絶対焼きたくない!自転車の日焼け対策アイテム、シーン別にまとめました

日焼け止めだけじゃない!サイクリング中の強い日差しからお肌を守る、おすすめの日焼け対策アイテムを紹介します。自転車に乗るなら、日焼け止めはもちろん、着脱簡単なUVカットできるアイテムがあると、気候に合わせて調整しやすいですよ。塗り直しの手間がなく、長時間走るときにも便利なアイテムばかりなので、ぜひチェックしてみてください。

制作者

Mikio

通勤はクロスバイク、休日はロードバイクで1人サイクリングをしている独身。趣味が高じて、自転車メーカーでも働いていました。ガチで乗るより、ゆるく楽しみたい派です。

Mikioのプロフィール

...続きを読む

目次

  • サイクリング中の日焼け対策、バッチリですか?
  • 【街中を走るなら!】おすすめの日焼け対策アイテム
  • 【サイクリングも安心】おすすめの日焼け対策アイテム
  • 日焼け止めも塗れば、完ぺき!
  • 万全の日焼け対策をして、自転車に乗ろう

サイクリング中の日焼け対策、バッチリですか?

サイクリング中の日焼け対策、バッチリですか?

晴れていると、サイクリングも気持ちがいいですよね。

 

ただ、薄着で自転車に乗っていると、日焼けをしてしまいます。お肌を守るために、紫外線対策はしっかりおこないましょう。

 

ポイントは、肌をなるべく露出しないこと

紫外線対策といえば、「日焼け止めを塗る」のが定番ですが、それだけでは不十分。日焼け止めは、汗をかくと落ちやすく、こまめに塗り直すのは、大変ですよね。

 

そのため、「なるべく日に当たらないよう、肌を露出を少なくすること」を意識して、対策するといいでしょう。

 

日焼けしやすい部分は、ココ!

自転車で日焼けしやすい部分は、顔・首筋・腕・指・足。とくに夏の服装は、肌の露出が多いので、日焼けしやすい部分が隠れるか確認してみてください。

 

【街中を走るなら!】おすすめの日焼け対策アイテム

【街中を走るなら!】おすすめの日焼け対策アイテム

通勤通学や買い物など、街中を走るなら、服装を選ばない対策アイテムが便利。目的地ですぐ取り外せるアイテムを紹介します。

 

羽織るだけで簡単。一体型パーカー

サッと羽織れる一体型パーカーは、服を選ばず使えます。フェイスカバー付きなので、顔の日焼けもカバーできて一石二鳥。メッシュ素材なら、汗をかいても乾きやすいですよ。

 

ただし、ゆったりしたシルエットだと風でバタつくので、体にぴったりフィットするデザインで選ぶのがおすすめです。

 

フェイスカバー付きラッシュガードパーカー

素材:ポリエステル
サイズ:M~5XL
UPF:50+

 


 

顔や髪の日焼け防止に!サンバイザー

顔周りの日焼け対策には、つばの広いサンバイザーがおすすめです。キャップタイプだと、頭皮の日焼けや、風で髪型が崩れるのも防いでくれるでしょう。

 

日差しの強さにあわせて、つばを調節できるタイプもありますよ。

 

サンバイザー付きキャップ

素材:ポリエステル
サイズ:男女兼用フリーサイズ
頭囲:56〜60cm
深さ:11cm 

 


 

腕から指先までしっかり守る!アームカバー

暑いと半袖を着て走りたくなりますが、そのままでは腕が日焼けしてしまいます。そこで、暑くなったらすぐ脱げる、アームカバーもおすすめです。

 

指先まであるタイプなら、ハンドルを握っている手の日焼け対策に。持ち歩いてもかさばらないので、お手軽です。

 

アームカバー(接触冷感、指先タイプ)

カラー:ブラック/グレー/ホワイト/ピンク
サイズ:M、L(レディース用)
UPF:50+
紫外線遮蔽率:95%以上

 

【サイクリングも安心】おすすめの日焼け対策アイテム

スポーツバイクでサイクリングに行くときは、さらにしっかり日焼け対策をおこないましょう。自転車ウェア専門メーカーのアイテムなら、性能もバッチリですよ。

 

顔の日焼け対策

顔周りの日焼け対策は、フェイスカバー、サングラス、サイクルキャップが代表的。日差しが顔にかからないと、眩しさも軽減されて快適に走れるでしょう。ヘルメットとセットで揃えてみてくださいね。

 

●フェイスカバー

伸縮性のある素材を使用した、ネックウォーマーのようなアイテム。「ヘッドウェア」、「ネックゲーター」とも呼ばれ、口元から鼻までをマスクのように覆えます。

 

スペインのヘッドウェアメーカー「BUFF」のフェイスカバーは、色柄ともにラインナップ豊富。ファッション感覚で楽しめますよ。

 

Buff/クールネットUV+

素材:95% ポリエステル 5% ポリウレタン
サイズ:男女兼用フリー
UPF:50
紫外線遮蔽率:98%

 


 

●サングラス

目を強い紫外線から保護するサングラスは、顔にぴったりフィットする、スポーツタイプがおすすめです。フェイスカバーと組み合わせれば、顔周りの対策はばっちり!

 

とくに日差しが強い日は、濃い色のレンズを。日が落ちる時間帯やトンネルを走るなら、薄い色のレンズを選びましょう。紫外線の量により色が変わる「偏向レンズ」だと、レンズを取り換える手間がなく便利ですよ。

 

Oakley/EVZero Blades アジアフィット

レンズの幅:138 mm
レンズの高さ:51.6 mm
フレームの幅:134 mm
可視光線透過率:11%
紫外線カット率:99%以上

 

▼▼▼クロスバイク、MTBにも!おすすめのサングラス▼▼▼

 


 

●サイクルキャップ

ヘルメットの下には、つば付きのサイクルキャップを被って、顔と頭の日焼け対策をしましょう。つばがあると、顔に日差しがかからず、眩しさも軽減されます。頭の汗を吸い取り、ヘルメット内のムレ防止にもなるでしょう。

 

おしゃれなスポーツバイクブランド「cineli」は、個性的なサイクルキャップも豊富。人と被らないデザインを探しているなら、要チェック!

 

cinelli/サイクルキャップ

サイズ:ワンサイズ
イタリア製

 

▼▼▼もっとサイクルキャップを見るなら、こちら▼▼▼

 

手の日焼け対策

半袖ジャージで走るなら、暑くなったらすぐ脱げるアームカバーを。手には、指先まであるロンググローブをつけましょう。通気性の高いタイプなら、蒸れることなく快適ですよ。

 

●アームカバー

走行中に下がってこないよう、フィット感あるデザインを選びましょう。触感冷感機能付きなら、暑苦しくなる心配も少ないでしょう。暑い時は水をかけると、ひんやりして気持ちがいいですよ。

 

あまり締め付けがきつすぎると、肌に擦れて痛くなることがあるので、ジャストサイズを選んでくださいね。

 

PEARL IZUMI/コールドシェイドアームカバー(レディース)

素材:ナイロン85%、ポリウレタン15%
サイズ:S/M/L
カラー:ブラック
UPF:50+

 


 

●フルフィンガータイプのグローブ

指切りグローブは、指先だけ日焼けしてしまいますが、フルフィンガーグローブなら、しっかりカバーできます。

 

こちらのサイクルウェアブランド「PEARL IZUMI」のグローブは、手首まで布があるタイプ。アームカバーと手首の間にできる、「隙間焼け」も防いでくれます。

 

PEARL IZUMI/UVフルフィンガーグローブ(レディース)

サイズ:XS/S/M/L
カラー:ブラック/グレープ/ミント
UPF:50+

 

▼▼▼サイクルグローブの関連記事はこちら▼▼▼

 

足元の日焼け対策

足元は、日の当たる面積が大きい部分。足首まである長いタイツを着用するか、ショートパンツにレッグカバーを組み合わせて、できるだけ肌が露出しないようにしましょう。

 

●丈の長いタイツ

長いタイツは、暑くてもすぐ脱げないのがデメリットですが、通気性のいい製品もあるので、チェックしてみましょう。

 

パット付きなら、長時間サイクリングをするときにもお尻が痛くなりにくく、おすすめです。

 

PEARL IZUMI/コンフォート タイツ(レディース)

サイズ:S/M/L/XL
カラー:ブラック
パット:3D-Eパット
仕様:ウエスト紐付き

 

▼▼▼サイクルパンツの関連記事はこちら▼▼▼

 


 

●レッグカバー

ショートパンツと組み合わせて履くレッグカバーは、着脱も簡単で体温調節するのに便利でしょう。太ももに隙間ができないように、長さを確認してくださいね。小さく丸めれば、ジャージのポケットに入れて持ち歩くこともできますよ。

 

PEARL IZUMI/コールド シェイドレッグカバー

素材:ナイロン85%、ポリウレタン15%
サイズ:S/M/L
カラー:ブラック
UPF:50+

 

日焼け止めも塗れば、完ぺき!

ウェアやアイテムではカバーできない、手首や耳裏、足首などには、日焼け止めを塗っておきましょう。汗ですぐ落ちないよう、ウォータープルーフタイプが安心ですね。

 

絶対に焼きたくない!という人は、サドルバッグなどにトラベル用サイズの日焼け止めを入れておくと、塗り直しができます。

 

アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク a ミニ

内容量:20mL
SPF50+・PA++++
熱・汗・水でUV膜が強くなる技術搭載。
化粧下地にも使える。せっけんで落とせる。
スーパーウォータープルーフ。

 

万全の日焼け対策をして、自転車に乗ろう

長時間、素肌を日差しにさらしていると、日焼けをしてしまいます。サイクリングを思いっきり楽しむなら、日焼け対策を忘れずしましょう。

 

日焼け止めにプラスして、ウェアやアイテムも、ぜひ取り入れてみてください!

紹介されたアイテム

あわせて読みたい

スペシャライズド CPOストア
国内初!スペシャライズドの認定中古車ストアが2022年8月8日東京・西新宿にオープン!
スペシャライズドが、国内初のスポーツバイク認定中古車の販売を行う店舗をオープンしました。商品毎に指定されたメンテナンス項目の検査整備を経て、規定のク…
CYCLE HACK編集部
ゲレンデライド
「Camp & E-Bike」を体験しよう!テーマは“大人の夏休み” E-MTBで遊ぶ 夏のゲレンデライド!
夏のスキーゲレンデをE-MTBで遊ぶイベントが開催!テーマは“大人の夏休み”。まるで「プライベートゲレンデ」のように大自然を満喫することができますよ…
CYCLE HACK編集部
サイコン 比較
【徹底比較】2022サイクルコンピュータ11機をレビュー!価格・機能ランキング紹介
自転車の走行データを表示・記録するガジェットであるサイコン。今回は6ブランド(GARMIN、wahoo、Lezyne、Xplova、Bryton、C…
CYCLE HACK編集部
アウトドア遊びに自転車を!折りたたみ・電動などおすすめモデル10選
アウトドア遊びに自転車を!折りたたみ・電動などおすすめモデル10選
自転車といえば、サイクリングやポタリングなど、走ることそのものが大きな楽しみです。持ち前の機動力で、キャンプやピクニック、釣りなど、その他のアウトド…
ゆら
アースホッパー
全国のスキー場で使える定額パス「アースホッパー」。グリーンシーズンも拡充し。オールシーズンパスとして販売開始!
株式会社Pioneerworkは、日本全国約30箇所の人気スキー場で使えるリフト券とスキーおよびスノーボード用品レンタルの広域定額スノーパス「アース…
CYCLE HACK編集部