【その速さ、本物】サーベロのロードバイク最新モデルの特徴をご紹介

サイクリストをより速く走らせることを目標に設立されたカナダのバイクブランド「サーベロ(Cervélo)」。レースで勝つための「速さ」はもちろん、ロングライドやグラベルでも「速い」ことをターゲットとしています。最高峰のエアロダイナミクスと軽さを備えたサーベロのロードバイク、今回は最新全ロードバイクモデルとその特徴をご紹介します。

目次

  • カナダのバイクブランド「サーベロ(Cervélo)」
  • サーベロのロードバイクはとにかく速い…!!
  • サーベロのロードバイク、最新ラインナップをチェック
  • サーベロはトライアスロンバイクも有名です
  • 実際に試乗して、サーベロの速さを体感してみよう
アイキャッチ画像出典:cervélo

カナダのバイクブランド「サーベロ(Cervélo)」

カナダ バイクブランド サーベロ

出典:Flicker/Glory Cycles

サーベロ(Cervélo)は1995年設立のカナダのバイクブランドです。

 

創業者のブルーメン氏とホワイト氏は、モントリオールのMcGill大学で出会い、大学発スタートアップとして起業。そしてツールドフランスやオリンピック、アイアンマンレースを制するビッグブランドとなったのです。

 

ブランド名のサーベロ(Cervélo)は、イタリア語で頭脳を意味する「cervello」と、フランス語で自転車を意味する「vélo」を組み合わせたもの。創業者の2人としては仮の名前のつもりだったのですが、その性能と評判で、サーベロのまま定着してしまったという逸話もあります。

サーベロのロードバイクはとにかく速い…!!

サーベロ ロードバイク

出典:東商会

サーベロのロードバイクは、とにかく「速い…!!」という言葉で表せるでしょう。

 

サイクリストをより速く走らせることを目標に設立されたサーベロは、レースで勝つために「速い」のはもちろん、ロングライドやグラベルでも「速い」ことをターゲットとしています。さまざまなシチュエーションにおいて「速い」ことを追求した結果が、サーベロのロードバイクなのです。

 

速さを生む、最高峰のエアロダイナミクスと軽さ

サーベロ ロードバイク

出典:Flicker/Glory Cycles

タイムトライアルバイクの開発からスタートしたサーベロだけに、サーベロ=エアロのイメージが強いのも事実。バイク、ライダー、コンポーネントを合わせたシステムとしてとらえることで、エアロダイナミクス性能の限界を押し上げています。

 

そしてもう一つが軽さ。剛性と快適性を維持したまま、軽量性とバランスすることで、高いクライミング能力を発揮したバイクになります。

 

「サーベロ乗り」というステータス

サーベロ乗り

出典:Flicker/lombardie

とにかく「速い!」というイメージのサーベロは、レースやイベントに参加した際にも一目置かれる存在です。

 

高価なハイエンドのラインナップのみで、日本ではあまり乗っている人を見かけないというのもあります。だからこその「サーベロ乗り」というステータスであり、選ばれる理由でしょう。

 

サーベロのロードバイク、最新ラインナップをチェック

サーベロ ロードバイク

出典:東商会

サーベロのロードバイクのラインナップは以下の4つのシリーズとなっています。

 

●Sシリーズ/エアロロード

→S5

 

●Rシリーズ/軽量オールラウンドロード

→R5

 

●CALEDONIA/モダンロード

→CALEDONIA5、CALEDONIA

 

●ASPERO/グラベルロード

→ASPERO5、ASPERO

 

サーベロのネーミングは、トップグレードに「5」がつきます。旧モデルではベース/ミドルグレードとして「2」、「3」の付くモデルがありましたが、現行モデルではなくなっています。

 

では、シリーズごとに最新全モデルをご紹介します。

 

S5:最高の空力性能を持つエアロロード

サーベロ エアロロード

出典:東商会

サーベロを象徴するフラッグシップモデルのS5。

 

前後のタイヤがフレームにめり込んでいるかのようなフレームデザイン、Y型のコックピット(ハンドルーステム)、ヒンジフォークなど、最高の空力性能を持つエアロロードに仕上がっています。

 

また、ヘッドチューブ剛性と、BB剛性を強化し、爆発的なスプリントにも耐える高い剛性も獲得。エネルギーの無駄を限りなくゼロへ近づけることで、より多くのパワーがロス無く後輪に伝わる設計になっています。

 

製品公式ページはこちら

 


R5:ヒルクライム向けの軽量オールラウンドロード

R5 サーベロ

出典:東商会

「王道クラシックロードバイク」から「ピュアなクライミングバイク」へとフレームの方向性を再定義したのが、第4世代となるR5。

 

フレーム単体で695g(51サイズ)という驚異的な重量と、さらにケーブルをフル内装化することでエアロ性能も向上しています。一方でプロチームからのフィードバックから、フレーム剛性を見直し快適性も向上。オールラウンドロードとしての性格も持ち合わせています。

 

製品公式ページはこちら

 


CALEDONIA5:どんな路面にも対応するレース向けモダンロード

CALEDONIA5 サーベロ

出典:東商会

CALEDONIA5は、これまでのどの「型」にはまらないモダンロードと言えるでしょう。滑らかな舗装路から荒れた田舎道、ダートまで、どんな路面でも高速で走りたい。そのために剛性や耐久性、衝撃吸収性、エアロを高次元でバランスさせたフレームワークが与えられています。

 

サーベロによれば、「CALEDONIA5はパリ~ルーベ(石畳を走る有名なレース)で使うためにデザインされたレースバイク」とのことです。

 

製品公式ページはこちら

 


CALEDONIA:路面を選ばないロングライド向けのモダンロード

CALEDONIA サーベロ

出典:東商会

CALEDONIAは、CALEDONIA5のベースグレードとなるモダンロードです。

 

低弾性のカーボンが主要な部分で使われていて、ノーマルなハンドル/ステムと丸形シートポストを採用することで、コストを抑えて、CALEDONIA5と同等の剛性や衝撃吸収性を実現しています。さまざまな路面を高速で楽しく走ることができるバイクと言えるでしょう。

 

製品公式ページはこちら

 


ASPERO5:グラベルレース向けのグラベルロード

ASPERO5 サーベロ

出典:東商会

サーベロらしく「速さ」を追求し、グラベルを高速で走り抜けるためのグラベルロードがASPERO5です。

 

ケーブルがフル内装化(電動・油圧コンポのみ)され、「ASPERO」より、10%の軽量化がされています。フロントフォークインサートの前後向きを入れ替えることで、±5mmのフォークオフセットが選択可能な「トレイルミキサー」や、優れた剛性を実現するBB rightなど、グラベルで安定したハンドリングとパワー伝達を実現しています。

 

製品公式ページはこちら

 


ASPERO:オフロードを颯爽と駆け抜けるグラベルロード

ASPERO サーベロ

出典:東商会

「ASPERO5」のベースグレードとなるグラベルロードが「ASPERO」。

 

ですが、ASPEROも、グラベルレースで十分戦えるだけの「速さ」を備えています。ASPERO5とほぼ同様のジオメトリ/剛性のフレームや、トレイルミキサーも装備。見た目の違いはコックピット周りのケーブルが内装化されていない程度となっています。荷物を満載してライドに出かける、というよりは、オフロードを颯爽と駆け抜けるグラベルロードと言えるでしょう。

 

製品公式ページはこちら

 

サーベロはトライアスロンバイクも有名です

サーベロはトライアスロンバイクも有名です

出典:東商会

エアロを重視するタイムトライアルバイクの開発からスタートしたサーベロは、トライアスロンバイクでも有名。ロードバイクの規則に縛られない、独特の形状のトライアスロンバイクは、まさにエアロの極致ともいえるでしょう。気になる人はチェックしてみよう!

 

PX-Series 製品公式ページはこちら

 

実際に試乗して、サーベロの速さを体感してみよう

サーベロ 自転車

出典:東商会

サーベロのロードバイク販売店は北海道から九州まで、日本全国にあります。実物の展示を見たり、バイク選びのアドバイス、サイズ合わせなど、様々な相談にのってもらえるでしょう。

 

試乗車があれば、実際に試乗してサーベロの速さを体感できるかも。近くに正規ショップがあれば、ぜひ行ってみよう。

 

サーベロのロードバイク正規販売店はこちら

あわせて読みたい

山梨県南アルプス市に誕生!「南アルプス立沼MTBパーク」オープニングイベントに行ってきました。
山梨県南アルプス市に、国内初となる常設の一般無料開放、大型のマウンテンバイクコースがオープンしました!マウンテンバイク愛好会の方々や、地元の皆さん、…
高橋智宏
意外な遊び方!最新e-MTBで小田原の魅力をたくさん見つけてきました!
意外な遊び方!最新e-MTBで小田原の魅力をたくさん見つけてきました!
e-MTB(電動マウンテンバイク)に乗って、小田原を巡るツアーに参加してきました!SPECIALIZED最高峰のMTBに乗って、トレイルコースを走っ…
CYCLE HACK編集部
【超初心者向け】はじめての1人サイクリング完全ガイド!!
【超初心者向け】はじめての1人サイクリング完全ガイド!!
買いたてのスポーツバイクで、サイクリング!といっても、準備など不安もありますよね。こちらでは走る前に確認したい、持ち物やルート作成方法、点検方法など…
Mikio
フロントフォーク 積載
フロントフォークに荷物を積みたい!万能ケージやダボ穴増設アタッチメントのご紹介
フロントフォーク横への積載は、容量UPだけでなく走行感を向上させることもでき、バイクパッキングでは定番となりつつある積載方法です。その一方で、車種や…
s.kataoka
ロードバイク ライト つけ方
ロードバイクのライトの位置はどこがいいの?使いやすいポジションを紹介!
ロードバイクのライトをどこに付けるのがいいのでしょうか?操作のしやすさ、視認性のよさ、路面を明るく照射できるなどの、の切り口からベストポジションを考…
CYCLE HACK編集部
おかちん

自転車に乗り始めるまでは全くのインドア派。クロスバイクから始めてロードバイクにハマってます。上り坂を愛し、ヒルクライムレースにも出場。現在海外在住で、現地レースにも参戦中です。