ロードバイクのポジション調整をしよう!基本5項目と調整方法を解説します

ロードバイクに乗っていると、「ポジション」という言葉をよく耳にしますよね。サドルの高さやハンドルの角度など、自分の体に合った位置にあわせることで、効率よく走れるようになります。難しいと思われるポジション調整ですが、今回は初心者でも調節可能な、基本の5項目をご紹介していましょう。

制作者

Mikio

通勤はクロスバイク、休日はロードバイクで1人サイクリングをしている独身。趣味が高じて、自転車メーカーでも働いていました。ガチで乗るより、ゆるく楽しみたい派です。

Mikioのプロフィール

...続きを読む

目次

  • 走りが変わる、ロードバイクのポジション出し
  • まずはこの5つ!理想のポジションへの調整方法
  • ①サドルの前後位置
  • ②サドルの高さ
  • ③ハンドルの高さ
  • ④ハンドルの角度
  • ⑤クリートの位置
  • 乗って確かめながら、微調整しよう
  • フィッティングサービスもおすすめ
  • 自分のベストなポジションを見つけよう

走りが変わる、ロードバイクのポジション出し

走りが変わる、ロードバイクのポジション出し

ロードバイクに慣れてきたら、自分に合う「ポジション」を見直してみてはどうでしょうか?すこしポジションを調整するだけで、実感できるほど走りが変わります。

 

ポジションとは、ロードバイクに乗っているときの姿勢のこと。正しくポジションを調整すれば、長時間でも快適に乗れたり、スピード維持しやすくなったりします。

 

まずはサドルやハンドルの調整

ポジション調整は、サドル/ハンドル/クリートの見直しが基本になります。それぞれの高さ、角度、位置を変えることで、乗り心地も変わりますよ。

 

まずはこの5つ!理想のポジションへの調整方法

「どれぐらい調整すれば、乗りやすくなるのか」は人それぞれですので、あくまで参考として読んでくださいね。しかし、調整する場所を知っておけば、自分の体格や好みに合わせて調整することができます。

 

ここからは「どこを調整すればいいのか」を、調整方法とともに紹介していきましょう。

 

①サドルの前後位置

ロードバイク サドル位置

撮影:編集部(ここが3時の位置です)

 

右クランクが地面と水平になる位置(時計の3時)にあわせ、サドルに座り、ペダルに足をかけます。

 

このとき、膝のお皿の裏側から、まっすぐ下におろした線が、ペダル軸を通っていればOKです

 

おろした線がペダルより前に出ていれば「前乗り」、後ろなら「後ろ乗り」です。どちらも問題はありませんが、効率よく力を加えるなら、ペダル軸に合わせた方がいいので、調整してみましょう。

 

サドルの前後位置を調整する方法

サドル位置 ロードバイク

撮影:筆者

サドルのレールに固定されたボルトを緩めると、前後にスライドできます。レールにメモリが付いているなら、目安にするといいでしょう。

 

②サドルの高さ

シートチューブ延長線上の、一番遠い位置にペダルをあわせます。

 

サドルの高さ ロードバイク

次に自転車にまたがり、ペダルにかかとを乗せましょう。このとき足がまっすぐ伸びていれば、サドルの高さが合っていると言われます。

 

サドルが高いとかかとが浮き、低いと膝が曲がり動かしにくくなります。ペダルにかかとを乗せるため、サドル前方に座ったり、無理に足を伸ばしていたりするなら、少し下げるといいですよ。

 

ただ、ペダルを基準にすると、足が地面に届きにくいので、まずは足が地面につく高さに調整してもいいでしょう。「股下寸法 × 0.87(cm)= サドル高」の計算式で、適切な高さを導き出す方法もあります。

 

サドルの高さを調整する方法

サドルの高さ 調整 ロードバイク

撮影:筆者

シートポスト付け根にある固定ボルトを緩めると、サドルを上下に動かせるようになります。

 

ボルトを強く締めつけすぎると、クランプが故障する原因に。逆に緩すぎると、走行中にサドルが下がってしまうので、締めつけ加減に注意しましょう。

 

③ハンドルの高さ

ロードバイク ハンドル 高さ

体格や柔軟性によっても変わりますが、慣れない場合はサドルとシフトレバーの高さが、同じくらいになる位置にセッティングするのがおすすめ。

 

位置を高くすると、上体が起きて前傾姿勢がゆるくなるため、ラクに走れます。顔を上げやすく、安心感もありますね。

 

反対に低くすると、前傾姿勢がきつくなりますが、空気抵抗を抑えられ、スピードを維持しやすくなります。ペダルに荷重をのせやすく、踏み込みもしやすいでしょう。ただ、慣れないと体を痛めることもあるので、無理をせず調整しましょう。

 

ハンドルの高さを調整する方法

ハンドルの高さ 調整 ロードバイク

撮影:筆者

ハンドルの高さは、コラムスペーサーと呼ばれるリング状のパーツで調整できます。

 

ハンドルを高くしたいなら、ステムの下にコラムスペーサーを追加しましょう。ステムのボルトを緩めた後、トップキャップボルトとステムを一度引き抜きます。そしてコラムスペーサーを必要枚数入れ、好みの高さに合わせてみてください。ステムと、トップキャップを戻して作業は完了です。最後にボルトで固定するのをお忘れなく。

 

ただしコラム長以上に、ハンドル位置を高くすることはできないので、要注意です。

 

ハンドルの高さ調整は、初心者にはすこし難易度が高いため、ショップに相談してみても良いでしょう。

 

④ハンドルの角度

ハンドルの角度 ロードバイク

乗る人の体格や柔軟性によりますが、ブラケット(上の写真で握っているところ)と、地面が水平になる角度にあわせるのがおすすめです。

 

ハンドルが前上がりの場合、上体を起こして乗る姿勢になるため、安定感があります。楽な姿勢で乗りたい人におすすめですが、そのぶん空気抵抗は受けやすく、スピードは出しにくくなります。

 

ハンドルが前下がりの場合、より深い前傾姿勢がとれるため、スピードを出したい時に向いています。しかし、体重がハンドルを握る手に集中するため、手首を痛めやすくなります。

 

どの角度がちょうどいいか、わからない時は、ブレーキレバーに手がかかりやすいか、ブレーキはしっかり握れるか、手首が変に曲がっていないかなど、チェックしてみるといいですよ。

 

ハンドルの角度を調整する方法

ハンドル 角度調整 ロードバイク

撮影:筆者

ハンドルの正面のステムの固定ボルトを緩めると、上下に回転するようになり、角度調節ができるようになります。

 

4本のボルトで固定されている場合は、1本だけ一気に緩めるのではなく、4本とも均等に、少しずつ緩めていきましょう。その際は、上下でなく対角線でボルトを緩めていきます。締める時も同様です。

 

⑤クリートの位置

ロードバイク クリートの位置

ペダルと足を固定して乗るビンディングシューズの場合、シューズには固定具であるクリートがついています。クリートの位置は「母指球の少し後ろ(かかと側)」が理想的です。

 

ビンディングシューズは、欧米人規格で作られている場合が多く、クリートを取り付ける位置も、欧米人の足裏に合うようになっています。そのため、日本人がシューズを履くと、欧米人と比べて足の指が短いので、ちょうどいい位置にフィットしないことがあります。

 

自分が踏みやすいクリート位置を探すために、何度もクリート位置を変えるのが一番でしょう。面倒な作業かもしれませんが、足首や膝を痛めないためにも、細かい調整は是非してくださいね。

 

クリート位置を調整する方法

クリート位置 調整 ロードバイク

撮影:筆者

シューズ裏にある、固定ボルトを緩めて位置を調整します。自転車パーツ定番ブランド「シマノ」の場合、SPD-SLなら3本、SPDなら2本のボルトで固定されています。

 

このボルトを緩めることで前後左右位置、角度を変えることができます。

 

乗って確かめながら、微調整しよう

数値上の適正値はあっても、実際に乗ってみないと、ちょうどいいポジションかわかりません。自分にベストな位置を見つけるためには、乗りながら徐々に調整していくのがおすすめです。

 

一気に全部のポジションを調整するより、1か所ずつ調整していき、どう変化したか確かめましょう。

 

フィッティングサービスもおすすめ

フィッティングサービスもおすすめ

どこが適正位置かわからない場合、フィッティングサービスを実施してるショップで調整してもらうのが、確実でおすすめですよ。

 

納車時はサドルの高さを調整する程度ですが、フィッティングサービスなら、より細かく各ポジションの調整をしてくれます。ただし、ショップによっては対応できないこともあり、対応できるショップでも、作業工賃がかかることがあるので、事前に確認しておきましょう。

 

例えば、世界最大級のスポーツバイクメーカー「GIANT」の専門店、ジャイアントストアでは、全国のショップで実施しているわけではありませんが、「サドルの高さ・前後位置・ハンドル位置・ステム長」のフィッティングを、5,500円から受けられますよ。

 

ジャイアントストア公式ページはこちら

 

また同じく定番のスポーツバイクメーカー「SPECIALIZED」が手がけるフィッティング「RETUL FIT」は、ライダーの身体的特徴に合わせたポジション調整も行っています。

 

▼▼関連記事はこちら▼▼

 

自分のベストなポジションを見つけよう

ロードバイクに乗り慣れてきたら、自分に合うポジションにこだわってみませんか?

 

少し位置を変えてみるだけで、走りやすくなったり、姿勢が楽になったりと、様々なことが分かります。動きにくさが解消されることもあるので、根気よくポジション合わせをしてみましょう。

 

自分のベストなポジションを見つけて、今より快適な走りを手にいれましょう!

あわせて読みたい

Amazon タイムセール 自転車
Amazon「タイムセール祭り」で、自転車関連アイテムをGETせよ!
2022年9月24日(土)から9月27日(火)23:59まで、ビックセールAmazon『タイムセール祭り』が開催中!  セール期間は87時間。数ある…
CYCLE HACK編集部
【写真付き解説】クロスバイクとロードバイクの違いを徹底検証!
【写真付き解説】クロスバイクとロードバイクの違いを徹底検証!
クロスバイクとロードバイク、それぞれの違いを解説します!初めてのスポーツバイクだと、どちらにしようか迷う人も多いでしょう。具合的にどんな違いがあるの…
Mikio
TOKYOBIKE FES
トーキョーバイクが20周年感謝イベント「TOKYOBIKE FES」を10月10日に隅田公園で開催!
今年で発売から20年を迎えたトーキョーバイク。感謝の気持ちを伝えるためのブランド初となる大型野外イベント「TOKYOBIKE FES」を2022年1…
CYCLE HACK編集部
ビッケ ブリヂストン
【走行距離アップでさらに使いやすく!】 『ビッケ モブdd』『ビッケ グリdd』2023年モデルが新発売!
ブリヂストンの人気電動アシスト自転車「ビッケシリーズ」の2023年モデルが、パワーアップして新登場!従来のものより、さらに走行距離がアップしたことで…
CYCLE HACK編集部
ロードバイク縦置き
ロードバイクを縦置きで保管しよう。縦置きスタンドと、DIY壁掛け設置方法を紹介!
ロードバイクを室内で縦置して保管する方法を紹介します。縦置きスタンドのおすすめ製品の紹介や、DIYで壁掛けをする方法や手順なども、まとめています。…
CYCLE HACK編集部