シマノのMTBコンポ「DEORE XT」と「SLX」がモデルチェンジ

シマノセールス株式会社が、マウンテンバイクコンポーネンツの新製品「DEORE XT」M8100シリーズと「SLX」M7100シリーズを発表しました。 ​MTB用コンポの最高峰「XTR」のコンセプトとテクノロジーを受け継ぎリア12段変速を採用。高性能なグループセットとして生まれ変わった同製品をご紹介します。

目次

  • 『DEORE XT』とは
  • 『SLX』とは
  • 両シリーズ共通の特長
  • 「DEORE XT」シリーズからは3種類のペダルが登場
記事内画像提供:シマノセールス株式会社

『DEORE XT』とは

シマノ「DEORE XT」M8100シリーズ

1982年に発売されたマウンテンバイクコンポーネンツ「DEORE XT」は、ライダーのニーズや冒険への探求心を満たすために、性能と耐久性を向上させながら、進化を続けてきた歴史のあるシリーズです。その「DEORE XT」へ、マウンテンバイクコンポーネンツの最高峰「XTR」M9100シリーズの最新技術を投入。更なる進化を遂げ、多様化するマウンテンバイクシーンを強力にサポートします。

<発売時期:2019年6月14日>

『SLX』とは

シマノ「SLX」M7100シリーズ

「SLX」は、より多くのライダー、より幅広いマウンテンバイクのライディングスタイルに対応するグループセットとして展開しています。

<発売予定時期:2019年7月>

 

両シリーズ共通の特長

専用形状でチェーン保持力がアップ
「DYNAMIC CHAIN ENGAGEMENT+」

DEORE XT「FC-M8100-1」フロントチェーンホイール

SLX「FC-M7100-1」フロントチェーンホイール

チェーンリングの専用形状によりチェーン保持力がアップした「DYNAMIC CHAIN ENGAGEMENT+(ダイナミックチェーンエンゲージメントプラス)」。フロントシングルにおいても、様々なライディングスタイルに対応するために開発された特殊な歯先のチェーンリング。荒れた地形でも、チェーンが外れ難くスムーズなペダリングが可能となり、どのギアであってもチェーンがしっかり噛み合うことによって、摩耗を低減し耐久性を高めています。

 

ITEM
シマノ DEROE XT FC-M8100-1 12段 クランクセット

 

 

変速時の衝撃と時間を短縮
ドライブトレイン「HYPERGRIDE+」

左:DEORE XT「CS-M8100-12」カセットスプロケット 右:SLX「CS-M7100-12」カセットスプロケット

左:DEORE XT「CS-M8100-12」カセットスプロケット
右:SLX「CS-M7100-12」カセットスプロケット

変速時の衝撃を抑え、変速時間を短縮するドライブトレイン「HYPERGRIDE+(ハイパーグライドプラス)」。どのようなフィールドにおいてもスピード、シフト効率、滑らかさを追及してドライブトレインをデザインです。カセットスプロケットとチェーンに施されたその最新のテクノロジーは、変速にかかる時間をこれまでの約1/3に短縮し、変速時の衝撃も抑制。あらゆる地形でもスムーズなライディングを可能にしました。

ITEM
DEROE XT CS-M8100-12 12段 カセットスプロケット
ITEM
SLX CS-M7100-12 12段 カセットスプロケット

 

取付位置をあらゆるライダーに対応
「I-spec EV」

I-spec EV(アイスペック イーブイ)

レバーの取付位置をあらゆるライダーに合わせて最適化できる「I-spec EV(アイスペック イーブイ)」。幅広いサイクリストにフィットすると共に、高い操作性を提供するためにシフトレバーとブレーキの形状を徹底的に見直し。取付位置の調整範囲が広く、一体感のあるスッキリとしたハンドル周りを実現しました。

 

フロントシングル用のリアディレイラーは
最大51Tまで対応

左:DEORE XT「RD-M8100-SGS」リアディレイラー 右:SLX「RD-M7100-SGS」リアディレイラー
左:DEORE XT「RD-M8100-SGS」リアディレイラー
右:SLX「RD-M7100-SGS」リアディレイラー

フロントシングル用のSGSタイプはリア10-51Tのカセットスプロケットに対応。フロントダブル用としてリア10-45Tに対応するリアディレイラーも用意。ギアレンジがより広くなることによって、路面状況に合わせて最適なギアが選択できます。

 

フリーハブボディには軽くコンパクトな
新規格MICRO SPLINEを採用

左:DEORE XT「FH-M8110-B」フリーハブ 右:SLX「FH-M7110-B」フリーハブ

左:DEORE XT「FH-M8110-B」フリーハブ
右:SLX「FH-M7110-B」フリーハブ

新規格MICRO SPLINE(マイクロスプライン)は、重量を軽減するために軽量なアルミ製のフリーハブボディを採用、小型化にも成功し10Tのトップギアに対応いたしました。より小型でよりきめ細かいスプラインは、カセットスプロケットによるアルミ製フリーハブボディへの影響を軽減しています。
DEORE XTシリーズではトータルで自転車のデザインを可能にする為、フリーハブだけでなく、チューブレスホイール(WH-M8100-TL/WH-M8120-TL)も用意しています。

 

「DEORE XT」シリーズからは3種類のペダルが登場

PD-M8100

XCレース用に最適化されたSPDペダル「PD-M8100」

PD-M8140

シューズの接触面がワイドでトレイル走行やエンデューロに最適なSPDペダル「PD-M8120」

 

PD-M8140

グリップ力とロングライド時の快適性、効率性を高めた凹型プラットフォームを採用したフラットペダル「PD-M8140」

 

紹介されたアイテム

シマノ DEROE XT FC-M810…
シマノ SLX FC-M7100-1 1…
DEROE XT CS-M8100-12…
SLX CS-M7100-12 12段…
シマノ DEORE XT PD-M810…
 XT PD-M8120 SPDペダル

あわせて読みたい

コンチネンタル
『コンチネンタル』のロードバイク用タイヤを紹介!人気のGP5000インプレも!
ロードバイク用のタイヤで有名な「コンチネンタル」。タイヤはロードバイクの中でも重要なパーツの1つです。タイヤメーカーのコンチネンタルは、その性能や品…
S.K.
もう手放せないギア!自転車キャンプで活躍する4つの小物
もう手放せないギア!自転車キャンプで活躍する4つの小物
自転車でキャンプをするなら、どんなキャンプギアを使うかが大切です。持ち物の量に制限があるからこそ、便利で使い勝手の良い道具を揃えていくと、キャンプが…
S.K.
シクロクロス グラベルロード 違い
【どっちを選ぶべき?】シクロクロスとグラベルロードの違いや選び方をまとめました
見た目がそっくりな、シクロクロスとグラベルロード。どちらもオフロードも走れるロードバイクのように思われていますが、どこが違うのでしょう?それぞれの特…
おかちん
シュラフ 選び方
自転車キャンプのシュラフは何がいい?選び方とおすすめ製品まとめ
自転車キャンプの装備の中で、シュラフ(寝袋)は、ひと際大きく嵩張るものです。そして同時に、快適な睡眠を確保するためには、欠かせない道具の1つでもあり…
S.K.
山梨県南アルプス市に誕生!「南アルプス立沼MTBパーク」オープニングイベントに行ってきました。
山梨県南アルプス市に、国内初となる常設の一般無料開放、大型のマウンテンバイクコースがオープンしました!マウンテンバイク愛好会の方々や、地元の皆さん、…
高橋智宏