【名作揃い】穴あきサドルを生んだセライタリアのおすすめサドルと選び方

120年をこえる歴史を持つ、メイド・イン・イタリアを貫く老舗サドルブランド「セライタリア」。多くのアマチュアやプロから愛され、落ち着いたシンプルなデザインと、近年はショートサドルに力を入れるなど革新的な顔も持ったメーカーです。そんな、セライタリアのサドルの選び方や、おすすめサドルをまとめました。

目次

  • 穴あきサドルの生みの親、セライタリア(sella italia)
  • 自分の体と乗り方に合った、セライタリアのサドルを選ぼう
  • セライタリアの名作「FLITE」のおすすめサドル
  • 安定性と高いホールド感「NOVUS」のおすすめサドル
  • 軽さと快適さを追求「SLR」のおすすめサドル
  • 分割したサドルが特徴的な「SP01」のおすすめサドル
  • サドルを選ぶときには、ココもチェックしよう
  • オンラインフィッティングシステムの「idmatch」
  • セライタリアのサドルは正規販売店で
  • 【こんな製品も】バーテープでサドルとコーディネート
アイキャッチ画像撮影:筆者

穴あきサドルの生みの親、セライタリア(sella italia)

穴あきサドルの生みの親、セライタリア(sella italia)

出典:FaceBook/Selle Italia

サイクリストに人気のサドルメーカー、イタリアブランドの「セライタリア」。サドルメーカーとして老舗ブランドの一つと言えるでしょう。

 

セライタリアのサドルで、「スーパーフロー」と名付けられている穴あきサドルがありますが、穴が空いたサドルを世界に先駆けて発売したのは、セライタリアです。

 

その他にも、ロングライドに最適な「GEL入りサドル」、軽量で高強度の「カーボンサドル」など、革新的な製品を作り出しているメーカーです。

 

多くのプロレーサーも愛用

セライタリア サドル

出典:FaceBook/Selle Italia

セライタリアは、「ツール・ド・フランス」や「ジロ・デ・イタリア」などのシグネイチャーモデルも出していて、プロのロードレース選手も多く使用しています。

 

多くの選手に実際にレースで使われることで、セライタリアのサドルは、レースのフィードバックに基づいて開発されています。

 

自分の体と乗り方に合った、セライタリアのサドルを選ぼう

セライタリアではサドルを3つのタイプに分けて、それぞれのライディングに合ったサドルを提供しています。

 

深く前傾している人は「FLAT」タイプ

フラット サドル

出典:FUKAYA

座面が平らで重心を前後に動かしやすいタイプ。比較的に骨盤が前傾気味な方、前傾が深いフォームをとるライダーに向いています。

 

【主なシリーズ】

●FLITEシリーズ

●X-LRシリーズ

 


のんびり走るタイプなら「WAVED」タイプ

サドル WAVED

出典:FUKAYA

前傾が浅めなライダー、または骨盤が後傾したライダーに向いたタイプです。着座位置が定点に決まりやすく、ロングライドなど負担がかかるライディングでもストレスが少ないでしょう。

 

【主なシリーズ】

●NOVUSシリーズ

 


中間の場合は「NEUTRAL」タイプ

サドル NEUTRAL

出典:FUKAYA

前傾が深さや、骨盤の傾度に関わらず対応できるニュートラルなタイプです。重心を動かさずに走っても、前後移動させるライディングにも対応します。

 

【主なシリーズ】

●SLRシリーズ

●SP-01シリーズ

 

セライタリアの名作「FLITE」のおすすめサドル

それでは、名作の多いセライタリアの中でも長い歴史を持つ「FLITE」シリーズ、最新のFLITEシリーズから、おすすめモデルをご紹介します。

 

FLITE BOOST グラベル Ti316 スーパーフロー

ショートノーズモデルとなったFLITEが、人気のグラベルロード用にGELパッドとショックアブソーバーを採用、オフロードも快適に走れるモデルです。

ITEM
selle italia/FLITE BOOST TI316 GRAVEL SUPERFLOW
●サイズ:S/W135xL248mm・L/W145xL248mm
●重量:S/228g・L/232g
●レール素材:Ti316チューブ(Φ7mm)
●シート素材:Fibra-Tek

 


 

FLITE BOOST TM

FLITEの形状を踏襲しつつ、トレンドのショートノーズとエアロダイナミクスを取り入れたモデルです。コストパフォーマンスに優れたTM(チューブラーマンガン)モデルの他、軽量なTi316モデルもラインナップされています。

ITEM
selle italia/FLITE BOOST TM
●サイズ:S/W135xL248mm・L/W145xL248mm
●重量:S/240g・L/243g
●レール素材:マンガンチューブ(Φ7mm)
●シート素材:Soft-Tek

 

安定性と高いホールド感「NOVUS」のおすすめサドル

快適性を重視し、ロングライドにも強い「NOVUS」シリーズのおすすめサドルをご紹介します。

 

NOVUS エンデュランス TM スーパーフロー

ウェイブモデルの代表格であるノヴァス、ロングライドに適したエンデュランス・スーパーフローモデルです。マンガネーゼレールの他にチタンレールモデルもあり、ロングライドもより快適に走れるでしょう。

ITEM
selle italia/NOVUS ENDURANCE TM SUPER FLOW
●サイズ:S/W138xL282mm・L/W1469L282mm
●重量:S/306g・L/310g
●レール素材:マンガンチューブ(Φ7mm)
●シート素材:Duro-Tek

 


NOVUS BOOST TM スーパーフロー

快適性が高くロングライドにおすすめのノヴァスブースト、コストをおさえたマンガネーゼレールモデル、コンパクトで身体にフィットするサドルです。

ITEM
selleI italia/NOVUS BOOST TM SUPER FLOW
●サイズ:S/W135xL255mm・L/W146xL255mm
●重量:S/263g・L/270g
●レール素材:マンガンチューブ(Φ7mm)
●シート素材:Duro-Tek

 

軽さと快適さを追求「SLR」のおすすめサドル

セライタリアを代表するレーシングモデル「SLR」シリーズのおすすめサドルをご紹介します。

 

SLR TM

セライタリアを代表するモデルのひとつ「SLR」に、マンガネーゼチューブを採用、コストパフォーマンスに優れたエントリーモデルにあたるサドルです。

ITEM
selle italia/SLR TM
●サイズ:W131xL275mm
●重量:233g
●レール素材:マンガンチューブ(Φ7mm)
●シート素材:FIBRA-Tek

 


SLR BOOST TM スーパーフロー

SLRのコンセプトはそのままにブースト・スーパーフロー、マンガネーゼレールを採用し、快適性を高めコストを抑えたロングライドにおすすめモデルです。

ITEM
selle italia/SLR BOOST TM スーパーフロー
●サイズ:S/W130xL248mm・L/W145xL248mm
●重量:S/208g・L/210g
●レール素材:マンガンチューブ(Φ7mm)
●シート素材:Soft-Tek

 

分割したサドルが特徴的な「SP01」のおすすめサドル

セライタリアが開発した革新的な分割サドル「SP01」シリーズのおすすめサドルをご紹介します。

 

SP-01 TM スーパーフロー

サドル後部を2つに割り、屈曲性・クッション性を高めたモデルです。骨盤の動きを阻害せずスムーズなペダリングを可能にします。

ITEM
selleI italia/SP-01 TM SUPER FLOW
●サイズ:S/W130xL288mm・L/W142xL288mm
●重量:S/231g・L/288g
●レール素材:マンガンチューブ(Φ7mm)
●シート素材:Duro-Tek

 


SP-01 BOOST TM スーパーフロー

左右を分割する大胆な発想でスムーズなペダリングをおこなえる「SP-01」ショートノーズにすることでサドルを前に出し、よりストレスのないフォームをとるとこができます。

ITEM
selle italia/SP-01 BOOST TM SUPER FLOW
●サイズ:S/W130xL250mm・L/W146xL250mm
●重量:S/200g・L/205g
●レール素材:マンガンチューブ(Φ7mm)
●シート素材:Duro-Tek

 

サドルを選ぶときには、ココもチェックしよう

サドルはサイズや素材、選ぶときは様々な選択肢があります。セライタリア製品を選ぶとき、こんなところをチェックしてみましょう。

レール素材は3種類

セライタリア サドル

出典:FaceBook/Selle Italia

 

セライタリアサドルのレール素材は大きく分けて3種類、それぞれに特徴がありますので、違いを理解しましょう。

 

 

●カーボン

キットカルボニオやフルカーボンサドルに使われていて、軽量と剛性に優れていますが、弾性が低く座り心地は硬い印象になります。

 

●チタン

弾性・耐久性が高く、カーボンには及ばないものの軽量素材なので、フィット感・快適性に優れ、軽量のミドルグレードモデルに多く使われています。

 

●マンガネーゼ

クロモリチューブ形状にすることで軽量に、その上にマンガンを添付しており、耐久性・弾性に優れています。「TM(チューブラーマンガン)」と記載されているモデルに使用されています。

 

このように、カーボンを使用したピュアレーシングモデルから、チタンやマンガネーゼを使い快適性も持たせ、ロングライド・オフロードにも対応するモデルまで、様々なラインナップがあります。

 

横幅や穴の有無もポイント

横幅や穴の有無もポイント

出典:FaceBook/Selle Italia

サドルの幅や穴の有無は、ライディング時の血流に直結して、人それぞれ適したサイズが違います。

 

セライタリアのラインナップでは、サドル幅や穴あきの「スーパーフロー」を選べるので、自分の体格やライディングフォームに合わせたジャストなサドルを選ぶことができますよ。

 

ショートノーズモデルもあります

ショートノーズモデル セライタリア

出典:FaceBook/Selle Italia

セライタリアには「BOOST」と名付けられたショートノーズが各シリーズで展開されています。近年のトレンドになっているショートノーズモデルは、サドル位置をUCI規定に反することなく前に出すために作られたもので、ポジショニングの幅を広げてくれる新しい形です。

 

オンラインフィッティングシステムの「idmatch」

サドルフィッティングには各メーカーが力を入れていますが、セライタリアにもオンラインで自分に合ったサドルを診断できる「idmatch」があります。

 

性別・身長などの7項目を選択すると、セライタリアが自分にマッチした製品を選びます。所要時間は約3分なので、気軽に試してみても良いですね。

 

 

セライタリアのサドルは正規販売店で

セライタリア特約店では、セライタリア製品の販売および、一部店舗ではフィッティングも行っていますので、セライタリア製品の購入を考えている方はぜひ活用してみましょう。

 

【こんな製品も】バーテープでサドルとコーディネート

セライタリアからは、サドルの他にバーテープも販売されています。ハンドルとサドルでコーディネートするのもいいですね。

ITEM
SELLE ITALIA/SMOOTAPE
●材質:PVC
●重量:50g
●サイズ:幅35×厚さ2.5×長さ1800mm
●カラー:ホワイト・ブラック・レッド・イエロー・グリーン・ライトグリーン・ピンク・ハードピンク・ブルー・パープル

紹介されたアイテム

selle italia/FLITE B…
selle italia/FLITE B…
selle italia/NOVUS E…
selleI italia/NOVUS…
selle italia/SLR TM
selle italia/SLR BOO…
selleI italia/SP-01…
selle italia/SP-01 B…
SELLE ITALIA/SMOOTAP…

あわせて読みたい

フロントフォーク 積載
フロントフォークに荷物を積みたい!万能ケージやダボ穴増設アタッチメントのご紹介
フロントフォーク横への積載は、容量UPだけでなく走行感を向上させることもでき、バイクパッキングでは定番となりつつある積載方法です。その一方で、車種や…
s.kataoka
ロードバイク ライト つけ方
ロードバイクのライトの位置はどこがいいの?使いやすいポジションを紹介!
ロードバイクのライトをどこに付けるのがいいのでしょうか?操作のしやすさ、視認性のよさ、路面を明るく照射できるなどの、の切り口からベストポジションを考…
CYCLE HACK編集部
輪行 マナー ルール
【輪行のルール・マナーまとめ】そのやり方、間違ってませんか…?
自転車を手荷物として電車に持ち込む「輪行」。マスターするとサイクリングの幅が広がる便利な手段ですが、大切なルールやマナーが存在します。他の乗客の方と…
s.kataoka
グラベルキング タイヤ
人気タイヤ『グラベルキング』を種類ごとに比較!乗り方別のおススメは?
ロードバイクやグラベルロードに高い人気を誇るタイヤ『グラベルキング』。舗装路が得意なものから未舗装路に強いものまで、用途に応じて選べる沢山のラインナ…
s.kataoka
高い質感と変わらない美しさ。スギノのクランクを解説します。
トラック競技や競輪での使用率も高い「スギノのクランク」。スギノのクランクは、クロモリのロードバイクやグラベルロード、ピストバイクなどを、スタイリッシ…
高橋智宏
高橋智宏

10代の頃からロードバイク・MTBなど自転車を楽しみながら、現在はスポーツバイクの普及活動をしています。 皆さまへお役に立つ情報をお届けし、スポーツバイクを末永く楽しむお手伝いができれば嬉しく思います。