【2022年】コーダーブルームのクロスバイク、おすすめモデルと選び方

コーダーブルームのクロスバイクの最新モデルのなかから、おすすめモデルをご紹介します。ロードバイクのような軽さ、ライトなどのアクセサリが充実していることなど、初めてのスポーツバイクにも嬉しいモデルが揃っていますよ。通勤通学はもちろん、休日サイクリングも楽しめるでしょう。

目次

  • 日本人が日本人のために開発した、コーダーブルームのクロスバイク
  • ポタリングや街乗りに!おすすめモデル3選
  • 休日サイクリングにも行ける!おすすめモデル4選
  • オフロードも走りたい人には、このクロスバイク!
  • 便利なオプションパーツもあります
  • コーダーブルーム正規ディーラーに、足を運ぼう
  • 日本人にフィットする軽量クロスバイクなら、コーダーブルーム!
アイキャッチ画像出典:Facebook/KhodaaBloom

日本人が日本人のために開発した、コーダーブルームのクロスバイク

コーダーブルーム クロスバイク

出典:KhodaaBloom

KhodaaBloom(コーダーブルーム)は、日本の自転車メーカーのスポーツバイクブランド。

 

「日本人のためのスポーツバイク」をコンセプトに、日本人の体格に合わせたフレーム設計やサイズ展開、日本の道路環境を考慮した、スポーツバイク開発に取り組んでいます。

 

とにかく、車体が軽い!

コーダーブルーム クロスバイク

出典:KhodaaBloom

コーダーブルームのクロスバイクといえば、軽さ!

 

独自開発の「EAST-Lアルミパイプ」と、「トリプルバテッド加工」という技術が取り入れられていて、フレーム重量1,350gという、ロードバイク並みの軽さを実現しています。結果、車体重量10kg以下の超軽量クロスバイクが、多くラインナップしていて、他メーカーの同じ価格帯と比較しても、軽さは圧倒的。

 

軽いほど、こぎ出しがスムーズでスピードも出しやすく、坂もスイスイ登れちゃいますよ。

 

実用性に優れたモデルが多い

クロスバイクには、ライトやスタンドが標準装備されていないことがほとんどですが、コーダーブルームには、最初からライトやスタンドがついたモデルが多いんですよ。追加で揃えるアイテムが少なくて、ありがたいですね。

 

コーダーブルームは、通勤通学、街乗りなど、目的に合わせてシリーズを展開しています。それでは、それぞれ目的別におすすめモデルをご紹介していきましょう。

 

ポタリングや街乗りに!おすすめモデル3選

コーダーブルーム クロスバイク おすすめ

出典:KhodaaBloom

街乗りがメインの人に、おすすめのシリーズをご紹介しましょう。

 

「RAIL(レイル)」は、スピードより、軽快で快適な乗り心地を重視したシリーズ。ライトなど、単品で揃えると総額6,000円相当のパーツがついていて、スポーツバイク初心者でも、気軽に試せるでしょう。

 

RAIL 700A

RAILシリーズの定番モデル。ライト、スタンドが標準装備されていて、価格は比較的お手頃な5万円台。

 

左右にふらつきにくい設計で、軽く漕ぐだけでスーッと伸びるような、気持ちのいい乗り心地です。クッション性が高いサドルや、32Cの太めなタイヤで、シティサイクルから乗り換える人にもおすすめ。初めてのクロスバイクにぴったりの1台です。

 

ITEM
RAIL700A
カラー:2色
サイズ:400mm(適応身長:155-170cm)
    440mm(適応身長:165-180cm)
    480mm(適応身長:170-190cm)
タイヤ:700X32C
重さ:11.0kg
変速:24段

 


 

RAIL20

信号が多い街中なら、小回りも利いて、ストップ&ゴーがしやすい、小さなタイヤのモデルがおすすめ。RAIL20は、20インチのタイヤで、ロードバイク用のコンポーネントがついています。軽いこぎ出しで、スムーズな走りが楽しめるでしょう。

 

ITEM
RAIL20
カラー:2色
サイズ:420mm(適応身長:155~170cm)
    480mm(適応身長:165~180cm)
タイヤ:20×1.25HE
重さ:8.4kg
変速:9段

 


 

RAIL ACTIVE

RAIL 700Aよりもさらに軽い、RAIL ACTIVEの車体重量は9.9kg。シティサイクルでは味わえない、スポーティーな走りを味わえます。

 

16段変速なので、上り坂も軽快に走れるでしょう。32Cの太めタイヤなので、ふらつきにくく、乗り心地もばっちり。

 

ITEM
RAIL ACTIVE
カラー:4色
サイズ:400mm(適応身長:155-170cm)
    440mm(適応身長:165-180cm)
    480mm(適応身長:170-190cm)
タイヤ:700X32C
重さ:9.9kg
変速:16段

 

休日サイクリングにも行ける!おすすめモデル4選

コーダーブルーム クロスバイク おすすめ

出典:KhodaaBloom

次は、よりスピーディに走るサイクリングの時も楽しめる、4モデルをご紹介しましょう。より長い距離も、快適に走れますよ。

 

RAIL700SL

ロードバイク用のコンポ、シマノの「SORA」がついた本格派のクロスバイクです。車体重量は8.7kgと、クロスバイクでは突出した軽さです。フロントフォークには、軽くて地面からの振動も吸収する、カーボン素材が使われていて、長距離サイクリングにおすすめです。

 

ITEM
RAIL700SL
カラー:1色
サイズ:400mm(適応身長:155-170cm)
    440mm(適応身長:165-180cm)
    480mm(適応身長:170-190cm)
タイヤ:700X28C
重さ:8.7kg
変速:18段

 


 

RAIL700

クロスバイクにしては細身の28Cタイヤで、アルミフレームらしいキレのある走りが楽しめるモデル。グングン前に進むようなダイレクト感があり、どこまでも走りたくなるかもしれませんね。

 

通勤通学にはもちろん、休日サイクリングで、爽快に走るのもアリでしょう。

 

ITEM
RAIL700
カラー:4色
サイズ:400mm(適応身長:155~170cm)
    440mm(適応身長:165~180cm)
    480mm(適応身長:170~190cm)
    540mm(適応身長:180~195cm)
※540mmはマットブラックのみ
タイヤ:700X28C
重量:9.5kg
変速:18段

 


 

STRAUSS DISC FLAT10

STRAUSS DISC FLAT10

出典:KhodaaBloom

 

「RAIL」シリーズではなく、レーシングロードバイクシリーズ「STRAUSS(ストラウス)」のフラットバーモデル。濡れた路面でもしっかり利く、ディスクブレーキ仕様です。やや前傾姿勢になりますが、空気抵抗を減らし、加速もしやすいですよ。

 

ペダルを踏む力を逃さない、剛性の高いアルミフレームで、スピードを追求したい人におすすめです。

 

 カラー  マットシルバー
 サイズ  430mm(適応身長:155-170cm)
465mm(適応身長:165-175cm)
500mm(適応身長:170-190cm)
 タイヤ  700X28C
 重さ  9.2kg(500mm)
 変速  10段

 

製品の詳細はこちらから

 


 

RAIL DISC GRX

RAIL DISC GRX

出典:KhodaaBloom

 

2022年5月発売予定の、RAILシリーズのフラグシップモデル。砂利道などにも強い、ロードバイク用コンポ、シマノ「GRX」がついたモデル。ディスクブレーキ仕様で、濡れた路面でもブレーキがよく利きます。

 

フォークはカーボン製で、振動をしっかり吸収してくれるでしょう。

 

製品の詳細はこちらから

 

オフロードも走りたい人には、このクロスバイク!

KESIKI コーダーブルーム

出典:KhodaaBloom

普段の道の段差や、あぜ道など、路面の状況を気にせず走りたい人には、こちらのバイクがぴったりでしょう。

 

KESIKI

「一生忘れない景色を見に行こう」がキャッチフレーズのKESIKIは、走る場所を選ばない、極太タイヤのクロスバイク。細いタイヤのスポーツバイクでは行けないオフロードも、走れちゃいます。

 

極太のタイヤはクッション性が高く、乗り心地抜群。制動性の高いディスクブレーキなので、雨の日など、濡れた路面を走る時も安心です。オフロードを走らない人でも、地面からの振動をカバーしてくれる優しい乗り心地は、おすすめです。

 

ITEM
KESIKI
カラー:2色
サイズ:420mm(適応身長:155-170cm)
    460mm(適応身長:165-180cm)
    500mm(適応身長:170-190cm)
タイヤ:27.5x1.75
重さ:11.9kg
変速:16段

 

便利なオプションパーツもあります

コーダーブルーム パーツ

出典:KhodaaBloom

通勤通学、買い物などで便利なカゴ・泥除け・鍵などは、オプションでも揃えられます。純正パーツなら、互換性もばっちり!

 

クロスバイクと一緒に、必要なオプションパーツも、ぜひチェックしてみましょう。

 

製品紹介ページはこちら

 

コーダーブルーム正規ディーラーに、足を運ぼう

コーダーブルーム 正規ディーラー

実物を見るなら、全国にある取り扱い店に行ってみましょう!直営店やコーダーブルーム専門ショップなら、店頭で扱っていることも多いので、見比べできますよ。

 

試乗車が用意されていることもあるので、気になるモデルを扱うショップを、調べてみましょう。

 

ショップ一覧はこちら

 

日本人にフィットする軽量クロスバイクなら、コーダーブルーム!

ロードバイクのような超軽量フレームに、日本人の体に合わせた快適ジオメトリー。シマノ製パーツもついたクロスバイクが揃う、コーダーブルーム。

 

クロスバイク選びで迷ったら、まずはチェックしてみませんか。軽快な走りに、驚くこと間違いないでしょう!ぜひ体感してみてくださいね。

 

公式サイトはこちら

紹介されたアイテム

RAIL700A
サイトを見る
RAIL ACTIVE
RAIL700SL
RAIL700

あわせて読みたい

山梨県南アルプス市に誕生!「南アルプス立沼MTBパーク」オープニングイベントに行ってきました。
山梨県南アルプス市に、国内初となる常設の一般無料開放、大型のマウンテンバイクコースがオープンしました!マウンテンバイク愛好会の方々や、地元の皆さん、…
高橋智宏
意外な遊び方!最新e-MTBで小田原の魅力をたくさん見つけてきました!
意外な遊び方!最新e-MTBで小田原の魅力をたくさん見つけてきました!
e-MTB(電動マウンテンバイク)に乗って、小田原を巡るツアーに参加してきました!SPECIALIZED最高峰のMTBに乗って、トレイルコースを走っ…
CYCLE HACK編集部
【超初心者向け】はじめての1人サイクリング完全ガイド!!
【超初心者向け】はじめての1人サイクリング完全ガイド!!
買いたてのスポーツバイクで、サイクリング!といっても、準備など不安もありますよね。こちらでは走る前に確認したい、持ち物やルート作成方法、点検方法など…
Mikio
フロントフォーク 積載
フロントフォークに荷物を積みたい!万能ケージやダボ穴増設アタッチメントのご紹介
フロントフォーク横への積載は、容量UPだけでなく走行感を向上させることもでき、バイクパッキングでは定番となりつつある積載方法です。その一方で、車種や…
s.kataoka
ロードバイク ライト つけ方
ロードバイクのライトの位置はどこがいいの?使いやすいポジションを紹介!
ロードバイクのライトをどこに付けるのがいいのでしょうか?操作のしやすさ、視認性のよさ、路面を明るく照射できるなどの、の切り口からベストポジションを考…
CYCLE HACK編集部
Mikio

通勤はクロスバイク、休日はロードバイクで1人サイクリングをしている独身。趣味が高じて、自転車ショップで働いた経験あり。ガチで乗るより、ゆるく楽しみたい派です。