【ビギナーにおすすめ】はじめてのBMXの種類と選び方。フリースタイル?レース用?

東京五輪で初採用されたフリースタイル・パーク競技で注目されたBMX(バイシクルモトクロス)。小さな20インチのホイールに太めのタイヤにシンプルな構造で、子供の最初の1台にも、オフロードやトリック(演技)に本格的に挑戦するにも楽しい自転車です。同じように見えて実は色々種類があり、実際に購入する時は悩んでしまうことも多いです。そんなBMXの種類や選び方について説明します。

制作者

TANE_TSUBUTA

小学生の時に映画「ET」を見てBMXレースを始めた40代。MTB、ロードバイクに市民権がなかった頃から一通り楽しみ、現在は日本全国の素晴らしい場所を楽しんでもらうために、サイクリングガイドとして活動することを計画中。

TANE_TSUBUTAのプロフィール

...続きを読む

目次

  • BMXってどんな自転車?
  • 楽しみ方で大まかに3種類
  • レース用BMXおすすめ3台
  • 「フリースタイル、ストリート」おすすめ2台
  • 「フラットランド」おすすめ2台
  • BMXは専門店で購入しましょう
アイキャッチ画像提供:JykK JAPAN

BMXってどんな自転車?

BMX おすすめ 初心者

BMXの車体の特徴は、20インチの車輪に、オートバイのようなグリップ部分が上がっているハンドル、頑丈でシンプルなフレームが特徴です。素材はスチール素材のクロームモリブデン鋼が一般的です。20インチのものがメインで、24インチのモデルで行われるレースもあり、まさに子供から大人まで楽しめる自転車です。

2020東京五輪でも脚光

BMXってどんな自転車か知っていますか? 最近では8月の東京五輪で初採用されたBMXフリースタイル・パーク競技での日本人選手の活躍が記憶に新しいのではないでしょうか。世界選手権で優勝経験もある中村輪夢(りむ)選手、大池水杜(みなと)選手の存在で有名になりました。

40代以上の人は、スティーヴン・スピルバーグ監督の映画「E.T」を見てBMXを始めた人も多かったりします。新興住宅街の空き地を縦横無尽に走るBMXの激走シーン。主人公たちが乗る自転車が日本製の「KUWAHARA(クワハラ)」だったことは有名な話です。

アメリカの少年たちの遊びが起源

BMXは1970年代にアメリカの少年たちが自分たちの自転車をオートバイに見立てて改造し始めたのが始まりとも言われています。普通の自転車からライトやキャリアや泥除けを取り外し、よりシンプルな形となっていったようです。

 

楽しみ方で大まかに3種類

BMXと言っても様々な遊び方があり、それぞれ車体の特徴も変わってきます。

 

①シンプルで速い、軽い「レース」

BMX おすすめ

専用のコースを速く駆け抜けることが要求される「BMXレーシング」。いくつものジャンプやコーナーが連続する約400メートルのコースを同時に8人がスタートし、順位を競います。余計なものをそぎ落としたタイプの車体で、フレームはアルミニウムやカーボン素材のものが出てきています。

 

ビギナー用のものでもシンプルな作りなので、ロードバイク並みに軽量です。パーツも少ないので故障しにくいのもメリットで、ブレーキはスピード調節用に後輪のみにつけられています。公道を走る場合は前後ブレーキが付いたものを選ぶか、後輪にブレーキを追加しましょう。

 

②トリック楽しむ「フリースタイル」街中なら「ストリート」

BMX おすすめ

その名の通り街中の「ストリート」で障害物をクリアして楽しむためのもの。階段をジャンプしたり、手すりにホイールの軸をひっかけてすべったり、街中の人工物を使ってそれをいかにクリアするか、自分のスタイルを見せるかを楽しみます。

 

ハードな使い方をしても壊れないことが重要で、フレームはクロモリ製が多く、パーツも頑丈で耐久性が求められ、重量もやや重めのものが多いです。公共の場で楽しむのが「ストリート」、そのストリートの障害物を「パーク」と呼ばれる競技スペースにギュッとまとめて競技性を持たせたのがオリンピック競技の「フリースタイル・パーク」となります。

 

「フラットランド」はBMX界の“フィギュアスケート”

BMX おすすめ

舗装された平らな会場で、フレームやタイヤの上に乗ったまま、バイクを回転させたり、ライダー自身がフロントホイールに乗って、ハンドルごと回ったりします。華麗な演技で点数を競う様子は、まさに自転車界の『フィギュアスケート』と言っても良いでしょう。

 

車体は取り回しが効くよう、ホイールベース(前輪と後輪の間の距離)が他の車種より短くなっています。前後のタイヤに乗って車体をくるくる回したりするため、前後ブレーキが着いているほか、前ブレーキが着いていながらハンドルが360度回転するように『ジャイロ』というパーツがステムに付いています。

 

レース用BMXおすすめ3台

シンプルで軽量な、おすすめレース用モデルを3台紹介します。

HARO/2021 ANNEX PRO

2021 ANNEX PRO

1970年代後半、BMXレースのエントリー費を稼ぐために、10代のボブ・ハロー少年がレース用のナンバープレートを自作して販売したことが起源のメーカー。ANNEX PROはアルミのフレームにクロモリのフォークで5万円を切る価格が魅力。ブラックに明るい赤と青のアクセントが入ったカラーリングもポップです。

 

●フレーム:アルミ(フォークはクロモリ)

●カラー:ブラック

●参考価格:47,300円(税込み)

 

製品公式ページはこちら

 


マングース/TITLE PRO(タイトルプロ)

蛇と戦う動物「マングース」のイラストが印象的なBMXメーカーの先駆け的存在。その中でレース用BMXの「TITLE」シリーズは、ジュニアから上級ライダーまでレベルと年令によって様々な種類のモデルが揃っています。中でも初級レベルのライダー用にデザインされた「TITLE PRO」は、価格も手ごろながらレースに出られる性能を持っています。

TITLE PRO

●フレーム:アルミ

●カラー:ブラック

●参考価格:56,100 円(税込み)

 

製品公式ページはこちら

 


GT/MACH ONE PRO 20(マッハワン・プロ)

今ではマウンテンバイクも手掛けるオフロード系の総合ブランドですが、そのルーツはBMXのレーサーです。フレーム素材にはアルミにシリコンやマグネシウムを添加した6061-T6合金を採用し軽量と丈夫さを両立。ステム、タイヤまで同社製でまとめられて、税込み5万円を切る価格はビギナーにおススメの1台です。

MACH ONE PRO 20

画像提供:ライトウェイ

●フレーム:6061-T6 アルミニウム

●カラー:ブルー

●参考価格:43,780円(税込み)

 

製品公式ページはこちら

 

「フリースタイル、ストリート」おすすめ2台

ビギナーでも扱いやすいフリースタイル、ストリートモデルのおすすめ2台を紹介します。

 

Subrosa/ Wings Park 20inch Model

アメリカ・フロリダの BMXブランド「SUBROSA BRAND」。東京五輪日本代表の中村輪夢選手がプロデュースした「Wings」。「BMXの楽しさ、魅力を日本の人に知ってもらいたい」という同選手が乗るバイクのスペックをベースに、BMXに興味をもった人にも乗りやすい設計です。中村選手が乗るブラックも良いけれど、彼が生まれ育った「京都」の伝統色である京紫をイメージしたトランス・パープルも渋くて素敵です。

Wings Park 20inch Model

画像提供:JykK JAPAN

●フレーム:ハイテン

●カラー:ブラック、トランス・パープル

●参考価格:64,900円(税込み)

 

製品公式ページはこちら

 


FIT BIKE CO.(フィットバイク・カンパニー)/SERIES ONE

1990年代のカリスマ的ブランド「S&M」から派生し、若いライダー層に向けて2001年に誕生したブランドです。2020年に発表されたSERIES ONE(シリーズ・ワン)は、エントリー向けのストリートモデルでライダーの体格に合わせて3サイズがラインナップ。フレーム素材は頑丈なクロモリ製。それぞれのサイズでカラーリングが違うほか、同価格でプロライダーのシグニチャーモデルもあるので、好みのカラーリングを選ぶのも楽しいですね。

フィットバイク・カンパニー

 

●フレーム:クロモリ

●カラー:SM(スモール)=Gloss Red, Trans Ice Blue、MD(ミディアム)=Gloss Black, Root Beer、LG(ラージ)=Gloss Clear, Trans Gold

●参考価格:¥59,400(税込み)

 

製品公式ページはこちら

 

「フラットランド」おすすめ2台

ビギナーでも、そのまま競技にトライできるスペックのフラットランド用のおすすめ2台紹介します。

MOTELWORKS/ 2022 Aux:E

日本のフラットランドライダーの第一人者・田中光太郎選手がBMX を中心に、アパレルライン、スクールなどを通してライフスタイルを提案しているブランド。ジャイロブレーキ、アルミペグを標準装備し、何も買い足さなくて遊べるフリースタイルのスタンダードモデルです。

MOTELWORKS  2022 Aux:E

 

画像提供:JyKK JAPAN

●カラー:gloss black.gloss gray,gloss raw,matt beige,matt green,matt orange

●参考価格:74,800円(税込み)

 

製品公式ページはこちら

 


ARES BIKES /SWORD

前後とも制動力の高いU-ブレーキに、アルミ製ペグが4本付属。そのままフラットランドの技ができます。フレーム設計も「ストリート」でも使える汎用性で、2.3インチのタイヤも専用に新開発されたもの。カラーは、マットブラックとグレー系の2色展開でシックにまとまっています。

ARES BIKES  SWORD

画像提供:ARES BIKES

●カラー:Mat Black, M.B GRAY

●参考価格:66,000円(税込み)

 

製品公式ページはこちら

 

BMXは専門店で購入しましょう

BMXは普通の自転車より、ずっとハードな乗り方をすることが多いです。特別なパーツを使っていることもあり、購入や調整は専門店にお願いしましょう。また、レースや競技を始めたくなった時にも、ヘルメットやプロテクターなど専門用具の揃え方、競技の始め方について親切に教えてもらえるでしょう。

あわせて読みたい

Amazon タイムセール 自転車
Amazon「タイムセール祭り」で、自転車関連アイテムをGETせよ!
2022年9月24日(土)から9月27日(火)23:59まで、ビックセールAmazon『タイムセール祭り』が開催中!  セール期間は87時間。数ある…
CYCLE HACK編集部
【写真付き解説】クロスバイクとロードバイクの違いを徹底検証!
【写真付き解説】クロスバイクとロードバイクの違いを徹底検証!
クロスバイクとロードバイク、それぞれの違いを解説します!初めてのスポーツバイクだと、どちらにしようか迷う人も多いでしょう。具合的にどんな違いがあるの…
Mikio
TOKYOBIKE FES
トーキョーバイクが20周年感謝イベント「TOKYOBIKE FES」を10月10日に隅田公園で開催!
今年で発売から20年を迎えたトーキョーバイク。感謝の気持ちを伝えるためのブランド初となる大型野外イベント「TOKYOBIKE FES」を2022年1…
CYCLE HACK編集部
ビッケ ブリヂストン
【走行距離アップでさらに使いやすく!】 『ビッケ モブdd』『ビッケ グリdd』2023年モデルが新発売!
ブリヂストンの人気電動アシスト自転車「ビッケシリーズ」の2023年モデルが、パワーアップして新登場!従来のものより、さらに走行距離がアップしたことで…
CYCLE HACK編集部
ロードバイク縦置き
ロードバイクを縦置きで保管しよう。縦置きスタンドと、DIY壁掛け設置方法を紹介!
ロードバイクを室内で縦置して保管する方法を紹介します。縦置きスタンドのおすすめ製品の紹介や、DIYで壁掛けをする方法や手順なども、まとめています。…
CYCLE HACK編集部