ステムの角度、どれくらいにする!?角度の種類や測り方を解説

ロードバイクのハンドルを支えるステムは、カスタムできるパーツの一つです。そのステムの角度は様々な種類があり、ポジショニングやビジュアルも、角度によって変わって来ます。今回はそのステムの角度について、選び方などをまとめました。

目次

  • ステムの角度で、見た目や乗り心地が変わるんです
  • ステム角の種類と測り方
  • ステムの角度によって、どのように変わるかを検証してみました!
  • ロードバイクのフレームの種類とステムの角度
  • コラムスペーサーでも高さを調整
  • こんなステムもあります
  • ステムの角度を変えて、愛車をオシャレに!
アイキャッチ撮影:筆者

ステムの角度で、見た目や乗り心地が変わるんです

ステムの角度で、見た目や乗り心地が変わるんです

ロードバイクのハンドルとフレームをつなぐステム。ステムにも様々な「長さ」と「角度」があります。

 

体とハンドルの位置関係を決めるステムですが、今回注目するのは、「角度」。

 

角度によって、乗車姿勢や、ロードバイクの見た目にどのような影響があるのか、まとめました。

 

ステム角の種類と測り方

ステム角の種類と測り方

撮影:筆者

ステムは様々な角度がありますが、どのような角度のステムがあるか、ご紹介して行きましょう。

 

主流は73°や84°

撮影:筆者

ステムの角度は、一般的には73°や84°が多く、他の角度も多く販売されています。

 

注意したい点は、角度表記の基準がメーカーによって違う点。73°や84°と同じ製品でも、メーカーによっては、17°や6°と表記されていたりします。

 

違いは、「垂直に対しての角度」か「水平に対しての角度」かなので、覚えておくと良いでしょう。

 

ヘッドチューブの角度を、事前に確認しましょう

ヘッドチューブの角度を、事前に確認しましょう

撮影:筆者

ステムを取付ける箇所の「ヘッドチューブ」は、たいてい、垂直ではなく斜めに角度がついています。

 

上記画像は、71°の角度のヘッドチューブに、84°のステムを取付けた例で、ステムは地面(水平)に対して13°、上向きになります。

 

自分の自転車のヘッドチューブには、何度のステムが合うか、あらかじめチェックしておきましょう。

 

ステムの角度によって、どのように変わるかを検証してみました!

ステムの角度によって、どのように変わるかを検証してみました!

撮影:筆者

角度の違うステムを用意して、ハンドル高さや見た目がどのように変わるか、検証してみました。

 

今回、使用したステムの長さは100mm、73°、82°と、ちょっと特殊な45°で、比べています。

 

ステム角82°

ステム角82°

撮影:筆者

82°のステムをつけると、緩めのスローピングフレームとほぼ揃います。

 

ステム角82°

撮影:筆者

82°を逆付けすると、ハンドルは30mmほど上がりアップライトなスタイルになり、ポジションが楽になりそうですね。

 


ステム角73°

ステム角84°

撮影:筆者

73 °のステムは、ハンドルが低くなり地面とほぼ水平になります。

 

少しハンドルを下げたい場合に変えてみてもいいですね。

 

ステム角84°

撮影:筆者

こちらも逆付けにすると約50mm、ハンドルが上がります。

 

ハンドルの低さが気になったり、走っていると掌が痛くなる場合は、逆付けを試してみるのもいいかもしれません。

 


ステム角45°

ステム角45°

撮影:筆者

こちらは少し特殊な45°のステムです。

 

かなりハンドルが高い印象になり、実際に82°と比べると約100mmハンドル高が上がっているので、クロスバイクやマウンテンバイクに近いポジションになります。

 

このようにステムの角度で、見た目も、乗り味も大きく変えることができます。

 

 

ロードバイクのフレームの種類とステムの角度

また、ロードバイクのフレーム形状によって、きれいに見える、おすすめのステムの角度があります。

ホリゾンタルフレームの場合

ホリゾンタルフレームの場合

出典:Flickr/Glory Cycles

トップチューブと地面が水平になる「ホリゾンタルフレーム」のロードバイクは、73°のステムでトップチューブと水平にそろえると、すっきりして見た目でバランスが良くなります。

 


スローピングフレームの場合

スローピングフレームの場合

出典:Flickr/Glory Cycles

スローピングフレームの場合、トップチューブと84°ステムの角度を合わせることで統一感がでて、綺麗なシルエットになります。

 

ステムを逆にして地面と水平にすることもできますよ。

 

 

コラムスペーサーでも高さを調整

コラムスペーサーでも高さを調整

撮影:筆者

ハンドルの高さの微調整は、コラムスペーサーでもできます。

 

コラムスペーサーは厚みが1~25mmくらいまであるので、微調整したい場合は、コラムスペーサーの調整でも良いでしょう。

 

また、コラムスペーサーはカラーやデザインも様々あり、デザインのアクセントにもなりますよ。

 

ステム選びでは、ハンドル径も注意しよう

ステム選びでは、ハンドル径も注意しよう

撮影:筆者

ハンドル径の主流は31.8ですが、モデル・メーカーによっては25.4、26、35の製品もあります。

 

ハンドル径の方が細ければ「シム」というスペーサーで取付けることができますが、ハンドル径に合わせたステムを選びましょう。

 

こんなステムもあります

一般的なステムの他に、ちょっと便利なステムや規格の違うステムもあります。

 

角度が可変するステム

こんなステムもあります

出典:楽天市場

一般的なステムの他に、角度を調整できる「アジャスタブルステム」や、急角度がついているステムなど、ハンドル高さの調整幅が広がる製品もあります。

 

角度をいくつか試したい時などに、使ってみてもいいでしょう。

 

一体型のステム

ステムにはこんな種類が

出典:楽天市場

ステムには大きく分けてフォークコラムにセットする「アヘッドステム」と、フォークコラムの中に差し込む「ノーマル(クイル)ステム」があります。

 

大半のスポーツ車はアヘッドステムですが、一部のクロモリフレームやママチャリではノーマルステムを使っています。

 

アヘッドステムにも種類があり、主流は31.8mmですが他のサイズもあるのでチェックしましょう。

 

 

ステムの角度を変えて、愛車をオシャレに!

ステムの角度を変えて、愛車をオシャレに!

出典:Flickr/Glory Cycles

ステム交換は、ポジショニングだけではなくビジュアルアップにも最適です。

 

角度やデザインなど、コーディネート要素もあるので、愛車のカスタマイズやポジショニングにいかがでしょうか?

あわせて読みたい

フロントフォーク 積載
フロントフォークに荷物を積みたい!万能ケージやダボ穴増設アタッチメントのご紹介
フロントフォーク横への積載は、容量UPだけでなく走行感を向上させることもでき、バイクパッキングでは定番となりつつある積載方法です。その一方で、車種や…
s.kataoka
ロードバイク ライト つけ方
ロードバイクのライトの位置はどこがいいの?使いやすいポジションを紹介!
ロードバイクのライトをどこに付けるのがいいのでしょうか?操作のしやすさ、視認性のよさ、路面を明るく照射できるなどの、の切り口からベストポジションを考…
CYCLE HACK編集部
輪行 マナー ルール
【輪行のルール・マナーまとめ】そのやり方、間違ってませんか…?
自転車を手荷物として電車に持ち込む「輪行」。マスターするとサイクリングの幅が広がる便利な手段ですが、大切なルールやマナーが存在します。他の乗客の方と…
s.kataoka
グラベルキング タイヤ
人気タイヤ『グラベルキング』を種類ごとに比較!乗り方別のおススメは?
ロードバイクやグラベルロードに高い人気を誇るタイヤ『グラベルキング』。舗装路が得意なものから未舗装路に強いものまで、用途に応じて選べる沢山のラインナ…
s.kataoka
高い質感と変わらない美しさ。スギノのクランクを解説します。
トラック競技や競輪での使用率も高い「スギノのクランク」。スギノのクランクは、クロモリのロードバイクやグラベルロード、ピストバイクなどを、スタイリッシ…
高橋智宏
高橋智宏

10代の頃からロードバイク・MTBなど自転車を楽しみながら、現在はスポーツバイクの普及活動をしています。 皆さまへお役に立つ情報をお届けし、スポーツバイクを末永く楽しむお手伝いができれば嬉しく思います。