【高性能で特別なマシン】チタンロードバイクの特徴とおすすめモデル5台

「一度は乗ってみたい」と言われる、チタンのロードバイク。高性能な高級素材であるチタンを用いた、特別なマシンとして根強い人気を博しています。そんなチタンロードバイクの特徴と、おすすめモデル5台をご紹介しましょう。

制作者

S.K.

自転車バカのライター。ロングライドとバイクパッキングが好きで、愛車と共に全国を駆け回る。登山、キャンプ、釣りなどを楽しむアウトドアマンでもある。

S.K.のプロフィール

...続きを読む

目次

  • ロマンあふれる、チタンフレームのロードバイク!
  • チタンフレームのロードバイク、ここが良い!
  • 【よくある疑問】チタンは錆びやすい…?
  • チタンフレームのロードバイク、おすすめ5台
  • 少しマイナスな点も知っておこう
  • 特別感も味わえる、チタン製のロードバイク
アイキャッチ画像:De Rosa

ロマンあふれる、チタンフレームのロードバイク!

アルミ、カーボン、クロモリ…。ロードバイクのフレーム素材は数あれど、『チタン』は一目置かれる存在です。

 

チタンという素材がもたらす上質な乗り味や美しい見た目は、自転車愛好家の心を掴んで離しません。

 

チタンロード Litespeed

出典:Litespeed

プロの世界ではカーボンフレームが活躍していますが、「一度は乗ってみたい」「所有してみたい」と思わせてやまない、チタンフレーム。

 

そんなロマンあふれるチタンフレームの魅力を、ご紹介していきます。

 

そもそもチタンって、どんな素材?

そもそも、チタンとはどんな素材なのでしょうか?

 

チタン 素材

 

チタンは、軽量で強度も高く、錆びにくい特徴がある金属です。

 

その特性を利用して、航空宇宙や建築、医療などの分野に用いられる他、日常的なものではメガネや時計、アクセサリーなどに使用されています。

 

チタンは高性能な反面、鉄やアルミニウムなどと比較し高価なため、「高級な金属」という印象も強い素材です。

 

チタンフレームのロードバイク、ここが良い!

では、チタンで作ったロードバイクのフレームの特徴を、3つご紹介しましょう。

 

①軽量かつ高剛性

チタンの特徴である「軽さ」と「強さ」を生かし、軽量なフレームを作ることができます。

 

Litespeed チタン

出典:Litespeed

チタンフレームはチタンのパイプを繋ぎ合わせて作られますが、同じ構造となるクロモリフレームよりも軽量で、剛性も高くしやすいといわれています。また、エントリーグレードのアルミフレームと比較しても、チタンフレームは軽量なものが多いです。

 

一般的にフレーム剛性を高くすると重量が増えますが、重量増加を抑えられるのはチタンならではの特徴です。

 

②バネのような、しなりのある走り

「軽くて強い」と言われると、一見ガチガチな乗り味を想像してしまいますが、チタンは「バネのような、しなりのある走り」と言われています。

 

DE ROSA TITANIO

出典:De Rosa

しなりが生み出す加速感で、チタンならではの軽やかで伸びのある走行感になるようです。

 

数値的なスペックではカーボンフレームに劣っていたとしても、チタンフレームが愛され続ける理由は、そこにもあるのでしょう。チタンにしか出せない上質な乗り味は、ライドの満足度を一段と引き立ててくれるはずです。

 

 

③質感が高いデザイン

チタンは色も独特で、渋みのある銀色をしています。落ち着いた印象でありながら、高級感もあり、チタンにしかない美しいシルバーカラーです。

 

チタン パナソニック 自転車

出典:Panasonic

チタンフレームはその色を生かしたデザインであることが多く、一目見て「あ、チタンのバイクだ」と分かるものが殆ど。その特別感と美しさは、所有欲をかき立てます。チタンフレームの中には、塗装をせず表面処理だけのフレームも存在するほどです。

 

素材を表に出すデザインは、他の金属では錆びの原因となるため避けられ、全体を塗装するのが一般的です。素材本来のカラーを楽しめるのも、チタンという錆びにくい素材だからこそ可能なデザインなのです。

 

【よくある疑問】チタンは錆びやすい…?

「金属フレーム」と聞くと、どうしても錆びによる劣化が気になりますよね。

 

チタン 錆

 

しかし、チタンは錆に非常に強い素材であるため、その心配は不要です。クロモリ(鉄)やアルミと比べて圧倒的に錆びにくいため、「買えば一生もの」と言われるほど。

 

高級素材ではありますが、一度買えば劣化が少なく、日常的なメンテナンスでも気を遣わずに済む、嬉しい素材なのです。

 

チタンフレームのロードバイク、おすすめ5台

チタンフレームのロードバイクは、他の素材に比べて製造しているブランドが少ない傾向があります。ここでは、中でも有名なチタンロードバイクを5つご紹介しましょう。

 

Panasonic/FRTC22

パナソニックチタンロード

出典:Panasonic

・重量:1,510g(550サイズ、フレーム単体)

・価格:264,000円~(フレームセット、税込み)

 

高い性能と確かな品質で、長年にわたり自転車ファンの心を掴んでいる日本ブランド「Panasonic(パナソニック)」。クロモリフレームが有名ですが、チタンフレームのロードバイクも定評があります。

 

チタンのしなやかさとバネ感を生かしたフレームで、軽快な加速感がウリのフレームです。

 

カスタムカラーのオーダーが出来ることでも有名で、自分だけの1台を注文できるのも大きな魅力でしょう。

 

製品公式ページはこちらから

 


 

De Rosa/TITANIO Solo

 

デローザTITANIO

出典:De Rosa

・価格:946,000円(フレームセット、税込み)

 

ハートのロゴがお馴染みの、ハイクラス自転車ブランド「De Rosa(デローザ)」。そのDe Rosaの手掛けるチタンフレームが、「TITANIO Solo」です。

 

剛性と快適性と高いバランスで実現し、パワーのあるライダーにも対応する高性能フレーム。「剛性と密度感に優れるペダリングフィールや、高負荷や高速域での走りはサドルの上で至福の時を感じることでしょう」(De Rosaより引用)という謳い文句が、その性能を物語っています。

 

製品公式ページはこちらから

 


 

GIOS/TITANIO

ジオス TITANIO

出典:GIOS

・重量:1,500g(フレーム単体)

・価格:305,800円(フレームセット、税込み)

 

スチールフレームが得意なイタリアのブランド「GIOS(ジオス)」。チタンを生かした設計と、ホリゾンタル(水平)なトップチューブが魅力的な1台です。

 

「ジオスブルー」と呼ばれる美しい青色のカラーリングを施しつつも、リアエンド周りでチタンカラーを見せるさりげないデザインもかっこいいですよね。

 

製品公式ページはこちらから

 


 

Litespeed/Ultimate

ライトスピード

出典:Litespeed

・重量:1,280g(Mサイズ、フレーム単体)

・価格:2,935$(フレームセット、USD)

 

世界でもいち早くチタンフレームを手掛けてきた、チタンの第一人者ともいえる「Litespeed(ライトスピード)」。チタンフレームにおいて、その技術力と歴史は誰もが認めるブランドです。

 

多数のチタンフレームをラインナップしていますが、Ultimate(アルティメイト)は軽量性、剛性、空力といったレーシングな性能を突き詰めて設計された一台。軽量で反応性が高い一方で、チタンのしなやかさと快適性も損なません。チタンを知り尽くしたLitespeedだからこそできる、究極な一台でしょう。

 

製品公式ページはこちらから

 


 

COLNAGO/TITANIO

コルナゴTITANIO

出典:COLNAGO

・価格:572,000円(フレームセット、税込み)

 

ロードレースの歴史とともに進化し続けた、名実ともに優れたイタリアンブランド「COLNAGO(コルナゴ)」。現在に至るまでプロに機材を提供し続けています。

 

COLNAGOのチタンフレーム「TITANIO(チタニオ)」は、反応性よりも快適で上質な走りを追求した一台。速さよりも、走る楽しみを高めたい方におすすめなチタンロードです。

 

製品公式ページはこちらから

 

 

少しマイナスな点も知っておこう

最後に、チタンフレームのマイナスな点をご紹介しておきましょう。

 

価格が高い傾向にある

お金

 

チタンは素材自体がやや高価で、クロモリやアルミと比べて加工が難しいため、チタンロードバイクの値段は高めです。

 

大量生産できないフレームだからこそ所有欲を満たしてくれるものですが、その反面、初期投資はある程度必要となります。

 

販売しているメーカーは多くない

生産が難しいので、そもそも販売しているメーカーは多くありません。在庫や納期を考えると、さらに選択肢は絞られるでしょう。

 

自転車メカニック

 

実車を在庫しているショップも稀ですので、現物を見てみたくても、その機会が得にくいのが現実です。気に入った一台であっても、入手のハードルは高いかもしれません。

 

基本は、フレームセット販売

ORTC22 FRTC22

出典:Panasonic

中には完成車販売をしているブランドもありますが、チタンロードバイクの多くはフレームセットでの販売です。他に必要となるパーツを別で用意し、自転車の形に組み立てる必要があります。

 

パーツの選定や組み立てなど、ショップと相談しながらバイクを完成させていくイメージです。

 

特別感も味わえる、チタン製のロードバイク

チタンのロードバイクは、素材の魅力が詰まった特別な一台です。

 

チタンロード デローサ

出典:De Rosa

軽量性、剛性、快適性のバランスがとれた乗り味に、チタンにしかない魅力的な見た目も兼ね備えています。価格や入手性など、乗るまでの苦労もあったとしても、その分特別な一台となることでしょう。

 

ロマン溢れるチタンのロードバイクで、サイクリングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい

Amazon タイムセール 自転車
Amazon「タイムセール祭り」で、自転車関連アイテムをGETせよ!
2022年9月24日(土)から9月27日(火)23:59まで、ビックセールAmazon『タイムセール祭り』が開催中!  セール期間は87時間。数ある…
CYCLE HACK編集部
【写真付き解説】クロスバイクとロードバイクの違いを徹底検証!
【写真付き解説】クロスバイクとロードバイクの違いを徹底検証!
クロスバイクとロードバイク、それぞれの違いを解説します!初めてのスポーツバイクだと、どちらにしようか迷う人も多いでしょう。具合的にどんな違いがあるの…
Mikio
TOKYOBIKE FES
トーキョーバイクが20周年感謝イベント「TOKYOBIKE FES」を10月10日に隅田公園で開催!
今年で発売から20年を迎えたトーキョーバイク。感謝の気持ちを伝えるためのブランド初となる大型野外イベント「TOKYOBIKE FES」を2022年1…
CYCLE HACK編集部
ビッケ ブリヂストン
【走行距離アップでさらに使いやすく!】 『ビッケ モブdd』『ビッケ グリdd』2023年モデルが新発売!
ブリヂストンの人気電動アシスト自転車「ビッケシリーズ」の2023年モデルが、パワーアップして新登場!従来のものより、さらに走行距離がアップしたことで…
CYCLE HACK編集部
ロードバイク縦置き
ロードバイクを縦置きで保管しよう。縦置きスタンドと、DIY壁掛け設置方法を紹介!
ロードバイクを室内で縦置して保管する方法を紹介します。縦置きスタンドのおすすめ製品の紹介や、DIYで壁掛けをする方法や手順なども、まとめています。…
CYCLE HACK編集部