ストライダーと一緒に揃えたい!ヘルメットの選び方・おすすめモデル20選!

お子さんのストライダーデビュー!ワクワクしながらも、どんなヘルメットを選んだら良いのか分からず、悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

そこで、ヘルメットの選び方やおすすめのヘルメットを詳しくご紹介!お子さんがストライダーを安全・快適に楽しむことができるよう、アシストしてあげましょう!

制作者

ゆら

自転車歴20年。自転車が好き過ぎて、今は自転車店で働いています。 通勤はロードですが、遊ぶのはミニベロ。 輪行したり、チャリキャンプしたり。 早く走らない、高く登らない、“チルな自転車ライフ“の魅力を発信して参ります!

ゆらのプロフィール

...続きを読む

目次

  • ストライダーにヘルメットは必要?
  • ヘルメット選び、ここをチェック!
  • 【国内メーカー】おすすめのヘルメット8選
  • 【海外メーカー】おすすめのヘルメット10選
  • フルフェイスのヘルメット2選
  • プロテクターも用意しよう!
  • ショップへ行って、試着してみよう!
  • 子どもがヘルメットを嫌がったら?
  • お気に入りのヘルメットでストライダーデビュー!
アイキャッチ画像:Flickr/Donnie Ray Jones

ストライダーにヘルメットは必要?

子どもに自転車の乗り方を教える家族

出典:Flickr/Jim Kravitz

キックバイクやバランスバイクと呼ばれる、ペダルがない自転車の「ストライダー」は公道を走れない乗り物です。そのため、道路交通法の適用外となり、ヘルメットを被らなくてもよいのでは?と思うかもしれません。確かに、法律の縛りはありませんが、子どもの頭を守れるのはヘルメットだけ。ストライダーはスピードも出ます。アクシデントに備え、ヘルメットを被ることをおすすめします。

 

ストライダー社も、ストライダーに乗るときにはヘルメットが必須、というスタンスです。

 

ヘルメット選び、ここをチェック!

ヘルメットをかぶる子ども

出典:Flickr/Russ

ヘルメットを選ぶとき、チェックするべきポイントを紹介します。

重さに注意しよう

ヘルメットを被った女の子

ヘルメットは素材によって、重さが異なります。ハードシェルと言われるABS樹脂製は、いかにも硬い感じで厚みもあり、重くなりがちです。オートバイのヘルメットでお馴染みですね。頑丈ですが、重たいヘルメットは、小さな子どもの首に大きな負担となるかもしれません。

 

一方、ポリカーボネート製のソフトシェルは、薄くても強度があり、軽量。こちらはロードバイクに乗る人が使っています。サイズにもよりますが、重いハードシェルの製品で400g以上、軽いソフトシェルの製品だと200g程度と、倍ほどの差が出ます。お子さんの年齢や体格に合ったものを選びましょう。

 

頭のサイズ・形に合っているか

ヘルメットを被った男の子の後ろ姿

ヘルメットには、対応する頭のサイズや年齢がありますが、各メーカー独自の指標であり、あくまで目安なので、実際に被ってみてサイズ感を確認することが大切。

 

事前にお子さんの頭のサイズを測っておくと、試着するときの目安になるでしょう。サイズを測る場所は、額・後頭部のでっぱり・両耳の上の4点を結ぶ線上です。

 

また、ヘルメットの帽体が丸型、細長など、メーカーによって異なります。一般的に、国内メーカーは丸く、海外メーカーは細長い傾向があります。

 

SGマークなど、安全性を確認しよう

ヘルメットの安全基準シール

撮影:筆者

ヘルメットの安全性も大事なポイント。第三者機関の安全性能基準をクリアしたヘルメットには、専用のシールが貼られています。

 

日本で流通しているキッズヘルメットのほとんどは、日本のSG、アメリカのCPSC、ヨーロッパのCE EN1078のいずれかの規格をクリアしています。あまり聞いたことがないメーカーの場合、特に安全基準のシールの有無を確認しましょう。

 

アジャスターが使いやすいか

ヘルメットのサイズ調整ダイヤル

出典:Flickr/Nenad Stojkovic

ダイヤル式、マジックテープ式など、サイズ調整の仕組みは、ヘルメットによってさまざま。成長に合わせて調節し、フィットさせることが大切なので、実際に操作して、使いやすい製品を選びましょう。

 

ハーフフェイスのほか、フルフェイスもあります

フルフェイスのヘルメットで自転車に乗る子ども

出典:Flickr/Eli Christman

ストライダーには、ストライダーカップという公式レースもあります。レースに出場する場合には、頭だけでなく、あご周りから顔全体をカバーする「フルフェイス」のヘルメットが必要になるでしょう。あごの部分を取り外せるヘルメットなら、レース以外でも使いやすそうですね。

 

【国内メーカー】おすすめのヘルメット8選

国内メーカーは、日本人向けの商品開発が行われているので、日本人の頭の形に合う丸型の帽体の製品が多いです。

OGK Kabuto(OGK カブト)/pine(パイン)

毎回の調整が不要なアジャスター、「フィットバンド」のおかげで、被せやすいヘルメットです。外側のソフトシェルと、内側の衝撃吸収用ライナーが一体化したインモールド成形のため、軽くて丈夫。洋服にも合わせやすい落ち着いたツートンカラーです。

OGK Kabuto(オージーケーカブト)/ パイン(PINE)

●価格:オープン価格
●ソフトシェル
●サイズ:47〜51cm
●重量:230g
●年齢のめやす:1〜3才くらい
●カラー:8色
●規格:SG基準


OGK  KABUTO(OGK カブト)/FR-KIDS(FR-キッズ)

後頭部のアジャスターダイヤルで、簡単にサイズ調整ができます。ズレにくいので、動きを妨げません。ストリート系のインパクトのあるグラフィックで、子どもにも喜んでもらえるかもしれませんね。頑丈なハードシェルタイプ。

オージーケー カブト(OGK KABUTO)/ FR-KIDS

●価格:6,050円(税込)
●ハードシェル
●サイズ:50〜54cm未満
●重量:375g
●年齢のめやす:4〜6才くらい
●カラー:4色
●規格:SG基準


BRIDGESTONE(ブリヂストン)/clon(コロン)

名前のとおりに、コロンとした形に北欧テイストのデザインが、かわいらしいヘルメットです。ダイヤル式のアジャスターで、サイズ調整もラクラク。ムレにくいようにベンチレーションもついています。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)/ colon(コロン)

●価格:4,719円(税込)
●ハードシェル
●サイズ:46〜52cm
●重量:約370g
●年齢のめやす:記載なし
●カラー:5色
●規格:SG基準

BRIDGESTONE(ブリヂストン)/Beak(ビーク)

ハードシェルながら310gと軽量なモデル。ひさしが一体化したデザインがオシャレですね。内部ライナーに「掘り込み」を入れることによって、通気性をアップさせています。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)/ Beak(ビーク)

●価格:5,566円(税込)
●ハードシェル
●サイズ:51〜57cm未満
●重量:約310g
●年齢のめやす:記載なし
●カラー:5色
●規格:SG基準


mont-bell(モンベル)/サイクルヘルメット Kid’s 48-52

mont-bell(モンベル)/サイクルヘルメット Kid’s 48-52

出典:mont-bell

カラフルでデザインも楽しい、軽量ヘルメットです。軽さの秘密は、アウターシェルとインナーシェルを一体成形するインモールド製法。軽量ながら強度もヨーロッパ規格をクリアしています。ベンチレーションがたくさん設けられているので、蒸れにくいでしょう。同モデルの50〜54サイズもあります。

 価格  3,850円(税込)
 シェルタイプ  ソフトシェル(インモールド)
 サイズ  48〜52cm
 重量  225g
 年齢のめやす  記載なし
 カラー  3色
 規格  ヨーロッパ規格(EN1078)

 

モンベルオンラインショップはこちら

 


nicco(ニコ)/Le Chic(ルシック)

「帽子みたいな、シンプルでかわいいヘルメットを被せたい」そんなママの声をヒアリングして生まれたヘルメット。成形、塗装、組立てを日本国内の自社工場で行なっている、安心のメイドインジャパンです。オプションで、おでこ用のインナークッションもつけられますよ。取り外して水洗いできるので、清潔に保てるでしょう。ワンサイズ下(46〜50cm)の展開もあります。

nicco(ニッコ)/Le Chik(ルシック ベビーL ヘルメット)

●価格:5,500円(税込)
●ソフトシェル
●サイズ:47〜52cm
●重量:320g
●年齢のめやす:1〜3才くらい
●カラー:6色
●規格:CE EN1078

nicco(ニコ)/BEAT.le Kids (ビートルキッズ)

衝撃吸収力が非常に高い、ハイグレードなABS樹脂を使ったハードシェルです。ハードシェルでありながら、スポーティー過ぎないシンプルなデザイン。マット仕上げですが、車のボディに使われる塗料と同じで耐久性が高い上に、キズが付きにくい加工がされているのも高ポイントです。Lサイズ(52-56cm)の展開もあります。

nicco(ニコ)/ BEAT.le Kids(ビートル キッズ)

●価格:5,830円(税込)
●ハードシェル
●サイズ:49〜54cm
●重量:420g
●年齢のめやす:年少〜低学年
●カラー:6色
●規格:CE EN1078

ides(アイデス)/cappy Petit(キャッピープチ)

220gと、とにかく軽量で通気性も良いので、初めてのヘルメットに最適。薄手の調整パッドが付いているので、成長に合わせて付け替えて長く使えるでしょう。サイズの微調整も、面ファスナーなので簡単。すっきりしたデザインです。

ides( アイデス)/Cappy Peti( キャッピープチ)

●価格:4,378円(税込)
●ソフトシェル
●サイズ:44〜50cm
●重量:220g
●年齢のめやす:1〜4才くらい
●カラー:3色
●規格:SG基準

 

【海外メーカー】おすすめのヘルメット10選

何と言っても目を引く個性的なデザインが、海外メーカーの魅力。頭の形が細長い製品が多いので、フィット感を確認しましょう。

bern(バーン)/Tigre(ティグレ)

1〜2歳用の軽量ベビーヘルメット。日々の成長に合わせてフィットするよう、伸縮可能なゴム素材を使ったインナーシステムを採用しています。bernらしいスタイリッシュなフォルム、ポップなカラーリングがかわいらしいですね。

bern(バーン)/TIGRE(ティグレ)

●価格:7,480円(税込)
●ソフトシェル
●サイズ:XXS(47-51cm)
●重量:280g
●年齢のめやす:1〜2才くらい
●カラー:7色
●規格:SG、CPSC、EN 1078

bern(バーン)/NINO2.0(ニーノ2.0)

人気のキッズヘルメット、NINOシリーズ。オリジナルのNINOに対し、安全性はそのまま、さらに軽量になり、通気性も格段にアップしています。バイザーを取り外せば、お洗濯できますよ。

bern( バーン )/NINO 2.0(ニーノ2.0)

●価格:12,650円(税込)
●ハードシェル
●サイズ:S(52〜55.5cm)M(55.5〜59cm)
●重量:320g(S)、325g(M)
●年齢のめやす:2〜6才くらい
●カラー:6色
●規格:CPSC、EN 1078

bern(バーン)/NINA(ニーナ)

NINOが男の子向けとするなら、NINAは女の子向け。ポップなカラーリングとデザインに仕上がっています。個性的な9つのデザインがあるので、お子さんもひとつを選ぶのに迷ってしまうかもしれません!NINOと同じく、バイザーは取り外し可能。サイズ調整もベルクロで簡単に行えます。

BERN(バーン)/NINA( ニーナ)

●価格:10,450円(税込)
●ハードシェル
●サイズ:XS〜S(48〜51.5cm)、S~M(51.5-54.5cm)
●重量:325g (XS〜S)、340g(S〜M)
●年齢のめやす:2〜6才くらい
●カラー:9色
●規格:CPSC、EN 1078

BELL(ベル)/LIL RIPPER(リルリッパー)

アウターとインナーシェルが一体成型されたインモールド成型により、軽量化されたヘルメット。頭をすっぽりと包むスケータータイプなので、安全性が高く、同時にムレにくいようにベンチレーションも設けられています。ノーピンチサイドバックルで着脱も簡単。お子さんが自分で被りたくなるかもしれませんね。

BELL(ベル) /LIL RIPPER(リルリッパー)

●価格:8,250円(税込)
●ソフトシェル(インモールド)
●サイズ:T (45-51cm)、UC(47〜54cm)
●重量:174g(T)、223g(UC)
●年齢のめやす:1〜3才くらい
●カラー:9色
●規格:CE EN1078

BELL(ベル)/ZOOM2(ズーム2)

BELLのキッズラインの中でも、定番のシリーズ。非常に軽量でサイズ調整がしやすいモデルです。特に耳周りのストラップ調整は、カムロックレバーを開くだけでできる簡単仕様。虫の侵入を防ぐバグネットも装備されています。

BELL(ベル)/ ZOOM2 (ズーム2)

●価格:4,620円(税込)
●ソフトシェル
●サイズ:XS/S(48-54cm)、M/L(52〜56cm)
●重量:205g
●年齢のめやす:記載なし
●カラー:8色
●規格:CE EN1078

NUTCASE (ナットケース)/BABY NUTTY(ベビーナッティー)

NUTCASEは自転車、カヌー、スノースポーツなど、さまざまなスポーツ用のヘルメットを販売していて、ポップなデザインの製品が見つかるでしょう。もちろん、デザインだけでなく機能もバッチリ。ベビーナッティーは、自転車のチャイルドシートでも邪魔にならない、コロンとした形状。11カ所のベンチレーションでムレを防いでくれます。

NUTCASE (ナットケース)/BABY NUTTY(ベビーナッティー)

●価格:8,580円(税込)
●ハードシェル
●サイズ:XXS(48〜52cm)
●重量:250g
●年齢のめやす:記載なし
●カラー:19色
●規格:SG基準

NUTCASE (ナットケース)/LITTLE NUTTY(リトルナッティー)

30種類ものデザインの中から、お気に入りを選ぶことができます。安全性も高く、発泡ポリエチレン(EPS)製のインナーシェルで、万が一転倒しても、強い衝撃から頭を保護してくれます。

NUTCASE(ナットケース)/LITTLE NUTTY(リトルナッティ)

●価格:9,130円(税込)
●ハードシェル
●サイズ:XS(48〜52cm)
●重量:385g
●年齢のめやす:3才以上
●カラー:36色
●規格:SG基準

triple eight(トリプルエイト)/LITTLE TRICKY (リトルトリッキー)

triple eightは、スケートボードやスケートで人気のメーカー。CPSCだけでなく、世界最大の工業規格、ASTM規格もクリア。高品質なヘルメットには定評があります。インナーが2サイズ付属、S・M(48〜50cm)と、L・XL(51〜53cm)に対応します。

triple eight (トリプルエイト )/LITTLE TRICKY (リトルトリッキー)

●価格:7,700円(税込)
●ハードシェル
●サイズ:48〜53cm
●重量:470g
●年齢のめやす:1〜3才くらい
●カラー:4色
●規格:CPSC、ASTM

triple eight(トリプルエイト)/WIPEOUT(ワイプアウト)

ヘルメットに自由にお絵かきができる、専用のマーカーとステンシルシートがセットになったユニークなヘルメット。描いた絵を消すのも自由自在です。自分でデザインした世界に一つのヘルメット、愛着が湧いて、自然と被りたくなるでしょう!

triple eight(トリプルエイト)/WIPEOUT(ワイプアウト)

●価格:5,500円(税込)
●ハードシェル
●サイズ:47〜49cm
●重量:370g
●年齢のめやす:記載なし
●カラー:4色
●規格:CPSC、CE





KPLUS(Kプラス)/SPEEDIE(スピーディー)

空力モデリングの形状で、スピード感あるスタイリッシュなデザイン。韓国メーカーなので、アジアンフィットの帽体が採用されています。マグネットバックルは、近づけるだけでカチッとハマるので、お子さんも自力で着脱できますね。

KPLUS(ケープラス)/ SPEEDIE(スピーディー)

●価格:9,328円(税込)
●ソフトシェル
●サイズ:XS(47〜52cm)、S(52〜56cm)
●重量:215g
●年齢のめやす:記載なし
●カラー:3色
●規格:CE-EN1078、CNS認証

 

フルフェイスのヘルメット2選

ストライダーの大会に出場するなら、フルフェイスのヘルメットが必要です。

TETE(テテ)/Fortia (フォルティア)

TETEは徳島県の自転車メーカー、徳島双輪(株)のヘルメットブランドです。Fortiaはバイザー、あごガードが着脱できるので、大会以外のシーンでも使いやすいでしょう。インモールド一体成型の軽量コンパクトなヘルメットです。

TETE(テテ)/ Fortia (フォルティア)

●価格:13,824円(税込)
●ソフトシェル
●サイズ:S(46〜51cm)、M(52〜57cm)
●重量:340g(S)、390g(M)
●年齢のめやす:S(1〜3才頃)、M(4才〜10才頃)
●カラー:8色
●規格:CE


CRATONI(クラトーニ)/C-MANIAC (シーマニアック)

ランバイク界で圧倒的な支持を集めるのがCRATONI。フルフェイスでありながら約380g(S・M)と非常に軽量で、首への負担が少ないでしょう。後部のアジャスターだけでなく、高さも3段階調整できるので、しっかり頭をホールドすることができます。バイザーとあごガードは取り外しでき、ハーフキャップとしても使えます。

CRATONI(クラトーニ)/ C-MANIAC (シーマニアック)

●価格:14,080円(税込)
●ソフトシェル
●サイズ:S-M(52〜56cm)、M-L(54〜58m)
●重量:380g(S-M)、420g(M-L)
●年齢のめやす:記載なし
●カラー:4色
●規格:CE EN1078

 

プロテクターも用意しよう!

ヘルメットにプラスして、プロテクターも準備すると安心。スピードが出る分、勢いよく転倒してしまうこともあります。大きなケガにならないよう、ぶつけやすい箇所もしっかりガードしたいですね。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)/ キッズプロテクター

手首と手のひら、ひじ、ひざの3点をしっかりガード。小さいお子さんにもピッタリ装着できるプロテクターです。持ち運びに便利なメッシュ袋入り。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)/ キッズプロテクター

●価格:1,980円(税込)
●対象年齢:5〜9才
●セット内容:グローブ、ひじ用パッド、ひざ用パッド

BELL(ベル)/キッズプロテクター3点セット

こちらもケガをしやすい手やひじ、ひざをしっかりと保護してくれます。ベルクロで、お子さん一人でも装着しやすいでしょう。手はグローブ型になっています。

BELL(ベル)/ キッズプロテクター3点セット

●価格:2,750円(税込)
●対象年齢:4〜8才
●セット内容:グローブ、ひじ用パッド、ひざ用パッド

 

ショップへ行って、試着してみよう!

子ども用ヘルメット

撮影:筆者

ストライダーを売っているお店なら、ほとんどヘルメットが用意されているので、一緒に購入できるでしょう。自転車店のほか、スポーツ用品店(ムラサキスポーツ、モンベルなど)、ビッグカメラなど家電量販店でも取り扱っている場合があります。このようなストライダーの正規取扱店は全国に100以上あります。

 

ストライダー公式サイトはこちら

 

そのほか、ストライダーを扱っていなくても、スポーツ専門店なら子ども用ヘルメットが置いてあることも多いです。スケボーやスノボ、カヌーなど、他のスポーツ用ヘルメットも、選択肢になるでしょう。

 

そして、子ども服でお馴染みの西松屋でも独自のキックバイクを販売しており、ヘルメットも取り扱いがあるようです。安全基準もSG規格を満たしているようなので、コスパに期待できますね!

 

西松屋公式サイトはこちら

 

子どもがヘルメットを嫌がったら?

ヘルメットを嫌がる子ども

出典:Flickr/wwwuppertal

ヘルメットを被ることを嫌がって困る、という声も聞きます。そんなとき、無理は禁物。「被ってみようかな…」という気持ちになるよう、上手に誘導しましょう。経験者はこんな工夫をしているそうです。

 

  • ●好きなシールをヘルメットに好きなように貼らせる
  • ●周りの家族も被る
  • ●「カッコいいヘルメットだね!」とモチベーションをあげて、被ったら「似合うね!ステキだね!」と褒めちぎる

 

何より、ストライダーというカッコいい乗り物に乗れるんだ!というワクワクを育てるのが大切。お兄ちゃん、お姉ちゃんが乗っているところを見せたり、YouTubeなどで一緒に動画を見て、盛り上がってみてください。ストライダーに気持ちが乗ってくれば、ヘルメットもスムーズに被ってくれるでしょう!

 

お気に入りのヘルメットでストライダーデビュー!

ストライダーに乗った女の子

出典:Flickr/trickofthelight

ストライダーは、子どもが初めて体験する乗り物であり、スポーツと言っても良いかもしれません。ぜひお子さんと一緒にお気に入りのヘルメットを選んで、安全に新しいチャレンジを楽しみましょう!

 

▼▼関連記事はこちら▼▼

紹介されたアイテム

あわせて読みたい

Amazon タイムセール 自転車
Amazon「タイムセール祭り」で、自転車関連アイテムをGETせよ!
2022年9月24日(土)から9月27日(火)23:59まで、ビックセールAmazon『タイムセール祭り』が開催中!  セール期間は87時間。数ある…
CYCLE HACK編集部
【写真付き解説】クロスバイクとロードバイクの違いを徹底検証!
【写真付き解説】クロスバイクとロードバイクの違いを徹底検証!
クロスバイクとロードバイク、それぞれの違いを解説します!初めてのスポーツバイクだと、どちらにしようか迷う人も多いでしょう。具合的にどんな違いがあるの…
Mikio
TOKYOBIKE FES
トーキョーバイクが20周年感謝イベント「TOKYOBIKE FES」を10月10日に隅田公園で開催!
今年で発売から20年を迎えたトーキョーバイク。感謝の気持ちを伝えるためのブランド初となる大型野外イベント「TOKYOBIKE FES」を2022年1…
CYCLE HACK編集部
ビッケ ブリヂストン
【走行距離アップでさらに使いやすく!】 『ビッケ モブdd』『ビッケ グリdd』2023年モデルが新発売!
ブリヂストンの人気電動アシスト自転車「ビッケシリーズ」の2023年モデルが、パワーアップして新登場!従来のものより、さらに走行距離がアップしたことで…
CYCLE HACK編集部
ロードバイク縦置き
ロードバイクを縦置きで保管しよう。縦置きスタンドと、DIY壁掛け設置方法を紹介!
ロードバイクを室内で縦置して保管する方法を紹介します。縦置きスタンドのおすすめ製品の紹介や、DIYで壁掛けをする方法や手順なども、まとめています。…
CYCLE HACK編集部