【長距離を快適に】エンデュランスロードのおすすめ8台とその魅力をご紹介

ロードバイクのカテゴリの1つ「エンデュランスロード」をご存じですか?ロードバイクの中でも、長い距離を快適に走れるのがエンデュランスロードで、これからロードバイク始めようと思っている方にもピッタリのモデルがそろっています。今回は、エンデュランスロードの魅力や特徴、おすすめの8台をご紹介します。

目次

  • 長い距離を快適に走れる、エンデュランスロード
  • エンデュランスロードと、普通のロードバイクの違い
  • 気軽にサイクリングやロングライドを楽しみたい人にも人気
  • 買うならコレ!エンデュランスロードのおすすめ8台
  • エンデュランスロードで気持ちよく走ろう
アイキャッチ画像出典:Flickr/Glory Cycles

長い距離を快適に走れる、エンデュランスロード

エンデュランスロード

出典:Flickr/Glory Cycles

これからロードバイク始めようと思っている方におすすめの車種が、長い距離を快適に走れる「エンデュランスロード」です。今回はエンデュランスロードの魅力と、おすすめモデルをご紹介します。

そもそもエンデュランスロードとは?

エンデュランス(endurance)とは、耐久とか、ガマン、持久力という意味。なんとなくツラそうな感じがしますが、エンデュランスロードという場合は、長距離を疲れにくく、快適に走れるタイプのロードバイクということになります。初心者でも扱いやすく、マイペースにロングライドやサイクリングを楽しみたい人におすすめです。

エンデュランスロードと、普通のロードバイクの違い

エンデュランスロード ロードバイク

エンデュランスロードは、ロードバイクの中の1つのカテゴリです。違いと言っても、特別な装備がついていたり、特別な形をしているわけではありません。

 

長距離を快適に走りやすいよう、“味付け“がされたロードバイクがエンデュランスロードなのです。

 

上体が起きた、楽な姿勢をとりやすい

エンデュランスロード

ロードバイクと言えば、深く前傾した走行姿勢が、思い浮かぶと思いますが、これは空気抵抗を減らして、速く走るためのもの。でも長い時間この姿勢を続けるのは結構疲れやすいですよね。また、これからロードバイクを始めようと思っている人は、この前傾姿勢がちょっと怖いなと感じることもあるでしょう。

 

エンデュランスロードは、ハンドル位置がやや高めとなっていて、上体が起きた楽な姿勢(アップライトなポジションといいます)をとりやすいように設計されているんです。頭の位置が少し高くなるので、まわりが見やすいのもメリットですね。

 

振動吸収性に優れ、乗り心地が柔らかい設計も

タイヤが細くて硬く、路面の衝撃が直接ゴツゴツと体に伝わってくるのがロードバイク。エンデュランスロードは、こういった衝撃を伝わりにくくするため、やや太めのタイヤを装備できるようになっていたり、フレームやシートポストが振動を吸収するような構造・素材になっていたりして、振動吸収性に優れた設計になっています。

 

このため乗り心地が柔らかく、快適に走ることができるんです。

 

気軽にサイクリングやロングライドを楽しみたい人にも人気

エンデュランスロード

エンデュランスロードは、ロングライドを楽しみたい人はもちろん、気軽なサイクリングや、カジュアルな服装での街乗りにもピッタリ。速く走るより、快適性を追求するエンデュランスロードは、ロードバイク初心者にもぴったりのモデルですよ。

 

1分1秒を争うレースには不向きかも。。

快適性を目指したエンデュランスロードは、速さを目指したレーシングロードや上り坂に強いクライミングロードと比べると、レースには不向きかもしれません。

 

でも、走りの良さは間違いなくロードバイクなので心配ご無用。長距離を走るレースやイベントなら、疲れにくく、最後に脚を残せるエンデュランスロードのほうが、よい結果がでることもありますよ。

 

 

買うならコレ!エンデュランスロードのおすすめ8台

ここからは、これからロードバイクを始めようという方におすすめのエンデュランスロードをご紹介していきましょう。10万円台を中心にまとめてみました。

 

TREK/Domane AL2 Disk

TREK/Domane AL2 Disk

 

出典:TREK

TREK(トレック)はアメリカの三大スポーツバイクメーカーのひとつ。

 

Domane(ドマーネ)AL2 Diskは、TREKのエンデュランスロードシリーズDomaneのアルミフレームモデルとなっています。縦方向への柔軟性を高める形状のIso Speedカーボンフォークや、太めのタイヤなど、快適さを重視したデザインで、ロングライドもらくらく。ラックやフェンダー用マウント、ディスクブレーキ装備で、あらゆるシチュエーションでライドが楽しめるモデルとなっています。

 

参考価格:123,200円(税込)

 

製品公式ページはこちら

 


ANCHOR/RL6D SORA

ANCHOR/RL6D SORA

ANCHOR(アンカー)は、ご存じ日本のブリジストンのロードバイクブランド。

 

カーボンの乗り味を、アルミフレーム+カーボンフォークで追求したロングライドモデルがRL6Dです。ブリジストン独自の推進力最大化解析技術「プロフォーマット」が、しなやかさと強度を両立。シートステーのゆるい弧が生み出すしなりと合わせて、快適なライドフィーリングを実現しています。

 

参考価格:148,500円(税込)

 

製品公式ページはこちら

 


BIANCHI/VIA NIRONE 7 DISK

BIANCHI/VIA NIRONE 7 DISK

出典:Bianchi Japan

「空の色」を意味するイタリア語「チェレステカラー」が印象的な、イタリアのロードバイクブランドがBIANCHI(ビアンキ)。

 

VIA NIRONE 7 DISKは、エントリーグレードのエンデュランスロード。2022年モデルから待望のディスクブレーキモデルが発売となりました。対応タイヤサイズも35cまでと、太めのタイヤが履けるようになり、より快適なライドも可能ですよ。

 

参考価格:156,200円(税込)

 

製品公式ページはこちら

 


CANNONDALE/Synapse Disc Sora

CANNONDALE/Synapse Disc Sora

出典:CANNONDALE

Canoondale(キャノンデール)は、アルミフレームを得意とするアメリカのロードバイクブランド。

 

Synapse Disc Soraは、キャノンデールの誇るSmartForm C2 アルミに、振動吸収性に優れたカーボンフォークを組み合わせたエンデュランスロードです。長距離サイクリングはもちろん、通勤・通学などの街乗りにもおすすめのモデルです。

 

参考価格:121,000円(税込)

 

製品公式ページはこちら

 


CANYON/Endurace 7 Disc

CANYON/Endurace 7 Disc

 

出典:CANYON

CANYON(キャニオン)は、ドイツに本拠地を構えるスポーツバイクのブランド。メーカー直販(通販)のみの販売ですが、そのぶんコスパ抜群なモデルがそろっています。

 

シマノのミドルグレードコンポ105を装備した、アルミエンデュランスロードがEndurace CF7 Disc。幅広く平らなトップチューブがねじれ剛性を高め、ダウンチューブはよりエアロに特化することで、快適なロングライドが楽しめるようデザインされています。

 

参考価格:169,000円(税込)

 

製品公式ページはこちら

 


FELT/VR 40

FELT/VR 40

出典:RITEWAY

FELT(フェルト)は、アメリカ/ドイツを拠点に展開するスポーツバイクブランド。日本でも玄人好みのブランドとして知られています。

 

疲れにくい乗車姿勢、軽々と坂を登れるワイド&ローのギア、幅広タイヤを装備できる、アルミフレーム/カーボンフォークのエンデュランスロードがVR 40です。グラベルからロングライド、ヒルクライムまであらゆるシチュエーションに対応できるモデルで、FELTでは「マルチロード」と呼んでいます。

 

参考価格:217,800円(税込)

 

製品公式ページはこちら

 


Liv/Avail AR 2

Liv/Avail AR 2

出典:Liv

Liv(リブ)は、世界最大の自転車メーカーGIANTの女性用スポーツバイクブランド。

 

Avial AR 2は、アルミフレーム/カーボンフォークのエンデュランスロードです。トップチューブの傾斜したフローピングフレームで、小柄な女性でも足つきしやすく、女性の骨盤の形状に合わせたエルゴノミック形状のサドルで、ロードバイク初心者にも安心。不快な振動を吸収するカーボンシートポストや、チューブレスレディ仕様の太めのタイヤで、快適な乗り心地を楽しめるでしょう。

 

参考価格:176,000円(税込)

 

製品公式ページはこちら

 


MERIDA/SCULTURA ENDURANCE 4000

MERIDA/SCULTURA ENDURANCE 4000

出典:MERIDA

MERIDA(メリダ)は、世界有数の生産量を誇る、台湾のスポーツバイクブランド。

 

SCULTURA(スクルトゥーラ) ENDURANCE 4000は、軽量レーシングバイクのSCULTURAをベースに生まれた、長距離を快適に駆け抜けるカーボンエンデュランスロード。サドル下に隠されたツールボックスや、目立たないフェンダーマウントで、見た目はレーシーな雰囲気を持っています。

 

参考価格:317,900円(税込)

 

製品公式ページはこちら

 

エンデュランスロードで気持ちよく走ろう

長距離を疲れにくく、快適に走れるエンデュランスロード。もちろん気軽なサイクリングや、街乗りにもピッタリです。エンデュランスロードで気持ちいいサイクリングに出かけよう!

 

▼▼関連記事はこちら▼▼

あわせて読みたい

山梨県南アルプス市に誕生!「南アルプス立沼MTBパーク」オープニングイベントに行ってきました。
山梨県南アルプス市に、国内初となる常設の一般無料開放、大型のマウンテンバイクコースがオープンしました!マウンテンバイク愛好会の方々や、地元の皆さん、…
高橋智宏
意外な遊び方!最新e-MTBで小田原の魅力をたくさん見つけてきました!
意外な遊び方!最新e-MTBで小田原の魅力をたくさん見つけてきました!
e-MTB(電動マウンテンバイク)に乗って、小田原を巡るツアーに参加してきました!SPECIALIZED最高峰のMTBに乗って、トレイルコースを走っ…
CYCLE HACK編集部
【超初心者向け】はじめての1人サイクリング完全ガイド!!
【超初心者向け】はじめての1人サイクリング完全ガイド!!
買いたてのスポーツバイクで、サイクリング!といっても、準備など不安もありますよね。こちらでは走る前に確認したい、持ち物やルート作成方法、点検方法など…
Mikio
フロントフォーク 積載
フロントフォークに荷物を積みたい!万能ケージやダボ穴増設アタッチメントのご紹介
フロントフォーク横への積載は、容量UPだけでなく走行感を向上させることもでき、バイクパッキングでは定番となりつつある積載方法です。その一方で、車種や…
s.kataoka
ロードバイク ライト つけ方
ロードバイクのライトの位置はどこがいいの?使いやすいポジションを紹介!
ロードバイクのライトをどこに付けるのがいいのでしょうか?操作のしやすさ、視認性のよさ、路面を明るく照射できるなどの、の切り口からベストポジションを考…
CYCLE HACK編集部
おかちん

自転車に乗り始めるまでは全くのインドア派。クロスバイクから始めてロードバイクにハマってます。上り坂を愛し、ヒルクライムレースにも出場。現在海外在住で、現地レースにも参戦中です。