マリンの自転車、おすすめモデルはこれ!【街中に合うおしゃれバイク】

MARIN(マリン)の、おすすめ自転車をご紹介します!定番のMTBから、クロスバイク、グラベルロードなど、いろんな車種を展開するマリン。すっきりとしたシルエットに、おしゃれなニュアンスカラーのスポーツバイクは、カジュアルなコーデにも合います。キッズ向けモデルもあるので、「マリン・ブランド」を家族で揃えることもできますよ。

目次

  • マリン(MARIN)って、どんなブランド?
  • 「趣味としての自転車」が存分に楽しめる、マリンの自転車
  • 目的に合わせて、まずは車種を選ぼう!
  • 【クロスバイク】マリンのおすすめモデル5選
  • 【MTB】マリンのおすすめモデル3選
  • おすすめのグラベルロード2選
  • キッズバイクなら、これ!
  • 正規取り扱いショップにも、足を運んでみよう
  • マリンの自転車で、お出かけを楽しく
アイキャッチ画像出典:楽天

マリン(MARIN)って、どんなブランド?

マリン(MARIN)って、どんなブランド?

出典:楽天

「MARIN(マリン)」は、マウンテンバイク(MTB)発祥の地、アメリカ・カリフォルニア州マリンカウンティーで生まれたブランド。MTBはもちろん、クロスバイク、キッズバイク、ストリートバイクなど、街中で乗るスポーツバイクを手がけています。

 

モデル名はすべて、山々が連なる自然豊かな地、マリンカウンティーに実在する地名から付けられているんですよ。

 

「趣味としての自転車」が存分に楽しめる、マリンの自転車

「デザイン性に優れ、軽量で、長く乗れるバイクを作る」というコンセプトを掲げるマリン。趣味や日常使いで楽しめる、おしゃれなモデルが揃っていますよ。

 

目的に合わせた、豊富なラインナップ

目的に合わせた、豊富なラインナップ

出典:楽天

日常使いのなかでも、買い物や通勤通学など、目的に合わせたラインナップがあります。

 

また日常から趣味の自転車まで、1台で幅広いシーンをカバーできるモデルも。今日は街中のカフェ巡り、明日はデコボコの山道を走る、なんて使い方もできちゃいますよ。

 

親しみやすい、カジュアルなデザイン

親しみやすい、カジュアルなデザイン

出典:楽天

ラインナップの多くは、すっきりとしたデザインのモデルが多く、カラーも定番のブラックから、ニュアンスの効いたオリーブ、マスタードなど、カジュアルな服装に合わせやすくなっています。

 

スポーツバイクを日常使いしたい人、普段の服で休日サイクリングに出かけたい人にも、ぴったりのモデルが見つかるでしょう。

 

家族でお揃いも!キッズや女性モデルも充実

家族でお揃いも!キッズや女性モデルも充実

出典:楽天

マリンは、日本限定モデル(SEモデル)も展開しています。日本限定モデルは、キッズバイクや、ママチャリに近い乗り心地のクロスバイクなど、より多くの人が楽しめるラインナップになっています。

 

パパママ、お子さん、みんなで揃えられるので、家族でサイクリングに行きたくなりますね。

 

目的に合わせて、まずは車種を選ぼう!

マリンには数多くの自転車がありますが、大きく分けると、「クロスバイク」「MTB」「グラベルロード」の3つの車種があります。

 

まずは目的に合わせて、どの車種にするか決めてみましょう。

 

通勤通学・フィットネスなら「クロスバイク」

通勤通学・フィットネスなら「クロスバイク」

出典:楽天

通勤通学、買い物など、街中メインで乗るなら「クロスバイク」。カゴ、スタンド付きなど、ママチャリのような感覚で乗れるモデルもあるので、スポーツバイク初心者にもおすすめです。

 

休日には、サイクリングロードをのんびり走る楽しみ方もできるでしょう。

 

山道など、オフロードなら「MTB」

山道など、オフロードなら「MTB」

出典:楽天

山道、デコボコした道などオフロードを走るなら、「MTB」でしょう。

 

起伏の激しいコースもこなしたいなら、本格派の「MOUNTAIN BIKES」。緩やかな山道なら、初心者にもおすすめの「STREET MOUNTAIN BIKES」が、おすすめです。

 

ツーリングなら「グラベルロード」

ツーリングなら「グラベルロード」

出典:楽天

ロードバイクと同じドロップハンドルですが、太めのタイヤで砂利道もへっちゃらな「グラベルロード」。荷物をフレームに取り付けるダボ穴もあるので、ロングライドやツーリングにぴったりです。

 

マリンでは、「オンロード○%、オフロード○%」と、各モデルのポジションを表現しているので、自分の楽しみ方に照らし合わせてみてくださいね。

 

【クロスバイク】マリンのおすすめモデル5選

ここからは、マリンでおすすめのモデルを車種別に紹介します。まずは街中で乗りたい、おしゃれなクロスバイクから。

 

FAIRFAX DISC SE

日本限定モデル。前傾姿勢になりすぎないように、ハンドルが手前に少しカーブしているので、シティサイクルからの乗り換えにもおすすめです。

 

濡れた路面でもしっかり利く「ディスクブレーキ仕様」で、通勤通学でも天候に左右されず乗れるでしょう。

 

ITEM
FAIRFAX DISC SE
●適応身長:XS(150-160cm)、S(160-170cm)、M(170-180cm)
●カラー:MAT.BLACK、GLOSS.WHITE、MAT.MOCHA、MAT.PINK、MAT.TURQ
●重量:12kg
●変速:21段変速

 


 

LARKSPUR 1

LARKSPUR 1

出典:MARIN

またぐ部分が低くなっているフレームなど、女性向けに企画されたクロスバイクです。このモデルも手前にカーブしたハンドルで、前傾になりすぎず、ラクな姿勢で走れますよ。

 

クロスバイクといえば、28〜35Cくらいの太さのタイヤが主流ですが、「LARKSPUR 1」は極太の59C!幅広な、どっしりとしたタイヤで、ちょっとした段差も軽やかに乗り越えられるでしょう。落ち着いたイエローの細身なフレームは、クラシカルで、普段着にも合わせやすいですね。

 

 適応身長  S(155cm-165cm)
 カラー  GLOSS YELLOW/RED
 変速  10段変速
 価格  82,500円(税込)

 

製品サイトはこちら

 


 

NICASIO SE

「マットオリーブ」「マットパープル」など、個性的な7つのカラーが揃うモデル。細身なシルエットなので、カップルや夫婦で、色違いを選んで走る楽しみ方もできます。

 

MTB用パーツなどで知られるブランド、「WTB」のタイヤで、街中にある段差も難なく乗り越えられますよ。ブレーキは、「油圧式ディスクブレーキ」で、軽いタッチでよくブレーキがききますよ。

 

ITEM
NICASIO SE
●適応身長:47cm(140-149cm)、50cm(150-159cm)、52cm(160-169cm)、54cm(170-179cm)、56cm(180-189cm)
●カラー:MAT.BLACK、MAT.OLIVE、MAT.GREY、MAT.PURPLE、MAT.RED、MAT.MUSTAED、MAT.BROWN/GREY
●変速:8段変速

 


 

DONKY SE

パパのために企画された「DONKY SE」。通勤、ツーリング、山遊びまでこなせる、極太タイヤがついています。フカフカのタイヤで、重い荷物を載せても、パンクもしにくいでしょう。

 

スタイリッシュな前カゴ、リアキャリアが標準装備になっているので、自転車キャンプにもぴったりですね。

 

ITEM
DONKY SE
●適応身長:S(155-165cm)、M(165-175cm)
●カラー:MAT.BLACK、MAT.OLIVE、MAT.GREY、GLOSS.IRIDESCENT
●重量:16.5kg
●変速:8段変速

 


 

MUIRWOODS29

質感の異なる4色がラインナップされたモデル。身長160〜190cm対応で、男性におすすめです。

 

細身でキリリと締まったシルエットは、カジュアルにも、スーツにも合わせやすいでしょう。ブレーキは路面の状況に左右されない「油圧式ディスクブレーキ」。通勤・通学用にも安心ですね。

 

ITEM
MUIRWOODS29
●適応身長:M(160-170cm)、L(170-180cm)、XL(180-190cm)
●カラー:MAT.BLACK、GLOSS.WHITE、MAT.BROWN/GREY、MAT.BLUE/GREEN
●変速:8段変速

 

【MTB】マリンのおすすめモデル3選

マリンの定番といえばMTB。全部で13モデルありますが、「日常使いとオフロード」、「オフロードとバイクパッキング」など、幅広い使い方ができるモデルを選んでみました。

 

BOBCAT TRAIL 3

BOBCAT TRAIL 3

出典:MARIN

通勤通学などの日常使いから、緩やかなトレイルまで楽しめるモデル。フロントに、クッションとなるサスペンションがついた「ハードテイル仕様」ですが、舗装路を走るときはロックして沈み込みすぎないようにできますよ。

 

後ろにもサスペンションがついた「フルサス」よりもお手入れしやすいので、初めてのMTBにもぴったり。

 

 適応身長  S(160cm-170cm)、M(170cm-180cm)
 カラー  GLOSS.BLACK / GLOSS.BLUE
 変速  16段変速
 価格  74,800円(税込)

 

製品サイトはこちら

 


 

BOLINAS RIDGE 2

BOLINAS RIDGE 2

出典:MARIN

こちらも通勤通学から、緩やかなトレイルまでこなせる、ハードテイルモデル。変速が24段階あるのでペース調整しやすく、上り坂もスイスイ進むでしょう。

 

カラーは「サテンブラック」と「グロスチャコール」の2色。

 

 適応身長  S(160cm-170cm)、M(170cm-180cm)
 カラー  SATIN.BLACK / GLOSS.CHACOAL
 変速  24段変速
 価格  63,800円(税込)

 

製品サイトはこちら

 


 

PINE MOUNTAIN 1

PINE MOUNTAIN 1

出典:MARIN

同じくハードテイルですが、こちらは本格的にオフロードを走る人向け、「MOUNTAIN BIKES」シリーズのモデルです。「ナローワイドチェーンリング」で、起伏の激しいコースでもチェーンが外れにくいでしょう。

 

一方でダボ穴がたくさんあったり、ハンドルが少し手前にカーブしていたりと、バイクパッキングを意識した仕様もあり、気軽なライドも満喫できますよ。

 

 適応身長  S(160cm-170cm)、M(170cm-180cm)
 カラー  GLOSS NAVY BLUE/YELLOW/ORANGE
 変速  11段変速
 価格  187,000円(税込)

 

製品サイトはこちら

 

おすすめのグラベルロード2選

オンロードとオフロード、どちらも楽しめるグラベルロード。どちらもガッツリ走りたい!なんて人向けの2モデルを紹介します。

 

NICASIO

オフロード50%、オンロード50%で楽しむためのグラベルロード。街中はもちろん、ロングライドも快適な設計になっています。

 

最大47Cまでのタイヤサイズに対応しているので、太めのタイヤに交換して、がっつりオフロードを走ってみてもいいですね。

 

ITEM
NICASIO
●適応身長:52cm(150-160cm)、54cm(160-170cm)、56cm(170-180cm)
●カラー:GLOSS.SILVER、GLOSS.BLACK
●変速:16段変速

 


 

LOMBARD 1

オフロード40%、オンロード60%で楽しみたい人に向けたモデル。キビキビとした乗り心地で、街中も軽快に走れるでしょう。

 

タイヤは、最大45Cまで対応。オフロード用に太めのタイヤを用意したくなるかもしれません。

 

ITEM
LOMBARD 1
●適応身長:52cm(155-165cm)、54cm(165-175cm)、56cm(175-185cm)
●カラー:SATIN REFLECTIVE CHARCOAL
●変速:18段変速

 

キッズバイクなら、これ!

子ども向けのモデルは、なんと10種類!3歳頃から乗れる補助輪つきや、大学生まで乗れちゃうモデルもあるので、適正年齢を見ながら選んでくださいね。

 

DONKY Jr24

小学校3年生くらいから乗れる、キッズマウンテンバイク。身長が低いお子さんでも乗りやすいよう、サドルが低めにデザインされています。

 

6段変速つきで、坂道もスイスイ走れるでしょう。カラーはベーシックな「マットブラック」など5色のほか、グラデーションが美しい、限定カラーの「グロススペース」もあります。

 

ITEM
DONKY Jr24
●適応身長:125-145cm
●カラー:MAT.BLACK、G.WHITE、G.MUSTARD、G.BLUE、G.RED、GLOSS.SPACE
●変速:6段変速
●重量:11kg(ペダル無しの場合)
●股下サイズ:61cm(サドルを一番下にした時)

 

正規取り扱いショップにも、足を運んでみよう

正規取り扱いショップにも、足を運んでみよう

出典:楽天

マリンの自転車は、「サイクルベースあさひ」など、全国の自転車ショップで取り扱いがあります。おしゃれなカラーリングは、実物を見て確かめたいもの。

 

気になるモデルが試乗できることもあるので、ぜひショップに足を運んでみてくださいね。

 

マリン正規販売店一覧

 

マリンの自転車で、お出かけを楽しく

マリンの自転車で、お出かけを楽しく

出典:楽天

マリンには、日常使いから休日サイクリングまで、いろんなシーンで活躍する自転車が揃っています。

 

カジュアルな服にも合う、おしゃれなデザインばかりなので、初めてのスポーツバイクとしても、候補に入れてみてくださいね。

 

MARIN公式サイトはこちら

紹介されたアイテム

FAIRFAX DISC SE
NICASIO SE
DONKY SE
MUIRWOODS29
NICASIO
LOMBARD 1
DONKY Jr24

あわせて読みたい

フロントフォーク 積載
フロントフォークに荷物を積みたい!万能ケージやダボ穴増設アタッチメントのご紹介
フロントフォーク横への積載は、容量UPだけでなく走行感を向上させることもでき、バイクパッキングでは定番となりつつある積載方法です。その一方で、車種や…
s.kataoka
ロードバイク ライト つけ方
ロードバイクのライトの位置はどこがいいの?使いやすいポジションを紹介!
ロードバイクのライトをどこに付けるのがいいのでしょうか?操作のしやすさ、視認性のよさ、路面を明るく照射できるなどの、の切り口からベストポジションを考…
CYCLE HACK編集部
輪行 マナー ルール
【輪行のルール・マナーまとめ】そのやり方、間違ってませんか…?
自転車を手荷物として電車に持ち込む「輪行」。マスターするとサイクリングの幅が広がる便利な手段ですが、大切なルールやマナーが存在します。他の乗客の方と…
s.kataoka
グラベルキング タイヤ
人気タイヤ『グラベルキング』を種類ごとに比較!乗り方別のおススメは?
ロードバイクやグラベルロードに高い人気を誇るタイヤ『グラベルキング』。舗装路が得意なものから未舗装路に強いものまで、用途に応じて選べる沢山のラインナ…
s.kataoka
高い質感と変わらない美しさ。スギノのクランクを解説します。
トラック競技や競輪での使用率も高い「スギノのクランク」。スギノのクランクは、クロモリのロードバイクやグラベルロード、ピストバイクなどを、スタイリッシ…
高橋智宏
二ノ宮 空

自転車が好きで、クロスバイクとロードバイクを2台所有しています。ロングライドや自然の中を走るのが大好きです。自転車の魅力や自転車旅についてなど、楽しくてためになる情報を提供していきたいと思っています。