徹底比較!SPDとSPD-SLペダルの特徴まとめました

ロードバイクに乗り慣れてきたら、次のステップとして考えるビンディングペダル。最大手のシマノのビンディングには、SPDとSPD-SLがあります。名前も似てるので、違いがわからなかったり、選択にとても悩みますよね。どちらにしようか?どちらが快適にサイクリングすることができるのか?2つのペダルの特徴を紹介します!

制作者

高橋智宏

10代の頃からロードバイク・MTBなど自転車を楽しみながら、現在は東京都自転車競技連盟普及委員として、スポーツバイクの普及活動もしています。 皆さまへお役に立つ情報をお届けし、スポーツバイクを末永く楽しむお手伝いができれば嬉しく思います。 保有資格:JCF3 級公認審判員

高橋智宏のプロフィール

...続きを読む

目次

  • SPDとSPD-SLペダル悩んでいませんか?
  • 速さの「SPD-SL」
  • 脱着のしやすさとカジュアルな「SPD」
  • SPDとSPD-SLはココが違う!
  • SPD-SLをこんな人におすすめ
  • SPDはこんな人におすすめ
アイキャッチ画像出典:Glory Cycles

SPDとSPD-SLペダル悩んでいませんか?

SPDとSPD-SLペダル悩んでいませんか?

SPDとSPD-SLペダルの2種類は、走行性の違いはもちろん、脱着の違い、見た目の違いなど様々な違いがあります。早速違いを見ていきましょう!

 

速さの「SPD-SL」

ペダル

SPD-SLペダル

出典:SHIMANO

シューズ

SPD-SL シューズ
出典:AMAZON

 

大きなクリートが特徴の「SPD-SL」。3本のネジで固定されるクリートは、シューズとペダルとの設置面が広く、踏みこむ力がペダルに効率よく伝わります。

 

3本のネジでしっかりと固定されるため、シューズの脱着は固めで力が必要で、広い脱着面は異物が挟まると装着がうまくできないこともあります。

 

3本のネジで固定するタイプは、シマノ以外にもLOOKやTIMEのペダルがあり、SPEEDPLAYは4本のボルトでクリートを固定するタイプもあります。

 

脱着のしやすさとカジュアルな「SPD」

ペダル

SPDペダル

出典:SHIMANO

 

シューズ

SPDシューズ

出典:amazon

 

SPD_SLに比べ、クリートが小さいのが「SPD」ペダル。ペダルの両面で、脱着できるペダルもあります。

 

クリートは、2本のネジで固定され、クリートが靴底に隠れるようになるので、歩行がしやすいのが特徴。ペダルにセットしたときの自由度は高く、リリースも横・斜め横など多方向に外すことができます。

 

固定する力はSPD-SLより劣りますが、汚れや多少の異物の入りこみでも脱着ができるので、付け外しの多い場面に適しています。

 

同様に2本のネジでクリートを固定するタイプにCRUNKBROTHERSや、LOOK・TIMEのオフロード用ビンディングペダルがあります。

 

SPDとSPD-SLはココが違う!

価格帯

SPD_SLの方が、速さを求めて開発されたペダルやシューズ多く、カーボン素材を使った軽量モデルや、高機能なベアリングが使われたペダルもあり相対的に価格も高めになります。

 SPD-SL  SPD
 高め  安め

 

ペダルとシューズの固定力

SPD-SLはクリートも大きく、ペダルとシューズの固定力は高め。SPDはマウンテンバイクやシクロクロスなど、乗り降りの多い競技にも使われるので脱着がしやすくなっています。

 SPD-SL  SPD
  高い  低い

 

シューズのデザイン

ペダルが違うと、シューズの特徴も大きく変わります。SPD-SLのシューズは、レーシーなデザインや、力が良く伝わる硬くて薄いカーボン素材の靴底のモデルが多くなります。

SPDはマウンテンバイク用や、タウンカジュアルにも使えるデザインのシューズもあり、靴底は厚みがあります。

 SPD-SL  SPD
 レーシーなデザイン  カジュアルなデザイン

 

歩きやすさ

SPD-SLのシューズは大きなクリートが靴底からはみ出るようにセットされている為、歩行には向いていませんが、SPDのシューズはクリートが靴底に隠れるため、歩行しやすくなっています。

 SPD-SL  SPD
  歩きにくい  歩きやすい

 

SPD-SLをこんな人におすすめ

SPD-SLは、効率のよいライディングに適したペダルなので、長い距離を走り続けるサイクリングや、速さを求める競技志向の方などにおすすめです。

 

効率の良いペダリングは、ロングライドの疲労が軽減されるでしょう。しかし、固定する力が強く可動範囲も少ないため、膝や足首に負担がかからないよう、クリート位置をしっかりと設定しましょう。

 

SPD-SLのおすすめペダル

シマノ 105 PD-R7000 SPD-SLペダル

サイクリングからレースまで使えるシマノの中堅、105グレードのカーボンモデルです。

●重量:265g
●材質:カーボンコンポジット
●カラー:CFRP 

シマノ PD-R540-LA SPD-SLペダル

ライトアクションを搭載し、通常より軽くリリースできる安心モデルです。

●重量:330g
●材質:アルミ
●カラー:ブラック・ホワイト

 

SPD-SLのおすすめシューズ

フィジーク R5 オーバーカーブ

フィット感を考慮した設計と、カーボン強化ナイロンソールによるペダリング効率が高い快適性を生むシューズです。

●カラー:ブラック/イエロー・ホワイト/ブラック・ホワイト/レッド・ブラック/ブラック・ブラック/ピンク
●サイズ:36~45
●重量:253g(サイズ42)

シマノ RP4(SH-RP400) SPD-SLビンディングシューズ

コストパフォーマンスの高いシューズです。ワイドタイプもあるので、使用する人を選びません。

●カラー:ブラック/オレンジレッド
●サイズ:36〜50(ハーフサイズなし)
●参考重量:258g(サイズ42)

 

SPDはこんな人におすすめ

SPDはマウンテンバイク・シクロクロス・グラベルロードなどオフロードシーンや、クリートが小さいためシューズデザインの自由度も高く、カジュアルとして使えるシューズも多くリリースされています。

 

オフロード系の自転車にもおすすめできますが、毎日の通勤や観光・食べ歩きもかねたロングライドなど、ペダルから外す場面やシューズのまま歩くことが多いなら、ロードバイクやクロスバイクなどでも、SPDをおすすめします。

 

SPDのおすすめペダル

シマノ DEORE XT PD-M8120 エンデューロ/トレイル SPD ペダル

フレームのついたスリムな形状は、通常のSPDより踏面を広げペダリング効率を上げており、ロードバイクにもマッチするデザインです。

●重量:438g
●カラー:シリーズカラー

シマノ PD-M324 片面SPDペダル

片面が通常のペダルになっているので、ビンディングシューズではない場面でも使うことができます。

●重量:533g
●カラー:シルバー

 

SPDのおすすめシューズ

ジロ プライベート レース

快適な履きごこちとマウンテンバイクやシクロクロスに必要な耐久性を持ち、シンプルなシルエットはカジュアルにもマッチします。

●カラー:ブラック・レッド・オリーブ
●サイズ:39~46
●重量: 355g ( サイズ 42)

パールイズミ X-ALP CANYON

街やアウトドアにもマッチする、使いやすいスニーカータイプです。

●カラー:ブラック
●サイズ:40~45

 

▼▼SPDペダルの詳しい位記事はこちら▼▼

紹介されたアイテム

あわせて読みたい

スペシャライズド CPOストア
国内初!スペシャライズドの認定中古車ストアが2022年8月8日東京・西新宿にオープン!
スペシャライズドが、国内初のスポーツバイク認定中古車の販売を行う店舗をオープンしました。商品毎に指定されたメンテナンス項目の検査整備を経て、規定のク…
CYCLE HACK編集部
ゲレンデライド
「Camp & E-Bike」を体験しよう!テーマは“大人の夏休み” E-MTBで遊ぶ 夏のゲレンデライド!
夏のスキーゲレンデをE-MTBで遊ぶイベントが開催!テーマは“大人の夏休み”。まるで「プライベートゲレンデ」のように大自然を満喫することができますよ…
CYCLE HACK編集部
サイコン 比較
【徹底比較】2022サイクルコンピュータ11機をレビュー!価格・機能ランキング紹介
自転車の走行データを表示・記録するガジェットであるサイコン。今回は6ブランド(GARMIN、wahoo、Lezyne、Xplova、Bryton、C…
CYCLE HACK編集部
アウトドア遊びに自転車を!折りたたみ・電動などおすすめモデル10選
アウトドア遊びに自転車を!折りたたみ・電動などおすすめモデル10選
自転車といえば、サイクリングやポタリングなど、走ることそのものが大きな楽しみです。持ち前の機動力で、キャンプやピクニック、釣りなど、その他のアウトド…
ゆら
アースホッパー
全国のスキー場で使える定額パス「アースホッパー」。グリーンシーズンも拡充し。オールシーズンパスとして販売開始!
株式会社Pioneerworkは、日本全国約30箇所の人気スキー場で使えるリフト券とスキーおよびスノーボード用品レンタルの広域定額スノーパス「アース…
CYCLE HACK編集部