【2022】DT SWISSのホイールのおすすめモデルを価格別にご紹介

DT SWISSのホイールをご存じですか?ハブやスポークといったホイール部品のメーカーとして有名ですが、完成ホイールもなかなかのもの。日本でもじわじわと人気が上昇中です。そんなDT SWISSのホイールの特徴や、おすすめモデルをご紹介します!

制作者

おかちん

自転車に乗り始めるまでは全くのインドア派。クロスバイクから始めてロードバイクにハマってます。上り坂を愛し、ヒルクライムレースにも出場。海外在住経験もあり、現地レースにも参戦中です。

おかちんのプロフィール

...続きを読む

目次

  • じわじわと人気を集める「DT SWISS」のホイール
  • 高剛性&コスパの良さが魅力的なホイール
  • ロード用ホイールは3つのシリーズから
  • 【10万円以下】初心者におすすめのホイール
  • 【10~30万円】週末ライドからレースまで!ワンランク上のホイール
  • 【30万円以上】ハイエンドモデルの高性能なカーボンホイール
  • 購入前に確認しておきたいことリスト
アイキャッチ画像出典:Flickr/Glory Cycles

じわじわと人気を集める「DT SWISS」のホイール

DT SWISS ホイール

出典:Flickr/Glory Cycles

DT SWISSのホイールをご存じですか?最近日本のロードバイク乗りの間でもじわじわと人気が高まってきていますが、まだまだ見かけることの少ないホイールでもあります。今回はそんなDT SWISSのロードバイク向けホイールの魅力や、おすすめモデルをご紹介します。

 

スポークやハブの有名メーカー

DT SWISSといえば、スポークやハブの有名メーカー。他社のハイエンドホイールにもよく使われているほど、実績があります。中身はDT SWISSのハブだけど、ホイールメーカーのロゴが入っている(DT SWISSのOEM)ということもよくあるんです。そんなDT SWISSのリリースするホイールですから、性能にも期待ができますね。

 

高剛性&コスパの良さが魅力的なホイール

DT SWISSのホイールは剛性が高く、しっかり駆動力がかかると評判。スポークとハブ次第でホイール剛性のほとんどが決まるので、納得ですね。ホイールメーカーのなかでは比較的価格も良心的なのも良いところですよ。

 

高い性能のハブ

DT SWISS ホイール ハブ

出典:Flickr/Glory Cycles

本来なら、ハブだけで1本の記事が書けるほどの技術が詰まったDT SWISSのハブ。バイクに取り付けた(クランプした)時に最小のフリクションとなるよう設計されたベアリング技術や、優れた伝達効率のラチェットシステム、さらには工具なしで分解/交換できるノーツールコンセプトなど、多くの技術で高性能のハブを構成しているんです。

 

絶対の信頼にこたえるスポーク

DT SWISS ホイール スポーク

出典:DT SWISS

スポークのメーカーとしてスタートしたDT SWISS。ただの針金に見えるかもしれませんが、その製造技術と性能、品質は、多くのホイールメーカーやサイクリストの信頼を得ています。剛性や乗り心地、エアロ性能など、ホイールの性能を左右するスポークが自社製であることは、ホイールの設計において重要なことといえるでしょう。

 

全モデルチューブレス対応のリム

DT SWISS ホイール リム

出典:Flickr/Glory Cycles

アルミリムモデル、カーボンリムモデルとも、チューブレスレディ仕様となっていて、リムテープも付属。クリンチャーからの移行も簡単です。

 

リムブレーキモデルもあります

また最近では特にハイエンドのホイールでは、ディスクブレーキモデルが主流となってきていて、リムブレーキモデルが無いこともありますが、DT SWISSのラインナップはリムブレーキモデルも豊富にありますよ。

 

主張し過ぎないシンプルなデザイン

DT SWISS ホイール デザイン

出典:Flickr/Glory Cycles

ホイールのグラフィックは、シンプルでかっこいいデザイン。ブランドを主張しすぎないデザインなので、どんなバイクにも合わせやすいでしょう。

 

ロード用ホイールは3つのシリーズから

DT SWISSロード用ホイールのラインナップは、エアロ・パフォーマンス・エンデュランスの3シリーズがあります。

 

●エアロ(AERO):

空力性能重視のカーボンディープリムシリーズ

 

●パフォーマンス(PERFORMANCE)

ロードレースやトレーニングを想定した、リム内幅18mmの駆動効率に優れたシリーズ

 

●エンデュランス(ENDURANCE)

快適性や耐久性、扱いやすさを重視した、リム内幅19~20mmのシチュエーションを選ばず使えるシリーズ

 

モデル名と数字の意味は?

モデル名は、最初の1文字がシリーズ名(A:エアロ P:パフォーマンス E:エンデュランス)を表しています。続く2文字がリムのグレードと素材で、RC(カーボン)→R(アルミ)→無印(アルミ)の順。その次の数字がハブのグレードで、数字が小さいほど高性能なハブになります。例えば、「PRC 1400」は、パフォーマンスモデルのカーボンリムで、ミドルグレードハブのホイールを意味しています。

 

あなたはエアロ重視?剛性重視?

DT SWISS ホイール

出典:DT SWISS

モデル名の後ろには、エアロ重視/剛性重視で、DICUT(ダイカット)/SPLINE(スプライン)の表記がついています。DICUTは、ハブとスポークにダイカットエアロハブとT-headスポークを採用し、よりエアロ重視の構成となっています。SPLINEは、ストレートプル仕様のハブとスポークとなっており、剛性や耐久性重視といえるでしょう。

 

リムハイトも選べますよ

同モデルでリムハイトの選べるモデルもあります。ローハイトで軽量性、登坂性を選ぶか、ディープでエアロ、高速性を選ぶか。目的や好みに合わせて選ぶことができますよ。

 

【10万円以下】初心者におすすめのホイール

まずは初めてホイールを購入する方におすすめのモデルをご紹介します。

PR 1600 SPRINE

駆動の掛かりが良いラチェットシステムの350ハブを採用するアルミリムホイール。重量級のパワフルなライダーのパフォーマンスを最大限に活かすことができます。リムハイトを23mmと32mmから選択可能で、ディスクブレーキ仕様とリムブレーキ仕様があります。

ITEM
DT SWISS/PR 1600 SPLINE
リム材質:アルミスリーブジョイント・チューブレスレディ
リムハイト:23mm/32mm
ブレーキ仕様:リムブレーキ/ディスクブレーキ
重量:1623g~
参考価格(前後セット・税抜):86,400円

 


ER 1600 SPRINE

PR 1600 SPLINEと同じくラチェットシステムの350ハブ採用のオールラウンド向けアルミリムホイール。リム内幅20mmなので、やや太めのタイヤを履くことで快適な乗り心地を楽しめます。リムハイトは上り重視なら23mm、巡行重視なら32mmと選択可能。ディスクブレーキ仕様のみでリムブレーキ仕様はありません。

ITEM
DT SWISS/ER 1600 SPLINE
リム材質:アルミスリーブジョイント・チューブレスレディ
リムハイト:23mm/32mm
ブレーキ仕様:ディスクブレーキ
セット重量:1619g~
参考価格(前後セット・税抜):80,600円

 


E 1800 SPRINE

DT SWISSのエントリーモデルがE 1800 SPRINEです。普段使いに最適な気軽に使えるアルミホイールですが、スポークはしっかりとエアロスポークを装備しています。リムハイトも23mmと32mmから選択可能。ディスクブレーキ仕様のみです。

ITEM
DT SWISS/E1800 SPLINE
リム: アルミスリーブジョイント・チューブレスレディ
リムハイト:23mm/32mm
ブレーキ仕様:ディスクブレーキ
重量:1651g~
参考価格(前後セット・税抜):56,000円

 

【10~30万円】週末ライドからレースまで!ワンランク上のホイール

この価格帯だと、DT SWISSの定番240ハブがインストールされていて、転がりも耐久性も抜群。ワンランク上のホイールがねらえますよ。

ARC 1400 DICUT

実売価格で30万円以下で買えるカーボンエアロホイールがARC 1400 DICUT。上位モデルのARC 1100 DICUTと全く同一のリムに、ラチェットEXP36の240DICUTエアロハブを組み合わせ、価格を抑えたモデルです。リムハイトは80 mm、62 mm、48 mmの3種類から選ぶことができるうえ、ディスクブレーキ仕様だけでなくリムブレーキ仕様もそろっています。

ITEM
DT SWISS/ARC 1400 DICUT
リム:カーボンチューブレスレディ
リムハイト:48mm/62mm/80mm
ブレーキ仕様:リムブレーキ/ディスクブレーキ
重量:1591g~
参考価格(前後セット・税抜):303,000円

 


PRC 1400 SPRINE

PRC 1400 SPRINEは、レースで使える高い剛性をもったカーボンホイール。上りも高速巡行もバランスよくこなせる35mmのリムハイトに、ラチェットシステム36SLの240ハブと、ブレード加工のストレートプルスポークが、強大なパワーを駆動力に変換してくれます。リムブレーキ仕様とディスクブレーキ仕様があります。

ITEM
DT SWISS/PRC 1400 SPLINE
リム:カーボンチューブレスレディ
リムハイト:35mm
ブレーキ仕様:リムブレーキ/ディスクブレーキ
重量:1486g~
参考価格(前後セット・税抜):303,000円

 


PR 1400 DICUT OXIC

DT SWISSアルミホイールのトップグレードモデルがPR 1400 DICUT OXIC。リムのブレーキ面にOXICセラミックコーティングが施され、強力なリムブレーキ制動力を得られます。ラチェットシステム36SLの240ハブで掛かりと転がりも十分。チューブレス対応のアルミホイールとしては軽量の部類で、レースやロングライドで使い倒したい、コスパに優れたホイールですよ。

ITEM
DT SWISS/PR 1400 DICUT OXIC
リム材質:アルミスリーブジョイント・チューブレスレディ
リムハイト:21mm/32mm
ブレーキ仕様:リムブレーキ
重量:1447g~
参考価格(前後セット・税抜):155,000円

 

【30万円以上】ハイエンドモデルの高性能なカーボンホイール

30万円以上なら、超軽量SINCセラミックベアリング内蔵の180DICUTエアロハブを装備したDT SWISSのトップモデルが選べます。最上級の性能を堪能してはいかが?

ARC 1100 DICUT

カーボンエアロホイールのトップモデルがARC 1100 DICUT。Swiss Sideの空気力学エキスパートと共同開発したカーボンリムが最高のエアロ効果を発揮し、すべてのパワーを効率的に路面に伝えることができます。ディスクブレーキ仕様とリムブレーキ仕様があります。

ITEM
DT SWISS/ARC 1100 DICUT
リム:カーボンチューブレスレディ
リムハイト:48mm/62mm/80mm
ブレーキ仕様:リムブレーキ/ディスクブレーキ
重量:1535g~
参考価格(前後セット・税抜):369,000円

 


PRC 1100 DICUT MON CHASSERAL

DT SWISSが製品テストなどに使用するスイス北部山岳にある大聖堂の名前、MON CHASSERAL(モン・シャスラル)を冠した最高峰のクライミングホイールがPRC 1100 DICUT MON CHASSERALです。ヨーロッパでハンドメイドされるホイールは、24mmハイトの軽量カーボンリムで、重量は1266g。ディスクブレーキ仕様のみです。

ITEM
DT SWISS/PRC 1100 DICUT MON CHASSERAL
リム:カーボンチューブレスレディ
リムハイト:24mm
ブレーキ仕様:ディスクブレーキ
重量:1266g~
参考価格(前後セット・税抜):446,000円

 


ERC 1100 DICUT

エアロスペシャリストのSwiss Sideとのコラボレーションから生まれた、新しいリムプロファイルを採用するエンデュランスホイールのトップモデルERC 1100 DICUT。耐久性に特化し、どんなシチュエーションでも思いのままに走ることができます。リムハイトは山岳向きの35mmと、ロングライド向けの45mmの2種類。ディスクブレーキ仕様のみです。

ITEM
DT SWISS/ERC 1100 DICUT
リム:カーボンチューブレスレディ
リムハイト:35mm/45mm
ブレーキ仕様:ディスクブレーキ
重量:1300g~
参考価格(前後セット・税抜):369,000円

 

購入前に確認しておきたいことリスト

さまざまなバリエーションを展開するDT SWISSのホイールですが、せっかく買ったのに使えないなんてことも。特に通販で購入する場合は、自分のバイクに合うかどうかしっかり確認しておきましょう。

 

リムブレーキ?ディスクブレーキ?

DT SWISSのホイールには同じモデル名でリムブレーキ仕様とディスクブレーキ仕様があります。リムブレーキのロードバイクにはリムブレーキ仕様、ディスクブレーキのロードバイクにはディスクブレーキ仕様のホイールしか使えません。ディスクブレーキの場合、モデル名に『db』がついていることが多いのですが、絶対ではないのでしっかりと確認しよう。

 

アクスル規格

DT SWISS ホイール

出典:DT SWISS

基本的に、リムブレーキ仕様は5mmクイックリリース、ディスクブレーキ仕様は12mmスルーアクスル仕様となっています。これ以外の場合は、別売りのアダプターが必要な場合もあります。また、DT SWISSのアクスルはRWSスキュワーというレバーでの固定となっていて、強力な固定力とレバー位置の調整が簡単なのが特徴ですよ。

 

タイヤの種類に合わせて選ぼう

現在のDT SWISSホイールラインナップでは、全モデルチューブレスレディ対応となっています。リムテープとバルブも付属しているので、クリンチャーからチューブレスレディへの移行も簡単です。

あわせて読みたい

ロードバイク ウィンドブレーカー
【ロードバイク用ウィンドブレーカー】おすすめ製品・選び方・使い方を解説
ロードバイクに乗るなら、ぜひ持っておきたいのが「ウィンドブレーカー」。肌寒さや小雨を防いでくれ、重宝するアイテムです。今回は、ロードバイク用ウィンド…
S.K.
トレック 直営店
【自転車にもKeePerコーティング?】自転車業界初!全国25店舗のトレック直営店で販売開始!
全国25店舗のトレック直営店では、自転車業界で初めて、自転車へのコーティングサービスの販売を開始!汚れを防止するだけでなく、長期間のツヤを提供してく…
CYCLE HACK編集部
自転車 反射板
自転車の反射板って必須なの?必要な条件やおすすめアイテムを紹介!
反射板は、自転車の存在を知らせてくれる大切なアイテム。とくに夜間の走行の時、リアライトと同じように後続車に自転車の存在をアピールできます。反射板の装…
小竹 綾子
カステリ ロードバイク 男性
高性能!プロも愛用する『カステリ』のサイクルジャージをご紹介
サイクルウェアブランドとして有名なカステリ(Castelli)。おしゃれなサイクルジャージも展開されていますが、サイズ感や機能性が自分に合うのかが不…
S.K.
ディスクブレーキ メンテナンス ツール
自転車のディスクブレーキのメンテナンスならこれ!便利ツール「NTL-5」をご紹介
ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクなどのディスクブレーキに最適なメンテナンスアイテム、NOGUCHI (野口商会)の、「NTL-5」をご紹…
高橋智宏