【軽くて飲みやすい】エリートのボトル、おすすめモデルをご紹介

トッププロも使う、ELITE(エリート)のボトル。軽くて飲みやすいのが特徴です。ライディングスタイルに合わせて、機能的なボトルや、エコ素材のボトル、断熱材入りのボトルなど種類もさまざま。デザインの豊富さも魅力です。そんなエリートのボトルのおすすめモデルをご紹介します。

目次

  • プロも愛する、イタリアブランドの「ELITE」
  • 超軽量!新素材を使ったエリートのボトル
  • エリートの定番!超軽量ボトルのFLYシリーズ
  • 保冷・保温ができるエリートのボトル
  • 環境に優しいボトルならJETシリーズ
  • 目立つこと間違いなし?!見た目が楽しいエリートのボトル
  • ボトルケージもエリートで揃えませんか?
  • 軽くて使いやすいエリートのボトル
アイキャッチ画像出典:Elite

プロも愛する、イタリアブランドの「ELITE」

エリート 自転車 ボトル

出典:RIO GRANDE

ELITE(エリート)は1979年創業のイタリアのサイクルアクセサリーブランド。今回ご紹介するボトルやボトルケージをはじめ、ライダー達がウォームアップで使うトレーナー(ローラー台)、メンテナンススタンドなど、サイクリストのための製品を送り出しています。

 

厳しいレースシーンを戦うトッププロ、トップチームが使っているボトルも、チームロゴのグラフィックでブランドが見えませんが、実はエリート製が多いんです。

超軽量!新素材を使ったエリートのボトル

走りながらボトルを手に取ってドリンクを飲むのは、落車のリスクもあってなかなか難しいものですよね。エリートのボトルは、適度な柔らかさで握りやすく、サッと飲めるよう工夫されているので、ロードバイク初心者の方にもピッタリ。

 

また、超軽量素材を使用した世界最軽量級のボトルや、環境に配慮した100%生分解素材を使用したボトルなど、新素材を使っているのも特徴です。

ドリンクの流量が多く、飲みやすい

エリート ボトル

出典:Elite

息を切らして坂道を上っている時って、ドリンクが飲みたくなりますよね。ちょっとずつしかドリンクが出てこなかったら、苦しさも倍増、片手ハンドルでフラフラしてしまうことも。

 

そんなときエリートのボトルなら、ドリンクの流量が多く飲みやすいので安心です。人間工学に基づいた吸い口は複合素材で作られていて、スムーズにドリンクが流れるようになっています。

デザインも充実

 

デザインも充実

出典:楽天市場

エリートのボトルは、カラーバリエーションやデザインも豊富です。自分のロードバイクのカラーに合わせて選ぶもよし、エリートのボトルを使用しているプロチームのデザインで、気分を味わうもよし。さまざまなバリエーションの中から、自分好みのデザインを見つけよう!

容量は500~950mm

ボトルの容量は、550ml(一部500ml)、750ml、950mlの3種類。頻繁に水分補給が必要な暑い夏のロングライドには大きめのボトル、重さが気になるヒルクライムでは小さめのボトルなど、シチュエーションにあわせて選ぶことができますよ。

エリートの定番!超軽量ボトルのFLYシリーズ

エリートボトルを採用しているほぼすべてのプロチームがレース中に使用しているのがFLY(フライ)シリーズ。超軽量で、柔らかく、握りやすさと耐久性を兼ね備えたプラスチック素材を使用しています。カラーバリエーションも豊富で、容量は550ml、750ml、950mlの3種類があります。

ITEM
エリート FLY(フライ) ボトル 550ml
●容量:550ml
●重量:約54g
●サイズ:Φ74mm

 

プロチームのロゴデザインのFLY TEAMは、550mlと750mlの2種類、FLYとはデザインが違うだけで機能的には同じです。

ITEM
エリート FLY TEAM(フライ チーム)ボトル 550ml
●容量:550ml
●重量:約54g
●サイズ:Φ74mm

保冷・保温ができるエリートのボトル

保冷・保温ができるタイプのNANO FLYは、世界で最も優れた最軽量の固体断熱材である「Nanogel(ナノゲル)」で完全に包んだツインボトル構造を持つ保冷・保温ボトル。最大4時間の優れた断熱性能があります。容量は500mlのみです。

ITEM
エリート NANOFLY(ナノフライ)サーモボトル 500ml
●容量:500ml
●重量:約127g
●サイズ:Φ74mm

 

ICE FLYは最大2.5時間の断熱性能。FLYシリーズと同様、柔らかく握りやすいので、ドリンクが飲みやすいのが特徴です。容量は500mlと650mlの2種類があります。

ITEM
エリート ICE FLY(アイスフライ)サーモボトル 500ml
容量:500ml
重量:131g
サイズ:Φ74mm

環境に優しいボトルならJETシリーズ

ボトルが空になったからといって投げ捨てたりはしないと思いますが、ヒルクライムでつい落としてしまって谷底へ・・なんていうこともありますよね。そんなとき生分解性プラスチックでできたJETボトルなら、少しは心が痛まないかも(財布は痛みますが)。550ml、750ml、950mlの3種類があります。

ITEM
エリート JET(ジェット)ボトル 550ml
容量:550ml
サイズ:Φ74mm

 

JETよりさらに生分解性の高い、植物由来のバイオプラスチックでできたJET GREENボトルもあります。目標は完全なカーボンニュートラル。エコなバイクにエコなボトルっていいですよね。容量は550ml、750ml、950mlの3種類です。

ITEM
エリート JET GREEN(ジェットグリーン)ボトル 550ml
●容量:550ml
●サイズ:Φ74mm

JET、JET GREENに、飲み口を保護可能なキャップがついたモデルがJET PLUSとJET GREEN PLUS。ライド中にホコリや泥が飲み口につかないので、衛生的です。

ITEM
エリート JET PLUS(ジェットプラス)ボトル 550ml
●容量:550ml
●サイズ:Φ74mm

目立つこと間違いなし?!見た目が楽しいエリートのボトル

クラシカルなアルミボトルがEROICA(エロイカ)。サテン仕上げのアルミニウム製ボディにコルク製のキャップ、さらに使い古した感を出す擦れたグラフィックと、ヴィンテージ感満載です。

ITEM
エリート EROICA(エロイカ)アルミボトル 600ml
●容量:600ml
●サイズ:Φ74mm

 

見た目が楽しいのは、コカ・コーラデザインのボトル。FLY、ICE FLY、JET PLUSに用意されています。でも、コカ・コーラを入れてはいけません。炭酸で吹き出しちゃいますよ。

ITEM
エリート FLY COCA-COLA(フライ コカ・コーラ)ボトル 550ml
●容量:550ml
●重量:約54g
●サイズ:Φ74mm

ボトルケージもエリートで揃えませんか?

ボトルケージもエリートで揃えませんか?

出典:楽天市場

エリートのボトルケージは種類が豊富で、街乗りから本格的なレースまで、様々な使い方に対応したモデルがそろっています。もちろんエリートのボトルとの相性もバッチリ。ボトルをしっかりホールドしつつ、サッと取り出すことのできるエリートのボトルケージもおすすめですよ。

 

▼▼関連記事はこちら▼▼

 

軽くて使いやすいエリートのボトル

エリート ボトル

出典:Elite

エリートのボトルは、軽くて使いやすく、容量やデザインも豊富。プロも使う機能的なボトルや、環境に配慮したバイオプラスチックのボトルなど、さまざまな種類があります。きっと、自分のライディングスタイルにあった、ボトルがみつかるはずですよ。

紹介されたアイテム

エリート FLY(フライ) ボトル 55…
エリート FLY TEAM(フライ チー…
エリート NANOFLY(ナノフライ)サ…
エリート ICE FLY(アイスフライ)…
エリート JET(ジェット)ボトル 55…
エリート JET GREEN(ジェットグ…
エリート JET PLUS(ジェットプラ…
エリート EROICA(エロイカ)アルミ…
エリート FLY COCA-COLA(フ…

あわせて読みたい

フロントフォーク 積載
フロントフォークに荷物を積みたい!万能ケージやダボ穴増設アタッチメントのご紹介
フロントフォーク横への積載は、容量UPだけでなく走行感を向上させることもでき、バイクパッキングでは定番となりつつある積載方法です。その一方で、車種や…
s.kataoka
ロードバイク ライト つけ方
ロードバイクのライトの位置はどこがいいの?使いやすいポジションを紹介!
ロードバイクのライトをどこに付けるのがいいのでしょうか?操作のしやすさ、視認性のよさ、路面を明るく照射できるなどの、の切り口からベストポジションを考…
CYCLE HACK編集部
輪行 マナー ルール
【輪行のルール・マナーまとめ】そのやり方、間違ってませんか…?
自転車を手荷物として電車に持ち込む「輪行」。マスターするとサイクリングの幅が広がる便利な手段ですが、大切なルールやマナーが存在します。他の乗客の方と…
s.kataoka
グラベルキング タイヤ
人気タイヤ『グラベルキング』を種類ごとに比較!乗り方別のおススメは?
ロードバイクやグラベルロードに高い人気を誇るタイヤ『グラベルキング』。舗装路が得意なものから未舗装路に強いものまで、用途に応じて選べる沢山のラインナ…
s.kataoka
高い質感と変わらない美しさ。スギノのクランクを解説します。
トラック競技や競輪での使用率も高い「スギノのクランク」。スギノのクランクは、クロモリのロードバイクやグラベルロード、ピストバイクなどを、スタイリッシ…
高橋智宏
おかちん

自転車に乗り始めるまでは全くのインドア派。クロスバイクから始めてロードバイクにハマってます。上り坂を愛し、ヒルクライムレースにも出場。現在海外在住で、現地レースにも参戦中です。