【魅力満載】BMCのロードバイク、価格別におすすめモデルをご紹介

レースでも実績が豊富な、BMCのロードバイクのおすすめモデルをご紹介します。すでに2022モデルも展開するBMCのロードバイクを、各カテゴリ別ごとの特徴や、初心者におすすめ3モデルと、ワンランク上のパフォーマンスモデル3台を厳選しました。

目次

  • スイスの自転車メーカー「BMC(ビーエムシー)」
  • レースでも通用する、走りの良さが魅力のロードバイク
  • 最新ラインナップと選び方のポイント
  • 【30万円以下】初心者にもおすすめのロードバイク3台
  • 【30~40万円】ワンランク上のロードバイク3台
  • BMCのグラベルロードもおすすめです
  • 正規取扱ショップで、実車に触れてみよう
アイキャッチ画像出典:Flickr/Glory Cycles

スイスの自転車メーカー「BMC(ビーエムシー)」

スイスの自転車メーカー「BMC(ビーエムシー)」

BMCはスイスのGrenchen(グレンヘン)にある自転車ブランドです。1986年に自転車輸入代理店として創業し、1994年から、スポーツバイクの生産をスタートしています。

 

ちなみにブランド名のBMCは、Bicycle Manufacturing Companyの略。日本語なら「自転車製造会社」、意外とベタなネーミングなんですね。

 

有力プロチームにもバイクを供給

有力プロチームにもバイクを供給

出典:出典:Flickr/Flowizm …

BMCは2007年から12年間、「BMCレーシング」として、ツール・ド・フランスの総合優勝をはじめ、数々のタイトルを獲得してきました。2021年は「Team Qhubeka Assos」や「AG2R CITROEN TEAM」などのプロチームにバイクを供給。

 

過去・現在・ぞして未来のチャンピオンにバイクをサポートしているBMCなら、実績や走りの良さは間違いなしですね。

 

「弱ペダ」主人公の愛車もBMC?!

「弱ペダ」主人公の愛車もBMC?!

出典:Amazon

大人気の自転車漫画「弱虫ペダル」の主人公、小野田坂道くんが1年のインターハイ後に「もっと上を目指せ!」とカンザキサイクルさんから与えられたイエローのロードバイクがBMCのSLC01です。実はこのイエローのSLC01は、連載当時ツール・ド・フランス優勝記念の特別限定カラーモデルで、お値段100万円以上!寒咲さんって太っ腹ですね。

 

レースでも通用する、走りの良さが魅力のロードバイク

BMCのロードバイクは、街乗りやポタリングといったシーンよりは、レースで最大のパフォーマンスを発揮できるよう設計されています。

 

独自の剛性コンセプト、TCC(TUNED COMPLIANCE CONCEPT)を、スピード、レース、エンデュランス、グラベルの4つのカテゴリーに合わせて展開し、快適性と剛性のバランスが取れた走行性能の高さが特徴ですよ。

ひと目で分かる、特徴的なフレーム形状

ひと目で分かる、特徴的なフレーム形状

BMCのロードバイクで特徴的なのが、ドロップトシートステーを採用したフレーム形状。後方のしなりを狙い、シートステーはトップチューブの接合部より低い位置に接合されています。

 

もう一つが、Integrated Cockpit Systemテクノロジー(ICS)。ハンドルからリアホイールまでケーブルルーティングを内装化。BMC独自のインテグレーションデザインで、ライダーに合わせたセッティングも実現しています。

 

最新ラインナップと選び方のポイント

BMCの最新ラインナップは大きく4つに分かれています。また、それぞれのカテゴリに適した、バイクの設計がされているので、各カテゴリーの特徴をおさえておきましょう。

 

●オールラウンドロード「Teammachine(チームマシン)」

→「TCC Race」と呼ばれる、剛性と快適性のベストバランスの設計がされています。

 

●エンデュランスロード「Roadmachine(ロードマシン)」

→快適性能を重視する「TCC Endurance」で設計。

 

●エアロロード「Timemachine(タイムマシン)」

→フレーム剛性を高めて、しなりは他のカテゴリーよりも抑え気味な設計の「TCC Speed」。

 

●グラベルロード「Unrestricted(アンレストリクテッド)」

→どんな路面でもこなすグラベル用に再構築された「TCC Gravel」。

 

それでは、ライドシチュエーションにあわせた選び方をご紹介しましょう。

 

週末のロングライドや長距離イベントなら

週末のロングライドや長距離イベントなら

エンデュランスロードの「Roadmachine(ロードマシン)」シリーズをチェックしてみよう。

 

2022年モデルは、カーボンフレームのRoadmachine TWO、FOUR、FIVE、SIX、SEVENの5モデルをラインナップ。快適性能を最も重視した設計TCC Enduranceで、速く走れて、疲れにくいのが最大の特徴です。2021年モデルのアルミフレームRoadmachine Xも継続販売中です。

 


クリテリウムや山岳レースなら

オールラウンドロードの「Teammachine(チームマシン)」シリーズがおすすめ。

 

プロのレースでも活躍するトップグレードのSLR01シリーズを筆頭に、セカンドグレードのSLRシリーズ、アルミフレームのALRシリーズがあります。第4世代となったTeammachineシリーズは、これまでの剛性、重量、柔軟性に加え、エアロの向上という4つ目の要素をバランスさせ開発されています。

 

【30万円以下】初心者にもおすすめのロードバイク3台

BMCのロードバイクのお値段はちょっと高め。でも、旧モデルなら30万円以下でも手に入れることができます。旧モデルといってもフレームなど主要パーツは現行モデルと同じで、性能も折り紙付き。ロードバイク初心者の方におすすめですよ。

Teammachine ALR ONE 2021

Teammachine ALR ONE 2021

Teammachineシリーズのアルミフレームエントリーモデルが、ALR ONE 2021です。フォークとシートポストはカーボン製で、上位モデルのSLRシリーズに負けない乗り心地を実現。メインコンポはシマノ105で、今後のコンポのアップグレードも心配ありません。

 

参考価格:¥198,000(税込み)

 


Teammachine ALR DISC TWO 2020

Teammachine ALR DISC TWO 2020

同じくTeamachineシリーズのアルミフレーム・ディスクブレーキ仕様が、ALR DISC TWO 2020。スルーアクスル仕様で、ホイールをガッチリ固定することができ、ディスクブレーキの制動力を受け止めてくれます。ロードレースからエンデュランスまで、どこでも戦える1台です。

 

参考価格:¥297,000(税込み)

 


Roadmachine X 2021 (Sram Apex1)

Roadmachine X 2021 (Sram Apex1)

フロントシングルのSRAM APEX 1コンポに、ディスクブレーキ、太めのタイヤ、前後フルフェンダーを装備したRoadmachine Xは、ロードバイクというよりはグラベルロードに近いモデル。通勤や街乗りなどのデイリーユーズや、装備を満載してのキャンプツーリング、さらにタイヤを変えればグラベルもらくらくと、マルチに使える1台です。

 

参考価格:¥264,000(税込み)

 

 

【30~40万円】ワンランク上のロードバイク3台

40万円程度までなら、最新モデルから選ぶことができますよ。ロードレースやヒルクライム、エンデュランスなどでパフォーマンスを発揮したり、ロングライドをより速く楽にこなしたり、ワンランク上の走りが楽しめるでしょう。

Teammachine SLR SEVEN 2022

Teammachine SLR SEVEN 2022

TeammachineシリーズのセカンドグレードSLRは、フラッグシップのSLR01と同様のエアロダイナミクスデザインで設計されたカーボンロードです。SLR01にも採用されたAEROCOREボトルケージも装備していて、気流をおさえつつボトルをしっかりホールド。SLR SEVENは最もベーシックなモデルですが、レースで戦えるパフォーマンスを備えていますよ。

 

参考価格:¥404,800(税込み)

 

 


Roadmachine SEVEN 2022

Roadmachine SEVEN 2022

エンデュランスロードRoadmachineシリーズのベーシックモデルがRoadmachine SEVEN。エンデュランスロードにありがちな、アップライトポジションのいかにも快適といったなスタイルではなく、ロードレーサーに近い雰囲気を纏っています。剛性と快適性のバランスが良く、乗って楽しいと評判の1台です。

 

参考価格:¥407,000(税込み)

 

 


Teammachine ALR TWO 2022

Teammachine ALR TWO 2022

Teammachine ALR TWOの2022年モデルは、鋭い反応と操作性を備えたアルミフレームのレーシングバイクといえるでしょう。アルミフレームとはいえ、タウンユースで流して乗るにはちょっとハード。やはりクリテリウムやロードレースでこそ実力を感じられるバイクでしょう。2022年モデルからはディスクブレーキ仕様のみでリムブレーキ仕様はありません。

 

参考価格:¥313,500(税込み)

 

 

BMCのグラベルロードもおすすめです

BMCのグラベルロードもおすすめです

Unrestricted(略称URS)はBMCのカーボングラベルロード。グラベルロードの特徴である、太いタイヤ(~45c)、アップライトなポジション、油圧ディスクブレーキを備えています。リヤバックにはMicro Travel Techonology(MTT)というサスペンションが組み込まれていて、トラクションもバッチリ。オフロードも走れるというより、オフロードこそURSの実力を余すことなく発揮できる場といえるでしょう。

 

正規取扱ショップで、実車に触れてみよう

BMCのロードバイク販売店は北海道から沖縄まで、日本全国にあります。実車に触れながら、サイズ合わせやバイク選びのアドバイスなど、さまざまな相談にのってもらえるでしょう。

 

またBMCのロードバイクは、正規販売店からの購入でないと保証がきかないので注意が必要です。近くに正規販売店があれば、ぜひ行ってみよう。

BMCのロードバイクの正規販売店はこちら

 

BMCのロードバイク・公式Webサイトはこちら

あわせて読みたい

【都心から自走で行く】お手軽自転車ハンモックキャンプのすゝめ
【都心から自走で行く】お手軽自転車ハンモックキャンプのすゝめ
自転車にキャンプギアを積んで、楽しむ自転車キャンプ。今回は、都心から近いキャンプ場に、ハンモックを持ってキャンプしてきました。自転車と相性パッチリの…
CYCLE HACK編集部
【長距離が快適】グラベルロード「FUJI JARI 1.3」 2021モデルをインプレ!
【長距離が快適】グラベルロード「FUJI JARI 1.3」 2021モデルをインプレ!
FUJIのグラベルロードバイクであるJARI1.3のインプレ記事です!約1年ほど乗り続けてきましたが、グラベルロードバイクとして完成度が高いと感じる…
CYCLE HACK編集部
ブラックバーンでバイクパッキング!バッグ選びに終止符を。
ブラックバーンでバイクパッキング!バッグ選びに終止符を。
自転車に荷物を載せる専用のバッグ類。様々なメーカーやブランドがあって、迷ってしまうこともありますよね。その中でも、自転車キャンプなどにも使えるバッグ…
Takugo
【大人顔負けの走り】子供用マウンテンバイクのおすすめ7台!パパ・ママ必見。
【大人顔負けの走り】子供用マウンテンバイクのおすすめ7台!パパ・ママ必見。
子供向けのおすすめのマウンテンバイクを紹介します!子供用自転車にも、様々な自転車がありますよね、今回は子供用自転車の中でも人気のマウンテンバイクの選…
Takugo
自転車キャンプの味方!トピークのヴァーサケージが、いい感じです。
自転車キャンプの味方!トピークのヴァーサケージが、いい感じです。
トピーク製のヴァーサケージは自転車キャンプでの積載を増やしてくれる、そんなアイテムです。ダボ穴が空いていない自転車にも使用ができるので、多種多様な自…
Takugo
おかちん
おかちん

自転車に乗り始めるまでは全くのインドア派。クロスバイクから始めてロードバイクにハマってます。上り坂を愛し、ヒルクライムレースにも出場。現在海外在住で、現地レースにも参戦中です。