ポタリングは、いいぞ!魅力やおすすめの服装・自転車を紹介します

サイクリングとどう違う?!「ポタリング」について紹介します!街中をぶらぶらしたい、カフェ巡りや、駅から遠い場所を散策をしたいなら、自転車で行ってみませんか?こちらでは、ポタリングにおすすめの服装や自転車もまとめました。

制作者

梶和佳

ポタリングを愛してやまず、毎日1時間以上走らないと物足りない、気がすまないです。自転車以外ではバスケ観戦、ヨガ、エアロビ、ズンバ、アロマセラピーが趣味。

梶和佳のプロフィール

...続きを読む

目次

  • “ポタリング”とは
  • ポタリングの“自由な”楽しみかた
  • ポタリング時の服装について
  • 自転車の交通ルールを知ろう
  • ポタリングには、どんな自転車がおすすめ?
  • ポタリングにおすすめ自転車6選!
  • ミニベロ
  • クロスバイク
  • グラベルロード
  • ポタリングで、自転車を自由に楽しもう!

“ポタリング”とは

自転車でポタリング

「ポタ」とも、「ゆるポタ」とも呼ばれるポタリング。和製英語で、明確な定義などはありませんが、距離も速度も気にせず、がんばりすぎず散歩するようにのんびり走ることを指します

 

スポーツバイクで、数十キロ以上もの距離や、レースのように速度を出して楽しむこともできますが、あまり距離や速度にこだわらず、気楽に始める「ポタリング」も、いいものですよ。

 

サイクリングとは、何が違う?

サイクリングとポタリングの違い

サイクリングは、自転車で走ること全般を指す言葉。多くは、ロードバイクなどのスポーツバイクで、長い距離・時間走ることを表します。快適に走るには、専用のウェアや各種装備、自転車メンテナンスのスキルも必要でしょう。

 

一方、時間や距離にこだわらないのが、ポタリング。ひとりなら、寄り道や予定変更も自由。スポーツバイクでなく、シティサイクル(ママチャリ)でもOK。服装も、安全に走れるウェアであればいいでしょう。

 

自転車やウェア、メンテナンスの道具などは、ポタリングに慣れてから徐々に揃えていくと、楽しいものですよ。

 

▼▼関連記事はこちら▼▼

 

ポタリングの“自由な”楽しみかた

ポタリングの楽しみかた

ポタリングは、いろんな楽しみ方があります。たとえば、街をぶらぶら散歩、グルメを楽しむ。

 

ひとりはもちろん、仲間とポタリングや、ポタリングのイベントに出るのもいいでしょう。

 

気軽に街をぶらぶら

街中をミニベロでポタリング

歩くより、遠くまでラクに速く行けるのが、ポタリングです。気分次第で距離を伸ばしたり、引き返したり、方向転換したりもでき、自由に行動できるのが良いところ。

 

「雑貨屋さん巡りをする」「カフェを探す」「季節の花を撮影しながら走る」など、目的を持って走るもの良いし、気持ちのおもむくままにゆるゆる走るのも、ポタリングの醍醐味です。

 

お気に入りのグルメを楽しむ

ポタリングでカフェ巡り

「SNS映えするスイーツのあるカフェ」、「自家焙煎のコーヒー専門店」、「知る人ぞ知るラーメン店」などの行きたいお店が、電車やバスでは行きにくいこともあります。

 

ポタリングなら、駅から遠いお店も足を伸ばせますね。

 

商店街でコロッケ、夏ならかき氷、冬なら、ほかほかの肉まんで温まる、そんな途中の楽しみもポタリングらしい、と言えるでしょう。

 

ちょっと距離を伸ばして、日帰り旅行

自転車で日帰り旅行

慣れてきたら距離を伸ばして 、ポタリングで遠出もできます。旅先でレンタサイクルを利用してみるのもおすすめ。点在する観光スポットも、自転車があれば足を運びやすくなるでしょう。

 

御朱印集め、季節の花めぐり、美術館めぐりなども、自転車と組み合わせれば、もっと楽しめそうですね。

 

参加型イベントで楽しむ

ポタリングのイベント

自転車ショップや、街が主体になったポタリングのイベントもあります。ひとりとは違う、仲間と一緒に走る楽しさを、満喫できますよ。

 

参加する前に、イベント内容が自分の走力や目的と合っているかを確認して、申し込みましょう。

 

こういうこともあるので、気をつけよう・・

ポタリングと思って参加したのに、実際は本格的すぎた、なんてことがないよう、事前のリサーチは重要です。

 

ポタリングの定義が曖昧なだけに、必要な自転車の種類や服装など、注意事項をよく確認しましょう。不明点を事前に問い合わせできるイベントに参加するのも、手です。

 

ポタリング時の服装について

ポタリングするときの服装

「動きやすくて、こまめに体温調節ができる服装」を心がけましょう。必ずしも、自転車用のジャージでなくても問題ありません。

 

カフェめぐりや、近所を散策する程度なら、ラフな服装でOK。Tシャツにハーフパンツなら、気軽に街中を走れますね。ただし、距離が長く、スピードを出して走るなら、専用ジャージの方が、快適でおすすめです。

 

▼▼関連記事はこちら▼▼

 

自転車の交通ルールを知ろう

自転車の交通ルール

歩行者と同じルールで歩道を走る人を見たことがあるかもしれませんが、自転車には自転車の交通ルールがあります。正しいルールを理解し、順守して走りましょう。

 

  • ●基本的に、車道の左側を走行。
  • ●信号のある交差点で右折する場合は、二段階右折。
  • ●やむ負えず歩道を走行する場合は、直ちに停止できる速度で、道路側を走る。

 

ルールを無視すれば、大きな事故やケガにつながります。安心・安全に楽しむためにも、交通ルールはしっかり守りましょう。

 

▼▼関連記事はこちら▼▼

 

ポタリングには、どんな自転車がおすすめ?

ミニベロでポタリング

ポタリング用と決められた自転車はありません。もちろんシティサイクルでも楽しめます。ただ、次のポイントをおさえると、より快適に楽しめるでしょう。

 

まず、駐輪のしやすさ。ポタリング中は、自転車を停めて観光や休憩、ショッピングすることもあるでしょう。盗難されやすい高額なバイク、駐輪ラックに入らないタイヤの太すぎる自転車(ファットバイクなど)は避けるのがベター。スポーツバイクなら、スタンドがあるバイクがおすすめです。

 

また、坂道が多いなら、電動アシスト自転車や、アシスト付きスポーツバイク(e-bike)もいいですよ。

 

ポタリングにおすすめ自転車6選!

ポタリングにおすすめの自転車を「ミニベロ」「クロスバイク」「グラベルロード」の3つのタイプ別にご紹介します。

 

ミニベロ

ミニベロ

ストップ&ゴーが多い街中を走るなら、タイヤが小さいミニベロもおすすめ。カジュアルな服装にもマッチします。

 

【おすすめのミニベロ】Bianchi(ビアンキ)/LECCO

青空という意味のブランドカラー「チェレステ」でも知られる、イタリアの老舗Bianchi。

 

こちらは軽量アルミフレームに、20インチタイヤのミニベロLECCO。軽くて変速段数も7段と多いので、スポーティーに走れるでしょう。

Bianchi(ビアンキ)/LECCO

フレーム:アルミ
カラー:3色
サイズ:43
変速段数:7段
タイヤサイズ:20インチ

 

▼▼ビアンキのミニベロ、集めました▼▼

 


 

【おすすめのミニベロ】DAHON(ダホン)/D-Zero

DAHONは、折りたたみ自転車など、ミニベロを専門にするブランド。

 

中でもD-Zeroは、走行性能も期待できる、16インチのミニベロです。細身でスッキリしたシルエットですね。折りたたみできるので、車に載せて目的地をポタリングするのもいいでしょう。

DAHON(ダホン)/D-Zero

フレーム:クロモリ
カラー:2色
折りたたみサイズ:W136×H63×D19
変速段数:7段
タイヤサイズ:16インチ

 

▼▼ダホンのミニベロ、集めました▼▼

 

▼▼ミニベロをもっと見たい人は、こちら▼▼

 

クロスバイク

クロスバイク

クロスバイクは、街乗りでも活躍するスポーツバイク。カジュアルな服装に合わせやすく、初めてのスポーツバイクにもピッタリです。

 

【おすすめのクロスバイク】RALEIGH(ラレー)/ RFT Radford Traditional

英国の老舗ブランド「Raleigh」。クラシカルな細身の自転車をデザインしています。

 

安心のシマノ製、24段変速ギアで、坂道もスイスイ走れるRFT Radford Traditionalは、街中から抜けて遠出もできるでしょう。シックなカラーリングが、カジュアルな服との相性抜群です。

RALEIGH(ラレー)/RFT Radford Traditional

フレーム:クロモリ
カラー:3色
サイズ:440、480、520mm
変速段数:24段
タイヤサイズ:700×28C

 

▼▼ラレーのクロスバイク、集めました▼▼

 


 

【おすすめのクロスバイク】FUJI(フジ)/BALLAD

街中をラフに走りたいなら、FUJIがおすすめ。細身でおしゃれなカラーのスポーツバイクが見つかります。

 

定番のクロスバイクBALLADも、細身でシンプルなモデル。重量はロードバイク並みの10kgと、超軽量です。こぎ出しも軽く、スピード感のある走りが楽しめるでしょう。

FUJI(フジ)/BALLAD

フレーム:クロモリ
カラー:4色
サイズ:43、49、52、54、56cm
変速段数:8段
タイヤサイズ:700×28C

 

▼▼FUJIのクロスバイク、集めました▼▼

 

▼▼カジュアルなクロスバイク、ご紹介中!▼▼

 

グラベルロード

グラベルロード

ロードバイクより太いタイヤのグラベルロードなら、少し長めのポタリングも快適。「グラベル」とは砂利道のことで、舗装の荒れた道や段差のある場所も、へっちゃらですよ。

 

【おすすめのグラベルロード】MASI(マジィ)/BRUNELLO

イタリアのブランド「MASI」のグラベルロード。

 

40Cの極太タイヤで、デコボコした道や、荒れた路面の上でも難なく走れるでしょう。砂利道の奥にあるカフェや観光地にも、行きたくなりますね。

MASI(マジィ)/BRUNELLO

フレーム:アルミ
カラー:1色
サイズ:47、51、54cm
変速段数:22段
タイヤサイズ:700×40C

 


 

【おすすめのグラベルロード】JAMIS(ジェイミス)/RENEGADE S4

マウンテンバイクなど、オフロード向けのスポーツバイクが得意な「JAMIS」。

 

RENEGADE S4は、グラベルロードのエントリーモデル。街乗りにも合う、おしゃれなデザインです。

JAMIS(ジェイミス)/RENEGADE S4

フレーム:クロモリ
カラー:2色
サイズ:44、48、51、54、56、58cm
変速段数:18段
タイヤサイズ:700×37C、650×40C(44cmのみ)

 

▼▼ロードバイクと似てる?!グラベルロードをご紹介!▼▼

 

ポタリングで、自転車を自由に楽しもう!

ポタリングで自転車を楽しもう

本格的なサイクリングではなく、マイペースに楽しめるポタリングなら、気軽に始められるでしょう。

 

どこを走ればいいか悩んだら、「いつもは車で行く、ちょっと遠い場所」を選んでみてはいかがでしょうか。少しずつ、距離や時間を伸ばしてみると、楽しみの幅も広がります。

 

1人で楽しむも良し、気の合う仲間と走って、思い出を作るのにもぴったりなポタリング。ぜひチャレンジしてみてください!

紹介されたアイテム

あわせて読みたい

自転車を廃棄する4つの方法【防犯登録抹消方法・手順・注意点をまるごと解説】
自転車を廃棄・処分する4つの方法【防犯登録抹消方法・手順・注意点をまるごと解説】
自転車を廃棄する4つの方法をご紹介していきます。ショップやインターネットでの売却。知り合いに譲ったり、粗大ゴミとして出すなど、自転車を廃棄・処分する…
CYCLE HACK編集部
スペシャライズド CPOストア
国内初!スペシャライズドの認定中古車ストアが2022年8月8日東京・西新宿にオープン!
スペシャライズドが、国内初のスポーツバイク認定中古車の販売を行う店舗をオープンしました。商品毎に指定されたメンテナンス項目の検査整備を経て、規定のク…
CYCLE HACK編集部
ゲレンデライド
「Camp & E-Bike」を体験しよう!テーマは“大人の夏休み” E-MTBで遊ぶ 夏のゲレンデライド!
夏のスキーゲレンデをE-MTBで遊ぶイベントが開催!テーマは“大人の夏休み”。まるで「プライベートゲレンデ」のように大自然を満喫することができますよ…
CYCLE HACK編集部
サイコン 比較
【徹底比較】2022サイクルコンピュータ11機をレビュー!価格・機能ランキング紹介
自転車の走行データを表示・記録するガジェットであるサイコン。今回は6ブランド(GARMIN、wahoo、Lezyne、Xplova、Bryton、C…
CYCLE HACK編集部
アウトドア遊びに自転車を!折りたたみ・電動などおすすめモデル10選
アウトドア遊びに自転車を!折りたたみ・電動などおすすめモデル10選
自転車といえば、サイクリングやポタリングなど、走ることそのものが大きな楽しみです。持ち前の機動力で、キャンプやピクニック、釣りなど、その他のアウトド…
ゆら