タイヤレバーで、自転車のタイヤを交換!使い方とおすすめ製品5選を紹介

よりラクにタイヤ交換ができるタイヤレバー。サイクリングに行くなら、携帯工具として揃えておきたいアイテムのひとつでもあります。とは言え、自転車用タイヤレバーの種類はいろいろあり、選ぶにも迷ってしまいます。

この記事では、ロードバイクやクロスバイクのタイヤを外すためのタイヤレバーの基本的な使い方と、初心者でも扱いやすい定番おすすめ製品をご紹介します。

制作者

Mikio

通勤はクロスバイク、休日はロードバイクで1人サイクリングをしている独身。趣味が高じて、自転車メーカーでも働いていました。ガチで乗るより、ゆるく楽しみたい派です。

Mikioのプロフィール

...続きを読む

目次

  • タイヤを外すなら揃えたい「タイヤレバー」
  • タイヤレバーの使い方、分かりやすく解説!
  • 【定番】おすすめのタイヤレバー5選
  • タイヤレバーを選ぶときの注意点
  • タイヤレバーで、自転車のタイヤをスムーズに交換!
アイキャッチ画像、記事内画像:筆者

タイヤを外すなら揃えたい「タイヤレバー」

自転車 タイヤレバー

パンク修理作業に欠かせない「タイヤレバー」。タイヤレバーは、タイヤを外すときに使う専用工具で、スムーズにタイヤ交換作業が行える便利なアイテムです。

 

ロードバイクやクロスバイクのタイヤは、素手で外すこともできますが、硬いタイヤだとかなり力が必要になり、あまりおすすめできません。そんな時は、タイヤレバーを使えば、ラクに作業が進められますよ。

 

タイヤレバーの使い方、分かりやすく解説!

タイヤレバーの使い方は、とても簡単!手順さえ把握しておけば、初心者でも1人で作業可能です。

 

ここでは、クリンチャータイヤなどでパンクした時に行う、チューブ交換作業の手順で解説します。

 

①空気を全て抜く

空気を抜く

バルブを開けて、空気を全て抜きます。

 

この時、キャップやバルブを固定するナットは、外しておきましょう。

 

②タイヤとリムの間に隙間をあける

ビートを落とす

タイヤを押し込んで、ビード(タイヤの端部分)を外して、隙間を空けましょう。

 

写真のように、親指で向こう側に押し込んであげるようにすると、やりやすいですよ。

 

③タイヤレバーを引っかける

ビードを引っかける

タイヤレバーの爪を、ビードに引っかけます。

 

硬いワイヤーが引っかかった感覚があればOKです。内側に入っているチューブには、引っかけないよう注意しましょう。

 

ビードが引っかかったら、レバーを下に押し込み、テコの原理を使ってビードを持ち上げます。

 

④ビードが持ち上がったら、タイヤレバーを固定

レバーを引っかける

 

 

ビードが持ち上がったら、レバーの端をスポークにひっかけ、持ち上げたタイヤを固定します。

 

硬くて持ち上がらない場合には、差し込む箇所を変えてみましょう。タイヤが柔らかくなっている箇所を狙うといいですよ。

 

⑤2~3本のレバーでタイヤを外す

ビードを外す

1箇所、タイヤレバーでビードが持ち上がったら、15cmほど離れたところで、もう1本のタイヤレバーを使い、ビードを持ち上げましょう。

 

ビードが持ち上がったら、タイヤとホイールの間のタイヤレバーを、滑らすように回していくと、するするとタイヤが外れていきます。

 

途中、固定していたタイヤレバーが外れることがありますが、外れても問題ありません。

 

⑥チューブを取り出す

チューブを確認

タイヤが1周外れたら、チューブを取り出します。バルブが曲がらないよう慎重に抜いてから、チューブを引っ張って、抜き取りましょう。

 

タイヤレバーを使う作業はここまでとなります。タイヤをはめるには、これと逆の手順です。新しいチューブを入れて、手でタイヤをはめていきます。より詳しく知りたい方は、以下の記事をチェック!

 

▼▼チューブ交換の詳しい作業方法はこちら▼▼

 

【定番】おすすめのタイヤレバー5選

ではここで、携帯工具として持ち歩いておきたい、おすすめタイヤレバーをご紹介しましょう。

 

Panaracer(パナレーサー)

日本の自転車向けタイヤメーカー「Panaracer」のタイヤレバー。丈夫で使いやすく、ユーザーが多い、定番レバーです。

 

エアロ形状のスポークにも対応しており、ホイールの種類問わず使えるのが便利。レバーが3本あれば、硬いタイヤも外しやすいですよ。

 

ITEM
PTL タイヤレバー
チューブを傷つけにくい形状。エアロスポークでも使用可能。
樹脂製/3本セット

 


 

SCHWALBE(シュワルベ )

ドイツに本社を置くタイヤメーカー「SCHWALBE」のレバーは、タイヤを外すときだけでなく、はめ込むときにも便利な、クリップ機能付き。

 

これなら、両手がフリーの状態で作業できるので、握力の弱い女性や、硬いタイヤを装着する時に使いやすいです。

 

ITEM
SW-1847 タイヤレバー
はめ込む時に便利な”クリップ機能”付き。チューブレスタイヤの着脱にもおすすめ。
樹脂製/3本セット

 


 

Campagnolo(カンパニョーロ)

「Campagnolo」は、イタリアの自転車部品メーカー。クリンチャータイヤを外すのにちょうどいい形状のレバーは、持ちやすさ、使いやすさ抜群。

 

1本から販売しているので、必要な数だけ購入でます。価格は他メーカーよりやや高め。

 

ITEM
WH-109HYC コンポジットタイヤレバー
クリンチャータイヤに対応。
樹脂製/1本

 


 

IRC(アイアールシー)

日本の二輪車用タイヤ・チューブ専門メーカー「IRC」のチューブレス用タイヤレバー。独特な形をしており、先が幅広い方が取り外し用、細い方が取り付け用として、使うことができます。

 

ITEM
タイヤレバー チューブレス用
ロード用、MTB用チューブレスタイヤにのみ使用可能。
ポリアセタール製/2本セット

 


 

Park Tool(パークツール)

「Park Tool」は、自転車整備士向けの工具を扱うアメリカのメーカー。幅が広く、タイヤを持ち上げやすいデザインのレバーは、材質の強度が旧モデルよりアップ。より使いやすくなりました。

 

ITEM
TL-4.2C タイヤレバー
ロード用など細いタイヤに適した幅広タイプのタイヤレバー。
樹脂製/2本セット

 

タイヤレバーを選ぶときの注意点

タイヤレバー2本

タイヤレバーを購入する際は、素材や形状に注意して、ホイールとタイヤに合うタイプを選びましょう。

金属製のタイヤレバーは、ホイールを傷つけてしまう可能性があるので、注意しましょう。特に、カーボンホイールの場合は、おすすめしません。レバーの爪が角ばっているタイプも、チューブを傷つけてしまう恐れがあるので、避けましょう。

 

材質は、少ししなるようなプラスチック素材のもので、先は丸みを帯びている形のレバー選ぶと、軽くて持ち運びやすく、車体を傷つける心配もないですよ。

 

 

タイヤレバーで、自転車のタイヤをスムーズに交換!

自転車のタイヤ交換は、レバーを使うことで、よりスムーズに作業を進められます。

 

パンク修理キットを揃える際は、タイヤレバーも一緒に準備しておきましょう。サドルバッグに入れておけば、いざという時、安心です。使い方の練習をしておくことも、お忘れなく!

あわせて読みたい

ロードバイク ウィンドブレーカー
【ロードバイク用ウィンドブレーカー】おすすめ製品・選び方・使い方を解説
ロードバイクに乗るなら、ぜひ持っておきたいのが「ウィンドブレーカー」。肌寒さや小雨を防いでくれ、重宝するアイテムです。今回は、ロードバイク用ウィンド…
S.K.
トレック 直営店
【自転車にもKeePerコーティング?】自転車業界初!全国25店舗のトレック直営店で販売開始!
全国25店舗のトレック直営店では、自転車業界で初めて、自転車へのコーティングサービスの販売を開始!汚れを防止するだけでなく、長期間のツヤを提供してく…
CYCLE HACK編集部
自転車 反射板
自転車の反射板って必須なの?必要な条件やおすすめアイテムを紹介!
反射板は、自転車の存在を知らせてくれる大切なアイテム。とくに夜間の走行の時、リアライトと同じように後続車に自転車の存在をアピールできます。反射板の装…
小竹 綾子
カステリ ロードバイク 男性
高性能!プロも愛用する『カステリ』のサイクルジャージをご紹介
サイクルウェアブランドとして有名なカステリ(Castelli)。おしゃれなサイクルジャージも展開されていますが、サイズ感や機能性が自分に合うのかが不…
S.K.
ディスクブレーキ メンテナンス ツール
自転車のディスクブレーキのメンテナンスならこれ!便利ツール「NTL-5」をご紹介
ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクなどのディスクブレーキに最適なメンテナンスアイテム、NOGUCHI (野口商会)の、「NTL-5」をご紹…
高橋智宏