【使いやすさ×美しさ】レザインのボトルケージおすすめ9選

レザイン(LEZYNE)のボトルケージは種類が豊富で、さまざまな自転車に合わせやすいのが特徴です。随所に工夫が施されており、スタイリッシュな形状、限定ネオメタリックカラー、サイドから抜き差しできるモデルなどユーザーに嬉しいボトルケージが多いです。

この記事では3つの素材別(カーボン、アルミ、マトリクスコンポジット)に、レザインのおすすめボトルケージを紹介します。

 

制作者

Mikio

通勤はクロスバイク、休日はロードバイクで1人サイクリングをしている独身。趣味が高じて、自転車メーカーでも働いていました。ガチで乗るより、ゆるく楽しみたい派です。

Mikioのプロフィール

...続きを読む

目次

  • レザイン(LEZYNE)ってどんなブランド?
  • 美しさと機能性を備えた、ボトルケージ
  • 素材から選ぼう
  • カーボン製ボトルケージ2選
  • アルミ製ボトルケージ3選
  • マトリクスコンポジット製ボトルケージ4選
  • レザインのボトルケージは、いろんな自転車にぴったり
アイキャッチ画像:編集部

レザイン(LEZYNE)ってどんなブランド?

レザイン 自転車 アイテム

レザインは、2007年に誕生したアメリカの自転車アクサセリーメーカー。デザイン性と機能性を兼ね備えた「エンジニアードデザイン」をコンセプトに、自社で開発・製造をおこなっています。

 

取り扱うアイテムは、空気入れやマルチツール、ボトルケージの他、LEDライト、サイクルコンピューターなど、自転車アクセサリー全般です。独自の加工技術を取り入れたスタイリッシュなデザインは、世界的に人気です。

 

美しさと機能性を備えた、ボトルケージ

レザインボトルケージ ロードバイク

出典:編集部

独特なデザインがかっこいいレザインのボトルケージ。どんな特徴があるのでしょうか。おすすめポイントをご紹介しましょう。

流線形のシャープなデザイン

レザイン ボトルケージ

出典:楽天市場

アートのような曲線ラインが美しいボトルケージは、シャープで洗練されたイメージを与えてくれます。目を引くカラーリングなら、車体のアクセントにもぴったり。

 

サイドから出し入れできる

右側アクセスボトルケージ レザイン

出典:楽天市場

レザインのボトルケージには、横にスライドして取り出すタイプもあります。

 

横スライド式なら、ボトルがフレームにひっかかることなく、簡単に出し入れできます。走行中の水分補給を、スムーズにおこないたい人におすすめです。

 

フレームにひっかかる心配がないため、縦長の大容量のボトルを装着することも可能。フレームサイズが小さい人は、横から出し入れできるタイプにすると、ボトルサイズを気にせず持ち歩けますよ。

素材から選ぼう

レザイン ボトルケージ

撮影:編集部

レザインのボトルケージは、「カーボン」「アルミ」「マトリクスコンポジット」と、それぞれ個性が違う、3種類の素材を使用しています。まずはじめに、どの素材にするか決めておくと、選びやすいですよ。

カーボン

超軽量ドライカーボン製のボトルケージは、軽さをとことん追求したい人におすすめ。カーボン素材ならではの質感は、グレードアップしたような高級感があります。価格は高めになる傾向があります。

アルミ

光沢感のある美しいデザインが特徴的で、見た目を重視したい人におすすめ。CNC CAGEシリーズは、カーボン製と比べても、重量は大きく変わりません。お手頃な価格です。

マトリクスコンポジット

マトリクスコンポジットとは複数の樹脂素材を一体に組み合わせた素材です。軽量性と耐久性のバランスが優れており、商品ラインナップも充実しています。

 

カラーラインナップも豊富で、自分の車体にあわせて選べます。ファッション感覚で楽しみたい人にもぴったり。

カーボン製ボトルケージ2選

超軽量カーボン素材を使用したボトルケージをご紹介します。

ROAD DRIVE CARBON CAGE

走行中に衝撃を受けても、ボトルが外れにくい構造のカーボン製ボトルケージ。これなら、ダートな道を走行しても安心です。携帯ポンプを取り付けできるマウント付き。上下にスライドして取り出すタイプ。

 

ROAD DRIVE CARBON CAGE

カラー:ブラックロゴ/ホワイトロゴ
重量:39g

CARBON CAGE SL

フレームサイズが小さくても取り付けできる、サイド出し入れ式のカーボン製ボトルケージ。取り出す方向は、右向き・左向きの2種類があるので、使い方にあわせて選びましょう。

 

CARBON CAGE SL

カラー:ブラック
重量:34g

アルミ製ボトルケージ3選

デザインが美しい、アルミ素材を使用したボトルケージをご紹介します。

CNC CAGE AL

CNC加工を施した、流線形のボディとメタリックな光沢がかっこいいボトルケージ。カーボン製と変わらないくらい軽量。上下にスライドして取り出すタイプ。

 

CNC CAGE AL

カラー:ブラック/シルバー/ブルー/レッド
重量:39g

CNC CAGE NEO METALLIC

虹色のオイルスリックカラーが美しいボトルケージ。デザインは、CNC CAGE ALと同じ。個性的なカラーリングがいい人におすすめです。

 

CNC CAGE NEO METALLIC

カラー:ネオメタリック
重量:42g

POWER CAGE

シンプルなアルミパイプを使用したボトルケージ。スポーティーすぎない見た目は、街乗りで乗る自転車に取り付けてもマッチします。ボトルはもちろん、ペットボトルもしっかり入るサイズ感。

 

POWER CAGE

カラー:シルバー/レッド/ブルー/マットタン/マットブラック
重量:66g

マトリクスコンポジット製ボトルケージ4選

丈夫で機能的な、マトリクスコンポジットを使用したボトルケージをご紹介します。

NEO METALLIC

車体のアクセントにもぴったりな虹色のオイルスリックカラーが美しいボトルケージ。スタイリッシュなデザインで、36gと軽量に仕上げられています。

 

NEO METALLIC

カラー:ネオメタリック
重量:36g

 

FLOW CAGE SL-R ENHANCED

フレームサイズが小さい車体でも使いやすい、右から取り出しできるデザインのボトルケージ。取り出し穴が楕円形なので、取り付け位置の調整も可能です。カラーラインナップが豊富。

 

FLOW CAGE SL-R ENHANCED

カラー:ブラック/ブルー/パープル/レッド/グリーン/ホワイト/マットタン/アーミーグリーン
重量:48g

FLOW CAGE SL-L ENHANCED

FLOW CAGE SL-Rとは逆の、左から取り出しできるデザインのボトルケージ。自分の使い方にあわせて、左右どちらのタイプにするか選びましょう。

 

FLOW CAGE SL-L ENHANCED

カラー:ブラック/ブルー/パープル/レッド/グリーン/ホワイト/マットタン/アーミーグリーン
重量:48g

FLOW CAGE HP

シンプルながら、スタイリッシュなデザインのボトルケージ。ボトルをしっかり固定します。携帯ポンプも取り付けできるマウント付き。上下にスライドして取り出すタイプ。

 

FLOW CAGE HP

カラー:ブラック/ホワイト
重量: 50g

レザインのボトルケージは、いろんな自転車にぴったり

デザイン性と機能性が高いレザインのボトルケージは、ロードバイクだけでなく、クロスバイクやMTBにも合わせやすいです。

 

ボトルケージを取り付けるだけで、見た目の印象はガラっとかわります。お気に入りのデザインを見つけて、愛車をさらにかっこよく、カスタマイズしましょう!

紹介されたアイテム

あわせて読みたい

スペシャライズド CPOストア
国内初!スペシャライズドの認定中古車ストアが2022年8月8日東京・西新宿にオープン!
スペシャライズドが、国内初のスポーツバイク認定中古車の販売を行う店舗をオープンしました。商品毎に指定されたメンテナンス項目の検査整備を経て、規定のク…
CYCLE HACK編集部
ゲレンデライド
「Camp & E-Bike」を体験しよう!テーマは“大人の夏休み” E-MTBで遊ぶ 夏のゲレンデライド!
夏のスキーゲレンデをE-MTBで遊ぶイベントが開催!テーマは“大人の夏休み”。まるで「プライベートゲレンデ」のように大自然を満喫することができますよ…
CYCLE HACK編集部
サイコン 比較
【徹底比較】2022サイクルコンピュータ11機をレビュー!価格・機能ランキング紹介
自転車の走行データを表示・記録するガジェットであるサイコン。今回は6ブランド(GARMIN、wahoo、Lezyne、Xplova、Bryton、C…
CYCLE HACK編集部
アウトドア遊びに自転車を!折りたたみ・電動などおすすめモデル10選
アウトドア遊びに自転車を!折りたたみ・電動などおすすめモデル10選
自転車といえば、サイクリングやポタリングなど、走ることそのものが大きな楽しみです。持ち前の機動力で、キャンプやピクニック、釣りなど、その他のアウトド…
ゆら
アースホッパー
全国のスキー場で使える定額パス「アースホッパー」。グリーンシーズンも拡充し。オールシーズンパスとして販売開始!
株式会社Pioneerworkは、日本全国約30箇所の人気スキー場で使えるリフト券とスキーおよびスノーボード用品レンタルの広域定額スノーパス「アース…
CYCLE HACK編集部