クリートカバーを付けませんか?クリート保護と安全な歩行にクリートカバーがおすすめです。

ビンディングペダルを使っている時、自転車から降りて、そのままビンディングシューズで歩いていませんか?クリートは擦り減りやすく、歩く時も不安定で滑りやすかったりします。

今回は、クリートの保護、歩行中の安全が向上する、「クリートカバー」をご紹介します。

制作者

高橋智宏

10代の頃からロードバイク・MTBなど自転車を楽しみながら、現在は東京都自転車競技連盟普及委員として、スポーツバイクの普及活動もしています。 皆さまへお役に立つ情報をお届けし、スポーツバイクを末永く楽しむお手伝いができれば嬉しく思います。 保有資格:JCF3 級公認審判員

高橋智宏のプロフィール

...続きを読む

目次

  • クリートカバーって、どんなアイテム?
  • クリートカバーを使うメリット
  • クリートを選ぶ時は、各メーカー対応製品を
  • おすすめクリートカバー5選
  • クリートカバーの取付け方
  • 安全とマナーのため、クリートカバーの携帯を!
アイキャッチ画像、記事内画像撮影:筆者

クリートカバーって、どんなアイテム?

ビンディングシューズ 裏側

ロードバイクでは、おなじみの『ビンディングシューズ』ですが、靴底には、ペダルと結合する『クリート』があります。

 

そのクリートをカバーするのが「クリートカバー」。歩く時にクリートを保護したり、床や地面へのダメージをおさえることができる万能アイテムです。

 

そもそもクリートって?

ビンディングシューズ クリート

ロードバイクなどで良く使われるビンディングペダルは、ペダルとシューズを固定して、安定したペダリングを可能にするシステムです。

 

シューズとペダルを固定するために、靴底に取付けられた固定具を総称し『クリート』と呼びます。

 

▼▼関連記事はこちら▼▼

クリートカバーを使うメリット

クリートカバー

歩行中、クリートカバーをつけることで、大きく2つのメリットがあります。

 

①クリートへのダメージを保護

ひとつはクリート本体の保護。シューズの底にセットされているクリートは、自転車を降りて歩く時にアスファルトや床からのダメージを受けます。

 

痛んだクリート(画像左が新品、右がすり減ったクリート)は、交換しなければならないので、クリートの寿命を伸ばすために有効です。

 

②床や地面を傷つけず、快適に歩ける

クリートは、床や路面を傷つけてしまったり、床の材質によっては歩行中に滑りやすいことがあります。

 

クリートカバーをしておけば、床を傷つける可能性も減り、ラバー素材のクリートカバーで歩行中のグリップも確保できます。

 

少し歩く程度ならカバー無しで問題ありませんが、サイクリング中は予定外に歩くこともあるので、クリートカバーは普段から携帯しておくのが、おすすめです。

クリートを選ぶ時は、各メーカー対応製品を

ビンディングペダルは、メーカーでペダルやクリートの規格や形状が異なります。

 

ですので、クリートカバーも、そのメーカーに対応した製品でなければなりません。購入するときは対応のメーカーを確認しましょう。

おすすめクリートカバー5選

それでは、各メーカーのクリートに対応した5モデルをご紹介します!

 

SHIMANO

SM-SH45

シマノSPD_SLならこれ!

シマノSPD-SLに対応した純正クリートカバーです。センター部分を覆う事で歩行時のクリートへのダメージを減らし、滑りやすい床でのグリップを確保します。

サイズ 約95×70mm
カラー ブラック

 

 

LOOK

クリートカバーKEO

LOOKのペダルなら

LOOK対応の純正クリートカバーです。KEOクリートはクリート本体が地面に着くためクリートカバーは必需品です。ラバーを装着したグリップクリートと従来のKEOクリートどちらにも装着することができます。

サイズ ‎22.91×15.9×1.3 cm
カラー ブラック

 

 

premier

クリートカバーTIME用

TIMEのペダルなら

TIME純正ではありませんが、サイクルアクセサリーやアイテムを手がけるプレミア社のTIME専用クリートカバーです。エクスプレッソ・RXSに対応しますが、固定のエクスプレッソには非対応なので注意しましょう。

カラー ブラック
素材 ラバー

 

 

SPEEDPLAY

COFFEE SHOP CAPS

SPEEDPLAYのペダルの方はこちら

SPEEDPLAYのクリートは金属で作られているため、ペダルにもセット出来る形状のクリートカバーもありますが、COFFEE SHOP CAPSはクリート全面を覆い、よりクリートの保護と床へのダメージを軽減させるカバーです。

サイズ 約45×34mm
カラー ブラック

 

 

GORIX

GX-CK2B

SPDペダルの方はこちら

ソールに埋まるようにセットされるSPDクリートですが、クリート部分はソールから出ているシューズが多く、歩行時の金属音や床へのダメージもあります。

サイズ 約50×35mm
カラー ブラック

クリートカバーの取付け方

クリートカバーの取付け方

シマノSPD-SLとシマノ純正クリートカバーを使い、クリートカバーの簡単取付けをご紹介します。

 

クリートカバー 取付け方

シマノSPD-SLクリートは、3点が地面に着き、接触面(赤・黄・青の部分)はラバーで、歩行時でも、それんりに安定感があるクリートです。

 

しかし、樹脂製のクリートは歩いたり、停車時に足をつくことで削られ、最悪の場合はペダルがキャッチできくなることもあります。

 

定期的な交換が前提のクリートですが、コストや交換の手間を考えると、交換サイクルは長いに越したことはないでしょう。

 

クリート先端にフック

クリート先端にフック 取り付け方

クリート先端に、クリートカバー先端をかぶせるように掛けます。

 

本体を押し込む

本体を押し込む クリート付け方

そのままカバーの後ろ部分をクリートの後ろに押し込みます

 

装着完了!

クリートカバー 装着

装着完了です!クリートのままだと3点で立っていますが、カバーをかけると接地面が増えて歩きやすく、滑りにくくなりますよ。

 

後ろ部分を外す

クリートカバー 外し方

外す時は、先に後ろ部分を外します

 

取外し完了!

取外し方 クリートカバー

先端を外せば取外し完了です!慣れれば時間もかからず、スマートに付け外しができますよ。

 

クリートカバー

外したクリートは重ねてジャージのポケットに、小さなものなので邪魔になりません。ぜひサイクリングでは携帯しましょう!

安全とマナーのため、クリートカバーの携帯を!

クリートカバー SHIMANO

慣れれば歩けてしまうビンディングシューズですが、樹脂製のクリートは一歩ごとにダメージを受け、クリート交換を早めてしまいます。

 

また、金属製のクリートは床や舗装を傷つける恐れもあり、自信の安全や周囲への配慮からも、ビンディングシューズを歩くときは気をつけなければなりません。

 

簡単に取付けができて、コンパクトになるクリートカバーを、サイクリストのマナーとして携帯しましょう!

紹介されたアイテム

あわせて読みたい

スペシャライズド CPOストア
国内初!スペシャライズドの認定中古車ストアが2022年8月8日東京・西新宿にオープン!
スペシャライズドが、国内初のスポーツバイク認定中古車の販売を行う店舗をオープンしました。商品毎に指定されたメンテナンス項目の検査整備を経て、規定のク…
CYCLE HACK編集部
ゲレンデライド
「Camp & E-Bike」を体験しよう!テーマは“大人の夏休み” E-MTBで遊ぶ 夏のゲレンデライド!
夏のスキーゲレンデをE-MTBで遊ぶイベントが開催!テーマは“大人の夏休み”。まるで「プライベートゲレンデ」のように大自然を満喫することができますよ…
CYCLE HACK編集部
サイコン 比較
【徹底比較】2022サイクルコンピュータ11機をレビュー!価格・機能ランキング紹介
自転車の走行データを表示・記録するガジェットであるサイコン。今回は6ブランド(GARMIN、wahoo、Lezyne、Xplova、Bryton、C…
CYCLE HACK編集部
アウトドア遊びに自転車を!折りたたみ・電動などおすすめモデル10選
アウトドア遊びに自転車を!折りたたみ・電動などおすすめモデル10選
自転車といえば、サイクリングやポタリングなど、走ることそのものが大きな楽しみです。持ち前の機動力で、キャンプやピクニック、釣りなど、その他のアウトド…
ゆら
アースホッパー
全国のスキー場で使える定額パス「アースホッパー」。グリーンシーズンも拡充し。オールシーズンパスとして販売開始!
株式会社Pioneerworkは、日本全国約30箇所の人気スキー場で使えるリフト券とスキーおよびスノーボード用品レンタルの広域定額スノーパス「アース…
CYCLE HACK編集部