RIDLEY(リドレー)の2022最新ロードバイクを紹介!エアロ×エンデュランスな全5種

ベルギーの自転車メーカー「RIDLEY(リドレー)」。独自の技術を取り入れ、プロレースでも使用されるロードバイクは、どれも本格的なモデルばかり。漫画・弱虫ペダルに登場するキャラクターが乗っていることから、名前は知っている!という人も多いのではないでしょうか?

この記事では、RIDLEYの2022年ロードバイクラインナップと、その特徴を知ることができます。最新モデルの魅力をご紹介していきましょう。

制作者

CYCLE HACK編集部

CYCLE HACK運営&記事編集担当。自転車を通して体験できる魅力を発信!日本中、世界中を走りたい!

CYCLE HACK編集部のプロフィール

...続きを読む

目次

  • RIDLEYってどんなブランド?
  • 気になる、RIDLEYのテクノロジー
  • 独自のパーツキットBike Craft
  • 各シリーズを見てみよう
  • グラベルロードバイクも登場
  • RIDLEYは、全国に取り扱いショップがあります
  • エンデュランス×エアロバイクのRIDLEY
アイキャッチ画像出典:Facebook/RIDLEY

RIDLEYってどんなブランド?

RIDLEYのロードバイク

出典:Flickr/Glory Cycles

RIDLEY(リドレー)は、1997年に設立された、ベルギーのブランド。石畳の区間がある有名ロードレース「ツール・デ・フランドル」など、ベルギーには、古い街並みや石畳の道が、数多くあります。

 

RIDLEYは、そんなベルギーの石畳で走行試験を行うなど、過酷な環境下でも戦えるバイクの開発技術を行ってきました。

気になる、RIDLEYのテクノロジー

創業から短期間のうちに、世界的メーカーとなったRIDLEY。ここでは、そのRIDLEYの開発技術をご紹介します。

 

RIDLEYの高いカーボン技術

RIDLEYのロードバイクのフレーム

出典:RIDLEY

異なるカーボングレードを、様々な形状に、3次元的に貼り合わせる技術が、RIDLEYがもつ強みの一つです。

 

カーボン繊維をジグソーパズルのように組み合わせ、最大のパフォーマンスが発揮されるように仕上げられているのが、RIDLEYのロードバイク。使用されるカーボン繊維は、日本の東レ製「60T、50T、30T、24Tタイプ」のカーボンです。

 

引張強度が高い60Tは、軽量で剛性も確保できますが、乗り心地が不快になりやすくなります。そのため、快適性が担保できる24T、30T、50Tカーボンもミックスさせて、剛性/重量/快適性の全体のバランスを取っています。

 

隠された成形加工技術、バテッド

RIDLEYのバテッドチューブ

出典:RIDLEY

チューブの厚みを変化させることを、「バテッド」と呼びます。

 

上の画像のフレームチューブは、一見すると普通の丸チューブに見えます。しかし、チューブの中央部を薄くして軽量化を図り、一方で剛性が必要な端部は、厚みを持たせています。

 

RIDLEYは1本のチューブの中に、3種類の厚みを持たせるトリプルバテッドを採用することで、軽量化と高剛性の両立を図っています。

 

進化したエアロ、F-Tubing

F-Tubingの仕組み

出典:RIDLEY

RIDLEY の「F-Tubing」は、あらゆる角度からの気流に対して、優れたエアロ効果を発揮します。

 

従来の”ティアドロップ形状”では、垂直方向以外からの気流に対して、乱気流の抑制ができませんでした。そのティアドロップ形状をより進化させた”カムテール形状”に、2か所のくぼみをつけることで、あらゆる角度からの気流に対しても、乱気流が発生しにくくなりました。

 

この技術を、RIDLEYの「F-Tubing」と呼び、50km/h走行で、約4.03%の空気抵抗の低減を実現しています。

独自のパーツキットBike Craft

RIDLEY Bike Craft

出典:RIDLEY

RIDLEYの販売形態は、大きく分けて3つあります。

 

1.フレームセット

フレームとフォークだけのセット。

 

2.完成車

ほぼすべてのパーツが組まれて、ほぼ完成した状態のセット。(ペダルは付属しない)

 

3.Bike Craft対応

フレームセットに、コンポーネントが付属するパーツキットセット。

 

好きなパーツを選んで、自分だけの一台を作り上げられるセットが、「Bike Craft」です。すべての自転車でなく、Bike Craft対応のモデルだけに適応されます。

 

RIDLEY Bike Craft

出典:RIDLEY

Bike Craft対象のコンポーネントは、以下の4種類です。

 

【コンポーネント】

  • SHIMANO DURA-ACE R9270 Di2
  • SHIMANO ULTEGRA R8170 Di2
  • SHIMANO ULTEGRA R8000
  • SHIMANO 105 R7000

 

コンポーネント内容は一般的に、グループセットと呼ばれるパーツが入っています。ただしBB(ボトムブラケット)は付属していません。

 

【パーツ】

  • STIレバー
  • フロントディレイラー
  • リアディレイラー(R8000/R7000のみ)
  • クランクセット
  • カセットスプロケット
  • ブレーキキャリパー
  • チェーン
  • ブレーキローター
  • フラットマウント取付ボルト

 

※Di2には、バッテリー、充電器も付属します。

 

体格や使用用途に合わせて、クランクの長さや歯数、カセットスプロケットの歯数なども選べます。必要最小限のパーツキットなので、ホイールなど既に持っているパーツを組めば、購入予算を抑えられるでしょう。

各シリーズを見てみよう

RIDLEYのロードバイクは、3つのモデルに分かれています。

 

  • ●プロ仕様エアロバイク:「Noah(ノア)」
  • ●軽量オールラウンダー:「Helium(ヘリウム)」
  • ●エアロエンデュランスレーサー:「Fenix(フェニックス)」

 

NoahとHeliumは各1モデル、Fenixは3モデルあり、全5モデルのラインナップ。上位4モデルのフレームはカーボン素材で、最廉価モデルの「Fenix SLA Disc」のみアルミ素材です。

 

Noah Fast Disc

Noah Fast Disc

出典:RIDLEY

オールラウンドな、エアロカーボンロード。メーカー独自のテクノロジーである、気流の乱れを防ぐ「F-Surface Plus」が、ロードバイク前面に採用されています。軽量フレームなので、エアロロードが苦手とする登りでも、アドバンテージを得られるでしょう。

 

細身でコンパクトなリアトライアングルは、「エアロ効果」「快適性」「反応性」のバランスを兼ね備えています。

 

 サイズ  XS/S/M
 カラー ・Lotto Team (R-NFD09As)
・Silver-Black-Red (NFD02As)
 フレーム素材  カーボン
 フレーム重量  1,000g(Sサイズ)
 フォーク重量  440g
 最大タイヤ幅  28mm
 体重制限  110kg
 フレームセット価格  539,000円(税込)
 完成車価格(DURA-ACE Di2)  938,300円(税込)
 完成車価格(ULTEGRA Di2)  771,100円(税込)
 完成車価格(ULTEGRA)  653,400円(税込)
 完成車価格(105)  613,800円(税込)

 

製品公式ページはこちら

 


Helium SLX Disc

Helium SLX Disc

出典:RIDLEY

レースで勝つためのクライマーバイクとして生まれた、軽量オールラウンダー。フレーム素材には、弾性率が異なる3種類のカーボンを使用。ダウンチューブはテーパー形状を採用することで、軽さと剛性を最適化しています。また、シートステーを極限までシェイプさせ、快適性と反応性も確保されています。

 

軽量でスパッと走れるバイクを求めるなら、Helium SLX Discでしょう。

 

 サイズ  XXS/XS/S/M
 カラー ・Battleship Grey (HXD05As)
・Violet-Ciclomino (HXD05Bs)
 フレーム素材  カーボン
 フレーム重量  805g(Sサイズ)
 フォーク重量  355g
 最大タイヤ幅  28mm
 体重制限  110kg
 フレームセット価格  407,000円(税込)
 完成車価格(DURA-ACE Di2)  812,900円(税込)
 完成車価格(ULTEGRA Di2)  645,700円(税込)
 完成車価格(ULTEGRA)  528,000円(税込)
 完成車価格(105)  488,400円(税込)

 

製品公式ページはこちら

 


Fenix SLic

Fenix SLic

出典:RIDLEY

レースバイク「Fenix SL Disc」の技術をベースとして、エアロバイク「Noah Fast Disc」のエアロ技術を採り入れたモデル。「エンデュランス×エアロ」のいいとこ取りをしています。

 

荒れた路面でも走りやすく、長距離ライドでの疲労がたまりにくいように設計されたバイク。長めのホイールベースなので、直進安定性が体感できるでしょう。湾曲したトップチューブは、剛性と快適性を向上させています。

 

 サイズ  XS/S/M
 カラー ・Black-Red (FSD30As)
・Pearl White-Gold (FSD30Bs)
 フレーム素材  カーボン
 フレーム重量  1,006g(Sサイズ)
 フォーク重量  379g
 最大タイヤ幅  28mm
 体重制限  110kg
 フレームセット価格  324,500円(税込)
 完成車価格(DURA-ACE Di2)  734,800円(税込)
 完成車価格(ULTEGRA Di2)  567,600円(税込)
 完成車価格(ULTEGRA)  449,900円(税込)
 完成車価格(105)  410,300円(税込)

 

製品公式ページはこちら

 


Fenix SL Disc

Fenix SL Disc

出典:RIDLEY

Fenix SL Discは、石畳のクラシックレースでプロ選手の走りを支えた、エンデュランスレーサーモデルです。RIDLEYの名作「Damocles」の技術を受け継ぐ、ダイヤモンドシェイプチューブ(断面が5角形になったチューブ)を、トップチューブとダウンチューブに採用することで、高剛性かつ、強度も安心のバイクとなりました。

 

優れた走行性能を活かして、荒れた路面でも、ロングライドからレースまで幅広く使用できる一台です。

 

 サイズ  XS/S/M
 カラー  Red-Silver (FSD08Cs)
 フレーム素材  カーボン
 フレーム重量  1,100g(Sサイズ)
 フォーク重量  420g
 最大タイヤ幅  28mm
 体重制限  110kg
 完成車価格(105)  363,000円(税込)

 

製品公式ページはこちら

 


Fenix SLA Disc

Fenix SLA Disc

出典:RIDLEY

フレームにアルミ素材を使用した、エントリーロードバイク。通勤通学にもおすすめです。フレームは、上位モデルにも採用されている”トリプルバテッド加工(チューブの厚みを部位によって変えた加工)”により、強度と軽さの両立を実現しています。

 

フレームカラーは全3色。ケーブルを内蔵することで、見た目も本格的に、美しく仕上げられています。

 

 サイズ  XXS/XS/S/M
 カラー ・Black-Grey (FAD02As)
・Anthracite (FAD02Bs)
・Bordeaux Red (FAD02Cs)
 フレーム素材  アルミ
 フレーム重量  1,512g(Sサイズ)
 フォーク重量  430g
 最大タイヤ幅  28mm
 体重制限  110kg
 完成車価格(Tiagra)  242,000円(税込)

製品公式ページはこちら

 

グラベルロードバイクも登場

グラベルロードバイクも登場

出典:RIDLEY

ロードバイクといえば、細くてフラットなタイヤが一般的ですが、デコボコした太いタイヤを装着した「グラベルロードバイク」なら、砂利道もガンガン走れますよ。

 

RIDLEYのグラベルロードバイク「Kanzo(カンゾー)」は、乗るシーンや用途にあわせた全5車種があります。エントリーグレードの「Kanzo A」は、初めてのグラベルロードバイクにピッタリ。泥除けやキャリアを取り付ければ、アドベンチャーライドを楽しめるでしょう。

 

 サイズ  XXS/XS/S/M
 カラー ・Silver (KAA03As)
・Belgian Blue (KAA03Bs)
・Bordeaux Red (KAA03Cs)
 フレーム素材  アルミ
 フレーム重量  1,570g(Sサイズ)
 フォーク重量  480g
 最大タイヤ幅  40mm(700c)/55mm(650b)
 体重制限  110kg
 完成車価格(Tiagra)  253,000円(税込)

 

製品公式ページはこちら

 

RIDLEYは、全国に取り扱いショップがあります

RIDLEYの取り扱いショップは、全国各地にあります。大きな都市に集中しているので、都市部の方はアクセスしやすいでしょう。店舗が少ない地域の人は、まず公式HPを見て、気になるモデルに目星をつけてみてはいかがでしょうか?

 

ぜひ店舗へ足を運び、カラーやサイズ感を確かめてみましょう!

 

RIDLEYの正規販売店一覧

 

エンデュランス×エアロバイクのRIDLEY

RIDLEYのロードバイク

出典:Facebook/RIDLEY

RIDLEYは、悪路もへっちゃらなエンデュランスバイクの技術に、エアロ技術を取り込み、死角なしの軽量エアロエンデュランスバイクを開発しています。

 

レースにもロングライドにも投入できるバイクで、自分が思い描く走りを体験してみませんか。

 

RIDLEY公式サイトはこちら

あわせて読みたい

スペシャライズド CPOストア
国内初!スペシャライズドの認定中古車ストアが2022年8月8日東京・西新宿にオープン!
スペシャライズドが、国内初のスポーツバイク認定中古車の販売を行う店舗をオープンしました。商品毎に指定されたメンテナンス項目の検査整備を経て、規定のク…
CYCLE HACK編集部
ゲレンデライド
「Camp & E-Bike」を体験しよう!テーマは“大人の夏休み” E-MTBで遊ぶ 夏のゲレンデライド!
夏のスキーゲレンデをE-MTBで遊ぶイベントが開催!テーマは“大人の夏休み”。まるで「プライベートゲレンデ」のように大自然を満喫することができますよ…
CYCLE HACK編集部
サイコン 比較
【徹底比較】2022サイクルコンピュータ11機をレビュー!価格・機能ランキング紹介
自転車の走行データを表示・記録するガジェットであるサイコン。今回は6ブランド(GARMIN、wahoo、Lezyne、Xplova、Bryton、C…
CYCLE HACK編集部
アウトドア遊びに自転車を!折りたたみ・電動などおすすめモデル10選
アウトドア遊びに自転車を!折りたたみ・電動などおすすめモデル10選
自転車といえば、サイクリングやポタリングなど、走ることそのものが大きな楽しみです。持ち前の機動力で、キャンプやピクニック、釣りなど、その他のアウトド…
ゆら
アースホッパー
全国のスキー場で使える定額パス「アースホッパー」。グリーンシーズンも拡充し。オールシーズンパスとして販売開始!
株式会社Pioneerworkは、日本全国約30箇所の人気スキー場で使えるリフト券とスキーおよびスノーボード用品レンタルの広域定額スノーパス「アース…
CYCLE HACK編集部