グラベルロードの特徴や魅力を徹底解説。ブランド&おすすめモデルも紹介

近年、盛り上がりを見せている”グラベルロード”。海外では以前から親しまれているジャンルの自転車ですが、日本でも新しい魅力を持つ自転車として、多くのモデルが発売されるようになりました。今回、特徴や選び方など、「グラベルロードって何?」「どうやって走ったら楽しい自転車なのか?」など、様々な疑問を解決しながら、おすすめモデルもご紹介します。

目次

  • グラベルロードとは?
  • ロードバイクと何が違うのか
  • ”シクロクロス”との違い
  • グラベルロードのおすすめの使い方
  • 主なグラベルロードのメーカー
  • グラベルロードの選び方
  • グラベルロードおすすめモデル6選
アイキャッチ画像出典:SPECIALIZED

グラベルロードとは?

出典:youtube/Specialized Bicycles

”グラベル”の意味は砂利?

グラベルロードの”グラベル”は砂利などを意味する言葉です。見た目はロードバイクと似ていますが、その言葉が意味する通り『グラベルロード』は、舗装路はもちろん、ロングライド中の舗装されていない脇道や、河原の砂利道や草むらも走る事ができる、走る場所を選ばないオールラウンドなスポーツバイクです。

 

グラベルロードは、速く走る為に開発されたロードバイクとは違い、さまざまな違う魅力が詰まった自転車と言えるでしょう。

 

ロードバイクと何が違うのか

ロードバイクと見た目が似ているグラベルロード。多くの方が思う疑問の一つが「ロードバイクと何が違うのか?」ではないでしょうか。見た目が似ている両者の違いを確認していきましょう。

タイヤの太さ

タイヤの違い

グラベルロードは、ロードバイクに比べ太いタイヤを装着しています。ロードバイクは23c~25cという細いタイヤが主流ですが、グラベルロードは30c~50cという太いタイヤを履いています。太いタイヤは、速く走るには不利ですが、走行時の安定性が向上します。その為、太いタイヤを装着したグラベルロードは舗装路はもちろん、オフロードでも安定した走りが可能になります。

 

また、グラベルロードのタイヤは、様々なパターンのタイヤがあり、ダートやトレイルを走る時はブロックタイヤを選ぶなど、シーンに合わせたタイヤを選択することもできます。

 

そしてタイヤの空気圧をロードバイクに比べ、低めにするのも特徴の一つ。太いタイヤは、ロードバイクと同様に高めの空気圧にすると、タイヤが硬くなり過ぎ、乗り心地が悪くなるため、オフロード走行に適さなくなるといった違いもあります。

 

ディスクブレーキ

ディスクブレーキ

グラベルロードには多くのモデルで、制動力が高いディスクブレーキが採用されています。ディスクブレーキは悪路などのコンディションが悪い道でも制動力が落ちにくい特徴があるので、オフロード向きのブレーキと言えるでしょう。

 

 ホイールの固定方式

スルーアクスル

出典:amazon

多くのロードバイクやクロスバイクのホイールの固定方式は、着脱が容易な「クイックリリース」方式が使われています。一方、グラベルロードでは剛性重視の「スルーアクスル」方式が採用されているモデルもあります。MTBでも多く使われる「スルーアクスル」方式は、よりオフロードに適した仕様と言えるでしょう。

 

乗車時の姿勢

ロードバイクの深い前傾姿勢は高速走行に有利ですが、ロングライドなどでは疲れやすい姿勢です。一方、グラベルロードのアップライトな姿勢は、ロングライドやオフロードでの身体への負担が少ない姿勢と言えます。

またアップライトな姿勢は、オフロード走行時のハンドルが暴れても、バイクコントロールを行いやすい設計と言えるでしょう。

 

ドロップハンドルの形状

グラベルロード用のハンドル

出典:Amazon

グラベルロードのハンドルはロードバイクのハンドルと違い、悪路でもコントロールがしやすいという特徴があります。ドロップハンドルのカーブはロードよりも滑らかで丸みがあり、どの部分でも握りやすくなっていて、荒れた道でも車体を押さえつけやすいようにハンドル下部分が大きく広がっています。

 

”シクロクロス”との違い

ドロップハンドルでオフロードも走るスポーツバイクに『シクロクロス』と呼ばれるカテゴリがあります。シクロクロスバイクはロードバイク以上に、グラベルロードと似ている自転車ですが、どのような違いがあるのでしょうか。

シクロクロスは競技用の自転車

シクロクロス

出典:Fricker / musume miyuki

『シクロクロス』は100年の歴史があるスポーツ競技の名称です。雪や泥の中を走る競技として、ロードレース選手の冬のトレーニングとして発展してきました。競技使用を想定して開発された、シクロクロスは、頑丈に作られていて、競技規則に沿って作られています。

 

一方、グラベルロードは競技に関係のないジャンルなので、各メーカー、特徴のあるモデルが展開されてます。

 

車体の設計は、シクロクロスは競技に勝つ為の機敏なハンドリングや加速性が重視されますが、グラベルロードはロングライド、オフロード走行時の安定感が重視されて設計されたモデルが多くなっています。

 

それでは次ページから、グラベルロードはどこを走ったり、どんな使い方がおすすめか、紹介していきましょう。

グラベルロードのおすすめの使い方

林道などのトレイルライド

ロードバイクでは走れなかった山の中の道や林道でも、MTBのように走れるのはグラベルロードの大きな魅力のひとつです。

 

舗装道路と砂利道が混ざった道

河川敷のサイクリングロードなどで、ロードバイクやクロスバイクで走っている時に砂利道に遭遇し、困った経験がある人も多いのではないでしょうか。そんな時も、グラベルロードであれば、道を選ばず走ることができます。

 

ロングライド

ロードバイクに比べ、路面からのショックを軽減する機能を持つモデルも多くあるのがグラベルロード。路面からのショックが少ないと体への負担も減ることになり、ロングライドも快適に走り続けることができます。

 

バイクパッキング

グラベルロードは、ダボ穴や、キャリアや泥除けを取りつけるためのネジ穴が多くあり、荷物の積載能力が高い自転車です。グラベルロードは荷物を抱えるキャンプや釣りなど、アウトドアレジャーや旅に活躍できる自転車と言えるでしょう。

 

実は、通勤や街乗りにもおすすめ

街中を走る場合、細いタイヤのロードバイクは小さな段差も気を使いながら乗りがちですが、グラベルロードの太いタイヤは多少の段差は気にすることなく乗る事が出来ます。また、安定した乗り心地と積載能力は、通勤やショッピングなど、普段使いの自転車としても快適に使えるでしょう。

主なグラベルロードのメーカー

それではグラベルロードをラインナップする主なメーカーをご紹介します。特徴的なのは、アメリカのメーカーが多いこと。広大な国土のアメリカでは、舗装路や整備されていない大自然の道など、様々なルートを走破する自転車の需要が高いと言えるでしょう。

SPECIALIZED

ロードレースで数々の実績を持つSPECIALIZED。世界で初めてマウンテンバイクを量産するなど、オフロードとも縁が深いメーカーです。SPECIALIZEDの作るグラベルロードもその実績が活かされた、オフロード・ロングライドに強いモデルとなっています。

 

TREK

TREK

出典:facebook/Trek Bicycle

SPECIALIZEDと同様にロードレースの高い実績を持つTREKは、世界で初めてMTBを作ったゲイリー・フィッシャーを傘下に収めるなど、オフロードやグラベルロード作りも得意としています。冒険をコンセプトに新たなグラベルロードを開発した「Checkpoint」が代表的なモデルです。

 

GT

GT

出典:facebook/GT Bicycles

BMXから始まる『GT』は、マウンテンバイクを得意とするメーカーで、マウンテンバイク、特にダウンヒルモデルは人気があります。その強いフレーム造りを活かしたグラベルロードは、頑丈なフレームで衝撃吸収性能の高さと安定した走りが期待できるでしょう。

 

キャノンデール

Cannondale

出典:facebook/キャノンデール

高品質なアルミフレーム、最初のリアサスペンション導入や片持ちのフロントフォークなど革新的なモデルをリリースしてきたキャノンデールは、グラベルロードも革新的なモデルを展開しています。ミドルグレードでは片持ちのフロントフォークサスペンション・650Bタイヤなど、より広範囲に対応したモデルもリリースされています。

 

JAMIS

JAMIS

出典:facebook/Jamis Bikes

ビーチクルーザーの生産から始まったメーカーのひとつで、JAMISのMTBは数々の受賞歴があります。JAMISのグラベルロードは、ロードバイクのようなシルエットの車体にスルーアクスル・700cと650Bに対応するフレームなどオフロードでの激しい使用にも耐える設計となっています。

グラベルロードの選び方

各メーカーから販売される、各モデルの選び方のポイントをご紹介します。

 

デザイン&ブランド

デザインで選ぼう

出典:Flickr/RLEVANS

やはり選ぶポイントの第一条件として、自分の好きな”見た目”の自転車を選びましょう。もちろん性能の違いも重要ですが、色やデザイン、シルエット、好きなブランドなど見た目が好きなモデルを選ぶ事が、その後、長く愛車を楽しめる秘訣になります。

 

フレーム素材は何が良い?

ロードバイクやクロスバイクと同様に、フレーム素材は主にカーボン・アルミ・クロモリがあります。一番のおすすめはやはりカーボン。軽さと振動を吸収するカーボンは、グラベルロードに最も合った素材と言えるでしょう。デメリットは高価になる事です。

 

アルミは、カーボンに比べると衝撃を逃しにくい素材です。モデルによってはフロントフォークのみカーボンだったり、サスペンションをつけて衝撃を抑える工夫がされているモデルもあります。価格が安くなるのはメリットです。

 

クロモリは、しなやかな乗り心地が、ロングライドに適していると言えますが、サビに弱い点と車体が重くなるデメリットがあると言えるでしょう。

 

コンポーネントは?

SHIMANO GRX

出典:facebook/シマノ自転車

多くのモデルはロードバイク用のコンポ-ネントをベースに、MTB用のコンポを組み合わせたりしています。2019年にシマノからリリースされるグラベルロード専用コンポ「SHIMANO GRX」は、グラベルロード専用のコンポーネントです。今後、完成車で装備されているモデルも出てくると予想されますので、選択の候補としても良いでしょう。

 

ディスクブレーキは油圧式?機械式?

ディスクブレーキは「油圧式」と「機械式」の2種類あります。油圧式は自動車で使われているブレーキと同じ構造のブレーキです。オイル交換などのメンテナンスが必要ですが、軽いタッチでブレーキが可能です。機械式はキャリパーブレーキと同様にワイヤーを引くので、タッチはやや重くワイヤーも劣化による定期的な交換が必要です。

「油圧式」が制動力が高く、乗りやすいですが、機械式より高価になるので、予算や使い方によって検討しましょう。

 

グラベルロードおすすめモデル6選

10万円代から30万円代まで、各価格帯のおすすめモデル6選をご紹介します!

 

JAMIS RENEGADE EXILE

出典:JAMIS
JAMIS独自の8モデルあるサイズ展開で、幅広いライダーがフィットするJAMIS RENEGADE EXILEは、カーボン・アルミ・クロモリを展開するRENEGADEシリーズのアルミモデルになります。ホイールも700cと650Bに対応し、キャリアなどを取りつけるダボで積載性も高められているので、用途を選ばず使えるバイクになっています。
参考価格:99,900円(税抜)
ITEM
JAMIS ジェイミス 2019年モデル RENEGADE EXILE レネゲードエグザイル

 

GIANT ANYROAD3

出典:GIANT
エントリーモデルとして最適なGIANT ANYROAD3。マウンテンバイクのような剛性の高いフレーム形状は軽量アルミが採用され、D-FUSEシートピラーで快適な乗り心地を実現しています。またアシストブレーキレバーなどが装備され、街でも山でも安心してライディングのできる1台となっています。
参考価格:105,000円(税抜)

 

BIANCHI ORSO

出典:Bianchi
クロモリフレームとカーキのサイドウォールタイヤ、チェレステグリーンがアンティークな雰囲気を作り出しているBianchi ORSO。フロントはカーボンフォークにスルーアクスルを採用するなどのテクノロジーも盛り込んでいます。街乗りに使いたいデザインながら、本格的なトレイルライドも可能にするグラベルロードです。
参考価格:133,000(税抜)
ITEM
ロードバイク 2019年 BIANCHI ビアンキ ORSO オルソ Matt CK16
●サイズ:46/49/53/55

 

SPCIALIZED Diverge MEN E5 COMP

出典:SPECIALIZED
エンデュランスバイクやシクロクロスバイクの開発で常にリードしているSPECIALIZEDが、グラベルロード用に新しく設計・開発したのがSPECIALIZED Diverge。オフロード走行はもとより、オンロード走行の快適性を高めたフレームに、独自のサスペンションシステム「Future Shock」を採用した、まさにオン・オフの遊びのためのバイクといえます。
参考価格:205,200(税込)

 

GT GRADE CARBON ELITE

出典:GT
同価格帯のグレードに差をつけるカーボンフレームは、GT独特のトリプルトライアングルフレームで、軽量・高剛性を実現したGTらしい持ち味です。オフロードでのライディングで真価を発揮しながら、ロングホイールベースがロングライドの快適性も持たせている1台です。
参考価格:228,000(税抜)
ITEM
GT GRADE CARBON ELITE
●サイズ:510、530、550

 

TREK CHECKPOINT SL5

出典:TREK
カーボンフレームに、シートチューブ上部に配置されたTREKの振動吸収システム「IsoSpeed」で、力強い走りに快適性を加えTREK CHECKPOINT SL5。ロングライドやバックパッキングにも対応する装備や、ボントレガーと連携したアクセサリーシステムなど、過酷なグラベルロードも走りきる強いバイクになっています。
参考価格:315,000(税抜)

 

CANNONDALE SLATE FORCE1

出典:CANNONDALE
ロードバイクの性能に、CANNONDALEの特徴であるLFTYフォークを組み合わせ、高いレベルで軽量とオフロード性能を持たせたCANNONDALE SLATE FORCE1。コンポーネントにマウンテンバイクコンポのテクノロジーをロードコンポにフィードバックした、SRAM FORCE1 HRDを採用しています。
参考価格:390,000円(税抜)

 

▼▼更にグラベルロードのおすすめモデルを見たいかたはこちら!▼▼

 

あわせて読みたい

失敗したくない!飛行機の輪行。百戦錬磨の筆者が攻略法を教えます。
愛車と遠くへ行きたいときに、避けて通れないのが飛行機の輪行です。何かと不安の多い飛行機の輪行ですが、慣れてしまえば大丈夫! 飛行機輪行を考えるときに…
大城 実結
【魅力大解剖】ブロンプトンは無敵の折りたたみ自転車だ
【魅力大解剖】ブロンプトンは最高の折りたたみ自転車だ
「世界一の折りたたみ小径車」といわれるBROMPTON(ブロンプトン)は、欧米のみならずアジアでも愛される自転車です。カスタマイズや公式でリリースさ…
大城 実結
ロードバイクとは
ロードバイクの楽しみ方を徹底紹介!スピードが魅力のスポーツバイク
「クロスバイクと何が違うの?ロードバイクの楽しみ方は?」など、ロードバイクに興味が出てきた時は、多くの疑問が出てくるもの。ショップの店員さんに聞くと…
CYCLE HACK編集部
”クロスバイク購入に合わせて揃えたい”必要なもの14選
クロスバイクを買ったら一緒に揃えよう!必要なアイテム14選
クロスバイクを買ったら、一緒に購入するべきアイテムがあります。必ず準備すべきもの、乗るシーンによって準備したいものなど様々。今回は必要なアイテムと、…
CYCLE HACK編集部
クロスバイクとロードバイク
クロスバイクとロードバイク、どっちがおすすめ?違いや選び方を解説
自転車ショップで、クロスバイクとロードバイク、どちらにしようか悩む。初めてスポーツバイクを購入する時は良くあるテーマですね。どのように乗るのか、どん…
CYCLE HACK編集部
高橋智宏
高橋智宏

10代の頃からロードバイク・MTBなど自転車を楽しみながら、現在はスポーツバイクの普及活動をしています。 皆さまへお役に立つ情報をお届けし、スポーツバイクを末永く楽しむお手伝いができれば嬉しく思います。