【速くて快適】フェルトのクロスバイク、最新2022年モデルをご紹介

フェルトのクロスバイクVerza Speedシリーズは、はじめてのスポーツ自転車を購入する人におすすめです。ロードバイク譲りのスピード性を備えながら、快適性も十分。週末のサイクリングや、通勤・通学にもピッタリです。さらに進化したVerza Speed 2022年最新モデルをご紹介します!

目次

  • 快適さと速さと兼ね備えた、フェルトのクロスバイク
  • クロスバイク初心者にもおすすめの「フェルト」
  • フェルトのクロスバイク「VerzaSpeed」の最新2台
  • 便利なパーツも後付可能になっています
アイキャッチ画像出典:RITEWAY

快適さと速さと兼ね備えた、フェルトのクロスバイク

快適さと速さと兼ね備えた、フェルトのクロスバイク

出典:RITEWAY

これからスポーツバイクに乗ってみようと思っているなら、フェルトのクロスバイクはいかがですか。今回は、速さと快適さを備えたフェルトのクロスバイクの特徴や、最新モデルをご紹介します!

ドイツ生まれの自転車ブランド「FELT」

ドイツ生まれの自転車ブランド「FELT」

出典:Flickr/Dee Lau

FELT(フェルト)は、創設者であり開発者のジム・フェルト氏が、ドイツ人と共に立ち上げた自転車ブランドです。

 

ロードバイクをはじめ、トライアスロンバイクやトラックレーサー、シクロクロスなど、高性能、高品質で、質実剛健さがウリのフェルトのスポーツバイクは、日本でも玄人好みのブランドとして知られています。

クロスバイク初心者にもおすすめの「フェルト」

クロスバイク初心者にもおすすめの「フェルト」

出典:RITEWAY

「玄人好み」というと、なにか難しそうなイメージですが、フェルトはクロスバイク初心者にもおすすめです。ロードバイク譲りのスピード性を備えながら、上体を起こした姿勢、柔らかいサドルなど、クロスバイク初心者でも安心して扱えますよ。

 

高品質な軽量アルミフレーム

高品質な軽量アルミフレーム

出典:RITEWAY

フレームはレース用ロードバイクと同じスーパーライトアルミニウム製。十分な剛性を確保しつながら、適度な柔軟性を許容するフレームをになっています。

 

コンピュータによるFEA解析で設計することで、快適な乗り心地を実現しています。

振動吸収性に優れたシートステー

フェルトのクロスバイクは、シートステーを積極的にしならせることで振動吸収させる、新しいテクノロジーを採用しています。垂直方向に柔軟性を持たせることで、振動吸収性と路面追従性を高める一方で、加速に必要とされる横方向の剛性も十分なレベルを維持しています。

シンプルで無骨なデザイン

シンプルで無骨なデザイン

出典:RITEWAY

グラフィックは落ち着いたカラーでまとめられていて、シンプルで無骨。いかにもフェルトらしいデザインと言えるでしょう。

 

フェルトのクロスバイク「VerzaSpeed」の最新2台

ロードバイクのテクノロジーを搭載したフェルトのクロスバイクは、ディスクブレーキのVerzaSpeed40と、リムブレーキのVerzaSpeed50の2モデル。どちらも3×8段の変速を装備し、見た目やジオメトリはほぼ同じですが、若干の違いがあるのでご紹介しましょう。

 

VerzaSpeed40

VerzaSpeedのハイグレードモデルがVerzaSpeed40。2022年モデルからディスクブレーキが油圧式にグレードアップ。どんな環境でも抜群の制動力を発揮します。

 

スーパーライトアルミニウム製フレームは、力のあまりかからない箇所を薄くするバテッド加工により剛性を維持しながら軽量化。素早いシフト操作のできるシマノラピッドファイヤプラスシフターや、チューブレスレディホイールなど、ワンランク上のアイテムを装備しています。

ITEM
フェルト Verza Speed 40 2022
カラー:チャコール、ブラック/ブルー
サイズ:470(350)、510(400)、540(450) ※カッコ内はST長実寸
参考価格:78,980円(税込)

 


VerzaSpeed50

VerzaSpeed50はメンテナンスが容易なリムブレーキを装備するベーシックグレードモデル。スーパーライトアルミニウム製フレームに、視認性の高いギアディスプレイによりエントリーレベルのライダーにも使いやすい、シマノEZファイヤプラスシフターを装備。重量は11.5kgとVerzaSpeed40の11.9kgより若干軽く仕上がっていて、より気楽にライドが楽しめるでしょう。

ITEM
フェルト Verza Speed 50 2022
カラー:チャコール、ブラック/レッド、ブラック/ブルー、ホワイト
サイズ:470(350)、510(400)、540(450) ※カッコ内はST長実寸
参考価格:69,080円(税込)

VerzaSpeed40と50の違いをまとめてみました

以下、2モデルのスペックを表にまとめました。モデル選びの参考にしてください。

 

 モデル名  VerzaSpeed40  VerzaSpeed50
 フレーム  スーパーライトアルミニウム(バテッド)  スーパーライトアルミニウム
 ブレーキ  油圧式ディスクブレーキ  リムブレーキ(Vブレーキ)
 シフター  シマノラピッドファイヤプラスシフター  シマノEZファイヤプラスシフター
 ホイール  チューブレスレディアルミホイール(22mmハイト)  クリンチャーアルミホイール(17mmハイト)
 重量  11.9kg  11.5kg
 参考価格(税込)  78,980円  69,080円

 

便利なパーツも後付可能になっています

便利なパーツも後付可能になっています

出典:RITEWAY

汎用のフェンダーやキャリアが取り付けできるマウントホールを、フロント・リアアクスル近くに装備していています。街乗りから通勤、通学まで幅広く使うことができますよ。

紹介されたアイテム

フェルト Verza Speed 40…
フェルト Verza Speed 50…

あわせて読みたい

コンチネンタル
『コンチネンタル』のロードバイク用タイヤを紹介!人気のGP5000インプレも!
ロードバイク用のタイヤで有名な「コンチネンタル」。タイヤはロードバイクの中でも重要なパーツの1つです。タイヤメーカーのコンチネンタルは、その性能や品…
S.K.
もう手放せないギア!自転車キャンプで活躍する4つの小物
もう手放せないギア!自転車キャンプで活躍する4つの小物
自転車でキャンプをするなら、どんなキャンプギアを使うかが大切です。持ち物の量に制限があるからこそ、便利で使い勝手の良い道具を揃えていくと、キャンプが…
S.K.
革命的なライト付きヘルメット!「LUMOS Ultra」をガチレビューします
革命的なライト付きヘルメット!「LUMOS Ultra」をガチレビューします
ヘルメットとライトが一体化した「LUMOSヘルメット」。360°どこからでも見えるライト、直感的で分かりやすい操作、ユーザーが使いやすいように細かい…
CYCLE HACK編集部
シクロクロス グラベルロード 違い
【どっちを選ぶべき?】シクロクロスとグラベルロードの違いや選び方をまとめました
見た目がそっくりな、シクロクロスとグラベルロード。どちらもオフロードも走れるロードバイクのように思われていますが、どこが違うのでしょう?それぞれの特…
おかちん
シュラフ 選び方
自転車キャンプのシュラフは何がいい?選び方とおすすめ製品まとめ
自転車キャンプの装備の中で、シュラフ(寝袋)は、ひと際大きく嵩張るものです。そして同時に、快適な睡眠を確保するためには、欠かせない道具の1つでもあり…
S.K.

自転車に乗り始めるまでは全くのインドア派。クロスバイクから始めてロードバイクにハマってます。上り坂を愛し、ヒルクライムレースにも出場。現在海外在住で、現地レースにも参戦中です。