パナソニックで、オーダーロードバイクを作ろう【憧れのパナチタンも】

パナソニックのオーダーカスタムできるロードバイク「POS」の仕組みや、おすすめフレームセットを紹介します。「パナチタン」「パナモリ」で親しまれる2種類のフレーム素材、豊富なパターンが揃うカラー、ロゴデザインなどを選んで、自分に合った1台を作ってみませんか?納期は最短1ヶ月ほど!憧れのオーダーメイドを、すぐに手にできるかも。

制作者

小竹 綾子

自転車好きな旦那の影響で、MTBやロードバイクに乗り始めて数年。まだまだ若輩者ですが、その分初心者にもわかりやすく、自転車の楽しさを知っていただけるような記事を書いていきたいです。またイタリア在住ということを活かしたイタリアの自転車事情なども発信していきます!

小竹 綾子のプロフィール

...続きを読む

目次

  • パナソニックで、自分だけのロードバイクを作りませんか?
  • オーダーシステムPOSって、どんな仕組み?
  • 【ロード】パナソニックのおすすめモデル
  • 【エンデュランスロード】パナソニックのおすすめモデル
  • 【シクロクロス】パナソニックのおすすめモデル
  • 【ツーリング】パナソニックのおすすめモデル
  • カスタムオーダーの流れ
  • 自分だけのオーダーバイクを楽しもう
アイキャッチ画像出典:パナソニック

パナソニックで、自分だけのロードバイクを作りませんか?

パナソニックで、自分だけのロードバイクを作りませんか?

日本の老舗家電ブランド「パナソニック」。電動アシスト自転車のラインナップも豊富ですが、ロードバイクを中心に、スポーツバイクも作るメーカーです。

 

スポーツバイクは、すべてオーダー制。自分にぴったりの、世界に1台だけのバイクが作れます。

 

オーダーシステムPOSって、どんな仕組み?

パナソニックのスポーツバイクは、「POS(パナソニックオーダーシステム)」と呼ばれるサービスで、注文を行います。

 

オーダーの種類には、「カスタムオーダー」と「フレームフルオーダー」の2種類がありますが、フレームフルオーダーはトラックレーサー用なので、基本はカスタムオーダーを選びます。

 

自分にぴったりのフレームを、ハンドメイドで

自社工房で作られるハンドメイドのフレームは、注文受注後に、熟練の職人がパイプを切削&溶接を行い、組み立てまで行います。

 

フレームサイズのほか、ステム、クランク長など、専用のスケールで自分のためだけに、オリジナルのサイズになります。

 

完成車・フレームセットから選べる

完成車・フレームセットから選べる

ラインナップの多くは、完成車とフレームセット、どちらからもでも選ぶことができます。初めてのロードバイクなら、完成車がおすすめ。コンポやホイールなどを、自分自身で選びたい人は、フレームセットが良いでしょう。

 

フレーム素材は、クロモリとチタンの2種類

フレームは、クロモリとチタンの2種類

フレーム素材は、クロモリとチタンの2種類から選びます。それぞれ、パナソニックならではの技術が導入された素材で、「パナモリ」「パナチタン」とも呼ばれていますよ。

 

クロモリは、軽さ、剛性のバランスを意識したオリジナルの「プレステージ」。接続部分は、ダンシング(立ち漕ぎ)の加速力と、ダウンヒル(下り)の衝撃を和らげる力を持つ「インテグラルヘッドラグ」になっています。

 

チタンは、軽さと強さを追求した「3Dオプティマム・Xバテッド」。ダウンチューブからチェーンステーまでのパーツは、脚力によって2種類から選べる「F.Pセレクト」を導入しています。クロモリよりも価格は高めですが、自分の走り方に合わせて選べるのが嬉しいですね。

 

豊富なデザインやカラー

豊富なデザインやカラー

フレームのデザインは17種類。ロゴのパターンも8種類あります。

 

カラーは全39色。さらに光沢あり、マット調から、好きな質感を選べます。フレームとフロントフォークの色分けることもでき、パターンは無限大ですね。

 

【ロード】パナソニックのおすすめモデル

ここからは、POSのおすすめモデルを紹介します。レースにも挑戦できる「ロード」、長距離向けの「エンデュランス」、オフロードレース向けの「シクロクロス」、旅向けの「ツーリング」の4ジャンルから、まずはラインナップがもっとも多い「ロード」のおすすめモデルを選びました。

 

【完成車】ORTC12

妖艶な輝きが美しい、チタンフレームモデル。電動コンポーネントのシマノ「Di2」も選ぶことができます。スピードが出ていても、思い通りのラインを走りやすい「スムースシェイプ・インテグラルヘッド」がついています。

ORTC12

 素材  チタン
 コンポーネント  ULTEGRA/105
 参考価格(税込) (ULTEGRA)588,500円〜
(105)542,300円〜

 

製品公式ページはこちら

 


【完成車】ORCC32

軽さと強度のバランスが整った、「ダブルバテッドチューブ」のクロモリモデル。

 

力のかかる両端を厚く、中央部を薄くした「ダブルバテッドチューブ」のクロモリモデル。細身のフレームに似合う、すっきりとしたフォルムのフォークは、「ロストワックスクラウン・Cr-Moフォーク」。十分な剛性も兼ね備えています。

ORCC32

 素材  クロモリ
 コンポーネント  105
 参考価格(税込)  256,300円〜

 

製品公式ページはこちら

 


【完成車】ORCC12

クロモリの中でもトップクラスの軽さを誇る「カイセイNi-Cr-Moチューブ」を使った完成車。「カーボンモノコックフォーク」で、ダンシング中のたわみが抑えられています。コンポはシマノ「105」か、電動のシマノ「Di2」から選べます。

ORCC12

 

 素材  クロモリ
 コンポーネント  ULTEGRA/105
 参考価格(税込)   (ULTEGRA)423,500円〜
(105)377,300円〜

 

製品公式ページはこちら

 


【フレームセット】FRTC02

スローピングフレームのチタン製フラグシップモデル。突き上げ振動を和らげる「スカッシュバックシステム」、コーナーに高速で入ったときも狙ったコースを捉える「インテグラルヘッド」など、レースに求められる機能が詰め込まれていますよ。

FRTC02

 

 素材  チタン
 参考価格(税込)  440,000円〜

 

製品公式ページはこちら

 

【エンデュランスロード】パナソニックのおすすめモデル

長距離に向いた「エンデュランスロード」は、フレームセットのみの「FRTD03」のほか、フレームセットの「FRCD05」と。FRCD05の完成車「ORCD05」があります。

 

【完成車】ORCD05

ロングライドユーザーからも支持されている、クロモリのエンデュランス。剛性のバランスが優れた「プレステージチューブ」になっています。30Cまでのタイヤに対応しているので、グラベルライドにも出かけられますよ。

 

 

ORCD05

 素材  クロモリ
 コンポーネント  ULTEGRA/105
 参考価格(税込) (ULTEGRA)534,600円〜

(105)495,000円〜

 

製品公式ページはこちら

 


【フレームセット】FRTD03

チタンらしい、しなやかさや軽やかな加速感を楽しめるフレーム。ディスクブレーキ専用設計、30Cまでのタイヤサイズに対応しているので、グラベルロードのようにも乗れるでしょう。

FRTD03

 素材  チタン
 参考価格(税込)  511,500円〜

 

製品公式ページはこちら

 

【シクロクロス】パナソニックのおすすめモデル

シクロクロス向けのモデルは、すべてフレームセットのみの販売。3モデルのうち唯一のチタンフレームを紹介します。

 

【フレームセット】FCXTD01

軽い加速感で、ストップ&ゴーが多い、テクニカルなコースが得意なフレーム。ウェットな路面でも制動力の高い、ディスクブレーキ専用設計になっています。フォークは、ブレーキ時に剛性としなやかさのある、「カーボンモノコックフォーク」。高みを目指す人にぴったりです。

FCXTD01

 素材  チタン
 参考価格(税込)  346,500円〜

 

製品公式ページはこちら

 

【ツーリング】パナソニックのおすすめモデル

ツーリングモデルも、すべてフレームセットのみの販売。キャンプにも向いた「ランドナーモデル」と、より軽快に走れる「スポルティーフモデル」のうち、スポルティーフを紹介します。

 

【フレームセット】FSS8

ツーリングも快適に楽しめる、軽量なクロモリスポルティーフ。32Cタイヤまで対応しているので、クロスバイク感覚で街を走ってみるのもいいですね。

FSS8

 素材  クロモリ
 参考価格(税込)  159,500円〜

 

製品公式ページはこちら

 

カスタムオーダーの流れ

まずは、POSの取り扱いがあるショップで、フィッティングを受けましょう。「パナソニックの自転車を扱うショップ」でも、POSに対応していないことがあるので、事前に確認してみてくださいね。その後、デザインやカラー、ロゴを決めます。完成車なら、コンポやサドルも選んでいきます。

 

納期は、受注状況にもよりますが、およそ1ヶ月。オーダーメイドのほかのブランドと比べても、かなり早く手に入りますよ。

 

パナソニック取扱店舗検索はこちら

 

オンラインシミュレーターで、シミュレーションしてみよう

オンラインシミュレーターで、シミュレーションしてみよう

公式サイトで、オーダーメイドのシミュレーションも体験できますよ。好みのパーツ、デザインを選んで、全体の雰囲気を知ることができるでしょう。ぜひ試してみてくださいね。

 

オンラインシミュレーターはこちら

 

自分だけのオーダーバイクを楽しもう

憧れの「オーダーメイドのロードバイク」。ただ、フルオーダーは知識や経験が必要だったり、納期がかなり先になることもあります。でもパナソニックなら、ベースのモデルから選んで、シミュレーションも簡単。さらに最短1ヶ月ほどで届けてくれますよ。

 

自分だけのオーダーバイクで、ワンランク上の走りを体感してみませんか。

 

パナソニック公式ページはこちら

あわせて読みたい

自転車と自然を満喫できる「リソルの森」で、ワーケーションしてきました!
自転車と自然を満喫できる「リソルの森」で、ワーケーションしてきました!
関東圏でアウトドアするなら、リソルの森がおすすめ!自転車と泊まれるサイクルコテージや、施設が充実したグランピングサイトなど、さまざまな形態の宿泊施設…
CYCLE HACK編集部
ジャック・ウルフスキン サイクリング
【ジャック・ウルフスキン】ヘビロテしすぎに要注意。街乗りもアウトドアもこなすサイクルウェアの秘密とは
アウトドアブランド「Jack Wolfskin(ジャック・ウルフスキン)」から、バイクスペシャリストが監修した自転車用ウェアやバイクパッキング装備が…
CYCLE HACK編集部
キーレイ ライト
【クロモリユーザー必見】見た目はビンテージ、中身は高スペックな自転車ライト「KiLEY(キーレイ)」が気になります!
台湾発の自転車アクセサリーメーカー「KiLEY(キーレイ)」より発売されたビンテージ風のフロントライト。クロモリロードやランドナー、スポルティーフに…
大城 実結
ママチャリからグラベル、レースまでOKのPep cyclesって?開発者にインタビューしてみたよ。
時にツーリングバイクに、時にレースバイク、さらにはママチャリに。「永く乗る、永く使う」をコンセプトにしたPep cycles(ペップサイクルズ)は、…
大城 実結
【朗報】都内近郊で自転車メンテにお困りなら、渋谷「Limbocycling SHIBUYA cocoti」がおすすめ!
渋谷駅近くの「Limbocycling(リンボサイクリング)」の、自転車メンテナンスサービスを紹介します。対象の自転車は、ロードバイクやクロスバイク…
高橋智宏