STRIDERの世界大会が、2020年に日本にやってくる!

2020年5月23日(土)~24日(日)に大阪万博公園にて、「STRIDER CUP WORLD CHAMPIONSHIP 2020(以下 ストライダーワールドカップ)」の開催が決定!STRIDER(ストライダー)は、世界中で200万人以上の子どもたちに愛されている唯一のランニングバイク。これまでストライダーワールドカップは、過去9回にわたりアメリカで開催されていましたが、記念すべき10回目を迎える本大会では、遂に本国アメリカを飛び出し、日本に初上陸します。

目次

  • 「ストライダーワールドカップ」とは
  • 「ストライダーワールドカップ2018」の様子
  • ストライダー誕生秘話
記事内画像提供:ストライダージャパン

「ストライダーワールドカップ」とは

「ストライダーワールドカップ」とは

2歳から6歳までの世界各国の子どもたちが集まり、各年齢ごとにストライダーの白熱したレースを繰り広げる大会です。毎年、平均10ヶ国以上の子どもたちが集結し、世界中のストライダーキッズの夢の舞台となっています。 “世界”というフィールドで、子どもたちの力強さを感じられます!

 

《開催概要》

●大会名:『STRIDER CUP WORLD CHAMPIONSHIP 2020』

●開催場所:大阪万博記念公園

●開催住所:大阪府吹田市千里万博公園1-1

●日程 :2020年5月23日(土)、24日(日)

●参加対象年齢 :12インチストライダー(2歳~4歳) 14xオープンクラス (4歳~6歳)

 

「ストライダーワールドカップ2018」の様子

「ストライダーワールドカップ2018」の様子

2018年の同大会は、アメリカ合衆国コロラド州ボルダーにて開催され、世界14ヶ国からおよそ300名のストライダーキッズが集結しました。日本からは、総勢20名を超えるストライダーキッズが参戦し、チームジャパンとして熱いレースを繰り広げました。結果、2歳、4歳、5歳の各クラスで日本のストライダーキッズが世界チャンピオンを獲得しています。

 

●大会の様子

 

ストライダー誕生秘話

ストライダー誕生秘話

2007年、わが子の成長を願う一人の父親によって、アメリカ片田舎のガレージで生まれたストライダー。ストライダー社創業者のライアン・マクファーランドが、マニュアルも専用の設備も無い中、自身の一人息子のことを思いながら市販の自転車を改造してつくったのがストライダーの始まりです。ペダルやブレーキといった子どもにとって余分なものを全て外し、徹底的に軽く、小さな子供でも扱えるようにしました。もちろん当初は商品化などまったく頭になく、ただただ、子どものことを想い「軽くシンプルに」と追求した結果がストライダーのデザイン原型になっています。父親の深い愛情が詰まったストライダーは、誕生から10年以上経つ今もなお、世界中の子どもたちの好奇心とともに走り続けています。

▼▼ストライダー関連記事はこちら▼▼

 

この記事に関するキーワード

おすすめの記事

自転車×旅の祭典「BIKE&CAMP」が霞ヶ浦で開催!
【魅力大解剖】ブロンプトンは無敵の折りたたみ自転車だ
【魅力大解剖】ブロンプトンは無敵の折りたたみ自転車だ
ロードバイクとは
【初心者必見】ロードバイクとは、どんな自転車?特徴や楽しみ方を解説
”クロスバイク購入に合わせて揃えたい”必要なもの14選
クロスバイクを買ったら一緒に揃えよう!必要なアイテム14選
クロスバイクとロードバイク
クロスバイクとロードバイク、どっちがおすすめ?違いや選び方を解説