ブレーキ性能だけじゃない!? ディスクブレーキのロードバイクがおすすめな理由

ロードバイクの購入や買い換えを検討する時、ディスクブレーキとキャリパーブレーキ、どちらにしたら良いか迷ってしまいますよね。今回はディスクブレーキの特徴やメリット・デメリットの解説、そしておすすめモデルもご紹介します!

目次

  • ロードバイクで増えてきたディスクブレーキ
  • そんなディスクブレーキってどんなブレーキ?
  • 油圧式と機械式の2種類
  • ブレーキ性能以外のメリットも!
  • ディスクブレーキの注意点
  • ディスクブレーキのおすすめロードバイク5選
アイキャッチ画像出典:Glory Cycles

ロードバイクで増えてきたディスクブレーキ

ロードバイクで増えてきたディスクブレーキ

最近、増えてきたディスクブレーキ仕様のロードバイク。ディスクブレーキは自動車やバイクなどと同じ仕組みのブレーキです。

 

メカメカしいディスクがタイヤの中心にあり、”良く効くブレーキ”などのイメージを持つ人も多いディスクブレーキは、実際はどの様なブレーキでしょうか?

 

オフロードでは主流のディスクブレーキ

オフロードでは主流のディスクブレーキ

オフロード系のスポーツバイクでは、既に多くのモデルでディスクブレーキが採用されています。

 

ディスクブレーキは、未舗装路や悪路を走るマウンテンバイクや、近年盛り上がりを見せるグラベルロードと、特に相性がよいブレーキと言えますが、ロードバイクにもディスクブレーキのその波が広がってきました。

 

そんなディスクブレーキってどんなブレーキ?

それでは具体的なディスクブレーキの特徴を見ていきましょう。

 

ディスクブレーキとリムブレーキの違い

ディスクブレーキとリムブレーキの違い

ホイールの外周のリムを挟んでタイヤの動きを止めるのが「リムブレーキ」。一方、「ディスクブレーキ」はホイールの中心部分のディスクを挟んでブレーキをかけます。

 

実は、回転する円状の物体を止めるには、中心よりも外側で制動したほうが効率は良かったりします(あれ??リムブレーキの方が制動力が高い??)。ですがディスクブレーキは小さな力でも効果的なブレーキをかけることができるため、ディスクブレーキが制動力が弱いという事はありません。

 

また、ディスクブレーキにも機械式と油圧式の2種類があり、制動力にも違いがありますが、後の項で詳しくご紹介します。

 

安定して高い制動力を出せるディスクブレーキ

安定して高い制動力を出せるのがディスクブレーキ

 

一般的に制動力が高いといわれているディスクブレーキですが、最大のメリットは「”安定”して高い制動力を保てる」こと。

 

ブレーキバットで挟み込むディスクが、路面から離れたタイヤの中心にある為、雨天や悪路などのコンディションによる影響を受けにくく、走行中も安定した制動力を得ることができます。

 

絶対的な制動力は、リムブレーキと比べ格段に優れるとは一概には言えませんが、安定的なブレーキはディスクブレーキに軍配があがると言って良いでしょう。

 

油圧式と機械式の2種類

ディスクブレーキには油圧式と機械式があり、似た形状ですが構造はまったく違います。その違いを見ていきましょう。

 

油圧式と機械式

【左】油圧式ブレーキ:オイルホースがつながっている

【右】機械式ブレーキ:ワイヤーがつながっている

 

油圧式ディスクブレーキの特徴

油圧式は、レバーからブレーキまでをホースでつなぎ、オイルの圧力でブレーキをかける、自動車や油圧ジャッキなどと同じ仕組みです。

 

1番の特徴は、軽いタッチでブレーキングができる事です。小さな力でブレーキができ、スピードコントロールもしやすいので、特に大きなメリットと言えるでしょう。

 

また、油圧式は、機械式に見られる長期間のワイヤー劣化によるブレーキ性能の低下が無いのもメリットです。

 

機械式ディスクブレーキの特徴

機械式は、レバーでワイヤーを引いてブレーキをかけるので、基本的な仕組みはキャリパーブレーキやVブレーキと同じです。

 

本体の可動部をワイヤーで動かすのが特徴で、ブレーキをかけるとアーム状のパーツが動かされピストンを押し上げます。ワイヤーが露出する形なので、微調整がしやすく作られています。

 

 

ブレーキ性能以外のメリットも!

ブレーキ性能以外のメリットも!

出典:Flickr/GloryCycles

ブレーキ性能以外にもホイール選びにメリットがあるのがディスクブレーキ。その1つが高性能なカーボンホイールとの相性です。

 

リムブレーキの場合、カーボンホイールは素材の特性上、摩耗や制動力の面などの問題がでてきますが、ディスクブレーキであればその心配はありません。

 

また、アルミホイールでも、ディスクブレーキ仕様のホイールだと、リムが真っ黒のホイールや、デザインされたホイールが選択できるなど、見た目のうえのメリットもあります。

 

ディスクブレーキの注意点

ディスクブレーキはメリットも多いですが、もちろん注意すべき点も。。

 

リムブレーキとの規格の違い

新たにディスクブレーキのロードバイクを購入した場合、すでに持っているリムブレーキ用のホイールが使用できません。また、フレームやフォークも負荷のかかるポイントが違い、リムブレーキ仕様のロードバイクをディスクブレーキ化することは、難しいと言っていいでしょう。

 

油圧式は特殊なメンテナンスが難しい

油圧式ディスクブレーキの場合、オイル交換などが必要になってきます。専門的なメンテナンスになるので、ショップでのメンテナンスをおすすめします。

 

価格が高い

同スペックの完成車で比較した場合、リムブレーキとディスクブレーキだと、ディスクブレーキ仕様が高くなりがちです。購入の際は予算と検討しましょう。

 

 

ディスクブレーキのおすすめロードバイク5選

お求めやすい価格帯のディスクブレーキのロードバイク5選を紹介!

ITEM
KhodaaBloom/FARNA 700 DISC‐105
時速25㎞で快適に走れるジオメトリーをコンセプトに開発されたFARNAのディスクブレーキモデルです。

●メインコンポ:SHIMANO 105
●ブレーキ:TRP Spyre-160 機械式
●重量:9.6kg(465mm)
ITEM
GT/Road COMP
GT伝統のトリプルトライアングルフレームにスルーアクスルを搭載し、コストパフォーマンスに優れた、カスタムベースとしてもおすすめのモデルです。

●フレーム:アルミ
●メインコンポ:SHIMANO SORA
●ブレーキ:TRP Spyre-C 機械式
ITEM
FELT/VR 40
FELTではマルチロードと呼ばれ、ロードバイクのパフォーマンスそのままにタイヤを替えればオフロードにも対応するモデルです。

●フレーム:バテッドアルミ
●メインコンポ・SHIMANO TIAGRA
●ブレーキ:Tektro MD-C610 dual piston 機械式
ITEM
Bianchi/VIA NIRONE7 ALL ROAD
SHIMANOのグラベル用コンポーネントGRXを搭載し、オン・オフを選ばずに走れるビアンキのエントリーロードです。

●フレーム:アルミ
●メインコンポ:SHIMANO GRX400
●ブレーキ:Shimano BR-RX400 油圧式
ITEM
MERIDA/SCULTURA DISC 400
SHIMANO105をメインに、MERIDAオリジナルパーツを採用しているコスパに優れたロードバイクです。

●フレーム:アルミ
●メインコンポ:SHIMANO105
●ブレーキ:Shimano R7070 油圧式
●重量:9.2kg(50cmサイズ)

 

▼▼ロードバイク関連記事▼▼

この記事に関するキーワード

おすすめの記事

自転車×旅の祭典「BIKE&CAMP」が霞ヶ浦で開催!
【魅力大解剖】ブロンプトンは無敵の折りたたみ自転車だ
【魅力大解剖】ブロンプトンは無敵の折りたたみ自転車だ
ロードバイクとは
【初心者必見】ロードバイクとは、どんな自転車?特徴や楽しみ方を解説
”クロスバイク購入に合わせて揃えたい”必要なもの14選
クロスバイクを買ったら一緒に揃えよう!必要なアイテム14選
クロスバイクとロードバイク
クロスバイクとロードバイク、どっちがおすすめ?違いや選び方を解説
高橋智宏
高橋智宏

10代の頃からロードバイク・MTBなど自転車を楽しみながら、現在はスポーツバイクの普及活動をしています。 皆さまへお役に立つ情報をお届けし、スポーツバイクを末永く楽しむお手伝いができれば嬉しく思います。