ロードバイクのサングラスの色、どれにする?レンズ選びとおすすめ5選

ロードバイクにはマストアイテムという方も多いサングラス。今回は、ロードバイクでサングラスを使う時に、どんなレンズの色を選んだら良いか、選び方やおすすめ製品などをまとめました。

制作者

高橋智宏

10代の頃からロードバイク・MTBなど自転車を楽しみながら、現在は東京都自転車競技連盟普及委員として、スポーツバイクの普及活動もしています。 皆さまへお役に立つ情報をお届けし、スポーツバイクを末永く楽しむお手伝いができれば嬉しく思います。 保有資格:JCF3 級公認審判員

高橋智宏のプロフィール

...続きを読む

目次

  • サングラスのレンズの色、どう選ぶ?
  • サングラスのレンズの色の効果をチェック!
  • 色の他に、レンズの種類もあります。
  • ロードバイクに最適なおすすめサングラス5選
  • サングラスをつけて快適なライディングを!

サングラスのレンズの色、どう選ぶ?

サングラス レンズ 選び方

撮影:筆者

ロードバイクなどの、スポーツバイクに乗っている時に、風や埃・紫外線から目を守ってくれるサングラス。そんなサングラスの「レンズの色」に、今回はスポットを当てていきます!

 

サングラスのカラーは多くの種類があるので、どのレンズのサングラスを選べばよいか悩んでいる人も、ひとつずつ理解していきましょう。

 

サングラスのレンズの色の効果をチェック!

サングラス レンズ カラー

サングラスには様々な色のレンズがあり、製品によっては、いくつものカラーレンズがセットされていて、自分で取り換えられるタイプの製品もあります。

 

レンズの色は、ロードバイクの走行シーンに合った最適な色を選ぶと、パフォーマンスを上げてくれますよ。

 

主なレンズカラーと、特徴をご紹介します。

 

グレー系

光を均一にカットするので、色彩の変化は少ない。濃さによっていろいろなシチュエーションに合うオールマイティなカラー。

 

ブラウン系

ブルー系の光をおさえることで、視界を鮮明にする。釣りなどでも人気のカラー。

 

ブルー系

眩しさの元になるイエロー系の光をカット、陽ざしの強い日など。

 

イエロー系

コントラストを高めるので、雨や曇り、薄暗い場所に。

 

グリーン系

裸眼に近い自然な見え方になる。海・山など使えるシチュエーションも広い。

 

サングラスのレンズは、このようにカラーによって最適な用途があり、その日の走る時間、場所、天気によってレンズカラーを選ぶとよいでしょう。

 

レンズの色を間違えると、逆効果になることも

サングラス 選び方

イエロー系は暗い場所でも視界をクリアにするため、雨や曇りの日、スキーなどでも人気があります。そのイエロー系のレンズを陽ざしの強い日に使うと、光がより強調され、目に負担を与えてしまうことも。

 

また、濃色のグレーやブラックなどは、強い陽ざしを遮りますが、暗い場所では視界が確保できず、安全なライディングにはマイナスになってしまうこともあります。

 

色の他に、レンズの種類もあります。

色の他にも、「偏光レンズ」、「調光レンズ」、「ミラーレンズ」などの、レンズ自体の特徴にも違いがあります。

 

「偏光レンズ」は光の反射をおさえて、視界がクリアになるレンズです。また「調光レンズ」は光に反応し、明るい場所では濃く、暗い場所では薄くなります。

 

これらのレンズの機能も、選ぶ時のポイントになりますよ。

調光レンズならレンズ交換なし!

サングラス 選び方

出典:楽天市場

調光レンズは、光に反応してカラーの濃さが変化するレンズです。

 

陽ざしの強いときはレンズが濃色になり、曇りや暗くなるにつれ、レンズの透明度が高くなるので、長時間の走行時や、日向と日陰がある森林を走る時も、ひとつのレンズで対応することができます。

 

それでは、おすすめのサングラスを紹介していきましょう!

 

ロードバイクに最適なおすすめサングラス5選

調光レンズ・レンズセット仕様などのサイクリングにおすすめなサングラス5モデルをご紹介します。

 

Oakley(オークリー)/Sutro

サングラスの定番と言っても過言ではない「オークリー」。広く大きく巻き込んだレンズは大きな視界が確保できるでしょう。19色のカラーラインナップがあります。

ITEM
OAKLEY/Sutro
●カラー:19色
●レンズ素材:プラスチック(コーティング)
●フレーム素材:プラスチック(コーティング)

 


SWANS(スワンズ)/FACEONE

サイクリング以外にも野球・ゴルフに愛用者が多く、頭部との接地面積を大きくし激しい運動でもずれにくいフレームを採用しています。

ITEM
SWANS/FACEONE
●カラー:7色
●素材:ナイロン

 


OGK KABUTO(オージーケーカブト)/BINATO-X Photochromic

OGK KABUTOヘルメットとのマッチングも良く、ロングセラーを続けるビナートシリーズのサングラス、アフターパーツも揃っているのも魅力です。

ITEM
OGK KABUTO/BINATO-X photochromic
●カラー:マットブラック・クリア・ホワイト/クリア
●レンズ素材:ポリカーボネイト

 


BBB(ビービービー)/インパルス

信頼性の高いセパレートタイプで、2枚のレンズが付属、軽量でコストパフォーマンスに優れたモデルです。

ITEM
BBB/インパルス
●フレームカラー:8色
●レンズカラー:4色
●交換レンズ:イエロー・クリア

 


uvex(ウベックス)/uvex sportstyle 804 V

視野を広く確保できて軽量なフレームレスシールドデザイン、レンズは調光・曇り止めになっているuvex sportstyleのフラッグシップモデルです。

ITEM
uvex/sportstyle 804 V
●フレームカラー:ブラック×レッド・マッドブラック・ホワイト
●レンズカラー:スモーク

 

サングラスをつけて快適なライディングを!

サングラス 選び方

自転車を乗る時のサングラスは、ファッションアイテムと言うだけでなく、目の保護のためにも推奨したいアイテムです。

 

顔に合ったフィットするフレームを選ぶのも大切ですが、どんなレンズを選ぶかも、とても重要です。

 

夏場だけではなく、冬の陽ざしや強風にも有効なので、最適なサングラスを見つけて、オールシーズン、自転車を楽しみましょう。

あわせて読みたい

自転車と自然を満喫できる「リソルの森」で、ワーケーションしてきました!
自転車と自然を満喫できる「リソルの森」で、ワーケーションしてきました!
関東圏でアウトドアするなら、リソルの森がおすすめ!自転車と泊まれるサイクルコテージや、施設が充実したグランピングサイトなど、さまざまな形態の宿泊施設…
CYCLE HACK編集部
ジャック・ウルフスキン サイクリング
【ジャック・ウルフスキン】ヘビロテしすぎに要注意。街乗りもアウトドアもこなすサイクルウェアの秘密とは
アウトドアブランド「Jack Wolfskin(ジャック・ウルフスキン)」から、バイクスペシャリストが監修した自転車用ウェアやバイクパッキング装備が…
CYCLE HACK編集部
キーレイ ライト
【クロモリユーザー必見】見た目はビンテージ、中身は高スペックな自転車ライト「KiLEY(キーレイ)」が気になります!
台湾発の自転車アクセサリーメーカー「KiLEY(キーレイ)」より発売されたビンテージ風のフロントライト。クロモリロードやランドナー、スポルティーフに…
大城 実結
ママチャリからグラベル、レースまでOKのPep cyclesって?開発者にインタビューしてみたよ。
時にツーリングバイクに、時にレースバイク、さらにはママチャリに。「永く乗る、永く使う」をコンセプトにしたPep cycles(ペップサイクルズ)は、…
大城 実結
【朗報】都内近郊で自転車メンテにお困りなら、渋谷「Limbocycling SHIBUYA cocoti」がおすすめ!
渋谷駅近くの「Limbocycling(リンボサイクリング)」の、自転車メンテナンスサービスを紹介します。対象の自転車は、ロードバイクやクロスバイク…
高橋智宏