【こだわりの1台を】トレックのグラベルロード、2022モデルの特徴をご紹介

最新テクノロジーを纏ったトレックのグラベルロード。2022年モデルは全モデルが新設計のニューモデルとなりました。レース用から入門用まで、2022年全モデルをその特徴と共にご紹介します!

制作者

おかちん

自転車に乗り始めるまでは全くのインドア派。クロスバイクから始めてロードバイクにハマってます。上り坂を愛し、ヒルクライムレースにも出場。海外在住経験もあり、現地レースにも参戦中です。

おかちんのプロフィール

...続きを読む

目次

  • 世界的な自転車メーカー「TREK」のグラベルロード
  • TREKの最新テクノロジー
  • トレックのグラベルロード「Checkpoint」最新モデルの特徴
  • シクロクロスやツーリングバイクもありますよ
  • トレックのグラベルロードで、オフロードを存分に楽しもう
アイキャッチ画像出典:TREK

世界的な自転車メーカー「TREK」のグラベルロード

トレック グラベルロード

出典:TREK

TREK(トレック)は、アメリカに本拠地を置く自転車総合メーカー。世界のレースシーンで活躍する、高性能なロードバイクやMTBをはじめ、クロスバイクや電動自転車e-bikeまで幅広く取り扱っています。そして新しいジャンルのグラベルロードに、いち早く取り組んできたブランドでもあります。

 

TREKの最新テクノロジー

トレックのグラベルロードは、最先端のロードバイクやMTBの開発からフィードバックされた、多くの最新テクノロジーが、つまっています。そのいくつかをご紹介しましょう

特許を取得している「OCLVカーボン」

OCLVカーボン trek

出典:TREK

トレックが特許を持つ独自のカーボン成型技術が、OCLV(Optimum Compaction Low Void)=超高密度圧縮・低空隙製法です。これによりカーボン部品の強度と耐久性を低下させる原因となる微小なスキマ(空隙)を徹底的に排除し、航空宇宙産業で求められるレベルの性能を達成しています。

 

荒れた路面を、ものとももしない「IsoSpeed」

荒れた路面を、ものとももしない「IsoSpeed」

出典:TREK

剛性と振動吸収性を両立させるテクノロジーがIso Speedです。シートチューブをトップチューブから「分離」させ、シードチューブをしならせることで路面から衝撃を吸収するよう作用する、トレック独自のシステム。荒れた路面でもスムーズに走ることができ、長距離を快適に走ることができます。

プログレッシブジオメトリ

プログレッシブジオメトリ

出典:TREK

クイックなハンドリングと、安定感の相反する性能を両立したのがプログレッシブジオメトリ。フロントセンターとチェーンステー長を延長した、ロングホイールベース仕様となっていて、コーナーの多いハイスピードの下りでの安定性や操作性に優れているのが特徴です

チューブレスレディホイール/タイヤが標準装備

トレック グラベルロード

出典:TREK

TREK(トレック)のホイール、パーツブランドがBONTRAGER(ボントレガー)。トレックのグラベルロード完成車には、ボントレガーのグラベルロード用チューブレスレディ(TLR)ホイール/タイヤが標準装備されています。トラクションと快適性を高め、リム打ちパンクの可能性もほとんどないため、グラベルに最適です。

 

低価格のモデルは少ない

最も低価格のモデルでも25万円超で、残念ながら低価格のモデルはありません。しかしその価格に見合うだけの性能と魅力を備えているのが、トレックのグラベルロードです。

 

トレックのグラベルロード「Checkpoint」最新モデルの特徴

トレックのグラベルロード「Checkpoint(チェックポイント)」シリーズは、2022年モデルからフルモデルチェンジ。全モデルでプログレッシブジオメトリを採用し、グラベルの走破性が高くなっています。その最新モデルの特徴をご紹介しましょう。

 

世界最大級のグラベルレースを制覇するために作られた「SLR」

SLR trek

出典:TREK

グラベルレースのため作られたトップモデルが「Checkpoint SLR」。コンポの違いにより、「SLR 9 eTap」、「SLR 7 eTap」、「SLR 7」、「SLR 6 eTap」の4モデルがあります。

 

超軽量700 OCLV カーボンフレームに、トップチューブ内蔵型Isospeedを装備し、軽量性・剛性感・安定性・乗り心地のバランスの高さが特徴です。ツールやギアを入れる内蔵ストレージや、フェンダーマウントも装備。フレームバッグマウントも付いていますが、レース向けのため下位モデルよりマウントの数が少なくなっています。

 

2022年にはUCI公認のグラベルレースが初開催されるということもあり、グラベルレース用モデルであるSLRから目が離せませんね。

 

公式ページはこちら

 


IsoSpeed搭載のカーボングラベルロード「SL 5」

カーボングラベルロード SL 5

出典:TREK

レース用がSLRなら、冒険に出かけたくなるのが「Checkpoint SL 5」です。軽量500 OCLVカーボンに、シートチューブ型Isospeedを装備し、荒れた路面でも快適な走行が可能。内蔵式ストレージや一体式のフレームバッグマウントをはじめ、多数のアクセサリマウントを装備し、荷物を満載して好きな所へ行くことができます。

 

公式ページはこちら

 


入門に最適なアルミグラベルロード「ALR 5」

グラベルロード ALR5
出典:TREK

「Checkpoint ALR 5」は、上位モデルと同様のプログレッシブジオメトリー採用のAlpha 300アルミフレームモデルです。カーボンフォークにボントレガーのチューブレスレディ(TLR)ホイール/タイヤを装備し、アクセサリマウントも多数。過酷なグラベルでの長距離ライドに耐えられる、入門に最適なグラベルロードです。

 

公式ページはこちら

 

シクロクロスやツーリングバイクもありますよ

トレック グラベルロード

出典:TREK

トレックには、オフロードも走れるロードバイクとして、シクロクロスバイクのBoone 6(ブーン 6)もあります。シクロクロスはオフロードも走れるという点ではグラベルロードと同じですが、レース用バイクのため、荷物の積載能力は期待できません。

 

トレック グラベルロード

出典:TREK

もう一つ、荷物を満載して遠くへ行くという点では、ツーリングバイクの「520」があります。こちらは、ほぼ舗装路メインで、速く走ることは得意ではありません。例えばキャンプ道具を積んで何泊もしながらツーリングする、といった使い方ですね。

 

トレックのグラベルロードで、オフロードを存分に楽しもう

トレック グラベルロード

出典:TREK

最新テクノロジーを纏ったトレックのグラベルロード、いかがでしたか?レース用モデルからアドベンチャーライド向きモデル、入門用モデルまでそろったトレックのグラベルロードで、オフロードを存分に楽しもう!

あわせて読みたい

Amazon自転車アイテム
Amazon星4つ以上!本当にイイ【自転車アイテム】価格別にまとめました
Amazonは、頼れる自転車用品の宝庫?!高評価とされる星4つ以上の製品から、編集部が本当におすすめしたいアイテムを、価格別に紹介します。定番メーカ…
CYCLE HACK編集部
【写真付き解説】クロスバイクとロードバイクの違いを徹底検証!
【写真付き解説】クロスバイクとロードバイクの違いを徹底検証!
クロスバイクとロードバイク、それぞれの違いを解説します!初めてのスポーツバイクだと、どちらにしようか迷う人も多いでしょう。具合的にどんな違いがあるの…
Mikio
TOKYOBIKE FES
トーキョーバイクが20周年感謝イベント「TOKYOBIKE FES」を10月10日に隅田公園で開催!
今年で発売から20年を迎えたトーキョーバイク。感謝の気持ちを伝えるためのブランド初となる大型野外イベント「TOKYOBIKE FES」を2022年1…
CYCLE HACK編集部
ビッケ ブリヂストン
【走行距離アップでさらに使いやすく!】 『ビッケ モブdd』『ビッケ グリdd』2023年モデルが新発売!
ブリヂストンの人気電動アシスト自転車「ビッケシリーズ」の2023年モデルが、パワーアップして新登場!従来のものより、さらに走行距離がアップしたことで…
CYCLE HACK編集部
ロードバイク縦置き
ロードバイクを縦置きで保管しよう。縦置きスタンドと、DIY壁掛け設置方法を紹介!
ロードバイクを室内で縦置して保管する方法を紹介します。縦置きスタンドのおすすめ製品の紹介や、DIYで壁掛けをする方法や手順なども、まとめています。…
CYCLE HACK編集部