ロードバイクのシューズは何を履けば良い??選び方やおすすめモデルをご紹介

ロードバイクに乗るときに、どんなシューズを履けばいいか迷ってしまいます。スニーカーでも問題ありませんが、専用設計されている「ビンディングシューズ」だとより快適に走ることができます。

ビンディングシューズを選ぶときにチェックしておくべきこと、おすすめできるシューズを紹介していきましょう!

制作者

Mikio

通勤はクロスバイク、休日はロードバイクで1人サイクリングをしている独身。趣味が高じて、自転車メーカーでも働いていました。ガチで乗るより、ゆるく楽しみたい派です。

Mikioのプロフィール

...続きを読む

目次

  • ロードバイクには、どんなシューズを履く?
  • 走りを重視するなら、ビンディングシューズがおすすめ
  • ビンディングシューズの選び方
  • ロードバイク用シューズの人気メーカー
  • 【2穴タイプ】おすすめのビンディングシューズ5選
  • 【3穴タイプ】おすすめのビンディングシューズ5選
  • フラットペダル向け!おすすめシューズ3選
  • こんなシューズは、避けよう
  • ロードバイクにぴったりのシューズを見つけよう
アイキャッチ画像:筆者

ロードバイクには、どんなシューズを履く?

自転車 シューズ

ロードバイクに乗る時、どんなシューズを履いていますか?

 

ビンディングシューズ、スニーカー、ランニングシューズなど様々だと思います。どんなシューズを履くかで走り方や使いやすさが、変わってきます。この記事では、ロードバイク用シューズの選び方と、おすすめのモデルをご紹介します。

 

走りを重視するなら、ビンディングシューズがおすすめ

ロードバイク ビンディングシューズ

ロードバイクで本格的に走りたいなら、ビンディングシューズがおすすめです。

 

ビンディングとは、靴底に取り付けたクリート(金具)と、専用ペダルで、ペダルに足を固定して乗る仕組みのことです。

 

ロードバイク ビンディングシューズ

ペダルの上で足が滑らず、足を上げる時も、推進力に変えられるので、効率の良いペダリングができます。

 

走りを楽しみたい人、スピードを出して走りたい人、長距離を疲れずに走りたい人におすすめです。

 

▼▼関連記事はこちら▼▼

 

普通のスニーカーでもOK

自転車 スニーカー

気軽にロードバイクに乗るなら、いつも履いているスニーカーで問題ありません。

 

スニーカーは気軽に履ける上に、自転車を降りた後も歩きやすいので、通勤通学や日常使いにぴったりです。

 

しかし、靴底が柔らかいと、漕ぎづらかったり、シューズのソールを痛めてしまう事もあります。長距離サイクリングを楽しみたいなら、スニーカーよりもサイクリング用シューズを選ぶのが良いでしょう。

 

ビンディングシューズの選び方

自転車専用のビンディングシューズの選び方を解説します。今回は2つのポイントに絞ってみました。

選び方①:クリートのタイプ

クリートのタイプで、大きく2つの種類があります。それぞれ特徴があるので、理解しましょう。

 

2穴タイプ

2穴タイプ ビンディングシューズ

出典:楽天市場

靴底の2つ穴に、クリートを取り付けて使用します。そもそも、MTB用に開発されたシステムで、ソールに厚みがあり、クリートがついた状態でも、歩きやすいのが特徴。そのため、バイクから降りて、周辺散策する時にぴったり。ロードバイクやクロスバイクに取り付けて乗っている人も多いです。

 

対応クリート:SHIMANO SPD

 


 

3穴タイプ

3穴タイプ ビンディングシューズ

出典:楽天市場

靴底に、3つ穴の、三角形のかたちをしたクリートを取り付けます。ロードバイク向けに開発されたシステムで、クリートの面積が広く、シューズとペダルの固定力が強いのが特徴です。競技など、本格的にロードバイクを楽しむ方は、こちらのタイプでしょう。クリートがシューズの底から出っ張るため、歩きには向いていません。

 

対応クリート:SHIMANO SPD-SL、Speed Play、TIMR、LOOK

 

選び方②:シューズの締め方

シューズを締める方法も、いくつかタイプがあります。

 

シューレース(くつ紐)タイプ

シューレース(紐)タイプ 自転車

出典:楽天市場

スニーカーや一般的な靴と同じ、シューレース(くつ紐)タイプのビンディングシューズ。

 

一見、一般的なシューズと変わらない見た目なので、カジュアルな服装にも合わせやすいことが特徴です。靴ひもタイプは、SPDタイプのシューズに多く見られます。

 


 

ベルクロベルトタイプ

ベルクロベルトタイプ 自転車

出典:楽天市場

2本か3本のベルクロで固定するタイプです。

 

簡単に着脱でき、自分の足に合わせて締められる一方で、数mm単位での細かな調整が難しいことがあります。比較的低価格なシューズが多く採用しているタイプです。

 


 

ダイヤルタイプ

ダイヤルタイプ 自転車
出典:楽天市場

固定力が最も高いタイプがダイヤル式です。締め具合をダイヤルで細かく調整できるので、フィット感の加減も思いのままでしょう。しかし、ダイヤル故障のリスク、シューズが高価である傾向もあります。

 

ダイヤルタイプは、「BOAダイヤル」が有名です。

ロードバイク用シューズの人気メーカー

クリートがついたロードバイク用シューズは、車体やパーツを扱う自転車メーカーが作っているものから、シューズ専門ブランドのものまで、とにかく種類が豊富。ここでは、初心者にもおすすめの、4ブランドをご紹介します。

 

SHIMANO(シマノ)

SHIMANO(シマノ) ロードバイク シューズ

出典:flickr/Glory Cycles

自転車パーツでは世界最大手の日本メーカー。ロードバイクにも使われるコンポーネントは、圧倒的なシェア率を誇っています。シマノ製=高品質という、ユーザーからの信頼も厚いです。

 

シマノのシューズは、アジア人の足にフィットするワイドサイズがあるので、初めてのビンディングでもチャレンジしやすいです。シマノ製ペダルとの相性もばっちり。

 


fi:zi:k(フィジーク)

fi:zi:k(フィジーク) ロードバイク シューズ

出典:flickr/Glory Cycles

イタリアのサドルメーカーSelle Royal社が手掛ける、ハイエンドモデルブランド。サドルに限らず、シューズも製造しています。どれもレースシーンで使用される本格派のモデルが多いです。

 

フィジークのシューズは、機能性に加え、洗練されたデザイン性の高さから、おしゃれでかっこいいシューズを履きたいライダーに人気です。

 


GIRO(ジロ)

GIRO ロードバイク シューズ

撮影:編集部

サイクリング用ヘルメット、シューズ、スキー用ヘルメット、ゴーグルを取り扱うアメリカのメーカー。レースに出場するトップアスリート達から支持される、実力と信頼を兼ね備えた有名ブランドです。

 

ジロのシューズは、シンプルなデザインとカラーリングがウェアと組み合わせやすく、スニーカーのような、カジュアルなビンディングシューズもありますよ。

 

SPECIALIZED(スペシャライズド)

スペシャライズド ロードバイク シューズ

撮影:編集部

完成車からヘルメット、シューズ、アクサセリーパーツまで、総合的に取り扱うアメリカの自転車メーカー。プロチームに機材提供をしているほか、女性向けモデルの開発にも取り組んでおり、男女問わず人気のブランドです。

 

スペシャライズドのシューズは、エントリーモデルからハイエンドモデルまで、用途に合わせたランナップが充実。とくに、上級者向けモデルには「S-WORKS(エスワークス)」という表記が使われています。

 

【2穴タイプ】おすすめのビンディングシューズ5選

ペダルに足を固定する動作がしやすく、バイクから降りても歩きやすい、SPDタイプのシューズをご紹介します。

SHIMANO/MT7GTX

本格的な見た目ながら、初心者でも付け外ししやすい、SPD対応シューズ。BOAダイヤルは、ダイヤルを回して締め付け感を調整。ダイヤルを解除すれば、簡単に脱ぐことができます。靴ひもを結ぶ手間がなく、片手で作業ができるので、スムーズにシューズを履きたい人におすすめです。

 

MT7GTX

サイズ:36 ~ 48
カラー:ブラック
アッパー素材:GORE-TEX+TPU
アウトソール素材:ラバー+EVA

 


 

SHIMANO/CT5

スニーカータイプのビンディングシューズなら、カジュアルな服装に合わせやすく、気軽に履けるのが特徴。本格過ぎない見た目は、初心者にもおすすめです。クリートが飛び出さない高さのソールは、フラットで歩きやすいデザイン。

 

CT5

サイズ:36~48
カラー:グレー、ネイビー、ブラック
アッパー素材:メッシュ+合成皮革
アウトソール素材:ラバー+EVA+ナイロン

 


 

fi:zi:k/TERRA ERGOLACE X2

ペダルと路面をしっかりグリップするビブラムソールは、滑りにくく、クッション性があるので、歩きやすさ抜群。サイドレースアップは、足を包み込んでくれるような履き心地。人とはちょっと違う、おしゃれなデザインがいい人にぴったりです。

TERRA ERGOLACE X2

サイズ:36~45
カラー:ANTHRACITE/GRAPE、TEAL BLUE/BLACK、DESERT/BLACK
アッパー素材:ウーブン リップストップ
アウトソール素材:X2アウトソール-ナイロンシャンク、EVAミッドソール、ビブラムトレッド-stiffness index 3(ソールの剛性感 3/10)

 


 

GIRO/REPUBLIC R KNIT

耐久性撥水処理を施したニット素材のSPDシューズ。履き心地よく、長時間使用しても疲れにくいのが特徴。つま先とかかと部分の強度がしっかりしているので、グッと踏み込んでも大丈夫。シンプルなデザインと落ち着いたカラーリングは、スーツと組み合わせても相性ばっちり。

 

REPUBLIC R KNIT

サイズ:37~46
カラー:ブラック/チャコールヘザー
アッパー素材:Xnetic™ニットアッパー
アウトソール:ナイロン、ゴム

 


 

SPECIALIZED/2FO DH Clip Mountain Bike Shoes

SPECIALIZED/2FO DH Clip Mountain Bike Shoes

マウンテンバイクのプロ選手との共同開発によって誕生したシューズ。人間工学に基づいたデザインは、足の痛みや疲れを軽減してくれます。SlipNot FGラバーソールは、グリップ力が高く、デコボコ道や荒れた路面の上を走行しても、安定感あるペダリングが可能です。レザー風の見た目がおしゃれ。

 

 サイズ  39~44
 カラー  クールグレー
 アッパー素材  合成皮革
 アウトソール素材  SlipNot™ FGラバーソール

 

製品公式ページはこちら

 

【3穴タイプ】おすすめのビンディングシューズ5選

足をしっかり固定することで疲れにくく、効率のいいペダリングができる、SPD-SLシューズをご紹介します。

 

SHIMANO/RC3

シマノの定番ビンディングシューズ。ワイドタイプなら、足幅が広い人や、甲が高い人も履きやすいデザイン。

 

着脱しやすいBOAダイヤル式なので、フィット感の調節も簡単です。初めてSPD-SLシューズにチャレンジする人におすすめ。

 

RC3

サイズ:36~48
カラー:ブラック、ホワイト、レッド
アッパー素材:合成皮革
アウトソール素材:TPU

 


 

SHIMANO/RC1

RC3と同様にBOAのダイアルタイプです。

 

シューズの硬さはRC3より柔らかく、慣れていなかったり、柔らかめが好みの方はこちらがいいでしょう。

RC1

サイズ:36~48
カラー:ブラック、イエロー、ネイビー
アッパー素材:合成皮革
アウトソール素材:グラスファイバーで補強されたナイロン

 


 

fi:zi:k/TEMPO OVERCURVE R5 METALLIC

メタリックなカラーリングと、スマートなデザインがかっこいいシューズ。

 

カーボン強化ナイロンを使用したソールは、こいだ力を逃さず推進力に変えてくれます。本気で走りたい時は、ベルトをしっかり締めて、足がシューズの中でズレないよう、ホールドしてあげましょう。

 

TEMPO OVERCURVE R5 METALLIC

サイズ:36、37~44(ハーフあり)、45
カラー:メタリックガンメタル
アッパー素材:マイクロテックス
アウトソール素材:カーボン強化ナイロン

 


 

GIRO/SAVIX

SPD、SPD-SLどちらにも対応できるタイプ。

 

最初は、付け外ししやすいSPDでビンディングシューズに慣れ、スムーズにできるようになったら、SPD-SLにレベルアップするという人におすすめです。どんなウェアにも合わせやすいシンプルデザイン。

 

SAVIX

サイズ:39~45
カラー:ブラック、ブラック/ホワイト
アッパー素材:Syntheticアッパー / Boa® L6 (1mm + with macro release)
アウトソール素材:injected nylon / universal cleat mount

 


 

SPECIALIZED/Torch 2.0 Road Shoes

SPECIALIZED/Torch 2.0 Road Shoes

ペダルに加えた力をダイレクトに伝えてくれる、軽量で剛性が高いカーボンソールを使用した本格派シューズ。

 

ソックスのように拘束の少ない履き心地は、長時間履いても疲れにくく、快適性ばっちりです。より効率のいいペダリングで、走りに集中したいライダーにおすすめ。

 

 サイズ  39~45
 カラー ・ブラック
・ホワイト
・クールグレー
 アッパー素材  メッシュ、TPU
 アウトソール素材  カーボン

 

製品公式ページはこちら

 

フラットペダル向け!おすすめシューズ3選

スニーカーよりもペダリングしやすい、フラットペダル用シューズをご紹介します。フラットペダルの場合、MTB向けのシューズを選んでみるのもいいですよ。

 

SHIMANO/ET3

靴底のデコボコしたブロックパターンが、ペダルをしっかりグリップ。滑りにくいので、しっかり踏み込めます。普段着はもちろん、スポーツウェアと組み合わせてもかっこいいデザイン。

 

ET3

サイズ:36~48
カラー:カーキ、ネイビー、グレー
アッパー素材 :メッシュ+合成皮革
アウトソール素材 :ラバー、EVA

 


 

fi:zi:k/GRAVITA VERSOR X6 FLAT

センターではなく、サイドのレースアップがおしゃれで、普段着にもあわせやすいデザイン。靴底がフラットなので歩きやすく、通勤通学で履くのにもおすすめです。

 

GRAVITA VERSOR X6 FLAT

サイズ:39~44
カラー:グレー/マッド、ブラック/ブラック
アッパー素材:リップストップファブリック
アウトソール素材:X6アウトソール-EVAミッドソール、Vibram MEGAGRIPトレッド-stiffness index 2(ソールの剛性感 2/10)

 


 

SPECIALIZED/2FO Roost Flat Mountain Bike Shoes

SPECIALIZED/2FO Roost Flat Mountain Bike Shoes

締め付け感のあるサイクリングシューズが多い中、こちらはゆったりフィットで歩きやすいデザイン。レザー調の見た目は、日常使いで履いても違和感なし。スポーティーすぎないシューズがいい人におすすめです。

 

 サイズ  38~44
 カラー  オークグリーン/ブラック/キャストアンバー
 アッパー素材  レザー/テキスタイル
 アウトソール素材  SlipNot™ STラバーソール

 

製品公式ページはこちら

 

▼▼関連記事はこちら▼▼

こんなシューズは、避けよう

自転車 革靴 

ロードバイクに限らず自転車に乗る時は、「ペダルが踏みにくい、脱げやすい靴」を選ばないようにしましょう。ペダルを踏み外してケガをする可能性があるので、以下にあるような靴は避けたほうがいいでしょう。

 

【自転車に不向きな靴】

●足のサイズにあわない、大きすぎる靴

●パンプスやサンダルなど、脱げやすくて滑りやすい靴

●ヒールが高い靴

●底が厚い靴

ロードバイクにぴったりのシューズを見つけよう

ロードバイクに乗る時は、必ずしも専用シューズを履く必要はありません。自分のスタイルにあったシューズを選びましょう。その際は、見た目だけでなく、安全に走行できるか、足が痛くならないかなど、チェックするのも忘れずに。

 

自分好みのシューズを履いて、ロードバイクを楽しみましょう!

紹介されたアイテム

あわせて読みたい

Amazon タイムセール 自転車
Amazon「タイムセール祭り」で、自転車関連アイテムをGETせよ!
2022年9月24日(土)から9月27日(火)23:59まで、ビックセールAmazon『タイムセール祭り』が開催中!  セール期間は87時間。数ある…
CYCLE HACK編集部
【写真付き解説】クロスバイクとロードバイクの違いを徹底検証!
【写真付き解説】クロスバイクとロードバイクの違いを徹底検証!
クロスバイクとロードバイク、それぞれの違いを解説します!初めてのスポーツバイクだと、どちらにしようか迷う人も多いでしょう。具合的にどんな違いがあるの…
Mikio
TOKYOBIKE FES
トーキョーバイクが20周年感謝イベント「TOKYOBIKE FES」を10月10日に隅田公園で開催!
今年で発売から20年を迎えたトーキョーバイク。感謝の気持ちを伝えるためのブランド初となる大型野外イベント「TOKYOBIKE FES」を2022年1…
CYCLE HACK編集部
ビッケ ブリヂストン
【走行距離アップでさらに使いやすく!】 『ビッケ モブdd』『ビッケ グリdd』2023年モデルが新発売!
ブリヂストンの人気電動アシスト自転車「ビッケシリーズ」の2023年モデルが、パワーアップして新登場!従来のものより、さらに走行距離がアップしたことで…
CYCLE HACK編集部
ロードバイク縦置き
ロードバイクを縦置きで保管しよう。縦置きスタンドと、DIY壁掛け設置方法を紹介!
ロードバイクを室内で縦置して保管する方法を紹介します。縦置きスタンドのおすすめ製品の紹介や、DIYで壁掛けをする方法や手順なども、まとめています。…
CYCLE HACK編集部