ギアの衝撃が小さくなる「クロスレシオ」とは?使っていないギアがある人は必見です

クロスレシオは、ギアの1段ごとの歯数の差が少ないスプロケットのこと。路面状況ごとに細かくギアを選択でき、変速もスムーズになりますよ。クロスレシオに適したシチュエーションや、初心者の方におすすめの歯数の組み合わせもご紹介します。

制作者

おかちん

自転車に乗り始めるまでは全くのインドア派。クロスバイクから始めてロードバイクにハマってます。上り坂を愛し、ヒルクライムレースにも出場。海外在住経験もあり、現地レースにも参戦中です。

おかちんのプロフィール

...続きを読む

目次

  • クロスレシオとは
  • ギアをフルに活用できるクロスレシオ!
  • クロスレシオとワイドレシオ、どっちがおすすめ?
  • クロスレシオの歯数の組み合わせ、どうする?
  • クロスレシオで快適な走りを手に入れよう

クロスレシオとは

 

 

クロスレシオ

出典:Amazon

スプロケット(リアのギアのこと)には、8段から12段のギアがついています。このギアの1段ごとの歯数の差が少ないスプロケットのことをクロスレシオといいます。ロードバイクの場合、ローギア(一番大きいギア)が、28Tくらいまでのスプロケットをクロスレシオということが多いですね。

完成車の多くはワイドレシオです

ワイドレシオ

出典:Amazon

クロスレシオの反対がワイドレシオ。ローギアが、だいたい30T以上のスプロケットのことを言います。完成車の多く、とくにエントリーグレードのロードバイクは、このワイドレシオのスプロケットがついています。

ギアをフルに活用できるクロスレシオ!

クロスレシオ

出典:Flickr/Global Jet

ライドに出かけて、ほとんど使わないギアってありませんか?

 

ほとんど平坦なところを走っているので、「ローギアは使ってないな~」とか、そんなにスピード出さないので「トップギアなんかいらないよ」とか。

 

そんな時はクロスレシオにすれば、ギアをフルに活用できるようになるので、より快適なライドが楽しめるようになりますよ。

路面状況ごとに、細かくギアを選択できる

クロスレシオ ワイドレシオ 違い

出典:筆者

ここではエントリーグレードのロードバイクに多い、シマノClaris8段変速スプロケットの、ワイドレシオ11-32Tと、クロスレシオ12-25Tを例にして、もう少し詳しく説明していきましょう。

 

まずは上の表を見てください。11tから25tの間に、ワイドレシオだと6枚、クロスレシオだと8枚のギアがありますね。そのぶん細かく変速できるので、路面状況に合わせたギアを選択して、快適に走ることができるんです。

変速もスムーズに!

1段ごとの歯数の差もクロスレシオが1から2T、ワイドレシオが2から4Tと、クロスレシオの方が少なくなっています。ギアごとの重さの差が少ないため、変速した時のショックも小さくなり、スムーズに変速できるのもメリットですよ。

 

クロスレシオとワイドレシオ、どっちがおすすめ?

クロスレシオとワイドレシオ、それぞれおすすめのシチュエーションや向いている人をご紹介しましょう。

クロスレシオがおすすめなのは

クロスレシオ おすすめ

 

①平坦なコースを気持ち良い回転数で走りたいとき

あまり坂の無い、平坦なコースをメインで走る人にもクロスレシオがおすすめ。坂はちょっとキツくなるけど、気持ちよいギアで回せますよ。

 

②脚力があって坂でも踏み切れる人

たいていの坂なら28Tあるいは25Tでも上れるなら、ローギアがその歯数のクロスレシオにしてみましょう。ギアごとの重さの差が小さくなるので微妙な斜面の変化にも対応できるようになります。

 

③そんなにスピードを出さなくてもいい人

トップが11Tを使わず、12Tあるいは13Tにすれば、そのぶん細かく変速できるようになるので、スムーズに走れますよ。

 

ワイドレシオがおすすめなのは

ワイドレシオ おすすめ

出典:Flickr/chelsom tsai

とにかく激坂をクリアしたい!

激坂はとにかく大きなローギアが欲しいところ。ローギアが大きいのはワイドレシオになってしまいます。クルクル回して激坂をクリアしよう。

 

坂や平坦など、いろいろな所へロングライドしたいとき

特に初めて行くルートなら、どんな坂があるかわかりません。そんなときは、ワイドレシオのほうが安心です。

 

③フロントの変速が面倒な方

フロントの変速はどうしてもガチャガチャしたり、チェーンが落ちたりしやすいもの。フロントの変速をしないで、ワイドレシオでこなしてしまうのも一つの手ですよ。

 

クロスレシオの歯数の組み合わせ、どうする?

クロスレシオ 歯数 組み合わせ

出典:筆者

普段のライドで、トップギアやローギアであまり使わないギアがあるなら、その分クロスレシオにするのが基本的な考え方です。初心者の方なら、まずは11-28Tくらいを選ぶとよいでしょう。あまりキツイ坂に行かないし、そんなにスピード出さないよ、ということであれば、13-26Tなどもおすすめです。

 

クロスレシオで快適な走りを手に入れよう

クロスレシオで快適な走りを手に入れよう

出典:Flickr/Takeyuki Suzuki

細かく変速できて、ちょうど良い重さのギアが選べるのがクロスレシオの良いところ。自分にピッタリのクロスレシオを見つけて、快適な走りを手に入れよう!

あわせて読みたい

ロードバイク ウィンドブレーカー
【ロードバイク用ウィンドブレーカー】おすすめ製品・選び方・使い方を解説
ロードバイクに乗るなら、ぜひ持っておきたいのが「ウィンドブレーカー」。肌寒さや小雨を防いでくれ、重宝するアイテムです。今回は、ロードバイク用ウィンド…
S.K.
トレック 直営店
【自転車にもKeePerコーティング?】自転車業界初!全国25店舗のトレック直営店で販売開始!
全国25店舗のトレック直営店では、自転車業界で初めて、自転車へのコーティングサービスの販売を開始!汚れを防止するだけでなく、長期間のツヤを提供してく…
CYCLE HACK編集部
自転車 反射板
自転車の反射板って必須なの?必要な条件やおすすめアイテムを紹介!
反射板は、自転車の存在を知らせてくれる大切なアイテム。とくに夜間の走行の時、リアライトと同じように後続車に自転車の存在をアピールできます。反射板の装…
小竹 綾子
カステリ ロードバイク 男性
高性能!プロも愛用する『カステリ』のサイクルジャージをご紹介
サイクルウェアブランドとして有名なカステリ(Castelli)。おしゃれなサイクルジャージも展開されていますが、サイズ感や機能性が自分に合うのかが不…
S.K.
ディスクブレーキ メンテナンス ツール
自転車のディスクブレーキのメンテナンスならこれ!便利ツール「NTL-5」をご紹介
ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクなどのディスクブレーキに最適なメンテナンスアイテム、NOGUCHI (野口商会)の、「NTL-5」をご紹…
高橋智宏