走行性能が高いチューブラータイヤ!その特徴とおすすめモデルを紹介します。

ロードバイク用タイヤの1つである「チューブラー」。走行性能が高いタイヤですが、その実態はあまり知られていません。クリンチャーやチューブレスと比較しながら、構造や性能の違いについて解説します。おすすめできる代表モデル5つも紹介します!

制作者

CYCLE HACK編集部

CYCLE HACK運営&記事編集担当。自転車を通して体験できる魅力を発信!日本中、世界中を走りたい!

CYCLE HACK編集部のプロフィール

...続きを読む

目次

  • 走りが変わる「チューブラータイヤ」
  • チューブラーのここがポイント。3つのメリット
  • ここは少しマイナス。3つのデメリット
  • おすすめチューブラータイヤ5選
  • よくある疑問「パンク修理が大変でしょう?」
  • チューブラータイヤで、「走り」を楽しもう
アイキャッチ画像:筆者

走りが変わる「チューブラータイヤ」

チューブラータイヤ ロードバイク

撮影:筆者

ロードバイク用のタイヤの1つに「チューブラータイヤ」があります。レースなどの競技用として使われることが多いタイヤです。「走りが軽く」、乗り心地もいいため、ツーリングなどの趣味にも使えるタイヤです。

 

筆者はこれまでクリンチャータイヤを愛用していました。しかしチューブラーを試したところ、走りの軽快さや乗り心地が全く別物でした。現在ではチューブラーをメインで使うほど、気に入っているタイヤです。

 

走りが全く別物と感じたのは、チューブラーならではの構造の違いがあったからです。

どんな構造?

チューブラーは、クリンチャーやチューブレスとは異なる構造をしています。

ロードバイク タイヤ 種類

 

チューブラー:チューブとタイヤが一体型

クリンチャー:チューブを使用する

チューブレス:チューブを使用しない

 

チューブラーは、タイヤの中にインナーチューブが縫い込まれていて、ホイールには、タイヤをリムに接着させて固定させます。

 

クリンチャーやチューブレスと違って、ワイヤービードでリムにはめる構造ではないので、専用のホイールが必要になります(詳細は後述しますね)。

 

チューブラーのここがポイント。3つのメリット

そんな独自の構造を持つチューブラー。どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

メリット①ホイールシステムが軽量になる

チューブラータイヤ ロードバイク

撮影:筆者

ホイールシステム(ホイール/タイヤ/チューブ)を大幅に軽量化することができます。ホイールの種類にもよりますが、両輪で約100g~200gは軽くなると思われます。

 

チューブレスタイヤと比較した場合には、タイヤは約50g重くなる傾向があります。しかしホイールの構造上、ビードを掛けるフックが不要のためリムが、軽量になります。また多くの超軽量ホイールは、チューブラー構造を採用しています。それほどまでにホイールシステムの軽量化に貢献してくれるのがチューブラーの特性です。

 

実際、ホイール全体の外周部が軽くなることで、加速や登坂がラクになることは間違いありません。

 

メリット②乗り心地がよくなる

チューブラータイヤ ロードバイク

撮影:筆者

タイヤ断面を見ると、真円の形をしています。クリンチャーやチューブレスは、ワイヤーでリムに引っかける構造のため、断面が潰れた円のような形です。

 

一方、チューブラーは、真円になることでしなやかな乗り心地になり、路面からの衝撃を緩和されたように感じます。路面からのギャップをいなすだけではなく、タイヤ時代が潰れにくいためです。細かい振動ノイズが少なくなるというイメージです。

 

またカーブなどで、車体を倒すような場面でも、タイヤは潰れにくいと感じられます。角度にかかわらず、一定以上のしなやかさを発揮できるのがチューブラーの強みです。

 

メリット③リム打ちパンクをしにくい

チューブラータイヤ ロードバイク

撮影:筆者

リム打ちパンクとは、段差を超える際にタイヤが潰れて、チューブがタイヤとリムに挟まれてパンクすることです。

 

しかしチューブラーではほとんどリム打ちパンクは起きません。リムにはフックがなくチューブが挟まれる箇所がないためです。その分、空気圧を下げやすいこともメリットになります。

ここは少しマイナス。3つのデメリット

走りにおいてはメリットが多いチューブラーですが、その反面、導入のハードルや、管理が面倒になる部分もあります。

 

デメリット①クリンチャー用のホイールと互換性がない

前述したように、チューブラーは、タイヤとリムを接着させて固定させるので、クリンチャーやチューブレスホイールとの互換性はありません。

 

チューブラーを使いために、新しいホイールを準備しなければならないという、ハードルの高さがあります。

 

デメリット②ホイールの選択肢が少ない

チューブラータイヤ ロードバイク

撮影:筆者

そして、そのチューブラー用のホイールですが、種類が少ないことも事実です。各ホイールメーカーのラインナップにも少なく、選択肢が限られることもしばしば。

 

他のホイールに比べ、デザインや予算などに、制限が出てくることもあるでしょう。

 

デメリット③パンク対策には、タイヤを持ち運ぶ必要がある

出先でのパンク対策として、クリンチャーの場合、基本的にはチューブだけを携帯しますが、チューブラーはタイヤ自体を携帯する必要があります。

 

チューブラータイヤは、パンクした時、縫い込まれたチューブだけを修理または交換することが難しいため、パンクしたらタイヤごと交換する運用になります。

 

チューブラータイヤ ロードバイク

撮影:筆者

上記のように、チューブラータイヤとチューブを比べると、2倍以上、大きさに違いがあります。荷物を少しでも少なくしたい時など、工夫が必要になってくるでしょう。

 

おすすめチューブラータイヤ5選

ここからは、チューブラータイヤをお探しの方に、おすすめしたい各メーカー代表的なチューブラータイヤを紹介しましょう。

 

CONTINENTAL(コンチネンタル)/SPRINTER

ロードバイクユーザーから人気の高いCONTINENTAL。SPRINTERは、中級価格帯ながらレースにも使える高い耐久性を持っています。しなやかな乗り心地と高いグリップで、カーブの多いシーンでも活躍します。これ一本で、レースからツーリングまでまかなえる信頼性の高いタイヤです。

ITEM
CONTINENTAL/SPRINTER
・サイズ:22c、25c
・重量:275g (22c)、295g (25c)

 

VITTORIA(ヴィットリア)/RUBINO PRO

根強いファンを持つタイヤメーカーVITTORIA。RUBINO PROシリーズはクリンチャー・チューブレスも用意されていて、どのタイプを選択しても高いトータルバランスを持った性能を実感できます。チューブラーとしてはCORSAに次ぐセカンドグレードですが、耐久性も高いことも特徴です。

ITEM
VITTORIA/RUBINO PRO
・サイズ:23c、25c、28c
・重量:285g (23c)、295g (25c)、335g (28c)
・TPI:180/3レイヤー

 

Michelin(ミシュラン)/POWER COMPETITION

フランスに本社を置く他国製タイヤメーカーMichelin。自転車ではなく、自動車、バイク、航空機向けのタイヤも製造しています。

 

POWER COMPETITIONは、グリップ性能が高く、濡れた路面でもグリップ力が発揮できるオールシーズンタイヤです。路面と接するトレッド面には補強材が覆われており、耐久性も確保されています。

ITEM
Michelin/POWER COMPETITION
・サイズ:23c、25c、28c
・重量:260g (23c)、280g (25c)、300g (28c)

 

TUFO(チューフォ)/S33 PRO

東欧チェコのタイヤメーカーTUFOは、ロードバイクタイヤをメインに独自開発・展開をしているメーカーです。S33PROは耐久性も高く練習用チューブラーの位置づけですが、センター部をスリック・サイドを杉目にするなど走りに関してもクオリティが高く、安価で購入できるので初めてのチューブラーやスペアに最適です。

ITEM
TUFO/S33 PRO
・サイズ:21c、24c
・重量:260g (21c)、310g (24c)

 

SOYO(ソーヨー)/Upstream

ダイワボウが展開する自転車用タイヤブランドがSOYOです。トラック・競輪用もラインナップされていますが、Upstreamはロードバイク用として作られたチューブラータイヤで、職人の手作りによる国産品です。縫い目のないシームレス化による軽量など国内ではトップクラスのチューブラータイヤといえます。

ITEM
SOYO/Upstream
・サイズ:22c
・重量:240g (22c)

 

よくある疑問「パンク修理が大変でしょう?」

チューブラータイヤ ロードバイク パンク修理

撮影:S.K.

 

筆者の個人的な感想ですが、「すごく大変になることはない」と思います。パンク修理ではチューブのみの交換ができないので、チューブラータイヤごとの交換になります。

 

そもそもですが、チューブラータイヤは専用テープか接着剤で固定されています。

チューブラータイヤ ロードバイク パンク修理

クリンチャーのようにワイヤービードが入っているわけではありません。そのためタイヤの付け外しが簡単なことが特長です。

 

作業時間だけで見た場合、クリンチャー10分、チューブラー15分といったところでしょうか。おもに時間がかかることは、接着させるためのテープ貼り作業です。

 

逆に手間を見た場合、クリンチャーよりも簡単だと筆者は思います。ワイヤービードがないため、タイヤの着脱が簡単です。力いっぱいに腕力を掛けなくともタイヤの付け替えができるので、タイヤ着脱が苦手な方には楽だと感じられると思います。

 

空気入れ作業もクリンチャーとまったく変わりません。出先でのパンク修理でも、そこまで大変になることはないのでしょうか。

 

 

チューブラータイヤで、「走り」を楽しもう

チューブラータイヤ ロードバイク

撮影:筆者

タイヤを変えるだけでも、乗り心地が大きく変わります。

 

特にチューブラータイヤは、走りを軽やかにする構造なので、より軽快な走りを追求できます。タイヤにこだわりたい方は、チューブラータイヤはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

自転車と自然を満喫できる「リソルの森」で、ワーケーションしてきました!
自転車と自然を満喫できる「リソルの森」で、ワーケーションしてきました!
関東圏でアウトドアするなら、リソルの森がおすすめ!自転車と泊まれるサイクルコテージや、施設が充実したグランピングサイトなど、さまざまな形態の宿泊施設…
CYCLE HACK編集部
ジャック・ウルフスキン サイクリング
【ジャック・ウルフスキン】ヘビロテしすぎに要注意。街乗りもアウトドアもこなすサイクルウェアの秘密とは
アウトドアブランド「Jack Wolfskin(ジャック・ウルフスキン)」から、バイクスペシャリストが監修した自転車用ウェアやバイクパッキング装備が…
CYCLE HACK編集部
キーレイ ライト
【クロモリユーザー必見】見た目はビンテージ、中身は高スペックな自転車ライト「KiLEY(キーレイ)」が気になります!
台湾発の自転車アクセサリーメーカー「KiLEY(キーレイ)」より発売されたビンテージ風のフロントライト。クロモリロードやランドナー、スポルティーフに…
大城 実結
ママチャリからグラベル、レースまでOKのPep cyclesって?開発者にインタビューしてみたよ。
時にツーリングバイクに、時にレースバイク、さらにはママチャリに。「永く乗る、永く使う」をコンセプトにしたPep cycles(ペップサイクルズ)は、…
大城 実結
【朗報】都内近郊で自転車メンテにお困りなら、渋谷「Limbocycling SHIBUYA cocoti」がおすすめ!
渋谷駅近くの「Limbocycling(リンボサイクリング)」の、自転車メンテナンスサービスを紹介します。対象の自転車は、ロードバイクやクロスバイク…
高橋智宏