シマノの『STIレバー』とは?使い方から種類、選び方などを解説!

ロードバイクハンドルに取り付けられ、変速やブレーキ操作を1つのレバーで行うことが出来る、シマノの「STIレバー」。この記事では、STIレバーの使い方から、特徴や種類、交換の際の選び方などを解説していきます。

制作者

S.K.

自転車バカのライター。ロングライドとバイクパッキングが好きで、愛車と共に全国を駆け回る。登山、キャンプ、釣りなどを楽しむアウトドアマンでもある。

S.K.のプロフィール

...続きを読む

目次

  • 変速もブレーキも操作できる「STIレバー」
  • 基本的な操作方法
  • 大きく分けて4種類
  • STIレバーは、各種グレードがあります。
  • グレード別のラインナップ
  • 整備や交換は専門店に相談を
アイキャッチ画像:筆者

変速もブレーキも操作できる「STIレバー」

ロードバイクに当たり前のように装備される、STIレバーですが、名称の定義を知らない方も多いパーツかも知れません。

 

正しくは「デュアルコントロールレバー」

STIというアルファベットは、「Shimano Total Integration」の略。

 

ロードバイクの変速レバーがダブルレバー(ダウンチューブ付近に取り付けられた変速専用レバー)だった時代に、ハンドルから手を放さずにブレーキと変速操作が出来るシステムをシマノが開発しました。STIというのは、そのシマノのブレーキ・変速システムを指します。

 

STIレバー SHIMANO

撮影:筆者

STIを可能にしたのが、ブレーキ機能と変速機能を兼ね備えた「デュアルコントロールレバー」。現在では、このデュアルコントロールレバーを「STIレバー」と呼ぶことが増えています。

 

この記事でも、分かりやすいよう「STIレバー」という呼び方で統一します。

 

STIレバー SHIMANO

撮影:筆者

ちなみに、同様のレバーはスラムやカンパニョーロ等のブランドも発売しており、稀に「STIレバー」と呼ばれることがありますが、本来は「STIレバー」は、シマノのデュアルコントロールレバーを指す言葉です。

 

基本的な操作方法

STIレバーの基本操作は、以下の3つです。

 

①ブレーキをかける

②シフトアップ(ギアを重く)する

③シフトダウン(ギアを軽く)する

 

では、それぞれ写真をもとに解説していきましょう。

 

①ブレーキをかける

STIレバー SHIMANO ブレーキ

撮影:筆者

レバー全体を手前に引きます。

 

STIレバーによっては空引き量(ブレーキが効くまでの距離)を調節できる場合もあります。

 


 

②シフトアップ(ギアを重く)する

・リア変速(右レバー)

STIレバー SHIMANO シフトアップ

撮影:筆者

・フロント変速(左レバー)

STIレバー SHIMANO 変速

撮影:筆者

リアは手前側のレバーを、フロントはレバー全体を内側に押し込みます。

 

フロントとリアで押し込むレバーが異なりますので、注意しましょう

 

 


 

③シフトダウン(ギアを軽く)する

・リア変速(右レバー)

STIレバー SHIMANO シフトダウン

撮影:筆者

・フロント変速(左レバー)

STIレバー SHIMANO 変速

撮影:筆者

シフトダウンは、シフトアップと逆の動作です。

 

リアはレバー全体を、フロントは手前のレバーを内側に押し込みます。レバーを大きく押し込むことで、ギアを一気に2段軽くすることも出来ます。

 

 

大きく分けて4種類

STIレバーには、現在大きく分けて4つの種類があります。種類が分かれるのは、ブレーキシステムと変速システムの違いです。

 

ブレーキが「ワイヤー」か「油圧」か

ブレーキを動作させる方法が、「ワイヤー」を引くタイプと「油圧」を利用するタイプの2種類あります。

 

STIレバー SHIMANO ブレーキ

撮影:筆者

ワイヤーの場合はリムブレーキ(キャリパーブレーキ)とメカニカルディスクブレーキに、油圧の場合は油圧ディスクブレーキに用いられます。

 

STIレバー内部の構造が異なりますので、ブレーキ規格を統一しないと使用できません。例えば、「ワイヤー用STIレバー+油圧ディスクブレーキ」や「油圧用STIレバー+リムブレーキ」はNGです。

 

変速が「電動式」か「機械式」か

ギアを変速する方法にも、「電動式」と「機械式」の2種類があります。

 

STIレバー SHIMANO 変速

撮影:筆者

電動式の場合、変速の信号がディレーラー(変速機)に送られ、ディレーラーも電動で動きます。STIレバーの操作も、レバーを大きく動かすのではなく、同じ位置のスイッチを押す形です。

 

機械式の場合はSTIレバーとディレーラーがワイヤーで繋がれ、STIレバーの操作をディレーラーに伝えています

 

変速の種類も互換性はありませんので、STIレバーとディレーラーはセットで使用する必要があります。

 

 

まとめると、ブレーキの種類と変速の種類で、以下の4つの組み合わせとなります。

 

・ワイヤー/電動式

・ワイヤー/機械式

・油圧/電動式

・油圧/機械式

 

STIレバーは、各種グレードがあります。

STIレバーは、先ほどの4つの種類のほか、グレードによっても特徴が異なります。グレードにより異なるのは、ギアの変速段数と各部の扱いやすさです。

 

変速段数は何段?

グレードが高いほどリアの変速段数が多くなり、現在のトップグレード「Dura-Ace」は12速。逆に、最も安価な「Tourney」は7速です。

 

また、フロント変速の段数は2段が基本ですが、低グレードでは3段のものもあります。

 

STIレバー SHIMANO 変速

撮影:筆者

STIレバーは使用できる変速段数やグレードが決まっていますので、変速機やブレーキ等のパーツ全体(コンポーネント)と互換性のある組み合わせで用いましょう。

 

変速段数が多い方が、より細かなギア選択が可能になるため、状況に合ったギアで快適に走行できます。

 

扱いやすさも異なる

グレードによって異なるのは、変速段数だけではありません。

 

STIレバー SHIMANO

撮影:筆者

STIレバーの重量や剛性から、形状、調節幅、動作の軽さに至るまで、グレードごとに差があります。下位グレードでも十分な性能を発揮しますが、上位グレードほどより高性能で、より快適に使用できるものが多いです。

 

特に手の小さい方や握力に自信のない方は、上位グレードの方が握りやすく軽い力で操作できますので、高グレードを選択するのも良いでしょう。

 

 

グレード別のラインナップ

シマノのロードバイク用コンポーネント(変速機やブレーキ等の集合体)は、現在大きく分けて7つのグレードがあります。

 

グレード別のSTIレバーのラインナップをまとめました。

 

Dura-Ace(デュラエース)

Dura-Ace SHIMANO

出典:シマノ

シマノのロードバイク用最高グレード。

 

型番では、現在はR9200系が最新です。変速段数は2×12速。

 

・ST-R9250:ワイヤー/電動式

・ST-R9270:油圧/電動式

 

シマノ/ST-R9270

・Dura-Ace
・左右セット
・油圧/電動式
・2×12速

 

Ultegra(アルテグラ)

アルテグラ shimano

出典:シマノ

Dura-Aceに次ぐセカンドグレード。最新版はR8100系で、変速段数は2×12速です。

 

・ST-R8150:ワイヤー/電動式

・ST-R8170:油圧/電動式

 

シマノ/ST-R8150

・Ultegra
・左右セット
・ワイヤー/電動式
・2×12速

 

105(イチマルゴ)

105 SHIMANO

出典:シマノ

ミドルグレードの代表格で、低価格ながらレースにも対応する性能です。最新版はR7000系で、2×11速です。

 

・St-R7000:ワイヤー/機械式

・ST-R7020:油圧/機械式

・ST-R7025:油圧/機械式(スモールハンド)

 

シマノ/ST-R7020

・105
・左右セット
・油圧/機械式
・2×11速

 

Tiagra(ティアグラ)

ティアグラ shimano

出典:シマノ

エントリーグレードの中でも高性能なコンポーネント。型番は4700系で、変速段数は2×10速です。

 

・ST-4700:ワイヤー/機械式

・ST-4720:油圧/機械式

・ST-4725:油圧/機械式(スモールハンド)

 

シマノ/ST-4700

・Tiagra
・左右セット
・ワイヤー/機械式
・2×10速

 

Sora(ソラ)

SORA SHIMANO

出典:シマノ

スポーツ/フィットネス・サイクリスト向けのグレード。R3000系で、変速は2×9速(稀に3×9速)です。

 

・ST-R3000:ワイヤー/機械式

 

シマノ/ST-R3000

・Sora
・左右セット
・ワイヤー/機械式
・2×9速

 

Claris(クラリス)

クラリス SHIMANO

出典:シマノ

エントリーライダー向けのグレード。R2000系で、変速が2×8速(稀に3×8速)です。

 

・ST-R2000:ワイヤー/機械式

 

シマノ/ST-R2000

・Claris
・左右セット
・ワイヤー/機械式
・2×8速

 

Tourney(ターニー)

ターニー SHIMANO

出典:シマノ

街乗り用のグレード。変速段数は2×7速、または3×7速です。

 

・ST-A070:ワイヤー/機械式

 

シマノ/ST-A070

・Tourney
・左右セット
・ワイヤー/機械式
・2×7速

 

整備や交換は専門店に相談を

STIレバー 交換

 

STIレバーに関連する整備や交換には、専門的な技術や知識が求められます。特に初心者の方には、複雑と感じることも多いでしょう。

 

間違ったパーツ構成や組付けで使用してしまうと、事故につながる危険もあります。整備や交換をしたい場合は、スポーツバイクの専門店に一度相談してみましょう。

紹介されたアイテム

あわせて読みたい

スペシャライズド CPOストア
国内初!スペシャライズドの認定中古車ストアが2022年8月8日東京・西新宿にオープン!
スペシャライズドが、国内初のスポーツバイク認定中古車の販売を行う店舗をオープンしました。商品毎に指定されたメンテナンス項目の検査整備を経て、規定のク…
CYCLE HACK編集部
ゲレンデライド
「Camp & E-Bike」を体験しよう!テーマは“大人の夏休み” E-MTBで遊ぶ 夏のゲレンデライド!
夏のスキーゲレンデをE-MTBで遊ぶイベントが開催!テーマは“大人の夏休み”。まるで「プライベートゲレンデ」のように大自然を満喫することができますよ…
CYCLE HACK編集部
サイコン 比較
【徹底比較】2022サイクルコンピュータ11機をレビュー!価格・機能ランキング紹介
自転車の走行データを表示・記録するガジェットであるサイコン。今回は6ブランド(GARMIN、wahoo、Lezyne、Xplova、Bryton、C…
CYCLE HACK編集部
アウトドア遊びに自転車を!折りたたみ・電動などおすすめモデル10選
アウトドア遊びに自転車を!折りたたみ・電動などおすすめモデル10選
自転車といえば、サイクリングやポタリングなど、走ることそのものが大きな楽しみです。持ち前の機動力で、キャンプやピクニック、釣りなど、その他のアウトド…
ゆら
アースホッパー
全国のスキー場で使える定額パス「アースホッパー」。グリーンシーズンも拡充し。オールシーズンパスとして販売開始!
株式会社Pioneerworkは、日本全国約30箇所の人気スキー場で使えるリフト券とスキーおよびスノーボード用品レンタルの広域定額スノーパス「アース…
CYCLE HACK編集部