MTBの泥除けおすすめ9選!背中の泥汚れを防いで快適に走ろう

MTB(マウンテンバイク)に付属パーツとして、取り付けられる泥除け。様々な形状や取り付け方法があり、どれを買ったらよいか、迷ってしまい人もいるでしょう。

この記事では、泥除け(フェンダー)の種類と、フロント・リア向けの各モデルを紹介します。これを読めば、もう迷わず泥除けを選べるはず!

制作者

小竹 綾子

自転車好きな旦那の影響で、MTBやロードバイクに乗り始めて数年。まだまだ若輩者ですが、その分初心者にもわかりやすく、自転車の楽しさを知っていただけるような記事を書いていきたいです。またイタリア在住ということを活かしたイタリアの自転車事情なども発信していきます!

小竹 綾子のプロフィール

...続きを読む

目次

  • MTBに泥除け(フェンダー)はこんな時に活躍します!
  • 泥除けは、大きくわけて2種
  • フロント用フェンダーおすすめ4選
  • リア用フェンダーおすすめ5選
  • フェンダー別の取り付けの注意点
  • 泥除けを使って雨の日も快適にMTBに乗ろう!

MTBに泥除け(フェンダー)はこんな時に活躍します!

MTB 泥除け

出典:unsplash/Tim Foster

マウンテンバイクの完成車を購入すると、ほとんどのモデルで泥除けは装備されていないでしょう。泥除けは、自分で購入して取りつけるオプションパーツのようになります。

 

泥除けは別名「フェンダー」とも呼ばれ、使ってみるとかなり便利なパーツです。泥除けを使うメリットを挙げてもみましょう。

 

①泥や水の跳ね上げを防ぐ

自転車 泥除け 雨

とくに太いタイヤのマウンテンバイクは、泥が飛びやすいですよね。泥除けがあればタイヤからの、泥や水の跳ね上がりを防ぐことができます 

 

②自転車に汚れが付着するのを抑える

泥除けがあれば、泥から車体を守ってくれる効果も期待できます

 

ギア、チェーン、サスペンションに泥や土が入り込むと、車体の各パーツを痛めてしまう原因になります。バイクを大切に乗るためにも、泥除けは役立ちますね。

 

泥除けは、大きくわけて2種

フェンダーには、大きく分けて2種類あります。サスペンションの有無や、フレームの幅、ダボ穴の位置などによって、取り付けが難しい場合もあるので、仕様をよく確認しましょう。

 

気軽に取り付け「ベンダーフェンダー」

ベンダーフェンダー

出典:楽天市場

ベンダーフェンダーとは、簡易的に取り付けられるタイプの泥除けのことです。

 

折り曲げることができる素材でできており、ベルクロなどで簡単に取り付けられます。

 

カバー力という面では、後述の「フルフェンダー」よりは落ちますが、顔への飛び跳ねを防いでくれるので、MTBに使っている人が多いことも特徴です。また軽量なので操作感に違和感を感じることも少ないでしょう。

 

泥除け効果が高い「フルフェンダー」

フルフェンダー 泥除け

出典:楽天市場

フルフェンダーとは、タイヤ上部のほとんどをカバーするタイプの泥除けです。

 

カバーできる範囲が大きく、泥や水が飛び跳ねにくいことがフルフェンダーの特徴です。その反面、重量が増えたり、フルサスのMTBなどに、取り付けが難しい点も挙げられます。

 

フロント用フェンダーおすすめ4選

顔への泥はねを防いでくれるフロント用をご紹介します。

 

Zefal(ゼファール)/フロント用 FM20 MTBマッドガード

サスペンションがつく多くのMTBに取付可能なフェンダー。タイラップかベルクロで、取り付けができます。ステッカーがついているので自分の好みにカラーリングできますよ。

 

ゼファール/フロント用 FM20 MTBマッドガード

カラー:1色
重量:110g
適応サイズ:26/27.5/29インチ
取付可能径:-

 


Hugger(マッドハガー)/EVO-Shorty Ziptie

マッドハガーは、イギリスのサイクルフェンダーメーカー。ダウンヒルやファットバイクなど、MTBを専門にしています。

 

EVOジップタイは、ジップタイで固定するシリーズのショートタイプ。FOXのフロントフォークに合わせて設計されていて、タイヤと一体感の高いフェンダーです。

 

マッドハガー/EVO-Shorty Ziptie

カラー:1色
重量:100g
サイズ: 長さ:390mm

 


RRP/PROGUARD フロント用 ワンサイズ

RRPはイギリスのサイクルアクセサリーメーカー。コンパクトでスタイリッシュなデザインが特徴です。

 

エンデューロなどに最適なプロテクター。タイヤとの間隔が広く、フェンダーとタイヤの間に、泥が詰まってしまう問題も少ないでしょう。

 

RRP/PROGUARD Front One Size Black

カラー:1色
重量:114g
適応サイズ:26、27.5、29インチ
サイズ:長さ494mm

 


BBB/フロント用 MTBプロテクター 365300

BBBはオランダ発のサイクルアクセサリー専門のメーカー。シンプルでスタイリッシュなデザインに定評があります。

 

コンポジットマテリアル製のMTBフロント用のフェンダー。工学的にデザインされていて、泥や水をしっかり防止、クイックリリース方式で簡単に固定ができます。

 

BBB/フロント用 MTBプロテクター 365300

カラー:1色
適応サイズ:26インチ
取付可能径:18.5〜25.4mm まで

 

リア用フェンダーおすすめ5選

おしりや背中への泥はねを防いでくれるリア用フェンダーをご紹介します。

 

Velox(ヴェロックス)/リアマッドガード

ヴェロックスは1903年に創業したフランスのメーカーで、特にバーテープでは有名ですね。

 

リア用のマッドガードは、サドルの下に差し込むだけで、簡単に設置できる泥除け。MTBをはじめロードバイクにも使うことができ、重さは15gと軽量です。

 

Velox/リアマッドガード

カラー:6色
サイズ:34 x 10 cm
重量:15g

 


マジックワン/Ass Saver Big

アスセイヴァースは、スウェーデンの泥除けを専門としている会社です。その日本総代理店がマジックワンです。

 

オリジナルサイズよりも4cm長さが長いビッグは、マウンテンバイクの太いタイヤに最適のサイズ。長いサイズのため、泥はね防止もより効果できです。カラーも5色あるので、自転車の色に合わせて選ぶことができます。

 

マジックワン/Ass Saver sBig

カラー:5色
サイズ:383x115.5mm
重量:25.5g

 


マイパラス/MTB用リアマッドガードフェンダー

マイパラスは輸入雑貨卸売を専門とする株式会社池商の自社ブランド。自転車からカゴ、ヘルメット、フェンダーなどアクセサリーまで、揃えることができます。

 

リアマッドガードは、内径調節アダプターつきで、様々なモデルのMTBに取付可能な泥除け。角度調節もでき、付属の六角レンチ1本で簡単に取り付けられます。

 

マイパラス/MTB用リアマッドガード

カラー:1色
重量: -g 
適応サイズ:-
取付可能径:30mm(直径)

 


TOPEAK(トピーク)/リア用 RX 279ER

トピークは、台湾のサイクルアクセサリーブランド。コスパと種類の多さで人気です。

 

ホイール径27.5〜29、太さ3インチまでのタイヤに対応したMTB用のフェンダー。耐衝撃プラスチックを使用し、クイックリリース機構で着脱も簡単です。

 

TOPEAK/リア用 RX 279ER

カラー:1色
重量:226g
適応サイズ:27.5〜29インチ
取付可能径:25.4〜45mm

 


サニーホイル/フリンガーリア用 マッドガード

20〜29インチの幅広い自転車に使える泥除け。レバー操作をするだけでワンタッチで簡単に着脱でき、アングル調整もできます。工具不要で組み立てと装着できます。

 

サニーホイル/フリンガーリア用 マッドガード

カラー:1色
重量:70g
適応サイズ:20〜29インチ
取付可能径:32.5mmまで

 

フェンダー別の取り付けの注意点

MTBのモデルによっては、車体に取り付けが難しいことがあります。取付する際の注意点を抑えましょう。

 

ベンダーフェンダーの場合

ベンダーフェンダー

出典:楽天市場

ベルクロや結束バンドを使って締めるだけで取り付けられるので、工具なども必要なく簡単です。

 

フロント用/サドル用/リア用の3つがあります。長さ違いなどサイズがありますので、用途によって使い分けることができます。

 

 用途  取り付け場所
 フロント  サスペンション
 サドル  サドルレール
 リア  シートポスト

 

フルフェンダーの場合

出典:unsplash/Himiway Bikes

フルフェンダーは工具を使って取り付けるので、しっかりと固定することができます。六角レンチ、ドライバー、ペンチなど複数種類の工具も必要になります。

 

バイクによっては、取り付けができないということもあります。取り付けが難しい場合を挙げてみましょう。

 

●必要なダボ穴がない/ダボ穴の向きが合わない
●取り付けるスペースがない
●ディスクブレーキ搭載に対応していない

 

フルフェンダーは、フロント用/リア用があります。

 

 用途  取り付け場所
 フロント  フロントフォーク
 リア  シートステー

 

ダボ穴の位置が、メーカーによって、微妙に違っていることもあるので、MTBと同じメーカーのフェンダーがある場合は、それを基準に選んでみてもいいですね。

 

泥除けを使って雨の日も快適にMTBに乗ろう!

泥除けは、とても便利なアイテム。サイズやカラーさえ合わせれば、MTBの良さをそこなわずに、雨の日や、ぬかるんだ道でも快適に走れますから、ぜひピッタリの泥除けを選んでみてくださいね!

紹介されたアイテム

あわせて読みたい

Amazon タイムセール 自転車
Amazon「タイムセール祭り」で、自転車関連アイテムをGETせよ!
2022年9月24日(土)から9月27日(火)23:59まで、ビックセールAmazon『タイムセール祭り』が開催中!  セール期間は87時間。数ある…
CYCLE HACK編集部
【写真付き解説】クロスバイクとロードバイクの違いを徹底検証!
【写真付き解説】クロスバイクとロードバイクの違いを徹底検証!
クロスバイクとロードバイク、それぞれの違いを解説します!初めてのスポーツバイクだと、どちらにしようか迷う人も多いでしょう。具合的にどんな違いがあるの…
Mikio
TOKYOBIKE FES
トーキョーバイクが20周年感謝イベント「TOKYOBIKE FES」を10月10日に隅田公園で開催!
今年で発売から20年を迎えたトーキョーバイク。感謝の気持ちを伝えるためのブランド初となる大型野外イベント「TOKYOBIKE FES」を2022年1…
CYCLE HACK編集部
ビッケ ブリヂストン
【走行距離アップでさらに使いやすく!】 『ビッケ モブdd』『ビッケ グリdd』2023年モデルが新発売!
ブリヂストンの人気電動アシスト自転車「ビッケシリーズ」の2023年モデルが、パワーアップして新登場!従来のものより、さらに走行距離がアップしたことで…
CYCLE HACK編集部
ロードバイク縦置き
ロードバイクを縦置きで保管しよう。縦置きスタンドと、DIY壁掛け設置方法を紹介!
ロードバイクを室内で縦置して保管する方法を紹介します。縦置きスタンドのおすすめ製品の紹介や、DIYで壁掛けをする方法や手順なども、まとめています。…
CYCLE HACK編集部