ギアの衝撃が小さくなる「クロスレシオ」とは?使っていないギアがある人は必見です

クロスレシオは、ギアの1段ごとの歯数の差が少ないスプロケットのこと。路面状況ごとに細かくギアを選択でき、変速もスムーズになりますよ。クロスレシオに適したシチュエーションや、初心者の方におすすめの歯数の組み合わせもご紹介します。

目次

  • クロスレシオとは
  • ギアをフルに活用できるクロスレシオ!
  • クロスレシオとワイドレシオ、どっちがおすすめ?
  • クロスレシオの歯数の組み合わせ、どうする?
  • クロスレシオで快適な走りを手に入れよう

クロスレシオとは

 

 

クロスレシオ

出典:Amazon

スプロケット(リアのギアのこと)には、8段から12段のギアがついています。このギアの1段ごとの歯数の差が少ないスプロケットのことをクロスレシオといいます。ロードバイクの場合、ローギア(一番大きいギア)が、28Tくらいまでのスプロケットをクロスレシオということが多いですね。

完成車の多くはワイドレシオです

ワイドレシオ

出典:Amazon

クロスレシオの反対がワイドレシオ。ローギアが、だいたい30T以上のスプロケットのことを言います。完成車の多く、とくにエントリーグレードのロードバイクは、このワイドレシオのスプロケットがついています。

ギアをフルに活用できるクロスレシオ!

クロスレシオ

出典:Flickr/Global Jet

ライドに出かけて、ほとんど使わないギアってありませんか?

 

ほとんど平坦なところを走っているので、「ローギアは使ってないな~」とか、そんなにスピード出さないので「トップギアなんかいらないよ」とか。

 

そんな時はクロスレシオにすれば、ギアをフルに活用できるようになるので、より快適なライドが楽しめるようになりますよ。

路面状況ごとに、細かくギアを選択できる

クロスレシオ ワイドレシオ 違い

出典:筆者

ここではエントリーグレードのロードバイクに多い、シマノClaris8段変速スプロケットの、ワイドレシオ11-32Tと、クロスレシオ12-25Tを例にして、もう少し詳しく説明していきましょう。

 

まずは上の表を見てください。11tから25tの間に、ワイドレシオだと6枚、クロスレシオだと8枚のギアがありますね。そのぶん細かく変速できるので、路面状況に合わせたギアを選択して、快適に走ることができるんです。

変速もスムーズに!

1段ごとの歯数の差もクロスレシオが1から2T、ワイドレシオが2から4Tと、クロスレシオの方が少なくなっています。ギアごとの重さの差が少ないため、変速した時のショックも小さくなり、スムーズに変速できるのもメリットですよ。

 

クロスレシオとワイドレシオ、どっちがおすすめ?

クロスレシオとワイドレシオ、それぞれおすすめのシチュエーションや向いている人をご紹介しましょう。

クロスレシオがおすすめなのは

クロスレシオ おすすめ

 

①平坦なコースを気持ち良い回転数で走りたいとき

あまり坂の無い、平坦なコースをメインで走る人にもクロスレシオがおすすめ。坂はちょっとキツくなるけど、気持ちよいギアで回せますよ。

 

②脚力があって坂でも踏み切れる人

たいていの坂なら28Tあるいは25Tでも上れるなら、ローギアがその歯数のクロスレシオにしてみましょう。ギアごとの重さの差が小さくなるので微妙な斜面の変化にも対応できるようになります。

 

③そんなにスピードを出さなくてもいい人

トップが11Tを使わず、12Tあるいは13Tにすれば、そのぶん細かく変速できるようになるので、スムーズに走れますよ。

 

ワイドレシオがおすすめなのは

ワイドレシオ おすすめ

出典:Flickr/chelsom tsai

とにかく激坂をクリアしたい!

激坂はとにかく大きなローギアが欲しいところ。ローギアが大きいのはワイドレシオになってしまいます。クルクル回して激坂をクリアしよう。

 

坂や平坦など、いろいろな所へロングライドしたいとき

特に初めて行くルートなら、どんな坂があるかわかりません。そんなときは、ワイドレシオのほうが安心です。

 

③フロントの変速が面倒な方

フロントの変速はどうしてもガチャガチャしたり、チェーンが落ちたりしやすいもの。フロントの変速をしないで、ワイドレシオでこなしてしまうのも一つの手ですよ。

 

クロスレシオの歯数の組み合わせ、どうする?

クロスレシオ 歯数 組み合わせ

出典:筆者

普段のライドで、トップギアやローギアであまり使わないギアがあるなら、その分クロスレシオにするのが基本的な考え方です。初心者の方なら、まずは11-28Tくらいを選ぶとよいでしょう。あまりキツイ坂に行かないし、そんなにスピード出さないよ、ということであれば、13-26Tなどもおすすめです。

 

クロスレシオで快適な走りを手に入れよう

クロスレシオで快適な走りを手に入れよう

出典:Flickr/Takeyuki Suzuki

細かく変速できて、ちょうど良い重さのギアが選べるのがクロスレシオの良いところ。自分にピッタリのクロスレシオを見つけて、快適な走りを手に入れよう!

あわせて読みたい

山梨県南アルプス市に誕生!「南アルプス立沼MTBパーク」オープニングイベントに行ってきました。
山梨県南アルプス市に、国内初となる常設の一般無料開放、大型のマウンテンバイクコースがオープンしました!マウンテンバイク愛好会の方々や、地元の皆さん、…
高橋智宏
意外な遊び方!最新e-MTBで小田原の魅力をたくさん見つけてきました!
意外な遊び方!最新e-MTBで小田原の魅力をたくさん見つけてきました!
e-MTB(電動マウンテンバイク)に乗って、小田原を巡るツアーに参加してきました!SPECIALIZED最高峰のMTBに乗って、トレイルコースを走っ…
CYCLE HACK編集部
【超初心者向け】はじめての1人サイクリング完全ガイド!!
【超初心者向け】はじめての1人サイクリング完全ガイド!!
買いたてのスポーツバイクで、サイクリング!といっても、準備など不安もありますよね。こちらでは走る前に確認したい、持ち物やルート作成方法、点検方法など…
Mikio
フロントフォーク 積載
フロントフォークに荷物を積みたい!万能ケージやダボ穴増設アタッチメントのご紹介
フロントフォーク横への積載は、容量UPだけでなく走行感を向上させることもでき、バイクパッキングでは定番となりつつある積載方法です。その一方で、車種や…
s.kataoka
ロードバイク ライト つけ方
ロードバイクのライトの位置はどこがいいの?使いやすいポジションを紹介!
ロードバイクのライトをどこに付けるのがいいのでしょうか?操作のしやすさ、視認性のよさ、路面を明るく照射できるなどの、の切り口からベストポジションを考…
CYCLE HACK編集部
おかちん

自転車に乗り始めるまでは全くのインドア派。クロスバイクから始めてロードバイクにハマってます。上り坂を愛し、ヒルクライムレースにも出場。現在海外在住で、現地レースにも参戦中です。