コストパフォーマンスに優れた機械式ならこれ!

「コンポの登竜門」とも言われる105グレードの変速機。機械式の旧105なら、コストを抑えつつ上位グレードの入り口たる性能を体感できます。定番のブラックの他、シルバーカラーのラインナップがあるのも魅力ですね。

変速段数 2×11速
変速伝達 機械式
重量 95g
参考価格(税込み) 5,466円
グレード 105

 

シマノ FD-4700-F

実用的な10速のフロントディレーラー

扱いやすく耐久性に優れたリア10速の「Tiagra」。低価格ながらに変速性能も十分で、手軽なアップグレードやカスタムを楽しみたい方向けです。

変速段数 2×10速
変速伝達 機械式
重量 105g
参考価格(税込み) 3,818円
グレード Tiagra

 

リアディレイラー

続いては、リアディレイラーです。

 

シマノ RD-R8150

ハイパフォーマンスな電動12段変速!

最上位グレードの性能を引き継ぐリアディレーラー。対応する規格もプロ仕様と同様で、下位グレードの105と差をつけています。最上位グレードのDURA-ACEに比べ、価格を半額程度に抑えているのも魅力の1つですね。

変速段数 2×12速
変速伝達 電動
重量 262g
参考価格(税込み) 45,276円
グレード ULTEGRA

 

シマノ RD-R7000-GS

幅広いギアに対応した機械式11速

レースにも対応するスペックと、低価格が魅力の105。旧式のモデルですが、依然としてその性能から人気があります。幅広いギアに対応しつつも、11段変速で細かな変速も実現。下位グレードからのアップグレード先におすすめな変速機です。

変速段数 2×11速
変速伝達 機械式
重量 232g
参考価格(税込み) 7,493円
グレード 105

 

シマノ RD-4700-GS

フロントトリプルにも対応した変速機

ロードバイク用としては珍しく、フロントトリプルでも使用可能なリアディレーラー。クロスバイク等での使用もしやすく、街乗りや通勤通学などの用途におすすめです。

変速段数 2×10速/3×10速
変速伝達 機械式
重量 277g
参考価格(税込み) 5,005円
グレード Tiagra

 

フロントディレイラー比較表

現行のフロントディレイラーを一覧表にまとめました。表の数値は基本的にシマノ公式サイトのデータをもとにしていますが、あくまで参考値ですので、1つの目安程度にご利用ください。

 

 グレード  型番  電動or機械  変速段数  最大ギア数(T)  重量(g)  価格(税込み)
 DURA-ACE  FD-R9250  電動  2×12  46~55  96  ¥49,550
 ULTEGRA  FD-R8150  電動  2×12  50~54  110  ¥28,413
 105  FD-R7150  電動  2×12  50~52  142  ¥17,820
 旧105  FD-R7000  機械  2×11  46~53  95  ¥5,466
 Tiagra  FD-4700  機械  2×10  46~52  105  ¥3,818
 Tiagra  FD-4703  機械  3×10  50  114  ¥3,999
 SORA  FD-R3000  機械  2×9  46~52  99  ¥3,333
 SORA  FD-R3030  機械  3×9  50  114  ¥3,575
 Claris  FD-R2000  機械  2×8  46~52  96  ¥2,598
 Claris  FD-R2030  機械  3×8  50  118  ¥2,807

 

*「最大ギア数」とは、フロントディレイラーが使用できるアウターチェーンリング(クランクに付いている外側のギア)の大きさです。

*105以下のディレイラーは、取り付け方法が直付けタイプ(型番の末尾がF)のモデルの情報です。

 

フロントディレイラーは、グレードによる性能差が大きく表れるパーツの1つです。高グレードほど、より軽い力で、より速く変速する傾向があります。

 

重量も基本的に高グレードほど軽量ですが、電動化や機構の複雑化により、一概には言えない部分もありますね。

 

ディレイラーには、対応する変速段数に決まりがある他、対応するチェーンリングの大きさにも制限があります。表に記載のギア数が最大で、アウターとインナーのチェーンリングの歯数差は「2段変速は16Tまで」「3段変速は20Tまで」です。

 

リアディレイラー比較表

続いては、リアディレイラーの比較表です。表の数値は基本的にシマノ公式サイトのデータをもとにしていますが、あくまで参考値ですので、1つの目安程度にご利用ください。

 

 グレード  型番  電動or機械  変速段数  ロー側歯数(T)  重量(g)  価格(税込み)
 DURA-ACE  RD-R9250  電動  2×12  28~34  204  ¥88,704
 ULTEGRA  RD-R8150  電動  2×12  28~34  262  ¥45,276
 105  RD-R7150  電動  2×12  34~36  302  ¥33,000
 旧105  RD-R7000-SS  機械  2×11  25~30  225  ¥6,860
 旧105  RD-R7000-GS  機械  2×11  28~34  232  ¥7,493
 Tiagra  RD-4700-SS  機械  2×10  25~28  256  ¥4,814
 Tiagra  RD-4700-GS  機械  2×10,3×10  28~34  277  ¥5,005
 SORA  RD-R3000-SS  機械  2×9  25~32  266  ¥3,710
 SORA  RD-R3000-GS  機械  2×9,3×9  28~34  273  ¥4,118
 Claris  RD-R2000-SS  機械  2×8  25~33  268  ¥2,970
 Claris  RD-R2000-GS  機械  2×8,3×8  28~34  284  ¥3,264

 

*「ロー側歯数」は対応するスプロケット(ホイールに付いているギアの集まり)の最大歯数です。

 

リアディレイラーもフロントディレイラーと同様に、高グレードほど変速が軽く・速くなります。重量も軽く仕上がっており、よりレース向けなスペックですね。

 

旧105以下は、対応歯数の違いにより「SS:ショートケージ」と「GS:ミディアムケージ」に分かれています。それぞれ使用できるスプロケットの大きさに違いがありますので、使用するスプロケットにあったものを選びましょう。例えば、ギア比の軽いスプロケット(最大歯数の大きいもの)を使用する場合は、ミディアムケージが必要となります。

 

互換性に注意してパーツを選ぼう

ビアンキ ロードバイク

出典:Flickr/Glory Cycles 

シマノの変速機は、変速レバー(STI)やギア(スプロケット、チェーンリング)など、その他のパーツと一体となって動作するように設計されています。そのため、例えば「Tiagraで組まれたロードバイクに、変速機だけDURA-ACEを使用する」といったことは出来ません。

 

ギア関連は、互換性のあるパーツで揃える必要がありますので、パーツ選びの際には必ず互換性をチェックしましょう。

 

基本的には型番(R92〇〇など)を統一すれば動作しますが、細かな互換性はシマノ公式の互換性マニュアルをご覧ください。初心者の方や自分でパーツを選ぶ自信がない方は、一度ショップに相談することをお勧めします。

 

シマノ 互換表

 

紹介されたアイテム

あわせて読みたい

Amazon タイムセール 自転車
Amazon「タイムセール祭り」で、自転車関連アイテムをGETせよ!
2022年9月24日(土)から9月27日(火)23:59まで、ビックセールAmazon『タイムセール祭り』が開催中!  セール期間は87時間。数ある…
CYCLE HACK編集部
【写真付き解説】クロスバイクとロードバイクの違いを徹底検証!
【写真付き解説】クロスバイクとロードバイクの違いを徹底検証!
クロスバイクとロードバイク、それぞれの違いを解説します!初めてのスポーツバイクだと、どちらにしようか迷う人も多いでしょう。具合的にどんな違いがあるの…
Mikio
TOKYOBIKE FES
トーキョーバイクが20周年感謝イベント「TOKYOBIKE FES」を10月10日に隅田公園で開催!
今年で発売から20年を迎えたトーキョーバイク。感謝の気持ちを伝えるためのブランド初となる大型野外イベント「TOKYOBIKE FES」を2022年1…
CYCLE HACK編集部
ビッケ ブリヂストン
【走行距離アップでさらに使いやすく!】 『ビッケ モブdd』『ビッケ グリdd』2023年モデルが新発売!
ブリヂストンの人気電動アシスト自転車「ビッケシリーズ」の2023年モデルが、パワーアップして新登場!従来のものより、さらに走行距離がアップしたことで…
CYCLE HACK編集部
ロードバイク縦置き
ロードバイクを縦置きで保管しよう。縦置きスタンドと、DIY壁掛け設置方法を紹介!
ロードバイクを室内で縦置して保管する方法を紹介します。縦置きスタンドのおすすめ製品の紹介や、DIYで壁掛けをする方法や手順なども、まとめています。…
CYCLE HACK編集部